断熱シートのおすすめは?断熱シートの効果や使い方、価格比較も

断熱シートのおすすめと効果的な使い方・貼り方のコツ

夏は暑く、冬は寒い。そんなお部屋の悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。とはいえ、暖房や冷房をつけ過ぎてしまっても体にあまり良くはありませんし、またエアコンをつけ続けていれば電気代もバカになりませんので、どうにかして他の方法で暑さ対策や寒さ対策を行っていきたいところです。そんな方にオススメなのが、断熱シートを用いた温度対策となります。今回は断熱シートに期待できる断熱効果と使い方、そして価格の問題の3点について、詳しくご紹介していきます。部屋が暑くてたまらない、寒くてたまらないという方は、ぜひ参考にして温度対策を行ってみてください。それでは断熱シートに期待できる効果について見ていきましょう。

最終更新日:   閲覧数:16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

断熱シートのおすすめは?断熱シートの効果や使い方、価格比較も

断熱シートの効果は?

まずは断熱シートの効果について見ていきましょう。断熱シートは窓に貼り付けるフィルムのようなもので、これを活用することによって外部からの熱をシャットアウトできたり、内部の熱を外に逃がさないようにしたりできます。また、最近では防災グッズとしても販売されていて、地震が発生した時にガラスの欠片が飛散してしまわないようにするという効果が期待できます。なお、防災グッズとして販売されているのは同じく窓ガラスにフィルムを取り付けるものであっても、断熱シートのように熱を遮断する効果は期待できませんので、目的に応じて使い分けて行く必要がありそうです。食器棚などの室内に置いておくガラスに貼るなどするのが一般的な使い方となります。

断熱シートの効果は大きく分けて2つに分けられます。1つは遮熱・断熱の効果、もう1つは紫外線カットの効果です。それでは、なぜこのような効果が期待できるのでしょうか。そもそも室内の温度は外の気温と強い関係があり、これは夏の暑さや冬の寒さなどを想像していただければ分かりやすいと思います。そして、どのように室温が変化していくか、そのプロセスが重要になります。外部から伝わる熱の大部分は窓から侵入することになります。たとえば陽光も採光のための窓から入ってくることになりますし、外気の温度についても壁からではなく大部分が窓から伝わるため、断熱シートを用いることによって遮熱・断熱の効果が期待できるというわけですね。

断熱シートを用いることによって期待できる具体的な効果は、メーカー発表によるものであり、製品によって異なるという点には注意しておきたいところですね。一般的には室内の温度を2度から3度変わるとしている製品が多く、これを一つの基準として考えておくと良いかもしれません。紫外線カットの効果については、紫外線を99%以上カットできる製品がほとんどですので、こちらは確かな効果が期待できそうです。

1点だけ注意しておきたい点は、冬用と夏用でフィルムを使い分けなければならないということです。これは夏用、冬用によって光の扱い方が異なるということに起因しています。冬用のフィルムは熱を外へと逃さないという特徴があり、取り入れられた光の熱が外部に逃げてしまわないような作りになっているのに対し、夏用のものは外部からの熱を窓際でシャットアウトする作りになっています。冬場に夏用を用いたり、夏場に冬用を用いたりすると逆効果になってしまう可能性がありますので注意しなければなりませんね。

断熱シートの使い方

まずは断熱シートの選び方から注目してみましょう。断熱シートには冬用と夏用のものがあることは前記でお伝えした通りで、冬用のシートは熱を室内に通し、室内の気温を温めるために使うもの、夏用のシートは外部からの熱が室内に入らないような作りになっていますので、目的に応じてそれぞれを使い分けていく必要があります。使い方としてベストなのは、それぞれのシーズンに応じて衣替えと同じく使い分けていくという方法で、季節の節目に貼り直すのが最もおすすめです。フィルムタイプのものに多いのが夏用で、冬用の断熱シートは気泡緩衝材、いわゆる「プチプチマット」のような品物もあり、こちらは保温性能が高いという特徴があります。それでもやはり季節に応じて使い分けて行く必要がありそうですね。

断熱シートの貼り方は、まずは窓ガラスの掃除から始まります。シートを接着させる際に汚れが残っていると粘着力の低下や、窓ガラスが汚い状態が貼り付け後も続いてしまうことにつながりますので、しっかりとお掃除をしておきましょう。次に、シートのカットに移ります。市販されている断熱シートは、どの大きさの窓にも使えるように広い1枚にまとめられています。これを窓の大きさに応じてカットしていき、ピッタリのサイズにまとめるというわけですね。カットの段階で注意したいことは、最初は窓の大きさよりも少し広めにカットしておくべきだということです。小さいサイズにカットしてしまい、隙間ができてしまうと、その隙間から熱が出入りすることになるため、ピッタリにまとめるためにも広めにカットをしておき、貼ってしまった後に広さを微調整していくと良いですね。次に貼り付けに移ります。シートには最初から粘着剤が付けられていて、水を吹きかけると粘着可能な状態になるタイプのものが多いです。霧吹きなどで窓を少しずつ濡らしながらシートの貼り付けを行っていくようにしましょう。できれば2人以上で作業するのが効率的です。そして最後に微調整のカットに移ります。あらかじめ広めにカットしていたシートを窓の広さに応じてピッタリと貼り付けるために微調整していきましょう。

シートの貼り付け時には、シートと窓の間に気泡が入ってしまうことがありますが、これだと見た目も無骨になってしまい、また断熱効果も従来の効果が期待できなくなってしまう可能性がありますので注意が必要です。少しずつ丁寧に、気泡が入らないようにシートを張り付けていってください。

断念シートを価格比較!

