最終更新日:
 
閲覧数: 25

乳液おすすめランキングと効果・使い方

乳液

できるだけ長く眠りたいけれど、化粧せずに出掛けられるお肌状況ではなくなってしまった寝坊常習犯。手軽に綺麗にをモットーに化粧品を模索中。プチプラもデパコスも一長一短、自分で試さなきゃ分からない!

乳液は他の基礎化粧品、化粧水美容液などと共にスキンケアに欠かせない存在です。お肌のケアについてあまり知らないという方でも、とりあえず洗顔後に乳液をつけているという方も少なくないと思います。

ですが、乳液は使い方によってはかえってお肌の状態を悪くしてしまったり、またはつけても良い効果が得られなかったりなど、せっかくの努力が水泡に帰すこともありますので、正しい使い方を身に付けた上で使用していくのが望ましいです。

それでは、乳液をどのように使用すればより良い効果が期待できるのでしょうか? 乳液に関する基礎知識と、乳液の正しい使い方、お肌の構造と他の基礎化粧品との関係について見ていきましょう。女性の方だけでなく、男性の方にも必見ですよ。

乳液おすすめランキング10選 | 乳液の効果や使い方は?

乳液にはどんな効果があるの?

女性なら、洗顔後に化粧水美容液、そして乳液と、基礎化粧品を当然のように使用することと思いますが、男性の場合はただ水で洗顔するだけ、もしくは適当に洗顔料を使用して洗うだけ、という方も多いのではないでしょうか。基本的にお肌の構造は男性も女性も変わらず、正しいケア方法も変わりませんので、男性の方もしっかりと覚えておくようにしましょう。

さて、まずは乳液にどのような効果があるのかについてご紹介していきます。乳液の主な目的は「お肌を保湿すること」です。ほかの基礎化粧品は、たとえば化粧水の場合には「お肌に水分を与えてキメを整える」、美容液には「お肌に美容成分を与えて、シワやシミ、くすみを抑える」という目的があります。それぞれに役割が異なるため、乳液だけを使用したり、化粧水だけを使用するのは望ましくありません。できれば最低限、化粧水と乳液をセットで使用していくように心掛けましょう。

乳液にはどんな効果があるの?

近年の乳液には「保湿」以外にも、様々な効果が追加されてきています。UV乳液ティント乳液はその代表で、知らず知らずのうちに使用しているという方もいるかもしれません。UV乳液は、紫外線をカットしたり、メラニンの合成を抑えるという効果が期待でき、美白を主眼に置いた乳液です。ティント乳液は、化粧下地としての役割も付与されている乳液となります。スキンケアとベースメイクが一緒に行えるため、とても便利なアイテムといえます。

お肌は外部からの刺激を受けると、ダメージから身を守るためにメラニンを発生させますが、このメラニンが1ヶ所に集中してしまうとシミやくすみの原因になってしまいます。肌への刺激には、紫外線のほかにも乾燥や物理的な衝撃(手で触ってしまう)なども含まれます。シミもくすみもない透明肌を手に入れるためには、これらの刺激を受けないように注意しなければなりません。普通の乳液は乾燥を、UV乳液は紫外線をカットしてくれるため、美肌のためには欠かせない存在であることがわかります。

美肌を手に入れるためには、日々のケアを「継続して」行っていく必要があります。1日だけケアをすれば良いというものでもありませんので、毎日欠かさず、乳液などの基礎化粧品を使用してケアしていくように心掛けていってください。“継続は力なり”です。

おすすめの乳液の使い方

お肌はターンオーバーによって新しい皮膚と古い皮膚が入れ替わり、健康な状態を保っています。このターンオーバーが常に正常なサイクルで行われていると、美肌になるのですが、ときには、様々な原因によって正常に行われないケースがあります。

古い皮膚が肌表面に留まってしまっていると、ターンオーバーがスムーズに行われず、ニキビやシミといった肌トラブルの原因になります。美肌を手に入れるには、まずターンオーバーを正常に保つ必要があるのです。洗顔で肌の汚れを落とし、化粧水で水分を与え、乳液で乾燥しないように保湿する。新しい肌を刺激から保護するために、この3ステップは欠かせません

乳液の使い方は大きく2通りに分かれます1つは朝のスキンケア、2つめは夜のスキンケアです。朝は時間がなく、化粧をするだけで手一杯という方は、できればもう5分早く起きて、スキンケアの時間を確保してみてください。夜のスキンケアは時間もあると思いますので、疲れたからと面倒がらずにぜひ実践してみてください。

