コンパスおすすめランキングと種類・使い方

コンパスというのは、同じ言葉でも2つの意味があります。一つは方向を測定する物で、羅針盤とも呼ばれています。地球の磁場に反応して方向を確認します。もう一つが円を描く時に使うコンパスです。円を描くコンパスは文房具の一種です。製図などにも使われますが、中心を決めたらあとは、好きな角度に脚を開きキレイな円を描けます。コンパスにも違う意味合いがありますが、ここでは文房具のコンパスについて紹介します。コンパスといってもいろいろな種類があり、使いやすさや描ける円の大きさ、価格も違ってきます。学校の授業でもコンパスを使う機会があるので、ほとんどの人が使った経験があるはずです。意外と知られていないコンパスの種類を紹介します。

コンパスはどんなときに使う?

コンパスは、円を描く時に使う文房具です。綺麗な円をフリーハンドで描く裏技もありますが、ちょっとでもズレてしまうと、綺麗な円が描けません。その点コンパスを使えば、綺麗な円を描けますし、コンパスの幅や大きさを変えれば、いろいろな大きさの円を描くことができます。コンパスを使うのは、円を正確に描く時ですが、実は他にもいろいろな使い方ができます。コンパスの面白い使い方を紹介します。

コンパスは綺麗な円を描くために使いますが、ちょっと使い方を工夫すれば楕円を描く事もできます。楕円を描くには、同じ大きさの円と2つと、最初に描いた2つの円の2倍の円を組み合わせるという仕組みです。どこかに1つ円を描いたら、最初の円の中心と水平になる位置に半径分ずらして円を描きます。これで同じ大きさの円が2つ交わったようになります。2つの円が交わる下の部分を中心に、最初に描いた円の2倍の大きさの円を描きます。次に最初の2つの円が交わる上の部分を中心に、2倍の大きさの円を描きます。これで楕円が描けます。ちなみに、楕円を描くのと同じ要領で、いくつかの円を組み合わせていくと、正五角形を描く事もできます。

コンパスは円を描く時い使いますが、円を組み合わせて幾何学模様を描くこともできます。パッチワークやタディングレースなどの、手芸で使う幾何学模様のデザインを作る時などにも活用できます。例えば、最初に大きな円を1つ作り、その中に半径を直径にした小さな円を4つ書くと丸い花のような模様ができます。円の数を増やせばさらに複雑な模様になります。

同じ要領で最初に大きな円を作り、直径を変えてサイズの違う円を中に作っていけば、ぐるぐる渦巻きのような模様になります。それぞれの円が上と下で交わるように書いていくと、丸の中にひし形のような模様の柄になります。

最初に十字に線を引いておき、その中心に1つ円を作ります。円と直線の交わるとこを中心にして同じ大きさの円を周囲に作ります。これを繰り返していけば、幾何学模様が簡単に描けます。同じ大きさの円を等間隔で3つ描き、さらにもう3つ等間隔でずらしながら円を囲むようぐるりと6つの円を作ると、中心に花のような模様ができます。全てコンパスで描けますから、思いつきなどでいろいろな模様を作ってみるのもいいかもしれません。

ちょっと位置をズラすだけで、面白い発見があるので、ぜひ試してみてください。完成したら色を塗ってもきれいです。

初心者におすすめのコンパスは?

おそらく大半の人が、最初にコンパスを使うのは小学生の時でしょう。算数の授業で使いますが、コンパスにもいろいろな種類があるので、子供が使いやすい物を選ぶことが大切です。初心者におすすめのコンパスを紹介します。

コンパスの種類は、鉛筆を使うタイプと、シャーペンのように芯を入れて使うタイプがあります。それぞれにメリットがありますが、デメリットになる部分も持ち合わせています。まだコンパスを使い慣れない初心者には、鉛筆タイプがおすすめです。

コンパスを使うにもコツが必要です。上手く書こうとすればするほど、力が入ってしまうので、中心がズレたり、手が滑ったりしてしまいがちです。特に子供は力を入れてしまうので、シャーペンタイプだと芯が折れやすく、使い方のコツを覚える前に挫折したり、コンパスに苦手意識を持ったりする可能性があります。鉛筆タイプなら多少力を入れても、シャーペンタイプより丈夫だから、子供にも使いやすくておすすめです。シャーペンタイプのコンパスは、線が細いので精密な円を描くという意味では、鉛筆タイプよりもおすすめです。子供の場合は鉛筆タイプを、製図などを書く目的で使うなら初心者でも最初からシャーペンタイプに慣れておいた方がいいかもしれません。

