クレンジングの種類、今おすすめのスキンケア重視のクレンジングは? おすすめクレンジングランキング

今日の特集はクレンジングです。クレンジングは女性の化粧品を落とすためのアイテムで、洗顔料では落としきれない油分、汚れを落とすものです。

そもそもの話ですが、クレンジングをしないといけない理由は、一言で言うと「油汚れ」を落とすため

肌には毎日の生活で、汗やら皮脂やら、花粉や排気ガス、ハウスダストやらいろいろなものが顔についています。肌にも油でしか落ちない汚れを落とすためにクレンジング(メイク落とし)が必要です。 汚れが残ったまま、どれだけ頑張ってスキンケアをしても、良い成分がお肌に入っていかず苦労するだけです。まずはメイクや油でしか取り去ることが難しい汚れをスムーズに肌に負担のないようにクレンジングでメイクを落とすことが必要なのです。

もともと、ファンデーションや口紅、アイメイクには多くの油性基剤が使用されています。夏場に、汗や海でも落ちにくいように配慮したウォータープルーフの化粧品が増え、その分、落としにくいということで、洗顔料ではきれいに洗い流すことができない頑固な汚れになります。

油分を含んだメイクの汚れが肌に残ったままだと、毛穴につまり、肌荒れや炎症の原因、更に肌のくすみやシミ、しわの原因にとなりかねません。 化粧をして綺麗に作った後には、キレイにクレンジングで落とすことがスッピン美人のために一番大切です。

クレンジングの種類、今おすすめのスキンケア重視のクレンジングは? おすすめクレンジングランキング 目次

クレンジングの種類はどんなのがあるの?

クレンジングの種類はどんなのがあるの?

クレンジングと言っても、オイルやクリーム、ふき取りなど種類がたくさんあります。今人気のクレンジングをざっくりとご紹介しましょう。

  • 1.クレンジングクリーム
  • クレンジングクリームは肌に優しいクレンジングといえるでしょう。形状がクリーム状なので厚みと固さが、手と肌の間でクッションのような役割をしながら汚れを浮かし、すべりがよく手入れができます。また、肌の上での摩擦が起こりにくいので肌に負担をかけずやさしく落とせるのが特徴です。 洗浄力が強いクレンジングでは、肌の本来持つべき油分も同時に落としてしまうので乾燥しやすくなることもあります。しかし、クレンジングクリームは洗浄力を持ちながら、保湿力もあるので人気のあるクレンジングの一つです。

  • 2.オイルクレンジング
  • オイルを使ったクレンジングで、メイクとなじみやすくメイクの汚れや余分な皮脂をしっかりと落としてくれるのが特徴です。しかし、肌にあまりよくないと言われている界面活性剤が多く含まれているので、皮脂膜を壊してしまったり、乾燥へ導く可能性があると言われています。とはいえ、水では油をキレイに落とすことは出来ません。水と油は積極的に混ざり合わないので繋ぎの役を果たしてくれるのが、界面活性剤です。ということで、バランスが必要となります。

  • 3.ジェルクレンジング
  • ジェルクレンジングの一番の特徴は、他のものに比べてピタッと肌に吸着しやすく、摩擦が少なく済み肌に優しいといえるでしょう。 ジェルクレンジングといっても、水溶性ジェルタイプと油性ジェルタイプがあります。更に水溶性ジェルタイプはオイルインと」オイルフリーに分かれています。

    オイルフリーのタイプは油分でメイクを浮かすことができない分落とす力は弱めのため、化粧が濃くない薄化粧の方におすすめです。また、マツエクをしている場合、オイルのクレンジングが使用できないことが多いので選ぶ方が多いです。

    オイルインジェルタイプの場合、油分と界面活性剤が入っていて、オイルフリー水性オイルフリーとタイプよりメイク落ちが良いことが多いです。ただし、油分の量は少なめのため、さっぱりした洗い上がりです。

    最後に油性ジェルタイプは、オイルを乳化してジェル状にしたものです。主成分が油分のため、メイク汚れと馴染みがよく、ジェルタイプのクレンジングの中ではもっともメイクを落とす力が強いです。ウォータープルーフのアイメイク用品ラやリキッドファンデーションなど、落ちにくいメイクでも落とせるものが多いようです。

  • 4.クレンジングウォーター
  • クレンジングウォーターはローションタイプのクレンジング料です。これをコットンにたっぷり染み込ませて、メイクをふき取って落とすタイプです。 クレンジングウォーターでメイクを落とした後は、水で洗い流す必要もなく、洗顔の必要もないものが多く、さらには化粧水の役割も果たしてくれるものとして売られています。その名の通り、成分の大半が水。オイルクレンジングは、「油分」と「界面活性剤」の2つの力でメイクを落とすのに対し、水クレンジングには、オイルフリーなど「油分」の少ないものが多く、「界面活性剤」の洗浄力でメイクを落とします。界面活性剤の力で簡単に落とせ、これひとつで済むので、とっても楽チンです。ただ、濃いメイクやアイメイクを落としきるのには適していないようなので使い分けで使用したいです。 