おすすめの乳液の使い方

まずは、朝のスキンケアについて見ていきましょう。朝の洗顔後に乳液を使用するかどうかで肌の状態はかなり変わります。より詳しく言うと、洗顔後の肌は、3分経過すると水分量が洗顔前よりも少なくなってしまいます。過乾燥状態になるのです。過乾燥状態の肌に乳液をなじませてもあまり意味がありません。できれば、直後に乳液を使用してみてください。また、昼間に外出することを考慮すると、UV乳液がおすすめ。日中の日差しからお肌を守るためにも、紫外線をカットしてくれるUV乳液を使用しておくのがベターでしょう。

夜間のスキンケアについては、普通の乳液を使用しても構いませんが、化粧水や美容液とセットで乳液を使うのが望ましいです。夜間、睡眠中に肌は新しい皮膚へと移り変わるための準備をしますので、充分に水分や美容成分を与えてから乳液で保湿していきましょう。近年では美容液や化粧水、そして乳液の全ての成分が1つにまとめられたオールインワンジェルも登場しています。何度も塗る手間が面倒だという方は、オールインワンジェルを使用してみるのも良いかもしれません。

美肌を手に入れるためには一朝一夕の付け焼刃では意味がありません。乳液を正しく使用して、ぜひ透明肌を手に入れてください。

乳液おすすめランキング

5位: アクセーヌ ホワイト エマルジョン ディープ モイスチュア C 170ml

アクセーヌ ホワイト エマルジョン ディープ モイスチュア C 170ml
¥3145/100ml
¥5,346 ヨドバシカメラ
¥5,497 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

商品説明

4700円から6000円前後で販売されているアクセーヌの化粧水です。ホワイトエマルジョンは、シミやくすみなどの色素沈着への対策に重点を置いたシリーズで、美容液やシートマスクなどのラインナップがあります。

紫外線などの刺激から肌を守るために作られるメラニンは、本来、肌のターンオーバーによって排出されます。ターンオーバーで排出できなかったメラニンは肌に残ってしまい、その結果、色素沈着を起こしてシミになります。

肌に受けた紫外線が強すぎたり、肌の中に炎症があると、メラニンは大量に作られてしまいします。ホワイトエマルジョンは角質層に潤いを与えて肌本来のバリア機能を取り戻し、しなやかで瑞々しい肌に導きます。

保湿成分によって柔らかくなった肌は、美白成分が浸透しやすい状態です。この製品にはメラニンの作り過ぎを抑えるビタミンC誘導体が配合されており、シミやくすみ、ニキビ跡に効果が期待できます。

ニキビ跡が気にならなくなり、肌の色が明るくなったというユーザーからの報告に加えて、敏感肌のユーザーからも、低刺激で安心して使用できるという声が寄せられています。リピーターだけではなく、一度は他の化粧水を使ったが、結局この化粧水に戻したという人もいます。その反面、とろみを越えてべたつきを感じたり、肌に合わなかったユーザーもいます。

4位: モイスタージュ エッセンスミルク さっぱり 160ml

モイスタージュ エッセンスミルク さっぱり 160ml
¥360/100ml
88%安
¥576 ケンコーコム
¥700 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

商品説明

モイスタージュは「美しさをかしこく」をコンセプトにした基礎化粧品で、化粧水と乳液に美容液を配合しています。

この乳液はワンタッチキャップの付いたシンプルな容器に入っています。ユーザーの好みが分かれるデザインのパッケージは、はがしてロゴと成分表示の文字だけを残すことも可能です。

「さっぱり」シリーズには、海洋性プラセンタとも呼ばれるマリンプラセンタとレモンとアロエの2種類のエキスが配合されています。これらの成分には角質を柔らかくする働きがあり、肌の水分量を増やして、乾燥によるくすみケアができます。コラーゲンEX美容液には保湿効果があり、肌に潤いを与えます。この美容液には、美白作用や抗酸化作用のある絹由来のたんぱく質シルクプロテインも含まれています。

この乳液の濃すぎずべたつかない質感はユーザーから高い評価を得ており、リピーターも少なくはありません。

乾燥肌が気になる方には、同シリーズの「しっとり」や「超しっとり」をおすすめします。「しっとり」には「さっぱり」と同じコラーゲンEX美容液が配合されています。

コストパフォーマンスに優れており、1個あたり500円から700円前後で販売されています。まとめ買いに対応している店舗もあります。

3位: コラージュ 薬用保湿乳液 80ml

コラージュ 薬用保湿乳液 80ml
¥3269/100ml
¥2,615 Amazon(アマゾン)
¥2,619 ヨドバシカメラ
他2ショップ

商品説明

1個あたり2000円から3000円程度で購入できる乳液です。薬事法が定める医薬部外品で、有効成分に皮膚の炎症を抑えるグリチルレチン酸ステアリルと、高脂血症や心身症の治療に用いられるガンマオリザノールを含んでいます。

