ラミネータのおすすめと目的別種類・価格を比較

ラミネートフィルムで紙や写真を挟み熱で圧着することをラミネートと言います。ラミネートはさまざまなシーンで利用されていますし、特に会員証や社員証はラミネート加工されていることが多々あります。ラミネートすることで折れや曲がりを防ぐことが可能となりますし、水に濡れても問題ありません。誰もがラミネート加工されたものを一度くらい見たことがあると思いますが、このラミネート加工に使われる機械がラミネーターと呼ばれるものです。一口にラミネーターと言ってもさまざまな種類がありますし、目的によって変えなくてはなりません。ここでは目的別ラミネーターの種類や使い方、人気機種の価格などについてご紹介しますからぜひ目を通してください。

【目的別】ラミネーターの種類

会員証や社員証などは透明の厚いクリアファイルのようなもので保護されていますよね。こうしたラミネート加工を行うことで耐久性をアップさせているのですが、このラミネート加工を行うのがラミネーターの役割です。ラミネーターは業務用だけでなく家庭用の製品も数多く販売されていますし、目的に応じて個人で所有する方も少なくありません。ラミネーターの種類は大きく分けて家庭用とオフィス用、業務用の三つに分けることができますが、ここではそれぞれ順番にご説明していきたいと思います。

家庭用のラミネーターは比較的リーズナブルな価格で手に入れられることが大きな特徴であり魅力的なポイントです。「家庭用のラミネーターって言うけど、一般家庭で何の目的があってラミネーターを使うの?」という疑問を感じた方もおられるでしょう。家庭用のラミネーターの使い道や目的は人によってまちまちですが、大切な家族や恋人の写真を美しいまま保護したいというシーンでよく使われています。家族との思い出の写真をラミネートすることでどこにでも持ち歩けるようになりますし、普通の写真のように水に濡れてダメになるということもありません。趣味で描いたイラストをラミネート加工するようなこともあります。

オフィス用は家庭用に比べるとどうしても価格は高くなりがちです。A3サイズという大きなサイズのラミネート加工もできるようなものが多く、ハイスペックな製品が多いことが特徴と言えるでしょう。さまざまな店舗の販促で使用できるポップを作成したり、飲食店のメニュー表などを作るときにも重宝できます。ほかにも使い方次第でいろいろなことができますし、オフィスにラミネーターを構えている企業は少なくありません。電源を消し忘れても自動的にオフになってくれるような機能が備わったものもありますし、高機能な製品が多いです。

業務用のラミネーターはオフィス用と同じような目的で使用されるケースが多いです。業務用製品だとかなり大きなラミネート加工も可能となりますし、さらにできることは増えるでしょう。オフィス用のラミネーターよりも高価になってしまう傾向にありますが、それに伴いスペックも高くなっていることがほとんどです。大型ポップの作成はもちろん屋外用ポップの作成などにも使用できます。仕上がりの美しさや出来上がるまでのスピードも優れていますし、家庭用やオフィス用と比べてもすべてにおいて性能は上でしょう。

ラミネーターの使い方って?

あると便利なラミネーターはさまざまな企業のオフィスや店舗で使用されていますし、企業によっては業務用の大型ラミネーターで販促アイテムを自作していることも珍しくありません。近年ではリーズナブルな価格の家庭用ラミネーターもかなり増えていますし一般ユーザーも多いラミネーターですが、使い方が難しそうという理由で敬遠してしまっている方が多いのも事実です。しかし、ラミネーターは使い方が難しいということはまったくありませんし、老若男女関係なく誰でも簡単にラミネート加工を行うことができます。

ラミネーターの使い方ですが、まずはラミネートフィルムを準備しなくてはなりません。ラミネーターだけあってもフィルムがないと意味がありませんから注意しましょう。ラミネートフィルムには厚みがありますから、耐久性が欲しいのなら厚めのフィルムを選ぶことになります。150ミクロンのフィルムなら耐久性は問題ないでしょう。一般的な厚みは100ミクロンとなり、社員証や会員証などに使われるのはこれが多いです。ラミネートフィルムを用意したらフィルムに挟み込む用紙をセットします。フィルムよりも明らかに用紙サイズが小さい場合だとうまくローラーに通らない可能性がありますから注意してください。

ここまでできたらラミネーターの電源を入れます。もちろん、最初から入れておいてもいいのですが慣れていない方だとラミネートフィルムへの用紙セットでも少々時間がかかってしまうかもしれませんから、準備ができてから電源をオンにすればよいでしょう。ラミネーターは完全に温まっていない状態で使用するとしっかり圧着できないですから注意してください。製品によって個体差はあるものの、10分ほど温めれば十分でしょう。オフィス用や業務用だと5分程度で使えるようになるものがほとんどです。

