ファンデーションおすすめランキングと種類・選び方・使い方

ファンデーション

ファンデーションとは、顔全体に塗るメーク前の下地の事で、肌のシミやくすみなどをこの段階で目立たなくさせるものをいいます。色々なタイプのものがありますが、昔から使われているもので、西洋では演劇などに多用された油性練り白粉であるドーランが、その元祖と言えるもので以外にもこのドーランは、迷彩偽装などで軍隊などでも愛用されているものです。日本でも自衛隊が使用しており、サバイバルゲームなどの愛好者の間でも、このドーランが使われています。日本ではおしろいが古くから使用されており、歌舞伎などの役者の間でその伸びの良さや使いやすさから、鉛白が最近まで使用されており、中毒などでひどい症状に見舞われる事で現在は使われていません。

ファンデーションの種類

ファンデーションの素材には、化粧品に使用されている乳液やクリームと同様に、油性の基剤が含まれているもので、肌の色合いを補整する為の顔料をプラスしたものが一般的で、紫外線を防止するためのUVカット素材を配合したり、肌ケアの為に乾燥を抑えこむ成分が含まれている製品もあります。ファンデーションの種類には、ケーキタイプとパウダータイプ、そしてクリームタイプやリキッドタイプのものがあり、クリーム状のものは、クリームファンデーションと呼ばれ、スポンジを使ったり、指で直接塗ることもありヘラなどを使用して塗るものもあります。

リキッドタイプは、油性成分がサラサラの液状のものが使用されており、リキッドファンデーションタイプを指しています。使用する際には、スポンジや指で直接塗ったりするほかにも、最近ではスプレー式になっており、肌に吹き付けるタイプのものもあります。その特徴としては、顔料の粒子自体が多くの油性成分でサラサラ状態の為に、ケーキタイプと比べてみると非常に伸びが良く、肌色のカバー効果がかなり高いものです。また、耐油や耐水性にも優れている事もあり、厚塗りになりやすく肌のトラブルを起こしやすいので、最近では油分を減らして水性の基剤を多く使用したタイプも売られるようになってきました。

ファンデーションの種類

ケーキタイプは固形のもので、シリコンなどの油性成分または、界面活性剤でコーティング処理して、顔料の粒子の表面を圧縮したもので、基本的にスポンジを使い使用するものです。このケーキタイプには、さらに3つの種類があり、水無しタイプはそのままスポンジに付けて使用するもので、薄く塗る事ができます。また水ありタイプは、水を含ませたスポンジでファンデーションを取ると、乳化されるタイプで、顔に塗った後に水分が蒸発し、残った皮膜で肌をカバーします。リキッドタイプと同じ様な使用感を得られる事で、かなり肌に乗せやすいタイプのファンデーションと言えるでしょう。

この水無しタイプと、水ありタイプの中間に位置するファンデーションが、2WAYタイプと呼ばれるもので、両方の特徴を持つものですので、水を使っても使用できます。粉状のものは、パウダータイプと呼ばれるもので、おしろいのようにブラシやパフで肌に塗って使うタイプのファンデーションです。また、多くのミネラルを配合した、ミネラルファンデーションというものもあり、天然の鉱物のみで作られているのがその特徴で、油分や添加物を含まないというものが多いと言えます。

自分にぴったりなファンデーションの選び方

ファンデーションは、ご自分の肌の状態に合わせて選ぶ事が大切で、年齢に応じて変えていかなければなりません。基本的に10代のお肌は、理想に最も近い肌を保っていますので、ファンデーションを行う必要はほとんど無いと言っても過言ではありません。しかし、その一方で無理なダイエットや偏食によって、食生活が乱れてしまい、お肌のトラブルで悩まされる若者も少なくありません。また、年齢的に脂性の体質の方は、ニキビで悩むという事もあり、ニキビ跡などを隠したい方は、適切な方法で使用して行きましょう。ただし10代の若い方は、ニキビ跡を隠す場合にコンシーラなどを使いながら、フェイスパウダーを利用すると若々しさを失いません。

20代以降では、ご自分の体質をきちんと把握できる年齢とあって、肌の状態でファンデーションを選んで行きましょう。肌は健康のバロメーターですので、日常の生活を正しく行いながら、肌トラブルを防いでいかなくてはなりません。まず、乾燥しやすいお肌の場合には、日常使うタイプにミネラルファンデーションと、フェイスパウダーを使い分けていけば、特に問題はありません。しかしデートなど、メイクをしっかり施したい場合には、リキッドファンデーションやクリームファンデーションを使っていきましょう。

自分にぴったりなファンデーションの選び方

脂性の方は、特にテカリが気になりますので、肌の油を抑えるための秘策が必要となってきます。したがってオイリーなファンデーションは不適切で、基本はパウダーに絞って考えていきましょう。普段精化する酢上で、ナチュラルメイクは欠かせないものですが、日常生活ではパウダーファンデーションをブラシでつける事で、自然なメークが楽しめます。しかし、デートなど異性と会う場合、しっかりとしたメイクを行いたいもの、しかしオイルが多いタイプだとテカリの原因となってきますので、使い方を少し変え、パウダーファンデーションをパフでつけるという方法で、しっかりとしたメークを作り上げる事ができます。

また、中間肌の方の場合は、これら乾燥肌のファンデーションと、脂性の方のファンデーションを、部分的に使い分けるという方法も行えます。脂性の方以外でもテカリはあり、それは顔の部分でTゾーンと呼ばれている部分が、最もテカリが目立つ部分と言えるでしょう。こうした部分のファンデーションには、パウダータイプのものを使い、それ以外の部分にはリキッドタイプを使用するなどの使い分けによって、理想的なメイクを施す事ができるようになって行きます。

使い方の基本をおさえて理想肌に!

ファンデーションを使いこなすうえで、その基本となるものは自分の肌に合った色で、これを自分のフェイスラインを確かめながら選んで行くのが、最も理想に近い方法だと言えます。このフェイスラインと呼ばれるものは、耳の下の部分から首筋にかけてのラインの事で、この位置の肌色が自分に最も適した色合いを選ぶ事ができると言われています。ファンデーションの色は、赤味のかかったピンク色から、黄色のかかった

ベージュの色目が一般的で、大きく分けてみると赤色に近いピンクから、ピンクオークル、オークル、ベージュオークル、ベージュと基本の5色の中から様々な色目のファンデーションが販売されています。

使い方の基本をおさえて理想肌に!

中間色はオークルになりますが、日本人は黄色人種と呼ばれる位に、黄色みがかかった肌色のタイプが多く、オークルからベージュに近い色を選ぶ方が多いと思われます。また東北に多い色白の方は、ピンク系を選ぶ方が多いものですが、時間が経つと化粧が浮き出るような感じになる事も多く、そうした方にはベージュ系がお勧めの色になります。ベージュ系はあまり浮き出る事も無く、かえってすっきりとしたイメージを保つ事ができますので、フェイスを引きしまった感じに引き立たせてくれるのです。

逆に色黒の方にお勧めなのが、ベージュオークル系で、自然なメイクを行う事ができますが、余り濃い色を選んでしまうと、くすんだ感じになりますので、悩んだ場合には少しライトなカラーを選んで行きます。中間色な方はオークル系ですが、時間が経つとくすんだイメージになりますので、化粧直しの場合には少しピンク系のものを使って、仕上げてみるとうまくいく場合もあります。顔に赤みがある方のお勧めは、ベージュ系のファンデーションで、ベージュ系は赤味を目立たなくしてくれるほか、透明感のある肌色に仕上げてくれます。したがって、ピンク系は極力避けるようにしましょう。

ファンデーションの塗り方の基本は、下地にあると言っても過言では無く、時間をかけてスキンケアを行う事が、ファンデーションを上手く使いこなす基本と言えます。最低の基本は化粧水と乳液ですが、それぞれを時間をかけて行う事が大切で、一度の付けてしまうと、化粧崩れの原因となってしまうほか、最悪化粧が浮いてしまうという原因にもなりかねません。朝の出がけ前には、慌てる事も多いものですが、つけ過ぎてしまった場合にも慌てずにティッシュを使いながらスキンケアを行なっていきます。

ファンデーションおすすめランキング

1. スタインズ ピンクプライマー 10g

スタインズ ピンクプライマー 10g
183円お得
¥18000/100g
¥1,800 Amazon(アマゾン)
¥2,994 爽快ドラッグ

どんなにスキンケアをしたり、サプリを飲んでお手入れしても、シワや毛穴のないお肌になることはかなり難しいと思います。でも、お肌のコンプレックスをケアしながら目立たなくしてくれるアイテムで、かんたんに陶器のようなお肌に大変身できちゃうんです。スタインズピンクプライマーは、プロも愛用の化粧下地。さっと塗るだけで、毛穴やシミ、ほうれい線までしっかりカバー。ひと塗りで肌がパッと明るくなり、毛穴も小じわも目立たなくなります。気になるお肌の凸凹やくすみを飛ばして女優肌を作ってくれるうえに、根本までケアしてくれる魔法のような瞬間凸凹肌補正下地です。使い方はとっても簡単。洗顔後、メイク前に使用します。顔全体でも、気になる部分にだけの使用でもどちらでもOKです。使用量は1回でパール1粒分ほどの量を使います。そのあとファンデーションを乗せるときには、こすらずに優しく置くようにして塗りましょう。こするとカバーした部分がはがれてしまい、効果が薄れます。「スタインズピンクプライマー」は本当に口コミ評価が高く、満足している方が大半のようです。少し内容量が少なかったり、お値段が高かったりはありますが、この効果を考えれば納得です。


2. プリオール 美つや BBパウダリー ’'4901872024926 リフィル SPF22 オークル1 10g

プリオール 美つや BBパウダリー ’'4901872024926 リフィル SPF22 オークル1 10g
293円お得
¥29160/100g
¥2,916 ヨドバシカメラ
¥3,208 LOHACO(ロハコ)
他4ショップ

資生堂から出ているプリオールの美つやBBパウダリーは、肌になめらかなツヤを与え、ハイライト効果で、小じわ・シミ・くすみといった、年齢サインをカバーします。この一本で美容成分配合・化粧下地・カラーコントロール・ファンデーション・UVカット効果といった、5つの機能がひとつになったパウダリータイプ。ふわっと肌に塗るだけで、美しい仕上がりが長時間持続します。オールシーズン使えて、水なしで使用できます。また両面使えて、それぞれ使用感の違うソフト起毛スポンジ付きです。くすみかけの肌にしっとりとなじみ、つやもあり、ツルツル、明るい感じの肌にリセットしてくれます。保湿感も化粧ノリも良く、薄付きですが、化粧下地も特に必要なく使えるのが手軽でいいです。明るく仕上がり、時間がたってもクスミが少ないです。配合されているミネラルパウダーが、肌につやを出しハイライト効果でトラブルを見えにくくします。滑らかでスルスルした印象の肌に仕上がるので、ハリ感がなくなった大人の肌に特に嬉しい効果です。使用感は、パウダリーなのに粉っぽくありません。ほどよい補正力で、肌を明るくなめらかに見せてくれますので、普段使いにちょうどいいファンデーションです。


3. 24hコスメ プレミアム スティックカバーファンデーション SPF50 ライトナチュラルピンク 13g

24hコスメ プレミアム スティックカバーファンデーション SPF50 ライトナチュラルピンク 13g
¥5560/個
¥5,560 ケンコーコム
¥5,560 爽快ドラッグ
他1ショップ

24hコスメのプレミアム スティックカバーファンデーションは、通常の24hコスメに配合されている天然ミネラルとスキンケア成分に加えてさらに、天然のエイジングケア成分を配合した、年齢肌対策が追加されたベースメイクのための化粧品です。年齢肌で特に悩みになりやすい乾燥に注目し、高い保湿力を持つ成分を配合しています。エイジングケアのためにプラスされた保湿成分は、保湿とお肌のハリツヤに良いアルガンオイル、潤いや保湿に良いツバキオイル、保湿効果の高いアボガドの3種類です。さらに年齢の高い肌に充分な潤いを与えるためにクマザサ葉、ヨモギ葉、ビワ葉、ドクダミという4種類の植物エキスが配合されています。

また、このファンデーションはスティック形態なので扱いやすく、さっと手軽にシミやニキビ痕、クマなどをカバーすることができます。しっかりとしたカバー力を持ちながら落とす時のクレンジングが不要で、普通の洗顔石鹸で良いというのも便利なポイントです。

LNP01ことライトナチュラルピンクは特にくすみが気になる方にお勧めの色合いです。ピンク系の色合いのため、顔色を良く見せることができ、華やかな印象に仕上げることができます。


4. オンリーミネラル アクアリフト ダイアモンドBBクリーム ’'4540790254024 SPF25 ライトベージュ 30g

対象ショップで取扱いなし

ミネラルファンデーションをご存じですか?今ではブームが少し落ち着きましたが、やはり種類も豊富で、ナチュラル派の方には今も絶大な人気があります。100%天然ミネラル成分にこだわり、「つけたまま寝られるほど肌への負担が軽い」とリピーター続出の人気ブランド「オンリーミネラル」。その中でも、オンリーミネラルアクアリフトダイアモンドBBクリームは、つけ心地は軽いのにカバー力もある人気のミネラルBBクリームです。ダイヤモンドパウダーが透明感のある明るい肌を演出し、追加配合されたスイスアップルエキスなどのエイジングケア成分とミネラルが輝くような美しい艶肌に仕上げます。95%が美容液成分でできていて、化粧下地、ファンデーション、美容液、クリーム、日焼け止めの1本5役の多機能クリームです。色味はやや赤みのあるベージュで、SPF25/PA++。肌のことを考えた7つのフリー成分で、敏感肌の方にもオススメです。また、クレンジング不要で石鹸でメイクオフできるのも特徴です。使い方は、お肌を整えたあと、適量(パール1粒位)を手に取り、少量ずつ軽く叩くようになじませ、顔全体にのばします。これ1本で時短ナチュラルメイクに、またミネラルファンデーションの下地としても最適です。


5. マキアージュ ライティング ホワイトパウダリー UV リフィル SPF25 ベージュオークル10 10g

マキアージュ ライティング ホワイトパウダリー UV リフィル SPF25 ベージュオークル10 10g
¥2718/個
¥2,718 ヨドバシカメラ
¥2,994 ケンコーコム
他3ショップ

「資生堂マキアージュ」は一瞬にしてまわりを魅了する、ほのかに艶っぽい美しさを実現するメーキャップブランド。「女っぽく品よく色っぽく。カワイイだけじゃない、上質なオトナの魅力で周囲をとりこにする、そんなムードをまとう『レディ』な美しさへ」がコンセプトです。マキアージュライティングホワイトパウダリーUVは、肌の奥に多量の光を送り込んで広げ、外に引き出す光パウダーを純白エッセンス配合成分でコートしています。肌につけた瞬間に毛穴もくすみも隠し、明るく透明感のある純白肌に仕立てるパウダリーファンデーションで、時間がたっても皮脂テカリしにくく、濁りのないつけたての明るさが続きます。肌あれを防いでキメなめらかに整えるスキンケアパウダーも配合で、水あり・水なし両用タイプです。使い方は、化粧水や乳液、化粧下地で肌を整えた後に使います。スポンジに適量をとり、顔の中心から外側に向かってのばします。スポンジに残ったファンデーションで額や目のまわり、鼻、口のまわりを仕上げます。水あり使用の場合は、水を含ませ、スポンジを固めにしぼってから使います。使用量が少ないと、十分な紫外線防御効果が得られません。紫外線防御効果のあるマキアージュホワイトリペアエッセンスベースUVなどの化粧下地との併用がオススメです。


より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。