CCクリームおすすめランキングと特徴・上手な使い方

CCクリーム

CCクリームの特徴と言えば、肌全体のバランスの良い綺麗さを重視したもので、メイクの仕上がりを強調しているのがその特色と言えます。元々美容目的で作られているものですので、美しく見せる為に作られたわけです。

CCとはcolor contolの略語です。肌の色を補正しながらも綺麗なメイクを行うという目的で作れており、より美しさを追求される方にとっても、利用価値が十分あるアイテムのひとつとなっています。ただし用法や使い方を誤ってしまうと、せっかく丁寧に施したメイクも台無しにしてしまいかねません。CCクリームを効率的尚且つ、印象的に使いこなせるように、その利点を上手に学んでいくことこそがメイク上手になる近道です。

BBクリームとの違い

よく比較対照されるBBクリームとCCクリームですが、BBはBlemish Balm、CCはcolor contolという言葉の略語で、BBクリームは傷を修復する軟膏の意味、そしてCCクリームは色管理や色彩調整という意味を持っているものなのです。この意味だけでもその違いがおわかりだとは思いますが、BBクリームは肌を保護する為に医療目的で作られたものに対して、CCクリームは美容目的だけに特化して作られています。また、肌に与える作用や効果も異なるものですので、その違いをしっかり把握することで、その使い方がより一層理解できるものとなるでしょう。

どちらも似た特徴を持っており、紫外線を防いだり、肌を保湿してくれたりと肌に優しい化粧品であることを考えても、双方同じ方向性の商品と言えますが、扱い方は異なります。それぞれの特性をしっかり把握していくことで、上手に使い分けましょう。

BBクリームとの違い

BBクリームは、医療目的で開発されたという経緯があることから、肌に対してのカバー力があります。皮膚への負担が少なく、ファンデーションの代わりに使えますが、ファンデーションよりも薄めのノリなので、多く付けすぎることで厚塗りになってしまうというデメリットもあります。 BBクリームは、ファンデーションに美容成分が入っているのも特徴の一つです。BBクリームが作られる以前は、普通のファンデーションが一般的でしたので、乾燥にも非常に弱く、肌にとても負担がかかっていました。BBクリームは医療の現場で使用され、その効果は肌の再生を助け、さらに美容作用によって保湿がされるので、長時間付けていても肌に負担がかかりにくいものでした。

その後、美容目的だけに開発されたCCクリームの場合は、肌全体に対して作用するもので、肌にベールをかけるようなイメージで補正していくという目的で作られました。 BBクリーム同様、CCクリームにも美容成分が配合されているため、下地とコントロールカラーの役割だけでなく美肌を保つ効果も期待できます。

CCクリームはポイントごとに使うというよりもベースに用いるのが効果的で、その仕上がりはより素肌に近い雰囲気になります。また自然に見えるくらいの肌艶感も出ますので、肌全体が健康的かつ綺麗に見える作用もあります。使用感があまりありませんので、特にナチュラルメイクにこだわっている人などには、このCCクリームが最適な商品となるでしょう。

CCクリームの特徴

CCクリームの特徴は下地と肌色の補正を行うものとして考えられていますので、ファンデーションの代わりにもなり得るBBクリームとは異なり、単体で用いるのではなく、さらにファンデーション塗る必要があります。つまり、よりナチュラルに肌色を整えつつ、顔全体の透明感を演出する為の、自然なベースメイクとしてお使いいただけるわけです。CCクリームは、BBクリームのように医療目的で作られたものではありませんので、皮膚に対してのカバー力はさほどありません。しかし、代わりに、化粧下地が持つ特性である肌に入ってくる光をコントロールする事によって、顔全体を美しくに見せるという特徴を持っているものです。

