裁断機のおすすめと使い方・価格を比較

趣味や仕事のために裁断機を自宅で使用する機会が多い方も多いのではないでしょうか。裁断機といわれると学校や会社で目にしたことがある大型で重いものを想像してしまいがちです。しかし最近では個人が自宅で使いやすいよう、コンパクトサイズで軽い裁断機も販売されているのをご存知でしょうか。さらにその大きさから場所を取ってしまう裁断機のイメージを覆す、収納しやすい裁断機も登場しています。ここではそんなバリエーションの多い裁断機の中でもおすすめの商品を使い方と合わせて紹介します。また個人でも手に入れやすい安い裁断機についても紹介しましょう。裁断機は全部同じと思わず、比較をして一番自分にあう裁断機を見つけましょう。

おすすめの裁断機はこれ!

使う環境や内容に合わせたおすすめの裁断機を紹介します。自宅で利用し、使用頻度がそこまで多くない場合には、コンパクトなサイズのものがお勧めです。特にディスクカッターと呼ばれる種類の裁断機は薄く、重量も大きいもので3キロ程度と軽いため、持ち運びもでき、収納も楽でおすすめです。このタイプの裁断機の場合、ピザカッターのような丸い刃を上下に何回かスライドさせて裁断を行いますが、通常の大きな刃を下すタイプのものに引けを取らない裁断が可能です。また刃と紙の隙間が常に狭く、刃が外に出ていることがないため、安全性も高いです。自宅で利用し、お子さんがいる家庭ならば、安全性を考えたディスクカッターがおすすめとなります。

ディスクカッターであれば、カール製のものがおすすめです。価格も可能な裁断サイズによって変動はするものの1万円前後と手に入れやすい価格になっています。

ディスクカッターはコンパクトな分、一度に裁断できる枚数が少なく、特に厚い紙には不向きです。多くの紙を裁断したい場合には、やはり大型な刃を下すタイプがお勧めとなります。このタイプでも切る紙が大きくないものであれば収納しやすいコンパクトサイズなものも販売されています。裁断物がA4サイズ以内のものがほとんどの場合は、このコンパクトな物でも十分機能的なためおすすめです。デザインがかわいらしく、自宅においても違和感がないものや、安全性を考えた刃がむき出しにならない物であれば個人の利用でも手が出しやすいでしょう。代表格はプラス製品です。

個人でも大きなものや一度に多い枚数を裁断したいという場合は、裁断厚を広げたものをおすすめします。一般的に15mm程度の裁断厚までが個人用として販売されていますので、それ以上の裁断が必要な場合は、大型の裁断機が必要となります。

中にはダーレー製品のように1.8cmまで裁断厚が広がったタイプも販売されています。こちらは裁断機を折り畳みコンパクトに収納することが出来るのでお勧めです。

またとにかく綺麗に裁断したい場合は、プラス製品の寸度精度の高いものがおすすめとなります。ポイントは紙押さえが楽にできることと、刃が真下に降りることです。これによりずれがなく、綺麗な裁断を行うことが可能です。さらにプラス製品では安全機能がしっかりしていおり、2重のロックがかけられるため、突然刃が下りてくるという心配もありません。さらに裁断機で面倒な刃の付け替えも簡単なため、切れ味を持続させることができ、おすすめです。

裁断機の使い方は?

裁断機を利用した際、思ったように切れなかった、ずれてしまった、最後までしっかり切れなかったといった経験はないでしょうか。ここでは裁断機の正しい使い方、コツを紹介します。

紙をセットし、ずれないように押さえてから刃を下すのが一般的な裁断機の使い方になります。ただこの方法を普通に行っていてもうまく切れないことが多いです。裁断機の刃が古い場合も考えられますが、使用している人の使い方が間違っていることが原因になっている場合が多いです。