この乳液は香料や着色料を使用しておらず、刺激とべたつきが少ないのですが、濃厚でとろみが強いため、容器から出すのに手間がかかるというユーザーからの評価もあります。

この乳液には、保湿成分セラミド2が含まれています。肌の乾燥具合は、角質層に存在するセラミド2の含有量によって変わるため、この乳液を使うことで肌の保湿力を助け、うるおいが与えられます。また、粘りが強く水溶性コラーゲンが肌の保湿効果を高め、ハリと弾力を与えます。

肌がふっくらと柔らかくなり、ゴワつきやカサつきが無くなったと評価するユーザーがいる反面、保湿効果を感じられなかったり、肌に刺激を感じたりしたユーザーも存在します。

コットンを使って乳液をつける時は、肌トラブルの原因となる摩擦を防ぐため、力を入れすぎないように注意が必要です。乳液は顔に優しく馴染ませます。特に目や口の周りは乾燥しやすいので、時間をかける必要があります。またTゾーンに乳液をつけ過ぎると、テカリの原因となるため、脂性肌の人は注意が必要です。

2位: ソフィーナ ジェンヌ ジェル乳液

商品説明

20代をターゲットにしたジェンヌシリーズの夜用乳液です。ジェルタイプで伸びが良く、べたつきの少ない質感が特徴です。

一度に使う量は、大豆粒程度が目安です。化粧水をつけた顔に、均等に馴染ませて使います。この乳液に配合されている保湿成分のセチルPGヒドロキシエチルパルミタミドが、肌を乾燥から守るセラミドの働きを助け、ユーカリエキスが潤いを与えます。フローラルな香りはユーザーから高い評価を得ており、乳液の効果に満足できないが香りは好きだというユーザーもいます。

メーカーではこの乳液を「20代の春夏向け」としています。そのため、夏のみ使用している方や、秋冬の保湿には物足りなさを感じている方も存在します。翌朝まで保湿効果が続き乾燥や肌荒れが防げたという報告もあれば、可もなく不可もないという意見もあります。乾燥肌のユーザーの評価も分かれており、軽い質感のために効果が実感できなかったという声もあれば、肌の乾燥が解消されたという声もあります。

コストパフォーマンスは良く、1個あたり1800円から2300円前後で販売されています。ジェンヌシリーズの乳液と化粧水、日焼け止めが試せる「2週間実感セット」も販売されており、ライン使いを検討されている方におすすめです。

1位: モイスタージュ エッセンスミルク しっとり 160ml

モイスタージュ エッセンスミルク しっとり 160ml
¥403/100ml
87%安
¥644 ケンコーコム
¥692 LOHACO(ロハコ)
他1ショップ

商品説明

モイスタージュは美容液を配合した基礎化粧品のシリーズで、香料や着色料を使っていないのが特徴です。成分は肌と同じ弱酸性です。しっとりタイプの他、さっぱりタイプと超しっとりタイプがラインナップされています。しっとりでは物足りない乾燥肌の人には、しっとりや超しっとりを、乾燥が少ない肌質の人にはさっぱりをおすすめします。

乳液や化粧水は、掌で温めてから押しこむようにゆっくり肌に塗ると、馴染みが良くなります。この乳液には美容成分である集合ヒアルロン酸と肌を乾燥や刺激から守るセラミドが配合されており、肌の表面だけではなく角質層まで潤いを与えます。また、保湿成分であるコラーゲンEX美容液は、ヒアルロン酸と組み合わせることで肌にハリを与え、弾力のある状態を保ちます。

この製品の保湿効果の高さは、多くのユーザーから評価を得ており、肌の乾燥が防げただけではなく、化粧のノリが良くなったという報告も寄せられています。顔だけではなく体に使用している人もいますが、その反面、べたつきやテカリが気になるという意見もあります。

店舗では1個あたり550円から850円前後で購入できます。少量でも伸びが良く、コストパフォーマンスの高さを評価する声もあります。

乳液おすすめランキング10選 | 乳液の効果や使い方は?

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。