洗顔石鹸おすすめランキングと価格・選び方

洗顔石鹸

お肌は日々のケアが大切とはよく言ったものですよね。ケアの方はもちろん、使用する洗顔料や基礎化粧品にまで気を遣っているという方も多いのではないでしょうか。

さて、洗顔料には洗顔石鹸と洗顔フォームがありますが、皆様は両者の違いをご存知でしょうか。なんとなく石鹸はチープでお肌にも良いわけではない、洗顔フォームは高くてお肌にも良いというイメージを持ってしまいがちですが、実はこの考えは大きく間違っています。イメージとは全く逆で、石鹸はお肌に無害、洗顔フォームはお肌に悪い成分が含まれている、と近年では注目を浴びています。それでは、洗顔石鹸と洗顔フォームには具体的にどのような違いがあるのか、見ていきましょう。

洗顔石鹸おすすめランキング | 洗顔石鹸の価格や選び方は?

洗顔石鹸はプチプラ?

石鹸と洗顔フォーム、皆さんの相場観はどのようになっているでしょうか。洗顔フォームの方が高い、石鹸は安いけど洗顔石鹸になると洗顔フォームと同程度の価格帯になってしまうと思っている方、その相場観は的を射ていると言えます。「石鹸ならばプチプラで買いやすい」という考え方は既に時代遅れで、化粧品メーカーもその辺りの事情もよく知っているからこそ、価格を上げたり下げたり、微調整してきています。結論から言ってしまうと、洗顔フォームも洗顔石鹸も、値段はピンからキリまでと言わざるを得ません。高い洗顔石鹸もあれば安い洗顔フォームもありますので、一概に「値段が高いから」という短絡的な理由だけで、お肌への善し悪しを査定することはできません。高い買い物をしてから後悔する、というパターンもありますので、使用する洗顔料は慎重に選んでいく必要があります。

洗顔石鹸はプチプラ?

それでは本題の、洗顔石鹸と洗顔フォームの違いついて触れていくことにしましょう。今、多くの雑誌にて取り上げられているのが「実は石鹸の方が肌に良い」説ですね。これにはちゃんと根拠があり、その根拠とは、洗顔フォームには合成界面活性剤が含まれているから、というものです。合成界面活性剤は、食器用洗剤などにも含まれている成分で、水と油が分離するのを防ぐという目的で使用されています。食器を洗うシーンを想像してみてください。お皿は料理についている油でぬるぬるの状態、これを洗い流そうと水にさらしてもなかなか油汚れは落ちませんが、洗剤をつけるとアラ不思議、つるりと落ちて手触りもキュキュっとしますよね。これは合成界面活性剤が水と油の分離を防ぎ、油汚れを水と一緒に落としてしまうことで起こる現象です。つまり、合成界面活性剤は食器洗いには必要不可欠な存在になっているというわけですね。

さて、それでは合成界面活性剤を洗顔に使用するとどうなるのでしょうか。油汚れを落としやすくするための合成界面活性剤は、お化粧落としなどに使用するのは良いかもしれませんが、お肌を保護するために必要な皮脂まで一緒に落としてしまう可能性もありますので、使い方次第で善し悪し、といったところです。朝、顔を洗う場合に合成界面活性剤の含まれる洗顔フォームを使用すると、必要な皮脂も落としてしまい、かえってお肌の状態を悪くしてしまう可能性もあります。お化粧を落とすための洗顔と、朝の洗顔は全く別物であると考えて、それぞれで洗顔フォームと洗顔石鹸を使いこなせるのがベストですね。

洗顔石鹸の選び方

洗顔料に何を使用するのか、検討を始める前にまずやってもらいたいことは、自分の肌は何に敏感で、何をすると荒れてしまうのか、肌質をしっかりと調査するということです。人によってはお肌の調子が食事から現われるという方もいますし、睡眠の状態から変化するという方もいるなど、お肌には個性があります。油の多い食事をすると大人ニキビや吹き出物ができるという方もいますし、もちろん「この洗顔料はあまり自分に合っていない」という方もいます。前記にて、洗顔フォームに含まれている合成界面活性剤はお肌にあまり良くないと紹介しましたが、一方で利点もあり、また洗顔フォームでも特段お肌にトラブルは発生しない方もいます。お肌が弱い方が洗顔フォームを使用するとトラブルの原因になり得るというだけですので、一概に洗顔石鹸の方が良いと言い切ることはできない、と覚えておきましょう。