あとは準備したラミネートフィルムをラミネーターへ通すだけです。この時のポイントですが、なるべく真っすぐに通すことです。斜めに入れてしまうと変な圧着の仕方になってしまうこともありますし、仕上がりが美しくなくなることもあります。真っすぐ入れることでシワや気泡ができにくくなりますから、ラミネーターへ通すときはなるべく真っすぐ入れるように神経を集中させましょう。おさらいすると、ラミネートフィルムに用紙を挟んであとはラミネーターへ通すだけ、という非常に簡単で単純なことです。誰でも簡単に使えますから気負うことはありません。

おすすめ・人気のラミネーターを価格比較!

ラミネーターも各メーカーからさまざまな商品が販売されていますし、人気商品も数多く存在します。これからラミネーターを購入しようと考えている方だとどれを選ぶかで迷っている方もおられるのではないでしょうか。ラミネーターは高価になるほどハイスペックになりますが、だからといって高価でハイスペックなものがアナタにとってベストな選択とは言えません。目的や用途に応じてラミネーターを購入するべきですし、いくら高価なラミネーターを購入したとしても目的や用途次第ではスペックを使い切れない可能性があります。価格とスペック、目的や用途をバランス良く考慮して選ぶべきでしょう。

家庭用のラミネーターとして市販されている100ミクロン専用ラミネーターで3000円程度で販売されている製品がありますが、こちらは誰でも簡単な操作で使用できるようになっていますし、機械自体も小さいですからデスクに常駐させて使うことも可能となるでしょう。家族や友人と撮った写真、思い出の画像などをラミネートするには十分なスペックですし、趣味レベルで使用するには申し分ない性能です。しかも3000円程度の価格ですからラミネーターの中でも比較的リーズナブルな価格ではないでしょうか。

A4サイズまで対応するラミネーターだと6500円前後で販売されている製品も少なくありません。この価格帯のラミネーターも人気となっていますし、趣味で使用するのはもちろんビジネスで利用することも可能となるでしょう。電源を入れてから実際に使用するまでに8分程度かかるためここがややネックとはなるものの、事前に電源をオンしておけばそこまで大きな問題でもありません。準備が完了すれば音とランプで知らせてくれるのも特徴です。1万円を切る価格なのにハイスペックですから、趣味+お仕事で使うには十分でしょう。

9000円前後で販売されている4本ローラータイプのラミネーターもおススメです。加熱用と圧着用それぞれのローラーが別になっているため仕上がりがキレイになるという特徴があります。なるべくキレイにラミネートしたい方、ビジネスでも使用したい方におススメでしょう。こちらのタイプの製品では名刺サイズからA3サイズの大きさまで対応できるものが多い傾向にありますし、さまざまなシーンでのラミネートが可能となります。キレイなラミネート加工にこだわる方はこれくらいの価格帯の製品をチョイスしましょう。

ラミネータのおすすめ

4位: CPリーフ IDカードサイズ FCP-105486 1箱(100枚)

CPリーフ IDカードサイズ FCP-105486 1箱(100枚)
¥345/個
90%安

商品説明

フジプラは、「長持ち静電防止加工フィルム」に注目!フィルムの中間層に静電防止剤を内包し効果を高めた静電防止フィルムです。お財布に入れやすいIDカードサイズ!

3位: アコ・ブランズ パウチラミネーター フュージョン3000L GLMFS3000L3

対象ショップで取扱いなし

商品説明

ォームアップ・加工速度 W高速『時短』2本ローラーA3対応機、3段階の設定 簡単操作、ウォームアップ時間 約90秒 加工速度も速く ストレスを感じません

2位: アイリスオーヤマ ラミネートフィルム はがきサイズ 100μ 1箱(100枚)

アイリスオーヤマ ラミネートフィルム はがきサイズ 100μ 1箱(100枚)
¥998/個
71%安
¥998 LOHACO(ロハコ)
¥1,200 Amazon(アマゾン)

商品説明

静電防止でしかもお買得!

1位: アコ・ブランズ 手貼りラミネートフィルム A4 1パック(3枚) SLMA4

アコ・ブランズ 手貼りラミネートフィルム A4 1パック(3枚) SLMA4
31円お得
¥424/個
88%安

商品説明

紙をはさんでフィルムで密着。マシン要らずの簡単ラミネート。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。