圧縮袋の使い方のコツは?種類や選び方、おすすめの圧縮袋も

圧縮袋のおすすめと種類・選び方・使い方のコツ

圧縮袋

収納に便利なものとして、圧縮袋があります。圧縮することにより、1/3にまで薄くなるので、布団でいっぱいだった押入れにも十分なスペースを確保することができます

また、圧縮袋はスペースを節約できるだけでなく、密閉することにより、ダニが繁殖するのを防いだり、酸化してしまうのを防止することも。長い間、布団や衣類の良い状態を保つことができます。

こちらでは、圧縮袋をどのように使えば良いのか、また圧縮袋の使い方のコツや選び方も紹介します。圧縮袋を使ってスペースを有効に使いましょう。

最終更新日:   閲覧数:284
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いろいろあります!圧縮袋の種類

圧縮袋には、いくつかの種類があり、用途によって使い分けると、非常に便利です。

まず、布団圧縮袋があります。文字通り布団を収納しておくためのものです。布団圧縮袋にはジッパー式とバルブ式があります。

ジッパー式の場合は、布団を入れジッパーを閉めてから、掃除機で中の空気を抜くようになっています。これが一番定番なタイプといえるでしょう。

いろいろあります!圧縮袋の種類

バルブ式の場合は、バルブに掃除機をセットし、吸引をしますが、吸引が終わると自動的に栓を閉めてくれます。バルブ式の方が使い方は簡単ではありますが、値段はジッパー式のものよりも高価です。

他にも、衣類圧縮袋があります。衣類を入れてから、中の空気を抜いて圧縮します。衣類圧縮袋を利用することにより、シーズンでない衣類をまとめて収納することができます。それだけでなく、虫などで衣類が傷んでしまうのを防ぎます

衣類圧縮袋もまた、バルブ式のものとジッパー式のものがあります。衣類圧縮袋には、手押し式の圧縮袋もあります。手押し式は掃除機を使わず、手で空気を押し出していくものです。掃除機ほど強力に圧縮することは難しいですが、掃除機を使わないため手軽に圧縮することができます

用途別!圧縮袋の選び方

では、圧縮袋はどのようにして選べば良いのでしょうか。

まず、布団圧縮袋には、掛け布団用、敷き布団用になっているものがありますが、布団一式のものを選ぶと便利です。ただし、羽毛布団は基本的に圧縮袋に入れない方が良いでしょう。

羽毛布団を圧縮してしまうと、ふかふかとした弾力が元に戻らなくなる可能性があります。しかし、羽毛布団に対応している布団圧縮袋も販売されているため、どうしても圧縮したい場合は、羽毛布団用を選ぶと良いでしょう。

用途別!圧縮袋の選び方

長期間圧縮して保管する場合は、抗菌成分や防ダニの圧縮袋を選ぶと良いかもしれません。そうすることで、良い状態を長い間保つことができます。また、空気をしっかり抜くことで、防虫、防カビの効果を期待できるでしょう。

旅行などで一時的に圧縮する場合は、掃除機を使わない手押し式の圧縮袋を選びましょう。お土産を買いすぎてスーツケースが閉まらない時に、とても重宝します。特にジャケットなどはとてもかさばるので、圧縮すると大幅にスペースを節約することができます

圧縮袋に対応する掃除機を持っていない人には、電動吸引ポンプがついている商品があります。電動吸引ポンプは、掃除機よりも簡単に空気を抜くことができて便利です。掃除機でうまく空気が抜けずデコボコになるのが気になる人にも電動吸引ポンプはおすすめ。コンパクトなので、布団を均一にしながら圧縮することができます。圧縮袋は、布団、衣類だけでなく、このように長期保管か短期保管によっても選ぶと良いでしょう。

