プレストパウダーおすすめランキングと選び方・使い方

プレストパウダー

フェイスパウダーの種類には、プレストパウダーがありますが、使い方はルースパウダーとほぼ変わりません。フェイスパウダーといえばファンデーションの後に使う仕上げ用のアイテムですが、最近はBBクリーム人気も定着しており、BBクリームを塗った後にこのフェイスパウダーを重ねる事で、朝の忙しい時間帯であっても手軽にメイクをこなせるようになりました。日常のメイクにもよく使われている方法と言えるでしょう。ここでは、そんなプレストパウダーについて、ルースパウダーとの違いや、目的に合わせた選び方などを紹介します。どんな商品を購入すれば良いのか迷っている女性は必見。人気商品なども把握しておき、自身に一番合ったプレストパウダーを見つけてみましょう。

ルースパウダーとの違いは?

メイク仕上げに利用されているフェイスパウダーには、ルースパウダーとプレストパウダーの2種類があり、ルースパウダーは粉状のもので、プレストパウダーは固形状のフェイスパウダーです。

プレストパウダーは、パウダータイプとは違い、固形ですので持ち運びに便利なタイプです。しかしそれぞれの違いや、どのような使い方をするのか、あまり理解していない方も多く見られるようです。

プレストパウダーとルースパウダーは基本的には同じものです。どちらもファンデーションの後に使うことで、クリームファンデーションやリキッドタイプの、べたつきなどを抑えてくれる効果があります。

ファンデーションと同様の効果のあるベースメイクに、BBクリームというものがあります。BBクリームを塗った後も、上から重ねて使うことができます。また、パフやはけを利用して乗せていくというのも共通の使い方で、双方共にお化粧を長持ちさせる効果があるものです。

ただし、ルースパウダーは粉状のものですので、使用する際に、粉が飛んでしまうことがあります。そのため持ち運びはしにくく、キャップなどが緩かった場合、倒れてこぼしてしまったり、最悪化粧ポーチの中で散乱してしまいというデメリットもあります。

ルースパウダーとの違いは?

ルースパウダーとプレストパウダーは、同じ作用をもっていますが、形状が違うことを活かして、状況に応じて使い分ける方法もあります。利用する際は、リキッドファンデーションやBBクリームの仕上げに役立つという事はもちろん、下地との間に乗せて化粧崩れをカバーするというのも効果的な使い方として、ぜひ覚えておきましょう。

また、エマルジョンファンデーションやクッションファンデーションなど、粉なしタイプのファンデーションと組み合わせて使うのも効果的です。ファンデーション使用時に、テカリやくずれの気になる部分に重ねて使えば、より化粧崩れを抑えることができます。

プレストパウダーは、固形タイプですので、やや硬めのブラシで付けるのがおすすめです。慣れていないときは付け過ぎてしまうこともありますので、何度か練習してみると良いでしょう。

形状がコンパクトサイズですので、化粧直しにも非常に便利で、通常のパウダーファンデーションよりも、自然な色の肌に仕上がるのが特徴です。

カラーリングも、無色のタイプから、ベージュ系からピンク系など、豊富な種類が揃っています。ご自分の肌質や用途に応じて、いろいろなタイプを選びやすいというのも、大きな利点と言えるでしょう。

目的別!プレストパウダーの選び方

メイクを行う上で、日頃気を付けなければならないのは、肌の負担の無いようなメイク方法です。日頃のフェイスケアと共に、下地ににも気を配っておかなければなりません。化粧品は基本的に、自分の肌質に合わせて選別しますが、フェイスパウダーも肌質に合わせて選ぶようにしましょう。

一般的に乾燥肌の方は、油分の多いクリームタイプや、リキッドタイプのファンデーションを使うことが多いでしょう。こうしたタイプのファンデーションをお使いの場合には、パウダータイプのルースパウダーが逆に合うとされています。

