ハーネスおすすめランキングと種類・選び方・付け方

ハーネス・胴輪

犬を飼っているのであれば、ハーネスは必須のグッズになります。室内犬であれば、外を散歩させるときにハーネスは必要不可欠なものです。犬が勝手にどこかへ行ってしまわないようにできるでしょう。そんなハーネスにはいろいろな種類の商品が出ています。さまざまな選択肢が存在しており、その中から好きなものを選ぶことができます。

こちらでは、犬のハーネスとしてどのようなものがあるのかを紹介しましょう。おしゃれでかわいいハーネスがたくさんあります。ハーネスの選び方やハーネスの付け方についても解説します。ハーネスにこだわることによって、犬を快適に散歩させることができ、飼い主にとってもたくさんのメリットが生まれます。

ハーネスおすすめランキング!種類や選び方、付け方を調査

ハーネスの種類

これから犬を飼うのであれば、ハーネスを準備しましょう。ハーネスにはいろいろな種類が存在しています。それぞれに特徴があるため、自分の飼っている犬に合ったものを選びましょう。

まず3Dハーネスというものがあり、立体型と呼ばれることもあります。足を通さなくても装着することができます。前足と首の中間部分にテープがくるようになっており、これによって、首に対する負担が少なくなるのが特徴です。胸当ては犬が動くのに合わせて上下してくれるため、犬が行動をするための邪魔になりません。引っ張る力の強い愛犬だったとしても安心して使うことのできます。

2Bハーネスというものがあり、8の字型や2バックル式と呼ばれることもあります。足を通さなくても装着することができます。胴輪側と首輪側のそれぞれにバックルがつけられています。頭を通さなくても着脱できるため、とても便利です。頭を通すのを嫌がる犬や頭の大きな犬に対して、安心して使うことができるでしょう。

ハーネスの種類

ベスト型のハーネスがあります。こちらはどのような犬にも合わせることができるのが特徴となっています。首や腰に対して負担がかからないようなデザインとなっています。素材もやわらかいものを使用していることが多いです。デザインの種類も豊富であり、ファッション感覚で楽しむこともできるでしょう。

このようにさまざまなハーネスが存在しています。首輪と比べると犬の体に対する負担が少ないというメリットがあります。いろいろなタイプが存在しているので、使うことによって、犬の散歩がとても楽になるでしょう。飼い主の負担を軽減する役割も果たしてくれます。

ただし、ハーネスというのは交換をする必要があります。耐用期間については目安が記載されていることが多いですが、実際の使用状況によって、どれくらい長持ちするのかは異なります。劣化状況はそれぞれ違うため、ハーネスの劣化が進んでいないのか意識をすることをおすすめします。1年以上使い続けられる場合もあります。基本的には6ヶ月〜1年くらいは使用できるようになっています。

ハーネスはさまざまな種類の商品が出ています。犬のためにも慎重に選ぶべきでしょう。ハーネスによって、犬のストレスを軽減させることができて、犬に大きな利益をもたらすことになるでしょう。

ハーネスの選び方

ハーネスをこれから選ぶのであれば、犬の体重に合わせたものを買うようにしましょう。犬が引っ張るときの力というのは体重に比例するとされています。そのため、犬の体重から考えられる力に耐えられるようなハーネスを買わなければなりません。ハーネスにもいろいろな種類があり、それぞれ重視しているものが異なっています。

ファッション性を重視しているものから動きやすさを重視しているもの、安さを重視しているものなどがあります。これからハーネスを買うときの目的をはっきりとさせておきましょう。また、足の短い犬種の場合はハーネスが抜けてしまいやすいので、注意しましょう。実際に装着をしてみて、外れてしまわないか確認しておくことが大切です。

犬は、どんどん成長していきます。そのため、せっかくハーネスを買ったのにそれが使えなくなってしまう可能性もあります。そのような事態に対応できるよう、成長に合わせて長さを自由に調節することができるものを選ぶと良いでしょう。

調節できるものであれば、しっかりと体にフィットさせることが可能になります。また、犬を飼っている方の中には服を着させている方がいるかもしれません。この場合、服の上からでもハーネスをつけることができるのか確認しておきましょう。

ハーネスの選び方

老犬になると歩くのが大変になってしまいます。その場合は介護用のハーネスを用意すると良いでしょう。介護用ハーネスは、体全体を支えてあげることができます。老犬であっても、しっかりと散歩をすることは大切です。犬というのは散歩をすることによって、足腰の健康を保つことができるからです。

介護用のハーネスであれば、犬を持ち上げることもできるので、介護をするのがとても楽になるでしょう。介護用のハーネスにも種類があります。前足が悪くなっている犬のためのものから、後ろ足が悪くなっている犬のためのものまであります。また、銅の中央あたりで支えることができるものも売られています。体のどの部分が悪くなっているのかによって、使い分けると良いでしょう。

アクティブに動き回るような犬なら、着脱をするのが簡単であり、中にクッションが含まれているものをおすすめします。やわらかい素材でできているものが良いでしょう。

このようにそれぞれの犬に合わせてハーネスを使い分けることができます。ぜひとも、ハーネスを使いましょう。そうすることによって、犬の健康を守ることにもつながり、犬を楽にさせられます。