まず気を付けたいのが裁断機に合った紙のサイズ、枚数のみの裁断です。一度にたくさんの紙を裁断したいからといって裁断厚以上の紙を裁断しようとすると、力が必要となるため、紙が少しずつずれてしまいます。また最後まで切ることが出来ず、裁断面が汚くなってしまうこともあります。欲張らず、適切な量で切ることが大事です。あまり慣れていないうちは裁断厚よりも少ない枚数から裁断を初めて慣れていくことが使い方をマスターする上で重要です。

次に意識したいのが紙をしっかりと押さえることです。手で押さえている場合、刃を下す際に手の力のかけ方によってはずれてしまうことがあります。少ない枚数であっても、付属の押さえ板を利用して押さえるようにするのが正しい使い方です。ただし1枚などのように少なすぎる枚数だと逆に通常の裁断機では綺麗に裁断できない可能性があります。そういう場合はディスクカッターのような刃を上下にスライドさせてカットするタイプの裁断機を選んで利用するのがよいでしょう。使用用途に合わせた裁断機を利用するのが一番効率的な使い方ともいえます

最後に刃の下し方です。真下に下りる精度の高い裁断機であればこの問題はありませんが、多くの裁断機では固定刃と動刃がハサミのように重なることで裁断を行います。両方の刃が大きくずれてしまうと最後まで綺麗に切ることが出来ません。その場合はできるだけ内側に向けて刃を下すようにすると比較的綺麗に裁断することが可能です。また刃はゆっくりと下しましょう。

またこれらは当たり前ではありますが、必ず水平な場所での使用が必要です。机上であれば机がぐらつかないかを確認し、裁断機がすべて机の上に収まっているかも確認しましょう。ぐらつきによってずれが生じることはもちろん、怪我をする危険性が高くなるため必ず守るべきマナーともいえるでしょう。

定期的な刃の交換の仕方も使い方を知るうえで重要です。裁断機によって刃の変え方は異なります。事前に変え方を知り、替え刃も用意しておくと良いでしょう。

安いのはどれ?裁断機の価格を徹底比較!

裁断機の価格は裁断可能なサイズ、裁断可能な枚数によって大きく変わっていきます。枚数が少なく、サイズが小さいものであれば安くなっていきます。特にディスクカッターやペーパーカッターと呼ばれる製品はかなり安価に購入が可能で、かつ裁断しやすいため最初に購入するのにおすすめです。

作業に時間がかけられる、また1枚ずつなど裁断する枚数がすくない場合、A4サイズまでであればオープン工業やカールといった会社が出しているペーパーカッターがお勧めです。800円程度から購入することが可能となっています。

複数枚切るが、一度に10枚前後切れれば十分という方はビューティ―ライフ裁断機が3500円程度と安い価格で手に入れることが出来ます。

ただしビューティライフ裁断機は刃が使い捨てとなるため、刃の交換費用を考えるに同じ条件のものを裁断するにはサンワサプライペーパーカッターの5000円程度のほうが安く済む可能性も高いです。どの頻度での利用が必要かによって決めると良いでしょう。

ただしあまりに簡易的なものは作業に時間が余計にかかる場合もあるため、ディスクカッター選びはある程度の品質の高いものを利用することをおすすめします。通常の裁断機と同じ品質を求めるのであればカール社の9000円前後のディスクカッターがコスパが良いといえるでしょう。こちらであれば枚数も40枚前後と通常の裁断機と変わらない程度の裁断も可能になっており、コンパクトで安全なため自宅でも使用しやすいモデルです。

家庭で使うタイプでコンパクトだけどディスクカッターよりも枚数を裁断したい場合はプラスPK-113が20,000円程度と価格も安価です。見た目もかわいらしく、安全でありながら使用もしやすいため、コスパがいいといえます,またコンパクトで収納もしやすいため、自宅で利用し、常時利用する場合ではない時にはもってこいの製品です。

更に大型やよく利用する場合、また精度の高いものが必要な場合にはダーレー社の製品が180枚切ることが出来、29000円と安い製品といえます。さらにコンパクトで持ち運びにも向いていることから仕事や家庭でも活躍することができます。