洗顔石鹸を使用するメリットとしては、お肌に影響を及ぼす可能性のある化学成分が使用されていないことが多い点が挙げられます。多くの洗顔石鹸が合成界面活性剤や香料、着色料、防腐剤を使用しておらず、そのためお肌への刺激も少ないとされています。このように、洗顔料の成分に着目して選んでいくのもおすすめです。

洗顔石鹸の選び方

次にポイントとなるのは、洗顔石鹸の洗浄力と泡立ちの良さです。洗浄力については非常に微細な問題で、あまりに汚れ(皮脂)を落とし過ぎてしまってもいけませんし、逆に汚れが落ちないのもそれはそれで意味がありません。泡立ちについては、手で直接肌に触れるような洗い方はお肌を刺激することになり、これもあまり良くありませんので、泡だけで優しく洗えるような、泡立ちの良い石鹸を選ぶことをおすすめします。

最後に、価格について見ていきましょう。洗顔石鹸も洗顔フォームと同じように、価格に差が出るもので、安いものから高いものまで、ラインナップは非常に豊富です。ここで大切なのは、前にも書いた通り「高ければ良い」ものでもない、という点です。お肌にはそれぞれ個性があって、洗顔料が自分のお肌に合うか合わないか、相性の問題は必ず出てきます。高くても自分には合わない、というケースも考えられますので、値段のみに縛られて購入を決意するのは危険です。

自分に合った洗顔石鹸を使用する、購入するためにやはり重要なのは、基本とる自分の肌質ですね。肌質に合わせてコストとのバランスを考慮して、洗顔石鹸を選んでみてください。

洗顔石鹸おすすめランキング

10位: ペリカン石鹸 ひのき黒茶石けん 80g

ペリカン石鹸 ひのき黒茶石けん 80g
¥2545/100g

商品説明

香り高いヒノキオイルをはじめとした厳選された材料を使用して作られた石鹸です。付属品にネットが着いており、水で濡らしてから泡立てて使用します。粘りのある濃い泡には福井県産の竹炭と福島県産の海泥が含まれており、毛穴の汚れや古い角質を吸い取ります。竹炭には臭いを吸い取る力もあるため、この石鹸で体を洗って体臭が消えたというユーザーの報告もあります。

石鹸の中には、皮脂汚れだけではなく肌に必要な油分まで落としてしまい、肌の乾燥を招く物がありますが、この石鹸にはコラーゲンやコエンザイムQ10などの保湿成分に加え、湯村温泉(島根県)の温泉水が配合されています。温泉水のアルカリ成分が肌を滑らかに整え、ユーザーからは滑らかで爽快感のある洗い上がりが評価されています。

この石鹸には、有機栽培の国産茶葉のエキスではなく、茶葉そのものが配合されており、抗酸化作用のあるカテキンやポリフェノール、ビタミン、ミネラルが含まれています。

この石鹸はドラッグストアでは販売されておらず、温泉旅館の売店などで販売されています。浴場で使い心地を試してから購入したユーザーも少なくはありません。ネットショップでは1個あたり1900円から2000円前後で販売されており、まとめ買いに対応している店舗もあります。

9位: スキンライフ 薬用 泡のふんわり洗顔 詰替 180ml

¥306 ヨドバシカメラ
¥365 LOHACO(ロハコ)
他2ショップ

商品説明

オイルフリーの泡タイプ洗顔料です。2017年3月のリニューアルと同時に、香りがシトラスフーローラルからピンクグレープフルーツに変更されました。ユーザーの好みがはっきりと分かれる香りで、旧タイプの方が良かったという意見もあります。

殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールと抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムがニキビの発生を防ぎます。また、水酸化カリウムが皮脂や毛穴の汚れを落とし、ヒアルロン酸とリンゴ酸、グレープフルーツエキスが肌に潤いを与えます。

ホルモンバランスの乱れが原因でニキビができやすいティーンをターゲットにした製品で、イメージモデルには高校生が起用されていますが、大人ニキビにも効果があり、20代から30代のユーザーも使用しています。ポンプを押すだけで泡が出るので、忙しい時間帯でも手軽に使用できます。

この製品は1個当たり300円から600円で販売されています。まとめ買いできる店舗や、本体と詰替用がセットになったものを販売している店舗もあります。コストパフォーマンスに優れており、リピーターも少なくはありません。ニキビ対策に重点を置いたスキンライフシリーズには、チューブタイプの洗顔フォームと化粧水もあります。

8位: 水円 いつかの石ケン 100g

水円 いつかの石ケン 100g
¥1555/100g
¥1,555 ヨドバシカメラ
¥1,711 LOHACO(ロハコ)
他4ショップ

商品説明

泡パック酵素洗顔もできるミネラル配合酵素石けんです。石油系の合成界面活性剤不使用で肌にやさしく、プロテアーゼと呼ばれる酵素が肌表面の不要なタンパク質を除去します。さらに23種類もの多元素ミネラルをバランスよく配合し、肌の弾力やツヤにうれしい変化をもたらします。

7位: アレッポの石鹸 ノーマルタイプ 200g

アレッポの石鹸 ノーマルタイプ 200g
¥337/100g
80%安
¥674 ケンコーコム
¥674 爽快ドラッグ
他1ショップ

商品説明

アレッポの石鹸は地中海沿岸で採れたオリーブとローレル(月桂樹)の実から搾られた油、水、水酸化ナトリウムのみを使用して作られた石鹸です。保存料や着色料を使用していないため、顔や体、髪を洗うだけではなく、メイク落としやシェービングフォームとしても使用できます。この石鹸は、シリアのアデルファンサ社が製造しているものです。

使用後は水気を切って風通しの良い場所に保管してください。使用期限はありませんが、1年を目安に使い切るように輸入販売元は呼びかけています。サイズが大きいので、針金などで切り分けると使いやすいです。使っているうちに石鹸の色が茶色から緑に変わりますが、これは材料のオリーブに由来するものです。

オリーブはビタミンEが豊富な上に、オリーブオイルのオレイン酸は、人体の脂肪酸に近い構造をしています。そのため、この石鹸には皮脂汚れを落とすのと同時に、肌に必要な油分を補う力があります。

アレッポの石鹸には、シリアでも高級なローレルの油を約40%配合したEXTRA40や、オリーブオイルを約98%配合したライトがあります。オリーブオイルとローレルオイルを9対1で配合したノーマルは、1個当たり500円から800円前後で販売されています。

6位: ロート 白茶爽 白茶練り石鹸 120g

ロート 白茶爽 白茶練り石鹸 120g
¥311/100g
81%安
¥373 ケンコーコム
¥373 ヨドバシカメラ
他4ショップ

商品説明

うるおい成分である白茶エキスと、肌の引き締め効果や抗酸化作用を持つ茶カテキンを配合した製品です。白茶は中国茶の一種で、緑茶とは違って茶葉を揉まず、萎ませて加工します。

抹茶のような緑色が特徴のこの製品は、手やネットで泡立てて使用します。少量でも泡立ちが良く、洗い上がりはさっぱりします。材料に使用されている弱アルカリ性の水酸化カリウムが、弱酸性の皮脂汚れや肌のくすみの原因となる角質を洗い落とします。肌のテカリやニキビを防げたというユーザーの声がある一方で、乾燥肌や敏感肌のユーザーからは、皮脂を落としすぎて肌がつっぱったという報告も寄せられています。