ルースパウダーを使うことで乾燥しやすいのではと思われる方もいますが、皮膚への密着度が弱い分、毛穴にすき間ができ、皮膚にダメージを与え過ぎないといわれています。

一方、脂性の方にはどういったフェイスパウダーが合うのでしょうか。脂性の多くの方は、Tゾーンと呼ばれるひたいから鼻すじにかけてのラインに、特有のテカリが出てしまうことが多く、普段から対策をとっている方もいるでしょう。

こうした箇所にはプレストパウダーが有効です。カバー力がルースパウダーより高いというのがその理由です。プレストパウダーを使う事によって、適度にテカリを抑えると共に、お化粧崩れも起こしにくくなるというわけです。

目的別!プレストパウダーの選び方

フェイスパウダーは、バリエーションが豊かなことも特徴の一つです。汗や皮脂に強いタイプの商品もあるので、ご自身の肌の状態に合わせて使い分けると良いでしょう。

さて、最近の日本人に、特に多くなってきているのが敏感肌。乾燥肌で敏感肌の方や、脂性で敏感肌の方などが増え、オーガニックタイプの商品にこだわる方も多く見られるようになりました。

元々の敏感肌の方は、外的刺激に比較的弱い体質をお持ちの方が多いです。遺伝と関わりがあるものですが、こうした先天性の体質をお持ちの方以外にも、食生活や日常生活の上で、後天的に過敏症になってしまう方も増えてきています。

こうした方の特徴は肌がとても弱く、とくに敏感肌の人が気を付けなければならない要素として、無香料である事とアルコールを使用していない事、そしてパラベンフリーの選択と、紫外線吸収剤なども無配合のものを選ぶ事が大切とされています。

最近では、オンリーミネラルやNOVなどのブランドから、敏感肌のために開発されたプレストパウダーも登場するようになりました。

正しい使い方でメイク崩れを防ぐ!

プレストパウダーの特徴はもはや美肌作りには欠かせないアイテムと言っても過言では無く、肌から染み出して来る余分な汗や脂質を吸い取ってくれ、これがメイクを長持ちさせてくれるポイントとなっています。また油分の少なさは肌にもなじみやすく、皮膚に対してもストレスを極力感じさせない素材でもあるのです。何と言っても肌を綺麗に見せる事ができます。

プレストパウダーとパウダーファンデーションは見た目が似ていますが、プレストパウダーの付ける順番はファンデーションとは異なります。プレストパウダーの使い方の基本としては、ファンデーションの後に付けるものです。ファンデーションはお化粧を行う上で下地になるものですが、プレストパウダーは仕上げとして使います。ただ、チークをのせる際は、先にプレストパウダーをつけてからチークをのせていきます。なぜプレストパウダーを先につけるかといえば、色合いがきれいに出るからです。

また、プレストパウダーをメイク仕上げとして使う場合に覚えておきたい点は、ファンデーションをパウダータイプではなく、リキッドにしておくことです。パウダータイプのファンデーションとプレストパウダーでは、肌の感じが粉っぽくなってしまうため、リキッドやエマルジョンファンデーション、クリームファンデーションの仕上げとして使うようにしましょう。

正しい使い方でメイク崩れを防ぐ!

さらに、プレストパウダーの使い方としては、下地の後にパウダーファンデーションではなくプレストパウダーを使うことで、普段のメイクよりもナチュラルメイクにすることができます。また、お化粧直しの際に手軽に使う事のできる補助メイクとしても使えます。

プレストパウダーを肌につける際には、ブラシよりもパフを使用した方が肌にしっかりとつけることができます。プレストパウダーはムラになりやすいため、パフにつけたあとはよくもみ込んで馴染ませましょう。その後、顔の内側からフェイスラインに向かって滑らせる位の軽い感覚でつけていきます。小鼻や目の端などの細かいところはパフを折ったり端を使って細かくポンポンと乗せていくような形でプレストパウダーをつけていきます。一度で塗り切ってしまおうとせず、少量をとってつけていくことがポイントです。

メイクが崩れた際のメイク直しとしてプレストパウダーを使用する際は、パフではなく、ブラシを使います。メイク直しの際もプレストパウダーの量は少なくとり、余分な分は落としてから小さく円を描くように顔の内側から外に向かってプレストパウダーをつけていきます。

