ホッチキスのおすすめと種類・上手な使い方

ホッチキスは事務用品の定番となっています。これによって書類を束ねることができるためとても便利なものです。そんなホッチキスなのですが、実はいろいろな種類があります。使い方もさまざまな工夫をすることができます。こちらではそんなホッチキスについて注目してみましょう。どんな種類や使い方が存在しているのか、どのような収納方法があるのか、人気の高いホッチキスとはどんなものなのかを説明しています。ホッチキスについていろいろな情報を扱っているのです。これまであまりホッチキスに注目したことのなかった方は多いでしょう。そんな方でも興味深い内容となっています。ぜひともホッチキスについて見なおしてみましょう。ホッチキスはとても便利で重宝します。

ホッチキスの種類

ホッチキスにはいろいろな種類が存在しています。本来の呼び名はステープラーだったのですが、日本ではホッチキスという呼び名が定着しています。ホッチキスは使用する針の大きさによって3種類に分けることができます。それぞれ小型と中型、大型の針があります。さらに特殊な用途向けに開発されたホッチキスも存在しています。

小型のホッチキスには10号と呼ばれる針が使用されています。こちらではコピー用紙を20枚程度とじることができるとされています。一般的にホッチキスといえばこちらの小型のタイプのことを指します。中には小型中型折衷タイプというものも存在します。こちらは針の太さは小型と同じなのですが、長さが異なっているのです。そのため、小型のものよりもさらに多くの紙をとじることができるでしょう。

ホッチキスの中でも中型と呼ばれているものは30枚程度までコピー用紙をとじることができます。日本で使われている中型の針は3号です。米国や欧州においては35号が使われています。基本的にどちらか一方の針しか使えないと考えておけば良いでしょう。

さらに大型の針が使われているホッチキスがあります。こちらは1号、あるいは12号と呼ばれている針が使用されます。とじることのできるコピー用紙の枚数については50枚から250枚程度とされています。こちらは針が長いために逆に薄いものについてはとじることができなくなっています。そのため製品ごとに最低とじ枚数が決められていることが多いです。それに注意して使うことが求められるのです。手動でとじるためにはかなりの力を要するため、基本的には電動式のものが普及しています。

さらに特殊用途のホッチキスとしてタッカーと呼ばれているものがあります。モーター駆動によって半自動的に紙をとじていけるものもあります。こちらは電子式と呼ばれるホッチキスです。コピー機の内部にホッチキスが存在しているものもあります。こちらはオートステープラーと呼ばれています。ダンボールを梱包するためのホッチキスもあります。こちらには手動式と電動式が存在しています。医療用のホッチキスもあります。傷口に縫合するために使われます。

このようにさまざまな種類が存在しているのがホッチキスなのです。普通に事務用品として利用する場合は小型のホッチキスを使うことがほとんどですが、特殊な用途でも利用したいならば、そのためのホッチキスを準備すると良いでしょう。ホッチキスの世界は奥が深いのです。

ホッチキスを上手に使うには?

ホッチキスは簡単に使えるものなのですが、どうしても上手に使えないという方がいるかもしれません。そういう方のためにこちらではホッチキスを正しく使うためのコツを紹介しましょう。

基本的な使い方としてはしっかりと紙を揃えておき、ホッチキスの位置を調整しながらとじたい位置にしっかりと針を押し込みます。思いきって力を入れなければしっかりととじられないことが多いです。特に紙が多い場合には注意しましょう。それぞれのホッチキスの針ごとにどのくらいの紙の枚数や厚みに耐えられるのかは決まっています。事前に適切な針を用意しておきましょう。

ホッチキスの使い方には基本的なマナーが存在しています。縦書きの文書ならば右上に、横書きならば左上のホッチキスを留めましょう。また、ホッチキスの角度について気になる方も多いでしょう。横にするべきなのか、縦にするべきなのか、あるいは斜めにするべきなのか悩んだことのある方は多いでしょう。官公庁の正式なルールとしては斜め45度の角度でホッチキスを使うのが正式だとされています。したがってこれの通りにしておけば、世間一般的なマナーを守ったことになるでしょう。

ホッチキスの針の位置について迷ったときには、その書類を実際に読む人のことを考えましょう。読みやすいような位置にホッチキスがついているならば、とりあえず問題になることはないでしょう。仕事でホッチキスを使うならば、それぞれの職場ごとのルールを守っておきましょう。上司に確認しておけば、どのようにホッチキスを使うべきなのか教えてもらえます。

ホッチキスは普通に使っていれば特に失敗することはないでしょう。握力の弱い方の場合は力の入れ方が弱すぎてしまうこともあります。ホッチキスの針の位置がずれてしまわないように注意しましょう。もし間違えた場所に留めてしまったり、あるいはすでにホッチキスの針が留めてあるものを外したいならば、リムーバーを利用しましょう。針を抜く際にも正しいやり方があります。まず針を90度に引き起こしておきましょう。そうやってから引きぬくことによって、紙にダメージを与えずにスムーズに針を取り外すことができるのです。

ホッチキスの使い方については無造作に行っている方がいるかもしれません。プライベートな時間ならば問題はないのですが、仕事でホッチキスを使っている方は、ちょっとした点にも気を使っておくべきでしょう。そうすれば印象が良くなります。

おすすめの収納方法を教えて!

