ドリルの基本的な使い方は?おすすめ商品も

DIYで木材や金属に穴を開けたり、またねじを締めたりすることがあるものです。女性でも簡単にこの作業ができるようにするために便利で是非用意しておきたいものとしてドリルがあります。ドリルがあると力を入れずに簡単に作業を上手に行っていくことができるものです。ドリルは単に1種類だけのものがあるのではなく、複数の種類に分類されるものなのです。それぞれ穴を開けたりする素材によって使用するアイテムが異なっています。ですから素材が違うものを同じドリルで対処するのは適切ではありません。またドリルの性能を衰えさせていく心配があります。そんなドリルの種類や正しい使い方、さらに適切な手入れや収納方法について説明したいと思います。

最終更新日:2018-04-04  閲覧数:125

ドリルの種類

自宅でDIYを楽しむ方も多くなっていますが。日曜大工を行う際に面倒なのがねじを締める作業です。手が痛くなるのでもっと楽にしたいと思うものです。そんな時に便利なのが電動ドリルです。ねじ締めだけではなく、穴あけにも使用することが出来る優れもののアイテムです。個のドリルには種類があることをご存知でしょうか。いろんな種類があるのですが、それぞれの違いを知っておくともっと簡単に作業を行っていくことができるものです。

ドリルは先端部分のドリルピットを交換することでいろんな用途で使用することができます。先端部分によってドリルは違いがあるのです。まず最も多くDIYで使用されるのが木工用です。木材に穴をあけたり、ねじ締めをするときに使用するものです。先端が尖っており、スムーズに穴をきれいに開けていくことができるようになっています。木材に穴をきれいに開けるのは手動では難しいという場合、電動タイプを使えば楽に作業を行うことができます。木工用は木材に対し適切に穴をきれいに開けていくことができます。木工用となっているのは木材に対して使用すると仕上がりがとてもいいからです。金属用のドリルピットを使用することはできるのですが、仕上がりの点で木工用に大きく劣ってしまいます。きれいな仕上がりを求める方は木工用を購入して使用することをお勧めします。また金属用は金属に対して使用をします。木工用では金属に穴をあけようとすると仕上がりが悪くなってしまいます。鉄やアルミといった金属に対して使用することができます。それぞれ金属の素材によって太さや長さなどが微妙に異なっています。

さらにこの他にはコンクリート用のドリルがあります。まさにコンクリートに穴を開ける時に使用する専用のドリルとなっています。DIYではあまり使うことがないかもしれませんが、コンクリートを使用する場合には木工用や金属用ではなくコンクリート用を選ぶことになります。このようにドリルは使用する素材によって大きく種類が異なります。それぞれで穴を開ける際の太さが異なるように、ドリルピットの大きさなどが違います。用途によってきちんと違ったドリルを選ぶことで仕上がりの満足度も変わってきますし、ドリル自体に不具合を起こしにくくなり、長く使用していくこともできます。自宅で使用する素材では木材がほとんどになりますが、金属を使用することがある場合には金属用も用意しておくといいでしょう。

ドリルの基本的な使い方

ドリルを使う前にはきちんと正しい使い方を理解しておく必要があります。ドリルは使用の誤りによってけがをする場合もあるので、特に注意をしたい工具になります。また仕上がりが全く違ってくるので、そういった意味でも正しい使い方を知っておくといいでしょう。最初にトルクの調整を行います。これは数値によって表されており、数値が高いほど締め付ける能力が向上します。数値が高ければそれでいいというわけではありません。硬い素材を使用したり、ねじ自体が長い場合には一般的に数値は高くしておきます。また柔らかめな素材を使用したり、ねじが短めの場合には数値は低くしておきます。数値が高い状態で短いねじを使うと、ねじ山がダメになってしまうことがよくあります。そのため数値の調整は気を付けて行わなければなりません。

次にドリルの先端にビットを装着します。この時にしっかりとビットを先端に差し込んでいきますが、外れないかどうかをきちんと確認することを毎回忘れずに行ってください。ねじを締めていく時にはねじをビットの先端に装着します。そして任意の場所の先にねじをつけるようにします。この時にねじを当てる素材に対して直角になるようにねじとドリルを向け、その状態でドリルをオンにします。ドリルは簡単にねじを締めていったり、穴を作っていくことができるようになります。そのため先端を強く素材に対して押したりする必要がありません。ですからドリルを持つときにはあまり力を入れすぎないようにしてください。またねじを締めていく時にも力を入れすぎないようにしてください。力を入れすぎながらねじを締めていくと、ねじがまっすぐに進んでいかない場合があります。またねじ山がつぶれてしまうこともあります。そのため適度な力で押すように作業を行っていくことが大切になります。

作業をする前に適切なビットを選択することも忘れてはいけません。素材に合っていないビットを選択すると仕上がりが悪くなりますし、またドリルが傷んだりしてしまうこともあります。そのためビットを取り付ける時には十分に確認をしながら取り付けていくようにしてください。また素材に合ったビットを選んでいたとしても、太さが適切でない場合もあります。太さも正しいサイズを選択するようにしてください。そうすればスムーズに作業を行っていくことができます。特にドリルをあまり使用したことがないような方は慎重に作業を行っていくようにしてください。

スッキリ整理!ドリルの収納方法

ドリルをDIYで使用する場合には手入れと収納もきちんと行っていくようにしていきたいものです。手入れについてはあまり知らない方も結構多いものです。しかし使用するたびに手入れをしていかなければ錆ができてしまうことがあり、作業がしにくくなってしまいます。まず手入れについてですが、使用した後には木くずや金属の屑がドリルビットに付着することが多くあります。これらの屑をそのままにしているとドリルビットがさびてしまいます。そのため使用後には毎回ブラシで屑を除去するようにしてください。専用のブラシがあればそれを使用して優しく屑を除去するようにすればいいでしょう。万が一なければ使用済みの歯ブラシがお勧めです。歯ブラシは小さいので小回りが利きますし、屑取りの作業が簡単にできます。また硬めのブラシがあればそれを使用するといいでしょう。屑を取るときには優しく行うようにしてください。強く力を入れて屑を取る必要はありません。さらにその後には柔らかい布で軽く拭き取っておくとより確実に屑を付着したままにしないので安心です。この作業は面倒なものですが、手際よく行っていくことで時間をかけることがありませんし、またストレスを感じずに作業を行っていくことができます。

ドリルの手入れを行った後はきちんと収納をしなければなりません。収納は適当にやらないように気を付けてください。1つの箱の中に本体やドリルビットをまとめて収納する方がいますが、これはドリルビットの先端に傷をつけてしまう恐れがあります。小さいスペースの中でドリルビットの先端が頻繁に当たって傷がつくからです。そのためドリルビットに特に傷がつかないように気を付けなければなりません。収納をするときには専用のボックスなどを購入するのが最も確実でドリルビットを傷めない方法です。ただもっとおしゃれな感じでまとめていきたいという場合にはドリルビットを使用する素材別に上手にまとめていくといいでしょう。それぞれのビットが当たらないような収納道具を選択し、入れていきます。そうすれば専用のボックスでなくてもドリルビットの先端に傷をつけることもありません。専用のボックスを無理に選択する必要はありません。ドリルビットの先端が当たらないようにする、素材別にそれぞれがしっかりと分かれるように気を付けることを意識して収納をしていけば毎回使用をするたびに簡単に任意のドリルビットを選択していくことができます。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops