シェーディングおすすめランキングと選び方・入れ方の順番

シェーディング

シェーディングとは、メイクを行う上で、濃淡や陰影を作り、顔を立体的に見せる方法ですハイライトと役割が似ているともいえます。

しかし、ハイライトは明るい色を使うということもあり、どちらかといえば、光を強調しているメイク方法です。一方シェーディングは、暗い色を利用して、影を作り出すことにより、明るい部分を目立たせる効果があります

ハイライトだけでは、なかなか表現しづらいメリハリあるメイクも、このシェーディングの技術を使うことによって、さらなる立体感を作り出すことができます。メイク上手と呼ばれる方はこうした技術を駆使している方が多いです。ハイライトとは入れる箇所が全く違うので、しっかりとこの技術をマスターしておきたいものです。

シェーディングの効果

シェーディングによって作り出されるメイクは、陰影によって顔全体に立体感が生まれます。基本的には顔のサイドや、フェイスラインに入れます。自然なシェーディングを入れることによって、顔にメリハリができます。

シェーディングは、小顔を強調されたい方にとっては、バツグンの効果を示してくれるでしょう。実際に、輪郭にシェーディングをプラスすると、キュッと引き締まった仕上がりに見せてくれます。骨格に立体感も出てくるので、より美しさが強調されるようになります。

ハイライトは光を演出する存在として使われていますが、シェーディングは影を演出する存在として対比されています。この2つをうまく利用することで、より効果が強調されていくでしょう。

また、自身の肌の色よりも、暗めの色を使用するとさらに陰影が生まれます。しかし、あまり黒すぎる色はかえって不自然になってしまうので、ファンデーションなどとのバランスに注意しましょう。

シェーディングの効果

自然な彫りを強調させるために、シェーディングの基本はつけていることを気づかれないように、自然にほどこすのがポイントとなります

シェーディングをすることで、明るい部分を際立たせることもできます。シェーディングをつけていない骨格の部分を強調させ、さらに顔全体の立体感を生み出すことができます。

また、顔の輪郭で気になる部分が目立ちにくくなります。丸顔、えらが張っている、ベース顔、卵型、面長、下膨れなど、顔の形で悩んでいるという方はたくさんいるでしょう。顔のタイプによって違ったシェーディングのつけ方があります。うまく工夫すれば、コンプレックスに感じている部分も隠すことができます。

シェーディングそのものの色を見ると、濃すぎると感じる場合もあるかもしれません。実際に使用するときは、少しずつ使いながら肌になじませるため、シェーディングした部分が濃すぎて目立ってしまうということはありません

それでも気になる場合は、はじめのうちは少量だけつけてみるのも良いでしょう。薄くつけただけでも色のメリハリがうまれるため、自然で立体的な顔立ちになることができます。骨格や贅肉を減らすことなく、シェーディング一つで顔の印象を変えることができるでしょう。

シェーディングコスメの種類とは?

シェーディングは、パウダータイプ、クリームタイプ、リキッドタイプ、スティックタイプの4種類があります。人によって向き不向きのタイプがあるので、それぞれの特徴を紹介していきます。

まずは、パウダータイプ。粉状のシェーディングを、ブラシを使いながらのせていきます。ブラシを使うので、短時間で顔全体にシェーディングをのせていくことができます。粉なので、薄付きになります。ナチュラルメイクが好きな人や、職場や学校に行く時のメイクにぴったりのタイプです。

薄づきのため、失敗しにくい点も安心です。少しずつ顔にのせていくことで、ムラやパウダーをのせすぎた部分がないか、こまめに全体の完成具合を確認することもできます。仕上がりも自然なので、メイクが苦手な方でも挑戦しやすいでしょう。

続いてクリームタイプ。こちらは少し上級者向け。パフや指でクリームを塗っていきます。肌に密着しやすいため、発色はとてもいいです。はっきりした陰影のある仕上がりを目指している方におすすめ。少しの量でしっかり色がつきます。発色がいいので、自分で塗る用をコントロールしないと、塗りすぎになってしまうので気をつけましょう。初めて使うときは、腕や手の甲に塗って、どのくらいの色がつくのか確認してみるといいでしょう。

シェーディングコスメの種類とは?