美容成分が含まれていますので、美肌効果がより一層期待できるものであり、肌を保湿しながらも化粧下地として使う事のできるクリームとして、理解しておくと使い分けも行いやすいと思われます。従ってこのCCクリームと、BBクリームの使い分けを考えてみる場合、最終的にどのような仕上がりの肌になりたいかを考えて、使い分けていくとうまく調整して行く事ができるでしょう。ccクリームにはプッシュ型と、チューブ型がありますが、プッシュタイプはそれなりの量が出てきますので、パフを上手く使いながら、素早く伸ばしていく必要があるようです。

CCクリームの特徴

BBクリームが、医療の現場で生まれ、肌を紫外線から守り、肌の傷跡をカバーする役割は、いわばこんしーらにちかいやくめをもっているものです。しかし、ccクリームは、肌の欠点をカモフラージュする為に使われるもので、本来持っている地肌の美しさを活かす事ができるクリームともいえます。しかし、ccクリームの本来の目的は、下地と肌色の補正という点につきますので、カバー力を期待するのであれば、BBクリームの方が最適と言えます。

特にご自分の肌で、濃いシミやニキビ跡、肌荒れなどからくる色ムラを消したい場合には、コンシーラなどを併用しながら上手くリカバリーしていく事をお薦めします。CCクリームを使う順番としては、洗顔後スキンケアなどを施した後で、CCクリームを直接塗ります。そして、リキッドやクリームタイプのファンデーションを使用した後で、メイクを行い、仕上げにファイスパウダーを使用して行きますが、脂性の方であれば、ccクリームを使用した後で、パウダーファンデーションを使い、メイクを行う事によって、より自然なナチュラルメイクを行う事ができます。

よりナチュラルな肌に!CCクリームの使い方

ナチュラルな美しい肌の演出とお化粧崩れを考えた場合、CCクリームを使う上で一番注意しなければならないのが、適量とその塗り方になります。適量は基本的に真珠大ほどの量となりますが、少なすぎてしまった場合は、全体をカバーしきれずにムラになり、逆に多すぎてしまってもムラになってしまうことがあるので自分の適量を把握しておかなければなりません。塗る前の下準備としては、しっかりとスキンケアが行われているかが大事です。時間をかけて化粧水などで保湿対策をすることは、メイクの基本として大切な準備となります。

また、皮膚に油分が残っていたりする場合にも、肌になじみにくくなってしまいますので注意が必要です。スキンケアを行った後は、手のひらで顔全体を確認してみる事も大切です。理想はしっとりしたモチモチ肌が良いでしょう。塗り方の基本は、手の甲に真珠大ほどのCCクリームを絞り出し、おでこと両ほほ、そして鼻とあごの5点に乗せていきます。鼻筋とあご先は少量で構いません。ここからクリームを全体に伸ばしていきます。顔の中心部から外側に向かって、中指と薬指に2本を使いながら手早く伸ばしていきましょう。

よりナチュラルな肌に!CCクリームの使い方

伸ばしていく順番の箇所はお好みで構いませんが、CCクリームは意外に乾きが早いということもあり、手早さが大切です。指に残ったCCクリームはまぶたと目の際に塗っておくと良いでしょう。次に清潔なスポンジで全体をなじませていきます。コツとしてはスポンジで押さえることにより、いっそう肌に密着しやすくなり、メイク崩れしにくくなります。また細かな箇所は、スポンジの角を上手く使いながら抑えていきましょう。特に脂の浮きやすい小鼻周りは、丹念に抑えておくと良いでしょう。

最後にファンデーションを重ねていきます。よりナチュラル感を出したい場合には、ここでファンデーションを使わずに、フェイスパウダーを使うと良いでしょう。隠したい場所がある場合には、コンシーラーで上手く補整しておきましょう。ポイントとして、CCクリームを綺麗に仕上げるコツは、余分な油分をスポンジによって押さえてあげることです。力を入れずに優しい力で加減しながら、撫でるようにして塗るのが大切です。特に目の周りや鼻筋と口の周辺は、薄めに伸ばすとよりナチュラルな透明感を引き出すことができます。