ハーネスの付け方

ハーネスをつけるのに苦労している方がいるかもしれません。犬は自分の慣れていないものに対しては警戒してしまいます。ハーネスをつけさせようと思っても、暴れてしまうことも少なくないでしょう。ハーネスに少しずつ慣れさせることが大切です。

もし、暴れてしまうなら、途中で中断するべきでしょう。そのまま無理にハーネスをつけさせようとすると、そのことがトラウマになってしまう可能性があります。ハーネスを嫌がってしまうようになると、余計にハーネスをつけさせるのが困難になってしまいます。

ハーネスのつけ方はどのようなタイプの商品かによって大きく異なってきます。一般的なものとしては、前から輪になっている部分を犬の首に通して、そのあとにお腹の部分を通してからマジックテープで止め、さらにバックルをとめます。このように簡単につけられるようになっているものが多いです。犬の足を持ちあげなくてもつけられるようになっているものがあります。それならばつけさせやすいでしょう。

ハーネスをつけるまえに軽く犬のことをなでてあげましょう。そうすれば、犬は安心します。足の部分に通さなければいけないタイプの場合は、まずハーネスを床に広げておきましょう。そして犬を抱き上げてからハーネスの足部分にのせます。

ハーネスの付け方

そしてハーネスを胴体の方に回すと、装着できるでしょう。きっちりと固定するのではなく、多少の余裕を持たせるぐらいがちょうど良いです。あまり強く締め付け過ぎてしまうと犬に対して大きな負担をかけることになってしまいます。それはやめましょう。

もし犬が怖がってしまうようなら、高いところに乗せてあげると良いでしょう。犬というのは高いところが好きです。高い場所に乗せることによって、落ち着いてくれるでしょう。

犬の真正面から近づいていって、かがみこんでつけるようなことはやめましょう。このようなつけ方では犬に恐怖心や不安感を与えてしまうことになります。最悪の場合、犬がハーネス嫌いにさせてしまう可能性もあります。

犬に首輪をつけることが可哀想だと考えている方は多いです。そのときにハーネスを使うのは良いことですが、引っ張りグセをつけさせないようにしましょう。犬が常に自分の隣を歩いてくれるような状態にするべきです。そのように、しつけてあれば、安心してハーネスを使ってあげることができるでしょう。ハーネスにはいろいろなメリットがあるため、ぜひとも有効活用しましょう。

ハーネスおすすめランキング

5位: ドギーマン ワンタッチ胴輪 LL 大型犬 ブルー (MD8134)

ドギーマン ワンタッチ胴輪 LL 大型犬 ブルー (MD8134)
76円お得
¥1378/個
¥1,378 爽快ドラッグ
¥1,547 ケンコーコム
他1ショップ

商品説明

ドギーマンワンタッチ胴輪LL大型犬ブルーは、ドギーマンハヤシ株式会社のペット商品で、飼い主さんからとても評判高い人気商品です。ドギーマンハヤシ株式会社は、1963年に創業したペット関連事業を手がける老舗企業で、ペット用のジャーキーなどでも有名です。あわせて、飼い主さんからの信頼と知名度が高いブランド企業です。ドギーマンワンタッチ胴輪LL大型犬ブルーは、愛犬への負担がとても少ない胴輪で、特徴はやわらかくて軽いことです。その理由の一つとしては、ナイロン製の平テープであることです。オススメの犬のサイズは、体重40kgまでの超大型犬です。これさえあれば、飼い主さんと犬の負担が少なくお散歩にいけます。気になる胴回りのサイズは70-110cmですが、胸回りと胴回りの2点にベルト止めが付いていますので、長さ調整ができることが嬉しい機能です。この機能があれば、飼い主さんの愛犬のサイズを細かく計らなくてもフィットしてくれます。犬の足を上げてベルトを通すタイプの胴輪ですので、複雑な操作はありません。休日などに長い時間愛犬とのお散歩を楽しむために購入される方も多く、愛犬を大切にされている飼い主さんにとっては欠かせない商品です。

4位: ペティオ プレシャンテ リボンハーネス SS ピンクゴールド 1本

対象ショップで取扱いなし

商品説明

「ペティオ プレシャンテ リボンハーネス SS ピンクゴールド」は人気のプレシャンテブランドペティオ (Petio) から発売されたハーネスです。デザインと機能性を両方クリアしたハーネスで、女の子の小型犬を飼っている方に人気がある商品です。珍しいピンクゴールドのハーネスは、お散歩中に人々の目を奪います。女性が大好きなパールのついたリボン・キラキラ輝くストーンをあしらった華やかなデザインは、ペティオ (Petio) らしい華やかさが大人気です。やわらかい合皮で、ワンちゃんに優しくフィットします。SSサイズのため、ミニ犬~小型犬までの小さな愛犬のための犬具です。5kgまでのミニチュア・ダックスフンドやポメラニアン、マルチーズなどにオススメです。お手入れ方法として、おさんぽ帰りは、いつも清潔に保ってください。汚れた場合は、水で薄めた中性洗剤を含ませた布等を固くしぼってふき取ってください。本体・金具等の劣化の原因になりますので、洗濯はしないでください。また、ぬれた場合はタオル等でふき、陰干ししてください。生地が柔らかかいのでペットに無理な負担をかけないで済むのも特長です。ハーネスで、愛犬をおしゃれにしてあげれば、お出かけがもっと安全に、もっと楽しくなります。