パウダータイプに比べると、全体への広がりがあまり良くありません。顔全体に使うときは、塗り残しがないように鏡で確認していきましょう。目元や小鼻の脇などの塗りづらい部分におすすめです。

リキッドタイプはクリープタイプより、のびがよくなっている商品が多いです。肌馴染みもよいです。ただ、塗りすぎるとクリームタイプと同じようにムラができてしまうので、気をつけましょう。携帯サイズの商品が多いので、お出かけ先での化粧直し用としたり、部分メイク用として使ってみるのも良いでしょう。

最近人気なのが、スティックタイプです。本体を回してスティックを繰り出して顔に塗っていきます。のびや発色もよく、パウダータイプとクリームタイプの中間くらいの仕上がりになります。上級者の方にも、初心者の方にもおすすめのタイプです。

これらのタイプに加えて、パールが入っているタイプと入っていないタイプに分けることができます。パールが入っているシェーディングは、塗ったときの肌ツヤが増し、上品な仕上がりになります。パールの入っていないシェーディングを使うと、マットで自然な仕上がりになります。

自分に合ったシェーディングの選び方

初めてシェーディングを買うという方は、基本のタイプであるパウダータイプと、クリームタイプの2種類から選んでみましょう。パウダータイプは広い部分に使用し、クリームタイプはより細かな部分に使用することで、簡単にシェーディングをほどこしていくことができます。それぞれのタイプの特徴を紹介します。

パウダータイプの主な特徴としては、全体のバランスを見ながら仕上げることが可能な点と、自然に仕上がるので大きな失敗がないという点でしょう。パウダータイプは広い範囲での使用に向いています。ブラシをうまく使うことによって、全体をうまくなじませることができます。

クリームタイプの特徴としては、油脂成分が多いので肌にとても密着しやすいです。しきりにメイク直しをする必要はありません。指を使ってつけられるのd、顔の細かい部分を補正するのにおすすめです。

一方で、クリームタイプには使いづらい点もあります。まずはあまり広い範囲への使用には向いていないという点。パウダータイプに比べると、のびが悪いためです。しっかりなじませないとムラになりやすいので、少しコツが必要です。塗りすぎず、あくまで自然に見えるように、全体のバランスにも注意します。

自分に合ったシェーディングの選び方

また、シェーディングを選ぶ上で大きなポイントとなるのがツヤと色です。パールが入ってるタイプは、光を反射し目立たせる特徴があります。アイシャドウなどではアクセントとなっていいですが、シェーディーングでは、つけた部分が目立ちすぎてしまう場合があります。

そのため、パールが入っているものは、初心者にとっては使用が難しいという面があります。初心者の方は、パールのはいっていないシェーディングを選びましょう。

色については、自分の肌よりも2トーンほど暗めの色を選ぶとよいでしょう。理由としましては、あまり自分の肌色に近づき過ぎると、シェーディングをつけた意味が無くなってしまうからです。

シェーディングを購入するときは、自分の肌の色としっかり比べておくことと、艶無しのマットタイプを選んでおくと、初心者の方でもうまくメイクしやすいです。一度テスターを使って自分の肌にあっているかどうか確認してみましょう。

それでも心配だという方は、百貨店などに行けば、各ブランドの店員さんが自分に合った色のシェーディングを選んでくれるので、お願いしてみてもいいでしょう。

小顔を叶える!シェーディングの入れ方と順番

シェーディングは、主に最終的なメークバランスを計るものであり、メイク仕上げに行うのが一般的です。順番としては、スキンケアから日焼け止めを行い、ベースメイクで下地を作り、ファンデーションを塗り終えて、ポイントメイクを行ったあとでこのシェーディングを行います。

