チェックライターおすすめランキングとタイプ別使い方

食事をしたり買い物をしたりした時、領収書をもらうことがあります。領収書をもらう理由は、家計簿をつけたいからとか、経費で落としたいからという理由も含まれます。一般的な買い物や食事であれば、レシートでもいいのでは?と思われがちですが、きちんと帳簿につける場合や、使ったお金を計上したい場合は、領収書という形でもらいます。領収書にもいろいろあって、大抵は手書きの領収書をもらいます。お店のスタンプや印鑑が押してあり、宛名と金額を記入してもらいますが、手書きの場合は後から手を加えて偽造することもできます。普通は領収書を偽造することはありませんが、絶対に偽造があってはならない場合は、チェックライターを使って領収書などの用紙を作成します。

チェックライターとは?

チェックライターというのは、小切手や手形を作成する時に使うのが一般的です。もちろん領収書や株券などを作成する時にも使えます。チェックライターを使うのは、改ざんを防ぐためです。領収書の場合は手書きのものも多いですが、チェクライターを使えば、手書きで改ざんすることができませんから安心です。

手形や小切手、株券などは改ざんがあってはいけない重要なものです。チェクライターで印字すると手書きや印刷とは違う、独特のフォントで作成できます。また通常の印刷とは違う方法で作成するので、用紙を手で触ると凸凹としているのがわかります。これも手書きでは叶わない特殊な印字法です。

チェックライターで印字できるのは、0~9までの数字」と、\やカンマなど金額を表すときに必要な記号です。チェックライターといってもメーカーによる種類は異なります。昔は手動で1文字ずつ印字していくタイプが主流でしたが、今は電子式で金額を入力すれば、自動で印字できるタイプが増えています。チェックライター専用の機械もありますし、パソコンに接続して印字する周辺機器なども出ています。

種類やタイプによって、微妙にフォントも変わりますが、手書きでは真似できない独特のフォントに仕上がります。印字できる桁や範囲も、チェックライターの種類によって異なります。

チェックライターを使うのは、改ざんを防ぐためです。手書きでも漢数字を使えば改ざんを防ぐことはできますが、普段使わない漢数字は面倒になるため、どうしても数字で書いてしまいます。領収書なら手書きのものもたくさんありますが、手形や小切手は現金と同じ意味を持ちますから、改ざんできないよう工夫が必要です。もちろん会社や商店によっては、領収書でも、重要な意味を持つ場合は手書きはせずチェックライターを使います。

チェックライターのフォントは、機種により異なりますが、同じ機種を使えば0を増やすことができてしまいます。そのためチェックライターを使っていても、改ざんできてしまう可能性がゼロではない場合、金額の最後に米印や星などの記号を使います。こうすることで、たとえ同じチェックライターを持っていても、後から0を付け足して改ざんすることができなくなります。

チェックライターで印字できる文字は、数字やカンマ以外にも、最後に付け加える記号も含まれています。機種により使える記号などは異なりますが、金額の最後には必ず何らかの記号を付けることが大切です。

チェックライターの価格は?

チェックライターにもいくつか種類があります。どのチェックライターを選ぶかによって、印字スピードは変わってきます。チェックライターの種類によって、価格も変わってきますので、ニーズに合わせて選ぶことが大切です。

チェックライターを使うのは、手形や小切手、株券などに金額を入れたい時です。領収書を作成する時にもチェックライターを使うことはありますが、金額が大きい場合、チェックライターの種類によっては、印字できる桁数が足りなくなる可能性があるので、大きい金額を印字する機器があるなら、購入前にチェックライターで印字できる桁や範囲を確認しておくことをおすすめします。

昔は手動で、1文字ずつ印字するチェックライターが主流でした。もちろん今も手動のチェクライターは売っていますし、昔から使い慣れたチェックライターを使っているところもあります。手動なら1文字ずつ印字していくので、桁数が多くなっても用紙に余裕があれば、桁数に関係なく印字することができます。

今は電子式といって、金額を入力するとその通りに印字されるタイプも出ています。手動の場合は最初の\マークやカンマを入れますが、電子式の場合は自動で印字されるので金額さえ間違えなければ、確実でスピーディーな印字が可能です。電子式は電卓を大きくしたような形をしているので、置き場所もそれほど取りません。

1日や1度に作成する枚数が多い場合、手動だとかなり時間がかかります。その点電子式は金額を入力するだけで、印字は全て機械が自動でやってくれるので、仕上がりまでの時間も短く済みます。

価格については、メーカーによる違いなどもありますが、手動なら大体10,000円前後、電子式なら20,000円前後です。本体だけでも価格は違ってきますが、手動でも電子式でも印字する時にはインクが必要です。手動は液体のインクを注入するタイプで、電子式はプリンターのようにインクカートリッジを使います。

チェックライター本体は一度購入すれば、故障しない限りインクを補充しながら使えますが、インクには限りがあるので、インクがなくなったら新しいものと交換しなければいけません。毎日数百枚の印字をするなら別ですが、印字する回数が限られている場合は、消耗品もそれほど頻繁に買い足さずに済みます。液体インクは数百円、インクカートリッジは2,000円前後です。印字中にインク切れにならないよう。常に予備のインクやカートリッジは1つ置いておくと安心です。

チェックライターの使い方は?