窓用の断熱シートの価格は、シート自体の広さと期待できる効果によって変化します。当然のことながら、高品質になればなるほど価格が高くなりますし、広さについては広ければ広いほど高くなります。品質と広さ、そして価格のバランスを考慮した上で購入していく必要がありますね。おおよその目安になる価格としては、だいたい3000円から5000円前後ですが、高品質の製品になると更に高いものもありますので、ピンからキリまでと言わざるを得ません。自分で貼り付けの作業を行えば無料で取り付けられますが、これを業者に頼むことも可能で、こちらの場合だと更に出費がかさみますので、より安く抑えたいのであれば自分で貼るようにしてください。ちなみにリフォーム会社に取り付け依頼を出すと施工費と材料費を合わせて1万円から1万5千円程度となります。他に家をリフォームしているのならば、どうしても完璧におわらせたいものですし、ついでに頼んでみるのも良いかもしれませんが、やはり施工費はそれほど安くはありませんので自分で取り付けた方が良いと言えるかもしれませんね。

価格を安く抑えるためのコツは、目的を明確にすることですね。多目的なシートになればなるほど価格も高くなる傾向にあり、夏冬兼用タイプのものならば高くなるところを、夏用のみに限れば半額程度に抑えることも可能となります。紫外線のカットだけを目的としているならば、そういった目的用のシートも販売されており、千円から2千円前後の製品もあります。更に、防犯目的でシートの購入を検討しているというケースでも同様に千円前後の製品も販売されているなど、目的を明確にして求める機能を限定すれば節約につながりますので、まずはなぜ必要としているかについて考えておく必要がありますね。

断熱シートは夏用、冬用、あるいは夏冬兼用のものもあり、それぞれ特徴が異なります。夏冬兼用のものは機能がどちらも中途半端になってしまいがちですので、この点にも注意が必要です。夏には夏用を、冬には冬用の断熱シートを用いるのが、コスト面を考慮してもベストと言えます。季節の節目に貼り替えるのは手間のかかる作業ではありますが、その分室内の温度に若干の差が出て、過ごしやすさも変わりますのでぜひ実践してみてください。コストパフォーマンスを考慮するならば、あまりに安いものや、逆にあまりに高いものを購入する必要はなく、目的に応じて使い分けていくことが望ましいです。

断熱シートのおすすめ

55位: 省エネ涼感スダレ ロングサイズ

レビュー: 4.10点/5点

44位: 東和 窓貼り断熱シート 40×210cm キューブ 2枚

33位: ニトムズ 省エネ断熱シート用超透明シール(12片入)

レビュー: 1.60点/5点

全対象ショップのレビューは計9件、その平均は1.60点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon1.60点9件
外部ショップでの口コミ: 3件
  • 凹凸❗ガラスにも良く他社では無い素晴らしい商品で大変満足しております。
  • 粘着が弱いです…。 沢山貼ればいいのかな。 腰高窓一枚あたり8個だと翌日にはシート落ちます。 ガラスもきれいに拭いたつもりなんですけど、汚れが残ってたのかな…。
  • ザラザラのガラスにシールで貼りました。 シール12枚入りですが細い1枚のガラスでも6枚いるので 直ぐに無くなってしまう。もう少し安価であるといいのですが!

22位: ニトムズ 窓ガラス 断熱シートフォーム 徳用 E1600(2巻入)

レビュー: 4.40点/5点

全対象ショップのレビューは計9件、その平均は1.60点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon1.60点9件
外部ショップでの口コミ: 5件
  • 納品がもっと早ければ5点
  • もともと断熱の良い建物なのですが、さらに省エネを目指して窓に張りました。 外はよく見えなくなりますが。効果ありです。
  • 寒い寒い我が家になにかいい品物はないとか探し求めていたときに この商品を発見。駄目もとで部屋の窓分3セット購入。 リビング、寝室と必要な部屋の窓に張ってみました。 簡単に貼れたのはとっても満足。窓枠サイズに切るのはちょっと メンドーでしたが、(少々小さくなったりしたのはご愛嬌) 女子の私でもなんなく完成しました。 これで部屋が暖かくなったか??まったくさだかではありませんが、 結露防止もかねているし、簡単に貼れたというところだけで ☆4つにしました。
  • 過去には、ホームセンターで購入して、持ち帰っていましたが、値段も変わらなかったので、利用してよかったです。貼り方も問題なく、裏表のシールを利用して、貼りました。
  • すぐ届きました、梱包もしっかりしていて、良かったです

11位: アサヒペン ガラス用遮熱シート SG2 シルバー 46X2m 1個

レビュー: 5.00点/5点

全対象ショップのレビューは計1件、その平均は5.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon5.00点1件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • 早速窓に貼り付けました。夏の日差しを和らげています。

断熱シートのおすすめは?断熱シートの効果や使い方、価格比較も

断熱シートの関連ページ

スマートショッピング人気記事


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。