ポイントメイクとシェーディングの順番は入れ替わっても影響が出にくいたため、どちらから先に行っても問題ありません

シェーディングを入れる箇所は、なりたい顔の形によっても変わってきますが、理想的な形である卵型を目指す場合、上から、髪の毛の生え際、鼻筋の脇、フェイスライン、あごの部分にのせていきます

つけ方としては、まずパウダーをブラシに取り、手の甲で量を調整します。その後、顔の部分に少しずつのせましょう。塗りにくい鼻や顎の部分などには、細いブラシに変えるとうまくシェーディングを乗せていくことができます。最終的に整えるときは、指で伸ばしながら調整してもOKです。

シェーディングをつけづらい部分には、クリームタイプを利用するというのもいい方法です。より正確にシェーディングを入れていくことができるでしょう。

小顔を叶える!シェーディングの入れ方と順番

顔の形によって、シェーディングの入れ方に違いがあります。丸顔やえらが張っている場合には、顔のサイドに入れていくことを意識します。目立たせたくない輪郭や、えらの部分にのせましょう。

面長やあごがしゃくれ気味の方の場合は、髪の毛の生え際とあごにのせていきますが、縦のラインを強調しないために、顔の両サイドのシェーディングは行いません。また、逆三角形型は、丸みを強調させたいので、髪の毛の両横の角部分とあご先に、シェーディングを使いましょう。

顔の骨格がくぼんでいるように見せたい部分に、シェーディングをつけることが大切です。自分の顔がどのような形であるかを知っておくと、シェーディングをつける位置も分かりやすくなります。

シェーディングを自然に入れるためには、ムラができてしまわないようにきちんと伸ばして馴染ませるようにしましょう

パウダータイプのシェーディングを馴染ませるなら、ブラシが最適です。クリームタイプやスティックタイプのシェーディングなら、スポンジを使います。

クリームタイプやスティックタイプを利用する際の注意点としては、シェーディングを入れ始めた部分が一番濃くなりやすくなるため、外側から内側に向かって入れるようにしましょう。ぼかすためのスポンジは、ファンデーションとシェーディング専用のものに分けましょう。厚みのあるスポンジを使うと馴染ませやすいです。

シェーディングコスメの安いブランドは?

シェーディングは顔全体に使うこともあって、アイシャドウや口紅などに比べると消費量が多いでしょう。特に女性は毎日メイクをする方も多いです。なるべく経済的でお得な商品を買いたいですよね。そこで、どのコスメブランドが安いシェーディングを販売しているのか、調べてみました。

  • セザンヌ

セザンヌは日本のブランドです。高品質・低価格を目指した商品を開発し販売しています。

セザンヌから発売されているシェーディングスティック マットブラウンは、シェーディングの中でも、特に安くて人気のある商品です。

スティックタイプなので、手軽に使うことができます。色は程よい暗さで日本人の肌に合っています。安いのに量もあり、発色もちょうど良いので、女性からの評価も高く、リピーターの多い商品です。

  • キャンメイク

キャンメイクも日本のブランドです。学生御用達のプチプラブランドとして有名ですね。かわいさとトレンドを、気軽に取り入れられるような商品づくりをモットーとしています。

シェーディングコスメの安いブランドは?

キャンメイクが発売しているシェーディングパウダー 03は、ブラシの横幅が広いのが特徴で、さっと顔全体に塗ることができます。セザンヌと同様、日本人の肌になじみやすい暗さの色で、自然な仕上がりになります。パウダータイプなので、メイク初心者の方でも気軽に挑戦できます

ノーズシャドウパウダー ナチュラルは、ノーズシャドウ用ではありますが、太めのブラシがついてるので顔全体のシェーディング用としても使えます。ハイライトも一緒なので、この商品が一つあれば仕上げのメイクもかんたんに手早くできてしまいます

  • ドド

ドドは、韓国発のコスメブランド。毎日違った自分に変身できるコスメを作ることをモットーとしています。多彩なカラーバリエーションと、豊富なアイテムが販売されているのが特徴です。

