コンシーラーおすすめランキングと種類・選び方・使い方

コンシーラー

コンシーラーとファンデーションは、よく似た性質を持っていますので、余り使い慣れていない方には、その見分けがあまりつかないようです。このコンシーラーとファンデーションの大きな違いは、カバー力の違いによるもので、コンシーラーによって目立つしみや、傷などを強制的に隠してしまうという特徴を持っています。例えばニキビ跡やシミにそばかすなど、ファンデーションだけで隠そうとすると、ついつい塗り過ぎてしまう事もあり、粉が吹いたような状態にもなりかねません。あらかじめコンシーラーによって、傷隠しを行っていれば、ファンデーションも薄く塗る事ができますので、自然な化粧を行う事ができるというわけです。つまり肌が綺麗な状態では、コンシーラーは不用という事になります。

コンシーラーにはいろいろな種類が!

コンシーラーを大きな種類別に分けてみると、クリームタイプ、スティックタイプ、ペンシルタイプ、リキッドタイプと4つに大別する事ができます。もちろんコンシーラーとしての性質に関して言えば、どれもが同じものですが、その違いは用途別に存在していると言って間違いないでしょう。まずクリームタイプのコンシーラーですが、見た目はそのままクリーム状で軟らかな形状のコンシーラーと言えます。容器別にはチューブ入りのものや容器入りのもの、そしてパレットに入っているものなどがあります。このクリームタイプのコンシーラーの使い方としては、質感が良く広い面積をカバーできる特徴がありますので、目の下のクマが目立つ場合や、大きめのシミ隠しなどに適しています。

特に目元のクマを隠す場合、色みが明るいものを選ぶ事で、目元全体を明るく引き立たせる効果も期待できます。次にスティックタイプのコンシーラーですが、スティック状ですので口紅のように回す事で、固まった棒状のコンシーラーが出て来るというものです。クリームタイプよりも硬い質感ですが、油分が多く見た目が艶がありダイレクトに肌へとなじみやすく、肌へのカバー力も強めになっていますので、ニキビやシミなどをポイントごとに隠す事ができます。

コンシーラーにはいろいろな種類が!

ペンシルタイプのコンシーラーは、スティックタイプのものよりもさらに固めで、細い鉛筆タイプのコンシーラの事を言います。形状からも想像がつくように、細やかなポイントに使用するもので、適度な硬さが特徴ですので小さなシミやニキビ跡を隠すのにも適しており、目じりのしわやほうれい線などもこのペンシルタイプによってうまくごまかす事ができます。このコンシーラの固さによる違いは、油脂成分の違いとも言えるもので、ペンシルタイプは比較的油分が少なめで乾燥しやすく、目元にはあまり多用しない工夫も必要となります。一方でテクニックとして、リップメイクの時の唇の輪郭を補正する時にも、上手に利用できます。

最後にリキッドタイプですが、クリームタイプのようにチューブ入りのものや、筆ペンのようなタイプそしてアイライナーのように、細かなブラシ上のものに付けながら液を含ませるもの、またグロスのような形状で先端がチップ状になっているものなどがあります。液状に近く、かなりゆるめですので、ファンデーションのように自然に近い為、その後のファンデーションにも非常になじみやすいという特徴を持っています。

肌悩み別!コンシーラーの選び方

化粧のベースとして使われているファンデーションですが、ご自分の肌に何らかのトラブルを抱えている場合、このファンデーションだけで隠すのは至難の業と言えます。ファンデーションを塗り過ぎると、化粧全体が浮き出てしまう為に、まるで能面のような状態に陥ってしまうからです。こうしたお肌のトラブルを抱えている方にとって、もっとも重要な役割を果たすのがコンシーラーで、コンシーラーは要所ごとのお肌の悩みを、解消してくれる役目を果たしてくれるものなのです。

まずお肌のトラブルとしては、紫外線の為に出来てしまったシミやアザ、そして化粧かぶれなどによるくすみなどもあり、生まれながらのそばかすや脂性ならではのニキビなどが考えられます。そして同時に、目元のクマやカラスの足元とも呼ばれる、目じりの小じわなどもファンデーションなどによって、かえって目立つ事になりますので、これらを上手く補整して行く事は、メークを行う上で最重要課題とされているものです。まず、コンシーラーの選び方としては、ご自分の肌に合わせて購入する事が大切で、欲しい肌色で選ぶ事は勿論の事ですが、それよりもまず自分に合うのかどうかテストを行わなければなりません。

肌悩み別!コンシーラーの選び方

コンシーラーの選ぶ上で、直接肌に付けてみるのがわかりやすいのですが、この時直接顔などに塗ってしまうのはNGで、まずは手の甲などにコンシーラーを塗って試してみましょう。こうしたお試し品は、誰もが同じように利用している為に、第三者の使用したものを使う事にもなります。敏感肌の方などは、アレルギーの出る可能性もありますので、万が一のトラブルを回避する為にも、直接顔などに付けるような事はせずに、手の甲などに塗って確かめるわけです。コンシーラーは、いくつかのタイプでご自分にあったものを持っておきます。

クマを消したいのであれば、リキッドタイプのものがお勧めで、薄く自然になじんでくれます。目の周りに皮膚は非常に薄く、乾燥しやすい為に固めのコンシーラーでは、しわなどが目立ってしまうという理由もあるのです。広範囲に濡れるクリームタイプは、全体のくすみや広まったシミにアザ隠しには最適で、頬に集まりやすいそばかすなども、適度に目立たなくさせてくれます。そしてニキビや吹き出物など、ポイントごとに隠したいのであれば、スティックタイプのものが有効で、リキッドタイプのものは伸びて馴染みやすいという事もあり、化粧直しを行う際には必需本と言えるでしょう。

コンシーラーの正しい使い方と順番

コンシーラーの正しい使い方は、4つのタイプをうまく生かしながら、場面ごとに使い分ける事が最も理想の使い方と言えるでしょう。例えば広範囲にわたるシミやアザ、そばかすや肌のくすみにはクリームタイプのコンシーラーを使いますが、愛用のファンデーションによっても、その使い方は変わってきます。まず、パウダータイプのファンデーションを愛用しているのであれば、下地を行った後でコンシーラーを塗り、パウダーファンデーションを乗せた後、さらにコンシーラーを塗り、その上にパウダーファンデーションを使うことで、境目をわかりにくくする事ができます。この時ファンデーションはあくまでも乗せるイメージで、決してこすらないように行うのがコツです。

そして、リキッドタイプのファンデーションを愛用の方は、下地の後にまずリキッドファンデーションを塗ります。そしてコンシーラーを塗り、ファンデーションの上からコンシーラーを重ねる事で、ファンデーションとコンシーラーを綺麗になじませる事ができます。この時使用するコンシーラは、ご自分の肌よりも少し暗めの色を選ぶ事がポイントで、明るい色だと隠したい部分がかえって目立つ事にもなります。

コンシーラーの正しい使い方と順番

スティックタイプのコンシーラーは、部分隠しには最適ですが、カバー力の強いものを選ぶと良いでしょう。使い方としては、直接スティックをニキビなどに塗ると、炎症を起こしやすくなり、コンシーラーにもばい菌が残る事がありますので、まずはスティックを手に塗り、これを使うようにします。特にニキビや吹き出物の場合は、患部に刺激を与えない事も大事ですので、周囲にコンシーラーを塗って囲むように隠していきます。

ニキビ跡の赤みの場合には、ピンポイントで消せるリキッドタイプがお勧めで、ニキビ跡を埋めるようなイメージで、少しずつ手に取り抑えるようにカバーしていきますが、厚くならないように薄く塗って行きます。これは小鼻の毛穴なども同様で、厚くならないように薄く塗る事がコツと言えるでしょう。また、コンシーラーで鼻を高く見せる事も可能で、スティックタイプの明るい色であるベージュのコンシーラーを、鼻筋にいれるだけで鼻を高く見せる事ができるのも、メイクの技術と言えるでしょう。しわやほうれい線が気になる方なら、ペンシルタイプのコンシーラーが最適で、使用方法は直接しわに入れていくイメージですが、油分が少ないので目元にはあまり多用しない方が無難と言えます。