圧縮袋の上手な使い方とコツ

圧縮袋は上手に使わないと、うまく収納できません。こちらではどのようにすれば上手に使えるようになるのかそのコツを紹介しましょう。

まず、衣類は圧縮袋に入れる前に、袋のサイズより少し小さいぐらいに、畳んでおきましょう。圧縮袋の上で畳むと、大きさを確認することができます。そして上下を互い違いにするように、圧縮袋の中で重ねていきます。互い違いにすることで、なるべく平らに圧縮袋に入れることができます

さて袋に衣類を入れたら、実際に圧縮していきます。

圧縮袋の上手な使い方とコツ

手押しタイプの圧縮のコツは、最初にしっかりとジップを閉めます。乾いたタオルなどでジップを上からなぞると隙間なく閉めることができます。そして、端からくるくると巻いていき、中の空気を外に押し出します。巻いていく時に、体重をかけていくと上手く空気が押し出されます。手押し圧縮袋にはほとんど逆止弁が付いているので、空気を抜ききったら、口を閉じる必要はありません。

掃除機で空気を抜くジッパータイプは、ジッパーを掃除機のノズル分を残してきちんと閉めます。手押しと同様、乾いたタオルを使うと良いでしょう。そして、掃除機を差し込み、吸引します。このとき、必要以上に圧縮しすぎると中のものが痛んでしまう可能性があるので十分に注意が必要です。そろそろ吸引が終わる頃、そっと掃除機を抜き出し、素早くチャックを閉めてください。このとき空気が入ってしまいやすいので、掃除機のスイッチはそのまま入れておいた方が良いでしょう。

バルブ式の場合は、ジッパーの様に自分で慌てて閉める必要がありません。掃除機で吸引が終わると自動的にバルブが閉じるオートロック方式です。

また、圧縮する時に、防虫剤を一緒に圧縮袋に入れない方が良いでしょう。防虫剤は、長期間入れたままにしておくと変色してしまったり、においが移ってしまう可能性があります。防虫対策には、防虫の圧縮袋を使うようにしましょう。うまく圧縮して、スペースを有効に使ってください。

圧縮袋のおすすめ

55位: 東和 KeepPack 掃除機のいらないふとん圧縮パック L 袋1枚

商品詳細
  • サイズ:L
  • 重量:184g
  • 幅×奥行き×高さ:1,200×1,000mm【フィルム厚:65μ】
  • 材質 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:ポリエチレン・ナイロン・ポリプロピレン
レビュー: 1.10点/5点

全対象ショップのレビューは計42件、その平均は3.06点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
ケンコー総合評価なし2件
Amazon3.30点39件
爽快ドラッグ総合評価なし1件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • 掃除機が要らないので  車中泊で布団 毛布 シュラフを圧縮して 車に積んで持っていきます 収納するとき 布団を入れて自分が乗って体重をかけて 空気を抜いていきます コツを身につけたら楽なものです 自宅では 掃除機で圧縮する方が楽かも

44位: レック 防ダニ自動ロック式バルブ吊るせる衣類圧縮袋M 箱2枚

商品説明

「レック 防ダニ自動ロック式バルブ吊るせる衣類圧縮袋M 箱2枚」は昭和54年創業、家庭用品・ギフト用品の製造販売、輸出入をおこなうレック株式会社から発売されている、衣類用圧縮袋です。サイズはファスナー幅110cm×奥行60cm、重さは580g、素材と材質には圧縮袋がナイロン・ポリエチレン、バルブ部分がポリプロピレンが使われています。1箱にMサイズの、マチなしタイプの2枚入りです。防ダニ剤には芳香族系ダニ増殖抑制剤(日本で管理されたダニ増殖抑制効果のある薬剤を使用)が使われています。防ダニ効果の有効期間は約1年です。収納できる洋服の目安はジャンパー、ダウンジャケット、ハーフコートであれば1枚から2枚です。付属の「吊るせるフック」付きでそのままクローゼット収納をすることができます。使い方は洋服を収納し、ファスナーを閉めます。そして自動ロック式バルブの部分に掃除機のノズルをあてるだけで簡単に吸引がおこなえます。洋服を約3分の1の厚さに圧縮することが可能です。ダウン70%以上のダウンジャケット、ハーフコートなどにも使用することができます。ロングコートなどは同シリーズのLサイズを一緒に購入しておくのがおすすめです。