シェーディングは、シェーディングスクエア SQ10と、シェーディングスクエア SQ20の2色が販売されています。

どちらもビビットで濃い色なので、派手なメイクに仕上げたいときにオススメです。SQ20のほうが、より明るく、日本人の肌にあった色合いを出すことができます。

シェーディングを安く買うなら、セザンヌやキャンメイク、韓国コスメなどのプチプラコスメブランドの商品がオススメです。

シェーディングおすすめランキング

5位: キャンメイク シェーディングパウダー デニッシュブラウン 5g

キャンメイク シェーディングパウダー デニッシュブラウン 5g
¥727/個
¥727 LOHACO(ロハコ)
¥727 ケンコーコム
他4ショップ

商品説明

キャンメイクは、可愛さと流行を気軽に取り入れられるコスメブランドとして長い間愛されてきました。種類が豊富で様々なメイクアップアイテムを展開しています。キャンメイクシェーディングパウダーデニッシュブラウン5gは、サッとひと塗りで憧れの立体的な小顔になれるシューティングパウダーです。フェイスラインに綺麗な立体感を演出します。付けるだけで顔を引き締めシャープな小顔に見せる事が出来ます。自然な陰影が出せる平ブラシが付いてます。コンパクトなので持ち運びにも便利で外出先でも簡単にお化粧直しが出来ます。使い方は簡単です。陰影を作りたい所にサッとひと塗り、ブラシを寝かせるとやりやすいです。鼻筋に使うときはブラシを立たせて持ってひと塗りすれば、ノーズシャドウとしても使用できます。カラーはデニッシュブラウンでほんわりと色づくライトブラウンです。マットな質感で朝つけても一日中キープ出来るので使い勝手が良いです。お肌に良く馴染み自然に小顔に見せてくれます。色づきも良いので、いつものメイクに加えるだけで、ワンランク上の仕上がりになる事、間違いなしです。量も多くコストパフォーマンスもとてもいいです。原産国は日本なので安心して使えますので、良質なものを手に入れて輝き続けたいあなたにオススメです。

4位: ドド シェーディングスクエア SQ10

ドド シェーディングスクエア SQ10
¥685/個
¥685 ケンコーコム
¥685 爽快ドラッグ
他1ショップ

商品説明

シューティングは、ほりが深くない日本人にとって立体感のある顔立ちに見せてくれる有効なメイク方法です。外国人のようなメリハリのある顔立ちに仕上げることができます。いつものメイクに加えるだけで印象もがらりと変わります。ハイライトと共に使うとさらに立体的に見せることが出来ます。ドドシェーディングスクエアSQ10は、韓国生まれのメーカー、ドドが販売しているシューティングパウダーです。付けるだけで簡単にフェイスラインを引き締め、立体感を演出し顔をシャープに見せることが出来ます。SQ10はSQ20より赤みが強く色白の方よりも、普通の肌の方に向いてます。パウダータイプなので、柔らかいブラシに取ってふわっと入れるだけで、小顔効果バツグン!です。パウダータイプなので広い面積を塗るには適していませんが、影を入れたいところにブラシを滑らせるだけです。頬の下や鼻筋に付けるのがオススメです。発色が良く薄付きで、ぼかしやすく初めての方でも自然に仕上げる事が出来ます。マットな質感で使用感はとてもいいです。持ちもよくコストパフォーマンスも、とても優れています。ブラシや鏡は付いていませんが、コンパクトな設計でかさばらないので、持ち運びも邪魔になりません。外出先でもメイク直しできます。