コンシーラーおすすめランキング

1. 24hコスメ コンシーラー UV クリーム SPF40 ライトナチュラル 2.8g

24hコスメ コンシーラー UV クリーム SPF40 ライトナチュラル 2.8g
197円お得
¥3346/個
¥3,346 Amazon(アマゾン)
¥3,564 ケンコーコム
他2ショップ

ライトとナチュラルの2色が入った24hコスメのコンシーラーUVは、2色入っているので付属の専用ブラシで混ぜることで肌にしっかりと合わせた色を作ることができます。混ぜ合わせて色を作るので、自分の肌色に合うコンシーラーがなかなか見つからないという人でも問題なく、自然な仕上がりのメイクをすることができるのです。

24hコスメのコンシーラーUVは天然の保湿成分を使用し、美容液成分もたっぷりと配合されているため、スキンケアのクリームとしても使用することが可能です。寝る時に目元に塗ることで、目元にハリを取り戻し、目元の肌トラブルを防止することができるのです。就寝前にクリームとして使えるほどの美容液成分が入っているコンシーラーなので、もちろん敏感肌の方にも対応しています。肌に優しい天然植物エキスなので、ニキビや吹き出物のカバーにも安心して使えます。また、UVケア効果のある成分も配合されているため、これひとつで紫外線対策もしっかりと行うことができます。

さらに、クレンジング不要というのも便利でありがたいポイントです。天然成分のみで作られているため、クレンジングを使用することなく、普通のせっけんで簡単に落とすことが出来るのです。


2. dプログラム メディケイテッド エアリースキンヴェール リフィル 10g

dプログラム メディケイテッド エアリースキンヴェール リフィル 10g
¥2133/個
¥2,133 ヨドバシカメラ
¥2,353 LOHACO(ロハコ)
他4ショップ

dプログラムメディケイテッドエアリースキンヴェールは、肌あれやニキビ跡をカバーする薬用パウダーです。つけていることで肌あれを整え、ニキビを感じさせないなめらかな美肌に導きます。軽いつけ心地で、ニキビ跡や肌あれを目立たなくし、素肌感覚の仕上がりを実現します。薬用有効成分配合の密着薄膜パウダーが肌に負担をかけることなくフィットして、肌あれ、ニキビを予防改善。軽くエアリーな使い心地で、かさつきなどの肌あれ、ニキビ、毛穴などの凹凸をふんわりとカバーし、肌に透明感と明るさをプラスします。化粧下地の上から使うだけで、美肌で休息できます。肌あれやニキビが気になるトラブル肌にもやさしい独自の肌あたりのやわらかなパフ付き。しっかりメイクしたい時はリキッドの上から、ナチュラルにしたい時は化粧下地の上から使用するのがオススメです。粉の粒子がとても細かいので、肌に乗せるだけで毛穴が目立たなくなり、キメが整ったように見えます。お値段は3200円ほど。レフィルは10g2,200円ほどで買うことができます。使用方法は、化粧水や乳液、化粧下地などで肌を整えてから使います。専用パフに適量をとり、顔全体に軽くのせるようにつけたあと、肌にパフをやさしくすべらせるようにしてなじませます。


3. レブロン カラーステイ 2-in-1 コンパクトメイクアップ コンシーラー クリーム SPF24 サンドベージュ 12.3g

レブロン カラーステイ 2-in-1 コンパクトメイクアップ コンシーラー クリーム SPF24 サンドベージュ 12.3g
¥1944/個
¥1,944 ヨドバシカメラ
¥2,139 LOHACO(ロハコ)
他4ショップ