最近は100円ショップでも文房具が充実しています。文房具屋や文房具売り場でも数百円で購入できますが、どうせ使う回数も限られているから100円ショップのコンパスでいいや、と考えることがあります。確かに授業で限られた回数しか使わないので、100円ショップのものでも十分ですが、やはり安い物は使いやすさを考えた時不安が残ります。鉛筆タイプのコンパスも売っていますが、実際に使ってみるとジョイントがゆるかったとか、ホルダーが外れてしまうなど、クオリティーを考えると値段に合っている物が多いです。力を入れた時、コンパス自体が不安定だと綺麗な円が描けません。

コンパスを使う時は、コンパス自体にもある程度の重みが必要です。軽いと使いやすいイメージですが、中心がズレやすくなります。持ち手もある程度大きい方が使いやすいです。大きくても滑りやすい素材は使いにくさを感じます。滑りにくい加工が施してあるとより安心です。総合的に考えると、やはりそれなりにいい物を選ぶのがおすすめです。子どもが使う場合は、中心の芯で怪我をする可能性があります。芯に安全キャップなどがついている物を選びましょう。

コンパスの使い方のまとめ

コンパスを使うにはいくつかコツがあります。これを知っているのと知らないのとでは、かなり違ってきますので、コツは覚えておきましょう。円を描く以外の目的があるコンパスの使い方をいくつか紹介します。

コンパスの使い方ですが、開く幅によって円の大きさが変わります。小学校の授業で使う場合は、何センチの円を描くというように課題が決まっていますので、まずは半径を決めます。半径は定規で測れば簡単に見極められます。長さが決まったら、中心を決め動かないよう固定します。持ち手を指ですり合わせるイメージで、手首のスナップを利用して一気に描きましょう。この時途中で止めてしまうと、綺麗な円が描けなくなりますし、中心がズレてしまう事があります。ずれても同じ位置でやり直せますが、一気に描くのがポイントです。

どんな道具でもそうですが、使いこなすには繰り返し練習が必要です。ノートでもいいですし、広告の裏でもいいですから、スーっと綺麗な円が描けるようになるまで、何度も練習しましょう。練習していくと、力加減やコツが分かってきます。授業中に使う場合は、ノートに書きますが、この時下敷きを外しておくのもポイントです。下敷きはコンパスの針が刺さりにくいので、滑ってしまうからです。面倒でもコンパスを使う時は、一旦下敷きを外しておきましょう。

綺麗な円を描きたいという一心で、コンパスを使う時持ち手と足を両方持つことがあります。中心が不安定だと綺麗な円は描けませんが、足を持つと力が入りすぎてしまい、中心がずれます。足を持っていると、途中で手に引っかかり綺麗な円が描けません。コンパスを使う時は、足は持たず持ち手だけを持つようにしましょう。

どこから描き始めるのがいいかについては、個人差もありますが、時計に見立てた時、4時くらいの位置から描き始めると描きやすいと言われています。ただしこれは右利きの人の場合ですから、左利きの場合は描き始める位置が違って来ますので、大体8時あたりを目安にしましょう。

最初は上手く円を描けなくても、何度か練習していくうちに、少しずつコツが分かってきます。コンパスにもサイズの違いがあります。子どもが使う場合は、子供の手の大きさに合わせて選ぶ事も大切です。綺麗な円が描けるようになったら、コンパスを使っていろいろな模様を描いてみましょう。地図を使って距離を測りたい時にもコンパスが使えます。授業とは違い使い方をしてみるのもおすすめです。

コンパスおすすめランキング

1. セブンプレミアム シャープペン型コンパス ケース1個

セブンプレミアム シャープペン型コンパス ケース1個
¥535/個
¥535 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥536 イトーヨーカドー

2. セブンプレミアム 鉛筆コンパス ブルー 袋1個

対象ショップで取扱いなし


3. ステッドラー スプリング小コンパス 557 62

ステッドラー スプリング小コンパス 557 62
¥1170/個
¥1,170 ヨドバシカメラ
¥1,177 LOHACO(ロハコ)
他1ショップ
紙面に対して針を垂直に刺しやすくした中車式の小コンパス。・穂替差込径 φ3.5mm ・最小円 φ約1mm ・最大円 φ約97mm ・全長 107mm

4. 安全コンパスハリノック鉛筆 ピンク CP212PK 5個

安全コンパスハリノック鉛筆 ピンク CP212PK 5個
¥441/個
¥441 Amazon(アマゾン)
¥534 (x5) LOHACO(ロハコ)

5. ソニック コンパス くるんパス 鉛筆用青SKー767ーB 3個 (直送品)

ソニック コンパス くるんパス 鉛筆用青SKー767ーB 3個 (直送品)
54円お得
¥434/個
¥434 ヨドバシカメラ
¥438 Amazon(アマゾン)
他4ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。