レビュー: 1.80点/5点

全対象ショップのレビューは計4件、その平均は1.80点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon1.80点4件

33位: アール 超はやっ! ダブル布団用 圧縮袋(布団圧縮袋) 2袋入

レビュー: 2.90点/5点

全対象ショップのレビューは計15件、その平均は2.90点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon2.90点15件

22位: アール ハンガーそのままつるせる衣類圧縮袋 ショート

商品説明

「アール ハンガーそのままつるせる衣類圧縮袋 ショート」は設立17年、布団および衣類の圧縮収納袋の製造販売をおこなう株式会社アールから発売されている、衣類圧縮袋です。1枚のサイズは約110cm×60cm、重さは0.21kg、素材はポリエチレンです。1枚の収納目安はダウンジャケットならば2枚分を収納できます。ダウンジャケットは羽毛80%以上にも対応しています。使う方法は、まず圧縮袋に衣類等を入れる前にクリーニングまたは洗濯をしてよく乾かしておきます。衣類をハンガーに掛けた状態で、圧縮袋内のフックにかけてチャックを閉じます。その際、圧縮袋や衣類を傷つけることがあるため、針金状のハンガーや角が尖ったハンガーの使用はしないようにします。袋の端からもう一方の端に向かいスライダーを滑らせて密封させます。それからバルブ部分に掃除機のノズルを垂直にあてて掃除機のスイッチを入れて吸引します。バルブはオートロック方式なので空気の逆流もなく簡単に圧縮ができます。衣類を元に戻すには、陰干しやクリーニングをすると、より一層ふっくらとします。 なお、型くずれや洋服のシワが気になる衣類(スーツ・毛皮・シルクなど)には使わないようにしましょう。

レビュー: 4.00点/5点

全対象ショップのレビューは計1件、その平均は4.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.00点1件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • つるせて圧縮出来るので、ダウンジャケットが楽に収納でき助かりました。

11位: 東和 keePack 掃除機のいらないふとん圧縮パック M 袋1枚

商品説明

「東和 keePack 掃除機のいらないふとん圧縮パック M 袋1枚」は昭和20年創業、収納、バス・キッチン・トイレ・洗濯用品などの製造販売をおこなう東和産業株式会社から発売されている、布団用圧縮袋です。本品は掃除機を使わずに、布団を手間なく圧縮できる便利なタイプです。ただし、掃除機を使用した場合と同じような圧縮率にはなりませんが手軽におこなえるのがポイントです。収納の目安はシングル掛けふとんならば1枚、肌掛けふとんなら2枚から3枚が入ります。圧縮保存期間の目安は6ヶ月程度です。6ヶ月ほど経った時期に布団などを一度取り出し、天日干し、またはふとん乾燥機でふとんの厚みを回復させます。その後、同じ圧縮パックの再利用ができるため、とても経済的です。使用方法は布団を圧縮パックに入れて、チャック部分の内側を、湿った布で軽きます。そしてスライダーを軽く押さえながらゆっくりとすべらせてチャックを閉じます。さらに圧縮パックの真ん中あたりを両手で押し、体重をかけてチャックと反対方向に空気を押し出す。ある程度空気が抜けたら、2つ折にしてさらに空気を押し出す。空気を押し出すときに、爪や指輪などで圧縮パックにキズをつけないように気をつけましょう。

商品詳細
  • サイズ:Mサイズ
  • ブランド:東和産業(TOWA)
  • 寸法:約900(チャック幅)×1,100mm
  • 材質:本体:ポリエチレン・ナイロン、スライダー:ポリプロピレン
  • 商品特徴:収納のめやす:シングル掛け布団1枚
レビュー: 4.03点/5点

全対象ショップのレビューは計58件、その平均は3.60点(5点満点)。レビュー数が充実しており、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
LOHACO4.10点11件
Amazon3.30点39件
ケンコー4.33点3件
爽快ドラッグ4.40点5件

