【徹底比較】蛍光ペン鉄板おすすめ人気ランキング10選【実際に商品を購入して試してみました】

蛍光ペン・マーカー

ご協力いただいた専門家

文房具ライター:団子
文房具ライター:団子

ワンコインで買えるものから高級ブランド品まで、文具に触れるのが好きな文房具ブロガー。月間10万PVの文房具ブログ「文ログ」を個人で運営。主に文房具の使い方やレビュー、面白さ等を発信しています。

ブログアイコン


ノートをまとめる時によく利用する蛍光ペン。

今回は、勉強の効率を上げてくれる便利な文房具「蛍光ペン」に注目してみました。

最近は使い勝手のいいノック式蛍光ペン消せるマーカーまでラインナップ豊か。

蛍光ペンの種類や、効率のいい勉強につながる使用法をご紹介!

併せて、月間10万PVの文房具ブログを運営する文房具ライターの団子さんにおすすめの蛍光ペン3商品を紹介していただきました。

また今回は編集部で人気蛍光ペンを実際に購入し、以下3点の比較検証をしました。

オリジナルランキング検証風景
  • ①コスパ
    1本あたりの価格
  • ②にじみ
    ラインを引いた下の文字がにじまないか
  • ③速乾性
    すぐに乾いて裏写りしないか

実際に使ってみて比較した結果を踏まえて蛍光ペンオリジナルランキングを作成しました。

「本当に書きやすい蛍光ペンとは?」結果をお楽しみに!

最終更新日:2020-08-26  閲覧数:17477

蛍光ペンとは

蛍光ペンとは、蛍光色に光るように見えるラインがひけるフェルトペンです。

使用されているインクは水性のものが多く、蛍光染料や蛍光顔料が含まれています。

蛍光ペンのインクは半透明で、自ら発光するわけではなく、光が当たると鮮やかに明るく見える性質を持っています。

下に書かれた文字を塗りつぶさずに線が引けるので、重要な箇所を目立たせたり印をつけたりする用途に使われています。

ペンの構造によって以下のように分類できます。

  • 直液式・・・軸の中にインクが直接入っているタイプ
  • 中綿式・・・スポンジや綿にインクを染み込ませ吸い上げるタイプ

人気蛍光ペンを5商品全て購入し、徹底的に比較しました

検証のペンでラインを引く手

受験生はもちろん、大人になっても資格勉強やスケジュール帳の色分け等で出番の多い蛍光ペン。

ちょっとしたことで使いにくさを感じてしまうと、お蔵入りになってしまうことが多い文房具でもあります。

今回はそんなお買い物の失敗を減らすため、売れ筋かつ人気の蛍光マーカー5本を厳選し、実際に購入してその書き味を比較してみました。

今回検証した商品はこちらです。

検証アイテム紹介
  • 【A】パイロット フリクションライト イエロー
  • 【B】三菱鉛筆 プロパス・ウインドウ クイックドライ 黄
  • 【C】ゼブラ 蛍光オプテックス ケアノック 黄
  • 【D】トンボ鉛筆 蛍光マーカー 蛍コート80 きいろ
  • 【E】ゼブラ ジャストフィット モジニライン 黄

本当に使いやすい蛍光ペンを探して、いろんな検証をしてみました。

【検証①】コスパを比較

まずは、蛍光ペンの気になるコスパを比較してみました。

蛍光ペンコスパ比較

安い順に以下の通り。

  • 1位【D】トンボ鉛筆 蛍光マーカー 蛍コート80 きいろ……57円
  • 2位【A】パイロット フリクションライト イエロー……89円
  • 3位【C】ゼブラ 蛍光オプテックス ケアノック 黄……106円
  • 4位【E】ゼブラ ジャストフィット モジニライン 黄……110円
  • 5位【B】三菱鉛筆 プロパス・ウインドウ クイックドライ 黄……143円

※価格はスマートショッピング最安値ショップのもの(2020年1月時点)


蛍光ペンは比較的プチプラで買いやすい商品ではありますが、他のペンに比べると「もう書けない!」と思うタイミングが早め。

蛍光ペンの消費スピードが早い人、備品としてまとめて蛍光ペンを購入してる総務担当の方。

蛍光ペンのコスパチェックをお忘れなく!