プレストパウダーおすすめランキング

5位: ピュアナチュラル プレストパウダー SPF22 ソフトベージュ 6g

ピュアナチュラル プレストパウダー SPF22 ソフトベージュ 6g
¥1620/個

商品説明

ピュアナチュラルプレストパウダーSPF22ソフトベージュ6gは、お客様の声から生まれた、エリザベスの固形タイプで使いやすいプレストタイプのミネラルパウダーです。気になる毛穴やシミをふんわりぼかして、お肌をキレイにみせてくれます。外出先でのお化粧直しもプレストタイプなので粉が飛散ることなく、ササッと簡単にお直し出来ます(鏡付きコンパクト)。フェースパウダーとしてはもちろん、薄づきのファンデーション(ミネラルファンデーション)としてもお使いいただけます。これひとつで簡単にベースメイクが完成します。落とす時も石けんで落とせるのでカンタンでラクラクです。ノンケミ派お勧め理由といったらまずはこれですね、成分に満足!プレストタイプは大抵シリコンorポリマーなどの添加物が入っていますが、こちらはそういった添加物なども一切フリー!このプチプラでここまで成分にこだわってくれているのは本当に素晴らしいです。日焼け止め効果もバッチリです。SPF22/PA++、もちろん紫外線吸収剤フリー!普段使いなら全然この位でちょうどいいとおもいます。そのままパフで滑らせるように塗るとマットな使い心地になりテカりません。明るく発色が良いソフトベージュは色味がとても良いです。値段と使い心地は優秀アイテムです。

4位: レブロン スキンライト プレストパウダー ベビーピンク 10g

レブロン スキンライト プレストパウダー ベビーピンク 10g
¥1749/個
¥1,749 ヨドバシカメラ
¥1,925 ケンコーコム
他2ショップ

商品説明

「女性の憧れを商品にする」を企業理念に持ち、世界を股に掛けるレブロンから、ひと塗りで透明感アップ&毛穴レス「レブロンスキンライトプレストパウダーベビーピンク10g」のご紹介です。日本国内でも大人気!こちらの商品はコスパの良さはもちろんのこと、ひと塗りで毛穴が隠れる優れものです。光反射効果のある2種類のパウダーが、しわや毛穴など気になる部分を目立たなくし、くすみを飛ばして透明感アップ、毛穴レス肌にしてくれます。シーバムクリアパウダーが、汗や皮脂によるベタつきやテカリを抑えて、化粧崩れを防ぎます。さらさらシルキーな質感もキープしてくれます。皮脂固定化パウダーが皮脂を吸着し、肌にゲルの膜を形成。つっぱり感や乾燥を防ぎ、しっかりと肌に密着して化粧の持ちをアップ。BBクリームなどを薄く塗ったあと、ブラシで載せるだけで肌がとても綺麗に見えます。お化粧直しには厚塗りにならないので、ブラシで軽くのせるだけでササッと簡単にお直しが出来ます。ほのかにバラ色のベビーピンクで進化した光リフレクション効果。ぜひ、毛穴やくすみをカバーして、透明感ある上質のサテン肌に仕上げる光のフェイスパウダー!光のヴェールでツヤ肌に!

3位: レブロン スキンライト プレストパウダー ラベンダー 10g

レブロン スキンライト プレストパウダー ラベンダー 10g
176円お得
¥1749/個
¥1,749 ヨドバシカメラ
¥1,925 LOHACO(ロハコ)
他4ショップ