3位: ターキー フラワー軽胴輪 S 小型犬 レッド (PFKH-15.P/RD)

ターキー フラワー軽胴輪 S 小型犬 レッド (PFKH-15.P/RD)
¥1620/個

商品説明

「ターキー フラワー軽胴輪 S 小型犬 レッド (PFKH-15.P/RD)」はおなじみターキーから出たすっぽ抜けを軽減したハーネスです。ペットオーナーの長年の悩みであった、ハーネスが抜けてしまう問題を解決したハーネスであると、アマゾンでも非常に人気の高い商品です。お散歩中にハーネスが取れてしまい、ひやっとすることはもう無くなります。その秘密はベルトの構造にあります。研究を重ねたベルトは、犬の体にしっかりフィットして、抜けることはありません。人気の定番カラーでどんなカラーの愛犬にも似合う仕様です。その中でも、赤は人気色です。Sサイズのため、ミニ犬から小型犬までの小さな愛犬のための犬具です。お手入れ方法として、おさんぽ帰りは、いつも清潔に保ってください。ナイロン素材を仕様しているため、洗濯ができることがこのアイテムの特徴です。ハーネスは毎日使うものなのに、簡単に洗えないものが多いのがペットオーナーの悩みでした。そんなペットオーナーの悩みを解決したハーネスは、全ペットオーナーにオススメのアイテムです。ターキーのフラワー軽胴輪ハーネスで、愛犬をおしゃれにしてあげれば、お出かけがもっと安全に、もっと楽しくなります。

2位: キャンディベル カラフルフラワーベストハーネス SS ブルー 1個

キャンディベル カラフルフラワーベストハーネス SS ブルー 1個
126円お得
¥1116/個
37%安
¥1,116 ヨドバシカメラ
¥1,287 爽快ドラッグ
他1ショップ

商品説明

「キャンディベル カラフルフラワーベストハーネス SS ブルー」はペティオ (Petio)から出たキラキラ光るステッチとポップなデザインが魅力のベストハーネスです。カラフルフラワーのデザインが可愛いと、アマゾンでも非常に人気の高い商品です。デイリーユースできる小さな愛犬のためのアクセサリーとして使用している方が多いです。SSサイズのため、ミニ犬~小型犬までの小さな愛犬のための犬具です。ベストハーネスはハーネスの中でも外れにくい、脱げにくいと人気の商品です。なんといっても、服を着ているような見た目の可愛らしさがあります。お手入れ方法として、おさんぽ帰りは、いつも清潔に保ってください。汚れた場合は、水で薄めた中性洗剤を含ませた布等を固くしぼってふき取ってください。本体・金具等の劣化の原因になりますので、洗濯はしないでください。また、ぬれた場合はタオル等でふき、陰干ししてください。生地が柔らかかいのでペットに無理な負担をかけないで済むのも特長です。ブルーのカラーはどんな色の犬でも似合う汎用性の高いお色です。カラフルな可愛いフラワーベストハーネスで、愛犬をおしゃれにしてあげれば、お出かけがもっと楽しくなります。

1位: ターキー 引っぱり防止ハーネス L 大型犬 ピンク (HBH-4060)

ターキー 引っぱり防止ハーネス L 大型犬 ピンク (HBH-4060)
¥1156/個
35%安
¥1,156 ケンコーコム
¥1,188 ヨドバシカメラ
他1ショップ

商品説明

「ターキー 引っぱり防止ハーネス L 大型犬 ピンク」はおなじみターキー 社から出る引っ張り防止のハーネスです。着しただけでお散歩時の引っ張りが止まると、アマゾンでも非常に人気の高い商品です。その秘密は、ひっぱられた方向と逆方向に力を入れようとする、犬の生まれつきの習性を利用した構造です。ワンちゃんが前に引っ張ると、前胸に力が加わるため、思わず反対方向(後ろ)に力が入り前に進めなくなります。つまり、ひっぱった時の刺激で、ワンちゃん自身が反射的に、後ろに引いておとなしくなってしまうのです。引っ張ったとき、ワンちゃんは反射的に「あれ?動けない?」という状態になり戸惑ってしまうことがあります。引っ張ったその瞬間に、「キュッ」と一瞬リードを強めに引いて合図し、「ノー!」と教えてあげてください。引っ張りをやめて「止まった」瞬間に、クリッカーで合図&おやつをあげて、「止めた」ことをおおげさに褒めてあげるとより効果的です。イージーウォークハーネスを上手に使いながらトレーニングすることで、イージーウォークハーネスなしでも引っ張らなくなるようになることを目指していきましょう。ピンク色がキュートで可愛い大型犬用のアイテムです。

ハーネスおすすめランキング!種類や選び方、付け方を調査

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。