この製品は緑茶に加えて柚子の果実エキスを材料に使用しており、紅茶に似た香りがユーザーから高い評価を得ていますが、匂いが甘すぎて好みではないという意見もあります。

メーカーの希望小売価格は500円(税抜)ですが、400円前後で購入できる店舗もあります。コストパフォーマンスの良さから、リピートしているユーザーもいます。

白茶爽シリーズには、チューブタイプの練り石鹸の他にも固形石鹸と泡ムース洗顔料があります。洗顔料を泡立てる時間がない方には、泡ムース洗顔料をおすすめします。

5位: ナイアード ガスール 500g

ナイアード ガスール 500g
¥310/100g
81%安
¥1,548 Amazon(アマゾン)
¥1,548 ヨドバシカメラ
他2ショップ

商品説明

化粧品の口コミ情報サイト@コスメで、2006年にベストコスメ大賞殿堂入りを果たした製品です。ガスールはモロッコ産の粘土で、マグネシウムやカルシウムなどの成分を多く含んでいます。

固形タイプの物は水を加えて膨らませ、柔らかくしてから使用します。メーカーの公式サイトには、具体的な分量や、溶かし方を紹介した動画が掲載されています。ペースト状にした泥は顔や体だけでなく、髪の洗浄やパックに使えます。天然素材なので小さな子どもやペットも使用できますが、保存料は含まれていないので、水を吸わせたらすぐに使い切ってください。入浴剤としても利用できますが、24時間循環風呂には使用できませんし、残り湯は洗濯に使えません。

ガスールに水を含ませるのに手間がかかるという意見もありますが、肌荒れや毛穴の黒ずみが気にならなくなり、翌日の化粧のノリが良くなったという数多くの報告が寄せられています。洗浄力が強いので、使用頻度は週に1、2回に留めてください。

この製品は、粉末タイプの物も販売されています。成分や内容量は固形タイプの物と同じですが、粒子が細かいので敏感肌の方に向いています。メーカーの表示価格は1800円(税抜)ですが、1400円前後で購入できるショップもあります。

4位: ミヨシ 無添加 泡の洗顔せっけん 詰替 180ml

¥306 ケンコーコム
¥310 Amazon(アマゾン)
他3ショップ

商品説明

無添加の液体洗顔石鹸の詰替タイプ゚です。専用容器に入れてプッシュすれば、洗顔料がきめ細かな泡となって出てきます。

無添加という表示の通り、この石鹸は着色料や香料、アルコールや鉱物油、合成界面活性剤を材料に使用していません。材料に使われているのは水と、脂肪酸と水酸化カリウムの化学反応で作ったカリ石鹸素地だけです。石鹸素地は弱いアルカリ性で、肌を本来の弱酸性に戻す働きと、古い角質を取り除きやすくする力があります。

材料に余計な物が入っていないシンプルな石鹸が、タンパク質由来の油汚れに働きかけます。脂性肌の方に適した石鹸で洗浄力が強く、手軽に利用できることがユーザーから高評価を得ていますが、洗顔後に肌の乾燥やつっぱりを感じたという報告もあります。忙しい時間帯や化粧をしていない日にはこの石鹸で顔を洗い、それ以外のケースには別の石鹸を使用するという使い分けを行っているユーザーもいます。

価格は300円から650円前後と店舗によって幅があります。1個当たりの価格が安くなるまとめ買い可能なショップもあるので、リピーターやヘビーユーザーの方におすすめです。

このメーカーは、マカデミアナッツとココナッツのオイルを材料に使用した素材こだわりの液体洗顔石鹸も販売しています。この製品も無添加で、詰替用もあります。

3位: コラージュ A 液体石鹸 200ml

¥972 ヨドバシカメラ
¥1,070 ケンコーコム
他1ショップ

商品説明

コラージュ石鹸のAシリーズは脂性肌用の製品で、着色料や香料を使用していないのが特徴です。メーカーのサイトには洗顔料と書かれていますが、顔だけではなく全身に使用できます。

手やネットで泡立て、肌を包むようにして洗います。泡立ちと泡切れが良く、さっぱりとした仕上がりになります。この石鹸は水に溶けやすいため、肌への刺激となるすすぎ残しが少ないのです。