商品説明

メイクの仕上げや、お化粧直しの際に、フェイスパウダーはとても便利なアイテムです。

レブロン スキンライト プレスト パウダー 104 ラベンダー(10g)という商品は、

目元などの部分使いや、ハイライトとして使うと、疲れて見えるお肌でも、健康的な明るさを演出する事ができ、

メイクの仕上げに使うことで、ベタ付きや、肌のテカりなども抑えられ、

何より、毛穴を目立たなく、透明感を引き出してくれるのがとても嬉しいアイテムです。

ラメが効き過ぎているパウダーですと、場によっては、使用を控えようかと思う場合もあるのですが、

こちらは、そういったラメ感を強調してくる印象もないので、場を選ぶ事もなく、上品に仕上がります。

商品は10gと、小さめなコンパクトタイプなのですが、中には、ミラーと専用ブラシも内蔵されていて、

オフィスや外出用にと、どこでも使いたくなります。

コンパクトタイプだけに、日に何度も使っていると、案外、すぐになくなってしまうのが難点ですが、

ラベンダーだけではなく、お肌の調子や部分によって、5色展開の、他の色との使い分けをするのもよいかもしれません。

店頭のレブロンのコスメコーナーで見たところ、

お値段は、税抜きで¥1,800のようですが、最安値で購入したいのであれば、オークションやネットなどでチェックするのもよいかもしれません。

ただし、その場合、送料がかかりますのでその点もお忘れなく。

2位: モイストラボ BB ミネラルプレストパウダー SPF40 ナチュラルベージュ

モイストラボ BB ミネラルプレストパウダー SPF40 ナチュラルベージュ
¥963/個
52%安
¥963 ヨドバシカメラ
¥973 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

商品説明

モイストラボBBミネラルプレストパウダーSPF40ナチュラルベージュは、主要ショップ平均(税込)価格が約1,100円弱です。ブランドがモイストラボで、メーカーが明色化粧品です。使い方は簡単で、化粧水で肌を整え、適量をパフにとり、お肌にやさしくなじませます。化粧直しでは、余分な皮脂を軽く押さえてから優しく重ねるように使います。量はお好みに合わせて調整しましょう。プレストパウダーはフェイスパウダーの種類で、粉おしろいとも呼ばれます。ファンデーションをぬった後に使われます。最近はBBクリームが人気で、BBクリームを塗った後にパウダーをつける事で、朝の忙しい時でも手軽にメイクが出来ると評判で、毎日のメイクに欠かせません。プレストパウダーの選び方で気をつけなければならないのは、肌への負担です。基本的には、化粧品やケアと同じく自分の肌質に合わせます。乾燥肌には、油分の多いクリームや、リキッドのファンデーションを使いますが、こうしたファンデーションをお使いの場合には、ルースパウダーやプレストパウダーが合うとされています。それでは逆に、乾燥しやすいのではと思われる方もいますが、余り皮膚に密着させない分、毛穴にすき間ができ、皮膚にダメージを与え過ぎないと言われています。

1位: レブロン スキンライト プレストパウダー ベアライト 10g

レブロン スキンライト プレストパウダー ベアライト 10g
176円お得
¥1749/個
¥1,749 ヨドバシカメラ
¥1,925 LOHACO(ロハコ)
他4ショップ

商品説明

女性の憧れを商品にする。これがレブロンの企業理念です。創業当時から現在も”美”のリーディングカンパニーとして世界中の女性から支持されてきました。商品の主要ショップ平均(税込)価格は、約1,900円弱です。ブランド、メーカー共にレブロンです。SPF値・PA値はSPF20で、原産国は日本、ベアライトの色は色白の方から標準的な肌人向けです。商品の特徴は、何と言っても、光のヴェールをまとったようなツヤ肌を感じられることです。さらに、たったひと塗りで透明感が増し、毛穴も目立たない!そんなプレストパウダーです。なぜ肌の透明感が増し、毛穴を隠せるのか?それは、光を反射してくれる2種類のパウダーが、しわ、毛穴などを目立たなくし、くすみ知らずの肌を整えるからです。そして透明感がアップするという大満足のアイテムです。次に健康的なツヤ肌に仕上げる、さらさらシルキーな質感を整える秘密は何でしょうか?この答えは、シーバムクリアパウダーが、汗や皮脂によるテカリやベタつき感を防ぎ、化粧崩れを抑えるということです。そして皮脂を固定するパウダーが余分な皮脂を吸着し、肌をゲル状の膜で守ります。最後につっぱりや乾燥を抑え、しっとりと肌に密着させることで化粧の持ちが増します。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。