3位: キャンメイク シェーディングパウダー 03

キャンメイク シェーディングパウダー 03
¥727/個
¥727 LOHACO(ロハコ)
¥727 ケンコーコム
他3ショップ

商品説明

キャンメイクシェーディングパウダー03は、キャンメイクの商品です。キャンメイクは、2015年にブランド設立30周年を迎えたプチプラコスメブランドです。シェーディングは、メイクでフェイスラインの影を作り出す方法です。パウダータイプのシェーディングは、初めての方におすすめで、どの部分にも使用でき、使い勝手が良いものです。キャンメイクシェーディングパウダー03は、ハニーラスクブラウンの色です。このシェーディングパウダーは、きれいな立体感を出して、小顔に仕上げることができます。自然な陰影を演出できる平ブラシ付きで、持ち運びに便利です。使用方法は、ブラシを寝かせて、陰影を作り出したい所にさっと塗ります。ブラシを立てることによって、ノーズシャドウとして鼻筋に使用することもできます。愛用者はやはり顔まわりと鼻を演出する際に使用しています。ハニーラスクブラウンは黄身系のシェーディングマットな質感で使いやすいとの評判もあります。シェーディングをしたことがない、初めて使用する人からも評価が高いです。お値段も手頃な価格で約700円程度なので手が出しやすいですね。シェーディングをするにはぜひこの商品をいかがでしょうか。

2位: ドド シェーディング スクエア SQ20

ドド シェーディング スクエア SQ20
¥685/個
¥685 ケンコーコム
¥685 爽快ドラッグ
他1ショップ

商品説明

ドドシェーディングスクエアSQ20は、シェーディングパウダーです。ドドとは韓国のプチプラコスメブランドです。高校生、20代前半を中心に人気のコスメブランドで、ほとんどのものが400から1000円以下で買える特徴を持っています。シェーディングはメイクでフェイスラインの影を作り出す方法です。パウダータイプは初めて使用する方におすすめで、どの部分にも使用できる使い勝手が良いです。パウダータイプの特徴は、広い範囲で使用する場合、ふんわりと自然に仕上げたい時、全体のバランスを見ながら仕上げることが出来る等があげられます。ドドシェーディングスクエアSQ20は、ドドシェーディングスクエアSQ10よりも赤みが少なく、薄く使用するといいです。ノーズシャドウにも、小顔効果にも使用できます。コンパクトで、安くて優秀との評判もあります。ブラシは付属していなく、使用する際はブラシが必要となります。柔らかめのブラシを使用するとナチュラルに仕上がり、硬めのブラシを使用すると濃くつきすぎてしまう可能性があります。また、大きめのブラシのほうが使用しやすいとの評判もあります。さらっと付けるぐらいでちょうどよく、そのため持ちもいいです。変なラメが入っていなく、発色がとてもいい商品です。

1位: セザンヌ シェーディングスティック マットブラウン 5g

セザンヌ シェーディングスティック マットブラウン 5g
¥642/個
31%安
¥642 LOHACO(ロハコ)
¥642 爽快ドラッグ
他2ショップ

商品説明

セザンヌシェーディングスティックマットブラウン(5g)は、セザンヌ化粧品が取り扱っている商品です。セザンヌ化粧品は低価格・高品質の商品を日本の女性に提供したいという気持ちで生まれました。セザンヌシェーディングスティックマットブラウン(5g)は愛用者からは使いやすい、鉄板商品などと評判の高い商品です。「なめらかな塗り心地」、「ロングキープ処方」、「お肌の欠点を目立たせない」という3つの特徴があります。コラーゲン、美容保湿オイル、ヒアルロン酸を配合しているため「なめらかな心地」でスムーズに塗れます。クリームタイプで、お肌の上でさらさらになるため、ファンデーション前に仕込むことによって小顔をキープします(「ロングキープ処方」)。シェーディングは引き締めカラーで小顔効果をもたらします(「お肌の欠点を目立たせない」)。無香料で、紫外線吸収剤不使用、アルコールフリー、タール系色素不使用といった特徴もあります。使用方法は2ミリ程度出しシェーディングしたい部分に直接塗ります。ファンデーションの前後どちらでもお使いでき、塗布後、指やハブでなじませるとより自然な仕上がりになります。鼻筋になじませてホリ深にすると行った使用方法もあります。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。