◆さらにコスパを追求するなら補充インクがおすすめ

コスパ第1位商品の、「トンボ鉛筆 蛍コート」の補充インク

1本のボトルで約10本のインクの詰め替えが可能。補充にかかる時間は1本につき約10分です。

【検証②】文字のにじみ方を比較

ラインを引いた検証用紙

自分で書いた字の上からマーカーを引いたとき、字がにじんで読みにくくなってしまうのは嫌なもの。

にじみやすさを調べるために文字の上にラインを引いて、下の文字の見えやすさを比較しました。

シャープペンゲルインクボールペン水性ボールペン油性ボールペンの4種類のペンで文字を書き、それぞれのにじみ具合をチェックしました。

◆ペンの種類によるにじみ方の比較

商品名フリクションプロパスウィンドウ蛍光オプテックス蛍コート80モジニライン
シャーペン
ゲルインクボールペン××
水性ボールペン×
油性ボールペン×
○:にじまない △:ややにじむ ×:にじむ
にじみ検証用紙

文字を書くペンの種類によって商品の得意・不得意がはっきり分かれる結果となりました。

にじみ検証風景
  • シャープペンに弱い:パイロット フリクションライト
  • ゲルインクボールペンに弱い:パイロット フリクションライト・トンボ鉛筆 蛍光マーカー 蛍コート80
  • 水性ボールペンに弱い:トンボ鉛筆 蛍光マーカー 蛍コート80
  • 油性ボールペンに弱い:ゼブラ ジャストフィット モジニライン

トータルでにじみ具合を比較すると、

  • 1位:【B】三菱鉛筆 プロパス・ウインドウ クイックドライ
  • 5位:【D】トンボ鉛筆 蛍光マーカー 蛍コート80

という結果に。

1位の「三菱鉛筆 プロパス・ウインドウ クイックドライ」は、ゲルインクボールペンでは少しにじみがありましたが、シャープペン・水性ボールペン・油性ボールペンいずれも文字がきれいに見えました。

にじんでいないプロパス・ウインドウの文字
プロパス・ウインドウの鮮やかな文字

5位の「トンボ鉛筆 蛍光マーカー 蛍コート80」は、シャープペンシル以外の筆記具でにじみを確認。

にじんでいる蛍コートの文字
蛍コートの影のようなにじみ

イオンの力でボールペンのにじみにくさを謳っている「ゼブラ モジニライン」は、他のペンがにじみまくった水性ゲルインクにはびくともしません。

しかし、油性ボールペンの上にラインを引いて時間を置くと、じわじわと全体がにじんで黄色のラインに黒が混ざった結果、オレンジがかかった色に変わりました。

にじみが気になる人は、普段愛用している筆記具で蛍光ペンを使い分けてみるのがおすすめです!

【検証③】速乾性を比較

テキストや資料に蛍光マーカーを引いているときに乾かないインクがついてページや手を汚してしまうのは嫌なもの。

緑の蛍光ペンで汚れた手

速乾性を比較するために、ラインを引いた直後紙を乗せ軽く押さえて、インクが移らないかどうかチェックをしました。

速乾性プロット

結果、インクの乾きが早い順にB→D→C→A→Eとなりました。

  • 1位:【B】三菱鉛筆 プロパス・ウインドウ クイックドライ 黄
  • 2位:【D】トンボ鉛筆 蛍光マーカー 蛍コート80 きいろ
  • 3位:【C】ゼブラ 蛍光オプテックス ケア 黄
  • 4位:【A】パイロット フリクションライト イエロー
  • 5位:【E】ゼブラ ジャストフィット モジニライン 黄

1位の「三菱鉛筆 プロパス・ウインドウ クイックドライ」は、インクがたまりやすいラインの引き始め部分も全く色うつりなし!「クイックドライ」の名前に偽りはありませんでした。

プロパス・ウインドウの筆跡

一方5位の、「ゼブラ ジャストフィット モジニライン」は重ねた紙にライン全体がくっきり転写されていました。

モジニラインの筆跡
文具ライター:片岡
文具ライター:片岡

今回は出番の多い人気色「イエロー」で全ての検証を行いました。

薄手の紙を使用しているスケジュール帳や辞書で裏に蛍光ペンの色が見えてしまう「裏抜け」具合を比べるためにいろいろな紙にラインを引いてチェックもやってみました。

しかし今回比較したアイテム全て、ページの裏に影響はありませんでした。

裏写りが気になる方!黄色の蛍光ペンがおすすめです。

【徹底比較】おすすめの蛍光ペンランキング発表【コスパ・にじみ・速乾性で比較】

これまで、蛍光ペンの書きやすさ・使いやすさを明らかにするために、実際に商品を購入して、検証をしてきました。

検証結果を踏まえ、編集部オリジナル蛍光ペンランキングを発表します。

評価の基準はこちら。

  1. 【コスパ】…コスパの良いものほど★が多い
  2. 【にじみ】…にじみにくく、ラインの下の文字が見えやすいほど★が多い
  3. 【速乾性】…すぐに乾くものほど★が多い