     
  • 5.クレンジングミルク
  • クレンジングミルクは、滑らかなテクスチャーで肌にうるおいを残して不要な汚れのみを落としてくれます。ただ洗浄力は他のクレンジング料と比較して物足りないと感じることもあります。軽いアイメイクやベースメイクなどであればクレンジングミルクで落とすことができますが、濃いめにアイメイクをする場合は、ポイントメイクリムーバーを併用しましょう。ただへの負担はかなり低いので乾燥肌や敏感肌な人に好まれます。

    クレンジングの方法

    クレンジングの方法

    クレンジングの方法も各種類やメーカーによって違ってくるので、一般的なものをご紹介します。

  • クレンジングクリーム
  • クレンジングクリームを適量(500円玉くらい)を手に取ります。クリームが柔らかくなるまで手にとって温めます。Tゾーンになじませその後、顎と頬になじませていきます。クリームが白色から透明になるまでじっくりとなじませていきます。顔全体になじんだら、ぬるま湯で全体を洗い流します。保湿力がある分、洗い流したつもりでも汚れが残っていることがあるので、最後はしっかりと泡立てた洗顔料で洗い落とします。

  • オイルクレンジング
  • 洗浄力の強いオイルクレンジングはできるだけ肌に負担のないように使用したいです。まず目元や口元のポイントメイクを落としておくと楽チンです。乾いた手にオイルクレンジングを出します。水が混ざると洗浄力が落ちたり、肌を擦ることがあるので、注意しましょう。まずは皮脂の分泌が多いTゾーンからなじませます。次に水を少量混ぜ、乳化させたものを顔全体になじませます。手のひらで乳化させたら、顔全体につけてオイルを浮かせるようにやさしくなじませます。 1回でうまくなじまなかった場合は、クレンジングオイルが白く濁るまで繰り返します。ぬるま湯で全体を洗い流し、泡立てた洗顔料で全体を洗い流します。

  • クレンジングジェル
  • さくらんぼ一つ分くらいの量のジェルを顔全体に伸ばします。手を一旦ぬるま湯で綺麗に洗います。その濡れたままの手で顔をマッサージするようにメイクを浮かせていきます。また手を洗い、ジェルを浮かすを繰り返し、ジェルでヌルヌルしていた顔がさっぱりしてきたら終了です。ジェルはバシャバシャと落とすよりも少しずつ落とすのがポイントです。

  • クレンジングウォーター
  • クレンジングウォーターをコットンに湿らせ、顔全体を拭き取ります。ポイントメイクの部分はコットンをしっかり湿らせ、なじませてから落とします。 コットンはこまめに変え、汚れが取れなくなってくるまで丁寧に拭き取ります。

  • クレンジングミルク
  • 500円玉くらいの量のクレンジングミルクを両手のひらの間に挟み合わせてを温めま。その後、額・両頬・顎先・鼻の上にチョンチョンと置いていきます。 、顔全体を優しくなでるようにミルククレンジングを伸ばしていき、メイクとクレンジングをなじませるようにクルクルと手を動かします。一番最後に目の周りにクリームを伸ばし、さらに優しくメイクとなじませます。クレンジングが足りないと感じたら、足し。量が少ないと摩擦が起こるので、肌への負担を軽減させるためにもたっぷり使います。

    肌質別おすすめクレンジング

    肌質別おすすめクレンジング

    クレンジングは洗浄力が強い分、本来備えている皮脂も落としてしまいかねません。そうすると乾燥し、クレンジングによりカサカサ肌に導いてしまいかねません。

    一般的に肌質は、乾燥肌、オイリー肌、敏感肌、混合肌に分類されます。それぞれの肌によって、水分量と油分量が違うので、適したクレンジングを使うことによって健康な肌を作ることができます。ではご紹介しましょう。

  • 乾燥肌
  • 肌が乾燥しがちな方が選ぶクレンジングは、極力、肌に負担をかけないもので、過度にうるおいを落としすぎないものであるべきです。 それは、クレンジングミルクまたはクレンジングクリームです。肌に優しくしっとりした仕上がりの分、洗浄力が少ないのでそのあとに洗顔をしたり、ポイントメイクはリムーバーを使うことをおすすめします。

  • オイリー肌
  • オイリー肌のタイプはメイクと油分をしっかり落とすオイルクレンジングを選びがちですが、オイルクレンジングは洗浄力が強すぎて本来持つべき皮脂まで落としすぎてし、乾燥してしまったり、かえって皮脂の分泌を増やしてしまうこともあります。オイルクレンジングをきちんと使い方を守って使うか、ジェルクレンジングもおすすめです。