レブロン株式会社から出されているレブロンカラーステイ2-in-1コンパクトメイクアップコンシーラークリームSPF24サンドベージュ12.3gは、肌の基準色、サンドベージュ色のファンデーションです。コンシーラーもセットされていてコンパクト。携帯にも便利な商品です。当然コンシーラーはファンデーションとベストマッチした色なのでシミ、ソバカスなどを目立たせません。落ちにくく崩れにくいファンデーションでべたつかずなめらかな感触は、本来の肌が輝くような生ツヤ肌仕上げを実現させます。簡単にムラなく伸びるので朝の忙しい時間にもピッタリです。使い方は簡単で、クリームファンデーションをスポンジに適量とり顔の中心部分から外側に向けてゆっくり顔全体に馴染ませていくだけです。コンシーラーは気になる部分になじませてください。気になるお値段は2000円ほど。またサンドベージュ以外にも4色あるので自分の肌に合わせて選べるのが嬉しいところです。おススメの使い方はそのコンパクト性を活かした、どこでもできるファンデーション。さっとすばやく使えるのでちょっとした気になる場合にも素早く対応できます。容量は12.3g、SPF24なので約8時間ほどの紫外線を防ぐ効果があります。まさに外出用のファンデーションです。


4. エテュセオム 薬用アクネ コンシーラー クリーム ライト 10g

エテュセオム 薬用アクネ コンシーラー クリーム ライト 10g
¥1604/個
¥1,604 ケンコーコム
¥1,604 爽快ドラッグ
他1ショップ

女性用化粧品ブランド「エテュセ」はご存知ですか?その「エテュセ」のメンズラインが「エテュセオム」です。エテュセオム薬用アクネコンシーラークリームライト10gは、ニキビを防ぎながら、ニキビ・ニキビあとをムラなくキレイにカバーする、オイルフリーの肌色薬用コンシーラーです。男性のニキビ対策に、ニキビを防いで小鼻の赤み、ニキビあとなど気になるところを自然に隠します。オイルフリー・無香料・ニキビのもとになりにくい成分配合です。肌にうるおいを補給した後、指先にビーズ1つ分くらいを取って軽く叩くように馴染ませ、ティッシュなどで押さえます。余分な皮脂を吸着、肌を清潔に保ってニキビを予防。ベタつかずサラサラした感触が男性に人気です。色は普通の肌用のナチュラル、明るめの肌用のライトから自分の肌色に合ったものが選べます。そして「きちんとカバーしたら、きちんと落とす」ことも大切です。家に帰ったら薬用アクネソープで洗顔することも忘れずに。オイルフリー・無香料・ニキビのもとになりにくい成分配合です。使用方法は、指先に少量をとり、ニキビやニキビあとなど気になる部分に塗布して軽く叩くように馴染ませます。「エテュセオム」は男性向けだけあって、ニキビやオイリー肌向けの商品が多く、肌にお悩みの方にもオススメです。


5. キャンメイク カラーミキシングコンシーラー クリーム SPF50 ライトベージュ 7ml

キャンメイク カラーミキシングコンシーラー クリーム SPF50 ライトベージュ 7ml
¥802/個
53%安
¥802 LOHACO(ロハコ)
¥802 ケンコーコム
他3ショップ

かわいい・リーズナブル・高品質で人気のコスメブランドCANMAKE(キャンメイク)の商品、キャンメイクカラーミキシングコンシーラークリームSPF50ライトベージュ7mlは、プチプラでしっかり隠せるコンシーラーです。一番特徴的なのはやはりリーズナブルさで、お値段はなんと800円ほどになります。カラーミキシングタイプなので自分の肌にあった色を調整できます。チップに好みの色をとり、左側のミックススペースを利用して色味を調整していきます。ライトカラー・ナチュラルカラー・ダークカラーの3色でそれぞれクマや赤み・くすみ、シミ・ニキビ跡に使います。気になる部分に直接塗り指先で軽く叩き込むように馴染ませてください。軽い質感なので厚塗り感のないサラサラ肌を実現します。ヒアルロン酸配合でお肌の保湿もばっちり。大きさもコンパクトにまとめられていて使いやすく、持ち運びにも便利。附属の筆も使い易く、また鏡付きなので場所を選ばず化粧直しをすることが出来ます。ライトベージュなので特に色白の方に人気の商品です。容量は7mでSPFは50、PA++++なので日焼けすると肌が赤くなる人や、紫外線対策をしっかりしたい方などに向いているコンシーラーです。


より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。