この石鹸は油や汚れを落とす力が強い割に、肌に与える刺激が弱く、脂性肌の人だけではなく、アトピーの方や肌の弱い方も使用できます。口コミサイトのユーザーには、皮膚科の医師からこの製品を勧められた方も多数存在しており、ニキビが治ったり、ニキビができにくい肌になっただけではなく、化粧崩れしにくくなったという報告もあります。

1000円から1300円前後で販売されていますが、1個あたりの価格が安くなるまとめ買いができる通販サイトもあります。

コラージュ石鹸のAシリーズには、固形石鹸や泡タイプの洗顔料もあるので、使い方や予算に合わせて選ぶことができます。この他にもノーマル肌用のMシリーズや乾燥肌のDシリーズがあり、液体石鹸は200mlの物と400ml入りの物が販売されています。

2位: イースマイル 毛穴ごっそり 富士山 マグマせっけん 100g

イースマイル 毛穴ごっそり 富士山 マグマせっけん 100g
583円お得
¥1494/100g
¥1,494 ヨドバシカメラ
¥2,117 ケンコーコム
他2ショップ

商品説明

富士山は日本一高い山であり、活火山でもあります。富士五湖の一つである河口湖で採掘されたミネラル濃度の高い富士山の溶岩が、この洗顔石鹸の原料には使われています。

この石鹸には、毛穴の80分の1の大きさである2.5μm富士山の溶岩が含まれています。パウダー状の溶岩は泡とともに毛穴に入りこんで汚れを落とし、同時にミネラルが肌に浸透して開いた毛穴を引き締めます。

溶岩パウダーの他にも、肌に潤いとハリを与えるセラミドやコラーゲン、栄養価が高く保湿効果もある蜂蜜、保湿に加えて肌を引き締める効果のあるブドウ葉エキス、炎症を抑える効果のあるサクラ葉エキス、抗酸化作用があり、血行を良くするハーブ、ローズマリーなどもこの石鹸には含まれています。

富士山の溶岩は、自然公園法によって採掘が禁じられています。この石鹸の原料には、富士山溶岩石鹸の特許を得た開発者が過去に入手した溶岩が使用されています。貴重な材料を使用しているため、価格は1500円から2200円と決してリーズナブルではありませんが、毛穴やニキビへの高い効果がユーザーから報告されており、リピーターやまとめ買いを行う人も少なくありません。なお、この石鹸は原料がなくなり次第、製造終了となるようですので、リピータはあるうちに買うべきです。

1位: ペリカン石鹸 ドットウォッシー 洗顔石鹸 75g

ペリカン石鹸 ドットウォッシー 洗顔石鹸 75g
¥509/100g
69%安
¥382 ヨドバシカメラ
¥385 Amazon(アマゾン)
他3ショップ

商品説明

鼻の毛穴に汚れが詰まった状態、いわゆるイチゴ鼻のケアに重点を置いた洗顔用固形石鹸です。合成界面活性剤や合成香料、着色料や鉱物油は原料に含まれておらず、植物由来の原料のみを使用しています。

イチゴ鼻の毛穴には、角質や皮脂、汗などの汚れが詰まっています。また、これらは空気に触れることで酸化し、黒ずみの原因となります。この製品に含まれている洗浄補助成分モロッコ溶岩クレイ(ガスール泥)とカオリン、ベントナイトは毛穴に残った角質を吸い取り、アルガンオイルとクエン酸が皮脂汚れを落とします。

毛穴に汚れが入ることを防ぐためにも、イチゴ鼻のケアには毛穴の引き締めが欠かせません。この製品には蜂蜜と保湿成分のある7種類の植物エキスが含まれており、肌を整えます。

この製品は洗浄力が強いことが特徴ですが、そのために肌の乾燥や痛みを感じたというユーザーからの報告も上がっています。皮膚の薄い部分への使用は避けて鼻だけを洗っている人や、全身の洗浄に使っている人もいます。また、天然精油由来のシトラス・アースの香りは、ユーザーによってはっきりと好みが分かれます。

この製品は350円から550円で販売されています。近くのドラッグストアで扱っていない場合は、ネット通販の利用が便利です。

洗顔石鹸おすすめランキング | 洗顔石鹸の価格や選び方は?

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。