同じ価格でプラス社の製品でとにかく裁断面が綺麗に仕上がる裁断機もあります。こちらは大きく収納には向いていません。精度を求めるのであれば、こちらの製品が安いといえるでしょう。

これより上のものになってくると、枚数が増えるにつれ価格が1万円程度ずつ上昇していきます。

裁断機のおすすめ

1. コクヨ ペーパーカッターA4 DN-113

コクヨ ペーパーカッターA4 DN-113
¥12480/個
¥12,480 Amazon(アマゾン)
10枚切りのコクヨのペーパーカッター!握りやすく力を入れやすいハンドル。ボタンを押すだけで固定/解除できるマグネット定規。位置合わせが簡単で見やすいウェーブ目盛り。断裁した時に紙が折れず、傷みにくい構造。

2. プラス かんたん替刃交換 断裁機 替刃 PK-513LN専用 26301 1枚

プラス かんたん替刃交換 断裁機 替刃 PK-513LN専用 26301 1枚
82円お得
¥8172/個
¥8,172 ヨドバシカメラ
¥8,254 Amazon(アマゾン)
他1ショップ
裁断機の替刃をご用意。

3. カール事務器 ディスクカッター DC-210N

カール事務器 ディスクカッター DC-210N
1318円お得
¥8109/個
¥8,109 ヨドバシカメラ
¥8,187 Amazon(アマゾン)
他1ショップ
40枚を一気に(2往復で)。しっかりした切れ味の本格派。集光式アクリル板を使った紙押さえで裁断箇所が一目瞭然。

4. カール事務器 ディスクカッター A4 DC2000

カール事務器 ディスクカッター A4 DC2000
1237円お得
¥2580/個
77%安
¥2,580 Amazon(アマゾン)

5. プラス ペーパーカッター B5 PK-014 LGY

プラス ペーパーカッター B5 PK-014 LGY
107円お得
¥7506/個
32%安
¥7,506 ヨドバシカメラ
¥7,581 Amazon(アマゾン)
マグネットにより固定できる紙あて定規:紙ズレ防止等使い勝手を考えた仕様の裁断機です。また、定型サイズの裁断がしやすいように用紙サイズの罫が引いてあります。

6. カール事務器 ディスクカッター A3サイズ DC-230N

カール事務器 ディスクカッター A3サイズ DC-230N
¥12208/個
¥12,208 Amazon(アマゾン)
¥14,638 LOHACO(ロハコ)
スライダー内収納の回転丸刃だから、刃に手が直接触れません。コピー用紙約40枚を2往復でカット。ズレにくく、裁断位置がわかりやすい集光式の紙押さえを搭載。

7. コクヨ ペーパーカッター40枚切り A3 チタン DN-T61 1台

コクヨ ペーパーカッター40枚切り A3 チタン DN-T61 1台
¥12980/個
¥12,980 Amazon(アマゾン)
¥15,825 LOHACO(ロハコ)

8. コクヨ ペーパーカッターロータリー式DN-61用刃受け DN-600C

コクヨ ペーパーカッターロータリー式DN-61用刃受け DN-600C
¥886/個
92%安
¥886 ヨドバシカメラ
¥895 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

9. コクヨ ペーパーカッター40枚用替刃・チタン丸刃 DN-T600A 1パック(2個)

コクヨ ペーパーカッター40枚用替刃・チタン丸刃 DN-T600A 1パック(2個)
32円お得
¥685/個
94%安
¥685 ヨドバシカメラ
¥771 LOHACO(ロハコ)
他1ショップ
切れ味2倍長持ちのチタン加工刃!旧モデルとも互換性があります。

10. コクヨ ペーパーカッター 替刃・チタン丸刃 DN-T700A 1個

切れ味が長持ちするチタン加工刃。ペーパーカッターの適合機種はDN-T71・T72・T73・T81・T83です。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。