CCクリームおすすめランキング

10位: ビトリート CCクリーム SPF30 30g

ビトリート CCクリーム SPF30 30g
¥5160/100g
¥1,548 Amazon(アマゾン)
¥1,925 ケンコーコム

商品説明

ビトリートCCクリームSPF3030gは、ビトリートが販売するクリームタイプのファンデーションです。ひと塗りで、自分に最適な肌色と質感を実現する新発想のマイクロホワイトカプセルを配合しています。ファンデーション成分を下地成分で包み込んだカプセルを配合し、肌に付けるとカプセルがはじけ素肌色に変化します。下地成分が毛穴やシミをカバーし肌を整えることで、ファンデーションがみずみずしく発色します。ソフトフォーカスパウダーが、光を乱反射させ光り輝く素肌に仕上げます。これ一本で美容液・保湿クリーム・化粧下地・UVカット・コントロールカラー・コンシーラー・ファンデーションの六役をこなしてくれますので、経済的です。汗でも崩れにくいです。もちろんSPF30・PA++で紫外線もカット。ヒアルロン酸やセラミド配合でお肌の保湿もばっちりです。イキイキ、プルプルお肌には不可欠なコエンザイムQ10、コラーゲンなどのエイジング成分も配合しています。使い方も簡単で、化粧水などでお肌を整えたあと、適量を手にとって白色が肌色になり、ご自身の肌になじむまで良く伸ばすだけ。忙しい朝でも手間も時間も掛からず、艶感のあるベストなお肌に大変身!プロ並みの仕上がりに大満足です。是非一度お試しください。

9位: SUGAO AirFit CCクリーム SPF23 ピュアナチュラル 25g

SUGAO AirFit CCクリーム SPF23 ピュアナチュラル 25g
145円お得
¥4428/100g
¥1,107 ヨドバシカメラ
¥1,207 ケンコーコム
他5ショップ

8位: SUGAO AirFit CCクリーム SPF23 ピュアオークル 25g

SUGAO AirFit CCクリーム SPF23 ピュアオークル 25g
98円お得
¥5040/100g
¥1,260 ケンコーコム
¥1,260 ヨドバシカメラ
他6ショップ

7位: リンメル CCクリーム エアリーフィニッシュ SPF50 明るい肌色 30g

リンメル CCクリーム エアリーフィニッシュ SPF50 明るい肌色 30g
¥4210/100g
¥1,263 ヨドバシカメラ
¥1,390 ケンコーコム
他3ショップ

商品説明

リンメルCCクリームエアリーフィニッシュSPF50明るい肌色30gは、180年の歴史があるリンメルというブランドが提供する商品です。とても有名なのですが、世界で最も古い化粧品ブランドとして世界中から支持を受けているブランドです。世界75カ国で展開していることが、その知名度と人気を証明しています。リンメルCCクリームエアリーフィニッシュSPF50明るい肌色30gは、10種類の植物エキスが配合されており、高い保湿で潤いたっぷりに仕上がるCCクリームとして、多くの女性ファンが愛用しています。特徴ですが、化粧水の後にこれ1本で10個の機能を発揮してくます。(乳液、美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、高保湿、肌色補正、毛穴・くすみカバー、ハリ感)。また、嬉しい美容液成分も配合されています(コラーゲン、マリーゴールドエキス、ヒアルロン酸、グリセリン、カミツレ花エキス、スクワラン、ビタミンE)。さらに、さらさら成分で有名な球状粉体と「ぷるるんゲル」が配合されており、表面のベタツキ感を軽減してくれます。内側はしっとりする仕上がりとなっていますので、丁寧な美容ケアを実現してくれます。抜群の保湿感と、長く続くスキンケア効果も特徴の商品です。

6位: SUGAO AirFit CCモイスト SPF23 ピュアオークル 25g

SUGAO AirFit CCモイスト SPF23 ピュアオークル 25g
57円お得
¥4388/100g
¥1,097 ケンコーコム
¥1,107 ヨドバシカメラ
他3ショップ