  • 敏感肌
  • 肌が敏感に反応してしまうので肌に優しい摩擦の少ないクリームやミルククレンジングがおすすです。洗浄力は低いですが、肌への負担を避けるために、メイク自体を控えめにするなどの配慮も必要のようです。


    おすすめクレンジングランキング

    1. キュレル ジェルメイク落とし 130g

    ¥972 ヨドバシカメラ
    ¥1,026 SEIYUドットコム(西友)
    他5ショップ
    乾燥性敏感肌の人向けに皮膚科学研究所で開発されたキュレルブランドから発売されたジェルクレンジング。お肌のバリア機能をきちんと働かすための主成分となっているセラミドを守りながら、落ちにくいアイメイクやしっかりメイクもスッキリ落ちます。乾燥肌には クリームやミルクのクレンジングが良いと言われていますが、このクレンジングはしっとりとなじみがよく、肌に優しいクレンジングです。

    2. ビオレ パーフェクトオイル 230ml

    ビオレ パーフェクトオイル 230ml
    ¥419/100ml
    65%安
    ¥963 ヨドバシカメラ
    ¥983 SEIYUドットコム(西友)
    他5ショップ
    手が水に濡れても洗浄力が落ちないのがセールスポイント。オイルならではの洗浄力でしっかりメイクもスッキリ落とします。容量も大きめでコスパも良い商品です。ビオレならではの、素肌と同じ弱酸性で、つっぱりを防止します。みんなから好かれるフローラルの香りです。

    3. シュウウエムラ ハイパフォーマンス クレンジングオイル アドバンストクラシック 150ml

    シュウウエムラ ハイパフォーマンス クレンジングオイル アドバンストクラシック 150ml
    ¥1600/100ml
    ¥2,400 Amazon(アマゾン)
    ¥2,573 ケンコーコム
    他1ショップ
    水分と皮脂のバランスを保ちながら、メイクと肌の汚れをしっかりと落とし、しっとりと洗いあげるオイルクレンジング。オイルの洗浄力を持ちながら、乾燥せずしっとり仕上がるので、あらゆる肌質の人にもおすすめ。常にいろいろな口コミサイトの上位に殿堂入りしています。

    4. カウブランド メイク落としミルク 無添加 150ml

    カウブランド メイク落としミルク 無添加 150ml
    ¥456/100ml
    62%安
    ¥684 ケンコーコム
    ¥690 爽快ドラッグ
    他4ショップ
    牛乳石鹸を発売する牛乳石鹸共進社株式会社が販売するクレンジングミルクです。無添加・低刺激でデリケートな肌用。ミルクならではの優しい使用感なので洗浄力は少し落ちるのでナチュラルメイクの人におすすめです。天然由来のセラミドを配合し、クレンジングによる乾燥からお肌を守ってくれます。

    5. ポンズ エイジビューティー クリームクレンジング 270g

    ¥812 Amazon(アマゾン)
    ¥929 LOHACO(ロハコ)
    他5ショップ

    6. ビオレ こくリッチメイクオフクリーム 200g

    ¥833 ヨドバシカメラ
    ¥941 LOHACO(ロハコ)
    他5ショップ

    7. サナ なめらか本舗 薬用クレンジング洗顔 150g

    ¥605 ヨドバシカメラ
    ¥607 爽快ドラッグ
    他3ショップ

    8. ビフェスタ うる落ちクレンジング 145ml

    ビフェスタ うる落ちクレンジング 145ml
    ¥377/100ml
    68%安
    ¥547 Amazon(アマゾン)
    ¥547 ヨドバシカメラ
    他7ショップ

    9. カウブランド メイク落としオイル 無添加 150ml

    カウブランド メイク落としオイル 無添加 150ml
    ¥341/100ml
    71%安
    ¥512 Amazon(アマゾン)
    ¥585 LOHACO(ロハコ)
    他6ショップ
    着色料・香料、さらにパラベンなどの防腐剤や品質安定剤が一切入っていない、無添加のオイルクレンジング。メイクとよくなじみ、素早く汚れを浮き上がらせて、口紅やマスカラもしっかり落とします。その他にも独自の基準で原料を選んで使用し、刺激の少ない処方にしています。植物性オイル配合で、鉱物油は使っていません。濡れた手でも使えます。

    スマートショッピングでは、上記以外でも多数のクレンジング・メイク落としについて、最安ショップと一緒に紹介しています。

    あなたがいつも使っているクレンジング・メイク落としを、送料含めてどこが安いか計算できるので、是非チェックしてみてください。


    より広い範囲から探す


    スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
    簡単な使い方


    • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
    • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
    • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
    • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
    • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。