蛍光ペンランキング

【1位】機能充実の進化系ペン「三菱鉛筆 プロパス・ウインドウ クイックドライ 黄」

  • 【コスパ】…★☆☆☆☆
  • 【にじみ】…★★★★★
  • 【速乾性】…★★★★★

ペン先に窓がついているため、狙った場所からはみ出さずにラインを引くことができるプロパス・ウインドウシリーズのクイックタイプ。

色味はかなり淡めで少し青みがかかったイエローです。

プロパス・ウインドウ

名前の通り、速乾性はダントツ

書いた直後にこすってみても指につかない安心感があり、ボールペンユーザーならにじみを気にせずに綺麗なラインを引けます。

プロパス・ウインドウペン先

「速乾」のためフタのしめ忘れには十分な注意が必要です。

高機能ゆえか、5商品中もっとも高額

【2位】コスパと機能のバランスの取れた実力派「ゼブラ 蛍光オプテックス ケアノック 黄」

  • 【コスパ】…★★★☆☆
  • 【にじみ】…★★★★☆
  • 【速乾性】…★★★☆☆

水と光に対する強さに定評がある、蛍光オプテックスケアのノック式ペン

書いたところをウェットティッシュでこすってみたところ、本当にラインそのものの滲みはなく、汗っかきさんでも安心。

オプテックスケア筆跡

ゲルボールペン以外のにじみに強く、ノートの美しさにこだわる人におすすめの蛍光マーカーです。

ライン幅が3.5mmと細めなわりに、ノック式のためかかなりペン軸が太いので、ペンケースでのかさばりが若干気になります。

オプテックスケアペン先

【3位】水性ペンユーザーはにじみに注意「トンボ鉛筆 蛍光マーカー 蛍コート80 きいろ」

  • 【コスパ】…★★★★★
  • 【にじみ】…★☆☆☆☆
  • 【速乾性】…★★★★☆

「トンボ鉛筆 蛍光マーカー 蛍コート80 」は、大人ユーザーにとっても親しみのある蛍光ペンの定番。

久しぶりに使ってみましたが以前は油性マジックのようにキシキシした書き味だったのに、滑らかに進化している!

蛍コート80

5本中コスパは1番で、蛍光ペンヘビーユーザーにオススメ。

蛍コート80ペン先

ただし、他の商品に比べるとにじみに弱いのは否めません。

プリントされた資料や書籍に蛍光ペンを引くことが多い人に、オススメです。

【4位】いろいろ惜しいけど<消せる>のはコレ「パイロット フリクションライト イエロー」

  • 【コスパ】…★★★★☆
  • 【にじみ】…★★☆☆☆
  • 【速乾性】…★★☆☆☆

消せる蛍光ペン・書き直せる蛍光ペンとして唯一無二の存在「パイロット フリクションライト」。

色味は蛍光感の少ない濃いめのカラーです。

フリクションペン先

インクの出が良く発色が良好なのはメリットですが、書き始めやラインの終わりにインクが溜まりやすいのがたまに傷。溜まったインクで手や紙が汚れてしまうことも。

フリクションにじみ

シャープペンや水性ペンに重ねると、文字がかなりにじむので注意。


【5位】独特の書き味でマニアックな存在「ゼブラ ジャストフィット モジニライン 黄」

  • 【コスパ】…★★☆☆☆
  • 【にじみ】…★★★☆☆
  • 【速乾性】…★☆☆☆☆

ペン先が筆ペンのように柔らかく独特の書き味の「モジニライン」。

塗ったところがかなりウェットになり乾くのに時間がかかり、手や紙が汚れやすい特徴が。

モジニラインペン先

水性ペンがにじまないところが売りですが、油性ボールペンとの相性が良くなく、時間が経つにつれてにじみが出ます。

モジニライン油性筆跡

ただし発色が5商品中最も良く、ラインを引いた部分が綺麗に浮かび上がります。

色は蛍光味が少ない、タンポポみたいな鮮やかな黄色。

ラインを目立たせたい人や、イラストを描く人にオススメしたい1本です。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。