チェックライターの使い方は、手動と電子式で異なります。手動と電子式のそれぞれの使い方を紹介します。

昔からある手動式のチェックライターにもいくつか種類はありますが、スタンダードなロータリーチェックライターの使い方を説明します。ロータリー式チェックライターは、ハンドルが付いていて、ハンドルの根元に数字や記号のダイヤルがあるので、打ちたい数字や記号にその都ダイヤルを合わせ、ハンドルを下に下げて印字していきます。

1文字ずつ印字していくので、桁が多い場合は数字を打ったら途中でカンマを入れたり、数字の打ち終わりには、米印や星マークを印字したりします。金額の最初には\マークも忘れずに入れます。アナログ式ですがダイヤルさえ間違えなければ、1文字ずつ確実に金額を入力できます。

手動で数字を印字しながらカンマも印字する場合、スペースや文字幅が気になるところですが、1文字印字すると自動でピッチの調整ができるので、用紙は動かさなくても大丈夫です。途中で位置がずれないよう、用紙を抑えるレバーなどもあるので、ダイヤルを合わせてハンドルを下に下げるだけだから、意外と簡単です。

電子式は電卓を大きくしたような形のものが多いです。電卓のように数字のボタンが付いているので、印字したい金額を入力して、プリントキーを押すだけで、\マークやカンマ、最後の記号も自動で印字されます。

内部は見えないようになっていますが、用紙の位置を調整する機能が付いているので、ボタンやレバーで操作して、用紙をセットします。用紙をセットしたら、数字を入力してプリントボタンを押すだけでOKです。手動式に比べて操作も簡単ですし、印字スピードも速いです。電子式は印字できる桁や、範囲に違いがあります。

一般的な電子式チェックライターは、8桁くらいですが、それよりも多い金額にしたい場合は、印字範囲が10桁~12桁のものを選ぶと安心です。手動式は1文字ずつ印字するので、時間はかかりますが、印字範囲フリーのものが多いので場合によっては、手動のチェックライターの方が向いていることもあります。

同じ金額を連続で作成したい場合、手動は枚数に応じて毎回同じ作業を繰り返します。電子式は金額を入力しておけば、後は作成したい枚数だけプリントキーを押すだけですから、枚数が多い時は、手動式よりも電子式のチェックライターの方が時間も手間も省けます。仕上がりについては、手動式も電子式もそれほど大差ありません。

チェックライターおすすめランキング

8位: マックス 電子チェックライター 12桁 EC-710

マックス 電子チェックライター 12桁 EC-710
¥27960/個
¥27,960 Amazon(アマゾン)
¥28,611 ヨドバシカメラ

7位: 電子チェックライターFXシリーズ専用インクパット

電子チェックライターFXシリーズ専用インクパット
227円お得
¥909/個
94%安
¥909 ヨドバシカメラ
¥1,155 LOHACO(ロハコ)
他1ショップ

商品説明

ニッポー電子チェックライターFXシリーズ専用のインクパットです。

6位: 電子チェックライターFX-30FX-30 8桁

商品説明

入力した金額を液晶画面に表示。万一、振り出した有価証券の額面金額が第三者に改ざんされ、実害を被った場合、1事故300万円、1回を限度として実損害を補てんする改ざん賠償保険付きです。

5位: マックス 電子チェックライター 8桁 EC-310

マックス 電子チェックライター 8桁 EC-310
¥12450/個
¥12,450 Amazon(アマゾン)
¥16,902 ヨドバシカメラ
他2ショップ

商品説明

入力も発行も指1本でOK!電卓感覚のキー操作でラクラク印字。「¥」「,」「※」の3つのマークは自動印字、自動紙押さえ・紙送り機能、リピート印字などの機能搭載。手形・小切手・領収証の作成に。高密度で深いクリアな印字。

4位: マックス 電子チェックライター インクロール R-50

¥686 ヨドバシカメラ
¥693 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

3位: マックス チェックライター 本体 RC-150S

マックス チェックライター 本体 RC-150S
634円お得
¥7596/個
49%安
¥7,596 Amazon(アマゾン)
¥8,253 ヨドバシカメラ
他1ショップ

商品説明

円・ドル・ユーロ、3種類の通貨が表示できる。1文字ずつ回転させて手動で印字。

2位: マックス 電子チェックライター 10桁 EC-510

マックス 電子チェックライター 10桁 EC-510
¥19798/個
¥19,798 ヨドバシカメラ
¥20,330 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

商品説明

大型領収証にも対応、最大印字奥行80mm。10桁の数字まで印字。入力後金額表示、「¥」「,」「※」自動印字、自動紙押さえ、紙送り機能、リピート印字に加え、抹消機能もある多機能型。

1位: マックス EC-310C電子チェックライターコードレス 8桁 本体コードレス EC-310C

マックス EC-310C電子チェックライターコードレス 8桁 本体コードレス EC-310C
469円お得
¥18180/個
¥18,180 ヨドバシカメラ
¥18,340 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

商品説明

入力も発行も指1本でOK!電卓感覚のキー操作でラクラク印字。高密度で深いクリアな印字。充電できるコードレスタイプ。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。