圧縮袋のおすすめの上位商品比較

  商品画像 商品名 最安価格 単位あたり価格 メーカー ブランド
1位の商品東和 keePack 掃除機のいらないふとん圧縮パック M 袋1枚東和 keePack 掃除機のいらないふとん圧縮パ...¥494東和産業東和
2位の商品アール ハンガーそのままつるせる衣類圧縮袋 ショートアール ハンガーそのままつるせる衣類圧縮袋 ショー...¥1,089アールアール
3位の商品アール 超はやっ! ダブル布団用 圧縮袋(布団圧縮袋) 2袋入アール 超はやっ! ダブル布団用 圧縮袋(布団圧縮...¥1,048アールアール
4位の商品レック 防ダニ自動ロック式バルブ吊るせる衣類圧縮袋M 箱2枚レック 防ダニ自動ロック式バルブ吊るせる衣類圧縮袋...¥879レックレック
5位の商品東和 KeepPack 掃除機のいらないふとん圧縮パック L 袋1枚東和 KeepPack 掃除機のいらないふとん圧縮...¥673東和産業東和

「圧縮袋のおすすめ」に挙げた商品以外にも、「圧縮袋」カテゴリ内で最近スマートショッピングで注目を集めている商品をご紹介します!

22位: ハンドル付きふとん袋

レビュー: 1.00点/5点

全対象ショップのレビューは計4件、その平均は1.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
cainz1.00点4件

11位: ワイズコーポレーション 圧縮+プラス 衣類用(圧縮袋+収納ケース

レビュー: 3.60点/5点

全対象ショップのレビューは計66件、その平均は3.60点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon3.60点66件
外部ショップでの口コミ: 8件
  • 最初はいいと思っていましたが一年使ってみて 周りの布のカバーが服の重みで破れてしまいました。 もっと強度が欲しかったです。
  • 使いやすくて気に入りました。また、買いたくなりました。
  • まとめて保管できていい! 思ったより小さくならなかったから -1にしました! 物はいい!!!!
  • 今回4個注文しました。衣替えで利用しています。ジャンパーやセーター等入れています。冬物の布団カバーや毛布を入れるのにも重宝していて、敷き布団は無いので、衣料用で十分でしたよ。カバーが付いているので、圧縮袋を床や壁等に擦って穴を開ける心配がありません。
  • ケースも付いていて、良かったです。
  • こんな粗悪品初めてです。圧縮袋とケースは一体になっているわけではなく、単にケースに袋を入れて使うので、ケースと袋は収納作業の途中でずれてくるのは当たり前です。ずれを直す為に、ケースをちょっと上に引っ張ったら、ビニール部分がビリビリ破けてしまい、仕方なく梱包テープを貼って修繕し、気を取り直して作業を再開するも、ベルトをかけたら、スカッと外れるので、エッ?と思って見ると、いきなりベルトの爪が折れていてガックシ。収納した物は羽毛の肌掛け布団を2枚なので重くはないし、むしろスカスカだったのですが、もう作業を続ける気力を持てずファスナー閉めて終わりにしようと思ったら、ファスナー閉めた端から開いて行く、頭に来て梱包テープでグルグル巻きにし、把手を持って持ち上げたら、把手がピリッと破れた。ハァ〜。神社にお祓いに行こうかと思うほど、あり得ない商品です。5箱も買ってしまったけど、二度と触りたくないです。
  • 注文してから届くまでにかなり遅い!!
  • 家の掃除機では上手く空気が抜けず、何回もエラーみたいになってしまい空気を抜くのに時間がかかりました。他のメーカーのでは簡単に出来るのに… 周りのカバーが弱く破れそうで少し扱いが怖いです。 ファスナーが片方壊れてて閉まりませんでした。まぁ使えるのでいいですが。 衣類用はこれの半分くらいの大きさがあるといいです。

圧縮袋の関連ページ

スマートショッピング人気記事


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。