5位: エクスボーテ CCクリーム SPF50 ナチュラルカラー 30g

エクスボーテ CCクリーム SPF50 ナチュラルカラー 30g
¥9833/100g
¥2,950 Amazon(アマゾン)
¥4,063 LOHACO(ロハコ)

商品説明

お化粧において、最も大事だと言われるのがベースメイクです。しかし、毎朝の貴重な時間の中で、洗顔から始まり、化粧水、美容液、クリーム、日焼け止め、メイク下地・・・と続く幾つもの工程を一つでも少なくしたいと言うのは、多くの女性に共通する切実な願いではないでしょうか。保湿力が高く、カバー力があり、かつ化粧崩れがしない、そんな化粧下地を求めている方は多いはずです。

朝のベースメークのステップを減らし、仕上がりも美しくなる、エクスボーテのCCクリームはそんなわがままをかなえてくれるものです。優秀なのは、そのカバー力や保湿力だけでなく、今ブームのワントーン明るいカラーに顔色が仕上がる、色白メイクが実現できます。UVカット力もSPF50、PA++++という強力な紫外線カット力で、外に出かける時も安心のクリームです。赤みやくすみをしっかりカバーしてくれて、それでいて自然な仕上がりで、プロのメークアップアーティスト達も納得の仕上がりと使い心地です。

平均価格は約3,500円程度ですが、インターネットでは最安値だと3,000円以下で購入することができます。毎日使うものだからこそ、500円程度の価格差は大きいのではないでしょうか。

4位: 蜂乳 クリーム石鹸 大(200cc)

¥814 ケンコーコム
¥1,048 爽快ドラッグ
他1ショップ

商品説明

蜂乳クリーム石鹸大(200cc)は、株式会社蜂乳が販売している洗顔料です。1963年に創業し液体洗顔料、化粧水、その他化粧品を販売しています。蜂乳というだけにハチミツ成分が入っている商品を主に提供しています。蜂乳クリーム石鹸大(200cc)は、特選品で普通肌、乾燥肌用の商品です。200ccは徳用で、多く使用する人には80ccのものよりもお得です。昭和38年から超ロングセラーの液体石鹸で、お客様から愛され続けています。ハチミツ成分によってしっとりとした洗い上がりになります。また、メイクも落とせる液体洗顔料です。使用方法は手のひらに、適量を出し、水または温湯を加え、よく泡立てたら顔全体をマッサージするように使用します。水質に関係なく良く溶ける特性を持っています。使用後はぬるま湯で石鹸を残さないように洗い流します。さらにきめ細かな泡立ちにしたい場合は、クレンジングタオルなどを使用すると良いです。愛用者からは「洗顔とクレンジングが同時に出来る」、「洗い上がりは、しっとりもちもちします」、「元タカラジャンヌの方がYouTubeで紹介していた」、などと高評価の声もあります。ハチミツ成分配合のため、自然素材で、ビタミン、ミネラルなど、肌に大切な成分もたくさん入っています。

3位: リンメル CCクリーム エアリーフィニッシュ SPF50 自然な肌色 30g

リンメル CCクリーム エアリーフィニッシュ SPF50 自然な肌色 30g
¥4210/100g
¥1,263 ヨドバシカメラ
¥1,390 ケンコーコム
他3ショップ