ホッチキスを収納に活用することができます。たとえば壁に穴を開けることに抵抗を感じる方はたくさんいるでしょう。そのような方におすすめの方法としてホッチキスによって壁に設置できるプレートが売られています。ホッチキスで固定するものは画鋲を使うよりも穴が目立たなくなるのです。そのためこれならばたとえ賃貸物件だったとしても修繕義務が発生しなくなるのです。それぐらい目立たない穴をつけるだけでプレートを設置できるようになります。これによって新しい収納スペースを生み出すことができます。

ホッチキスのみで設置できる棚が最近紹介されて話題となっています。ホッチキスだけで強度は大丈夫なのか心配する方がいるかもしれません。この場合は普通の針ではなくてより強度があり耐久性の優れている針を利用すれば良いのです。これならば長く使っていたとしても強度に関して不安を感じる必要はないのです。安心して設置することができます。重さに耐えることができて、それほどコストはかからず、穴も残らないために注目されているのです。荷重が10キロまで耐えることのできるものも売られているのです。ホッチキスの針をたくさん打ち込むことによって強い耐久力を生み出すことができるのです。壁にちょっとした棚が欲しいと考えたことのある方は多いでしょう。そのような方のためにホッチキスで設置できる棚が登場して人気を集めているのです。

もしホッチキスによって壁に棚を設置したいならば、きちんとその商品の説明を読みましょう。正しい設置の仕方をしないとちゃんとした強度が実現できないのです。せっかく棚を設置したのにそれが落ちてしまうことになれば危ないです。壁の素材によってはホッチキスで設置することが難しいケースもあるのです。石膏ボードの壁じゃなければ対応していないものが多いです。

リビングだけじゃなくて、たとえばトイレの壁に新しい棚を設置することもできます。さまざまな活用方法が存在しているのです。ホッチキスの新しい活用の方法として注目されています。これまではホッチキスといえば書類をまとめるために利用するという用途しか注目されていませんでした。それが今では新しい収納方法としてホッチキスが注目されるようになっています。ホッチキスを便利に扱うことによって、生活にさまざまなメリットをもたらすことができるでしょう。収納に困っている方はぜひともホッチキスに注目してみましょう。

ホッチキスのおすすめ

5位: プラス フラットかるヒット60 レッド ST-261V 30577

プラス フラットかるヒット60 レッド ST-261V 30577
¥2754/個
¥2,754 ヨドバシカメラ
¥2,782 Amazon(アマゾン)

商品説明

おしゃれな赤が新鮮。60枚とじの中型!ハンドル裏に予備針を600本収納できます。(予備針は付属していません)

4位: マックス 中型フラットホッチキス バイモ80 HD-11UFL/R 赤 HD90498

マックス 中型フラットホッチキス バイモ80 HD-11UFL/R 赤 HD90498
441円お得
¥2763/個
¥2,763 ヨドバシカメラ
¥2,788 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

商品説明

No.11針の細さを活かした「No.11-10mm針」により、最大80枚までとじることができます、従来機の体積から約58%ダウンしたコンパクトサイズ、驚きの軽さでとじる力を70%以上軽減(※メーカー従来比)

3位: コクヨ 電動フラットとじステープラー・コードレス SL-CF20LM

商品説明

ラットクリンチ機構採用 、10号針対応 、とじ枚数約2~20枚 、針装てん数/100本 、とじ奥行き/約4~20mm、2mmピッチ 、電源/アルカリ乾電池 単3形4本 (ニッケル水素充電池対応) 、コーナーとじ対応 、前面クリアカバーでとじ位置が見えやすい 、本体に1000本入ステープル針箱が収納可能(SL-10N相当) 、付属品/用紙ガイド 、サイズ/W41×D187×H71mm。

2位: プラス カルヒット 針付 ブルー ST-010AH BL

プラス カルヒット 針付 ブルー ST-010AH BL
¥424/個
64%安
¥424 Amazon(アマゾン)
¥587 ケンコーコム
他1ショップ

1位: コクヨ パワーラッチキス32枚とじフラット ピンク SL-MF55-02P

コクヨ パワーラッチキス32枚とじフラット ピンク SL-MF55-02P
¥215/個
82%安
¥429 ヨドバシカメラ
¥433 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

商品説明

軽く32枚とじられる/10号針で最多の32枚とじを実現しました。もちろん軽とじ機構搭載なので、いつも使用している針で32枚もの書類を軽くとじることができます。、フラットタイプ/とじた針足が平らになるフラットクリンチ機構。とじた書類を重ねてもかさばりません。、コンパクトサイズ/女性の手でもすっぽり収まるサイズです。コンパクトながら、針を100本装填可能です。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。