商品説明

リンメルCCクリームエアリーフィニッシュSPF50自然な肌色30gは、リンメルの商品です。リンメルは、ロンドン発のコスメブランドです。180年に渡る歴史のあるブランドで、世界で最も古い化粧品ブランドの1つで、リンメルと契約している、モデル、シンガーソングライター、女優もおり、世界75カ国で展開しています。リンメルCCクリームエアリーフィニッシュSPF50自然な肌色30gは、10種類の植物エキスが配合されています。高保湿で潤いたっぷりに仕上がるCCクリームです。化粧水の後、これ1本で10個の機能を発揮します(乳液、美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、高保湿、肌色補正、毛穴・くすみカバー、ハリ感)。美容液成分も配合されており、コラーゲン、マリーゴールドエキス、ヒアルロン酸、グリセリン、カミツレ花エキス、スクワラン、ビタミンEが入っています。保湿感はもちろん付けている間はずっとスキンケア効果があるのも特徴です。さらに、さらさらな球状粉体と、「ぷるるんゲル」を配合しており、表面のベタツキ感を軽減し、内側はしっとりする仕上がりとなっています。愛用者からは、「重すぎず、伸びやすくてちょうどいい」、「自分の肌よりワントーン明るくなる」などと評判の声もあります。

2位: エテュセ プレミアム CCアミノクリーム SPF40 ベビーピンク 35g

エテュセ プレミアム CCアミノクリーム SPF40 ベビーピンク 35g
¥7029/100g
¥2,460 LOHACO(ロハコ)
¥2,460 ケンコーコム
他2ショップ

商品説明

エテュセプレミアムCCアミノクリームSPF40ベビーピンク35gは、株式会社エテュセの商品です。エテュセは「ね、ね、知ってる?」という意味で、誰かに思わず伝えたくなる、コスメで楽しみつつきれいになれる毎日を提案する企業です。一般的にCCクリームは乾燥肌に人におすすめです。保湿力が高い特徴を持っております。BBクリームより厚塗り感がないです。また、ナチュラルな演出をしようとする人はCCクリームが適しています。エテュセプレミアムCCアミノクリームSPF40ベビーピンク35gは、アミノプレミアム7が乾燥を防ぎ、潤いある肌に保つことが出来る特徴を持っています。汗や皮脂などに強く、化粧崩れしにくい商品です。シミ、くすみをカバーし、血色の良い透明感のある肌を演出できます。色はベビーピンクで、肌色をコントロールできます。CCクリームを使用し、きれいに仕上げるには、薄く伸ばすことがコツとなります。まず、余分な皮脂を取ります。次に、パール粒大のクリームを出し、顔の5点「額、両目の下、鼻筋、あご先」にのせます。そして、顔全体にむらなくのばします。ユーザーからの声としては、「保湿力はあるしUV効果も高い」、「肌色がワントーン明るくなる」などと好評です。

1位: スキンフラット CCジェル SPF35 ナチュラルベージュ 30g

スキンフラット CCジェル SPF35 ナチュラルベージュ 30g
¥3060/100g
44%安
¥918 ヨドバシカメラ
¥927 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

商品説明

スキンフラットCCジェルSPF35ナチュラルベージュ30gは、株式会社スタイリングライフ・ホールディンブスBCLカンパニーの商品です。美しさと楽しさを、肌へ、心へをモットーとし、ユーザーからも愛されている会社です。一般的にCCクリームは保湿力が高い特徴を持っており、乾燥肌に人におすすめです。また、ナチュラルな仕上がりを必要とする人はCCクリームが適しています。メークが落ちやすいというデメリットも有りますが、上からパウダーを叩くことによって落ちにくくなります。スキンフラットCCジェルSPF35ナチュラルベージュ30gは、毛穴に注目したベースメイクのブランドです。毛穴の大きな2つの悩みであリます、凹凸とテカリを1つでカバーできます。CCクリームのデメリットであるメークが落ちやすいという欠点もなく、これ1本で仕上げパウダー、美容液、ファンデーション、化粧下地、UVカットの5つのことを仕上げることができる優れもののCCジェルです!30秒ほどでベースメイクを仕上げることができ、肌なじみの良い自然な色となっています。使用方法は、化粧水等で肌を整えた後に、パール粒大を顔全体にのばして、なじませます。凹凸が気になる際はかるくおさえるようになじませて使用します。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。