アロマキャンドルの使い方は?おすすめ紹介ほか

仕事や家事などが忙しいとストレスを多く感じてしまうことが多くなります。そんな時に活用したいのがアロマオイルです。またキャンドルも見ているだけで癒しの効果を実感することができます。これらの効果を同時に得ることができるアイテムがアロマキャンドルです。火を灯すだけで素敵な香りが部屋中に感じられ、心から癒しを感じることができます。そんな素敵なアロマキャンドルですが、いろんな効果を実は持っているのです。単にリラックス効果があるだけではありません。またアロマキャンドルには正しい使い方というのもあります。普段適当に使っている方は正しい使い方を知っておくといいでしょう。さらにオリジナルのアロマキャンドルを自分で作ることができるのです。これらについて触れてみたいと思います。

アロマキャンドルの効果

キャンドルは見ているだけで心が癒されてくるような感覚を抱くことができます。また香りは今ではいろんな方が活用しており、それによってリラックス効果や入眠効果を感じるなど、日常生活に上手に取り入れている方も多いものです。このようにキャンドルと香りのいい効果を同時に持っているのがアロマキャンドルです。通常のキャンドルにはない効果がアロマキャンドルにはありますが、具体的にはどういった効果が期待できるのでしょうか。

まずアロマキャンドルからはマイナスイオンが感じられます。マイナスイオンはリラックス効果を与えてくれます。ただ森林に行ったりしないと十分な効果を感じることはできないものです。しかし森林に行ったりしなくても自宅でアロマキャンドルを活用することでマイナスイオンを感じることができるのです。これによって日々の生活で疲れた体を癒していくことができます。また癒しの効果はアロマキャンドルの香りによって感じることができます。アロマキャンドルに使用されている香りはアロマオイルによるものです。アロマオイルは自然由来の香りのため、神経に対して優しく作用してくれます。多くはリラックス効果や癒しを与えてくれます。アロマキャンドルを使うことによってマイナスイオンと香りによる効果のダブルの作用を得ることができます。アロマオイル単体を使うよりもさらに強いリラックス効果を得ることができるのです。

キャンドルの炎を見ていると気持ちが落ち着いてきます。いらいらした時にキャンドルを見ていると普段の自分を取り戻していくことができます。アロマキャンドルは同じように気持ちを静め、イライラいしたときに活用すると気持ちを切り替えることができます。日常的に気持ちを切り替えていくことが難しいという方はアロマキャンドルを使ってみるといいでしょう。アロマキャンドルはケミカルなものではないため、体に対して悪い作用をもたらすことがありませんし、また神経を乱すこともありません。ですからどんな時でもやさしく作用をしてくれます。このようにアロマキャンドルには主に精神に関する効果をいくつも感じることができます。またアロマキャンドルの香りはいろんな種類があるため、気分によっていろんな香りを楽しむことができますし、また精神状態によって使い分けることができます。年齢や性別に関係なく、どなたでも安全に使用することができるので、気持ちをリラックスさせたいときには特に積極的に活用していってみてはいかがでしょうか。

アロマキャンドルの使い方

疲れた時やイライラした時、また気分転換を上手に図りたいときに積極的に活用していきたいのがアロマキャンドルです。自然の香りと炎によって優しく神経に作用するので、どんな方でも安心して毎日利用することができます。これまでアロマキャンドルを使用したことがない方にとってはどのように使ったらいいのかわからないことでしょう。実際にこの点を知ってみるととても簡単なのですぐにでも試してみたいと思うことでしょう。

アロマキャンドルを最初に使う時には気を付けなければならないこととして、アロマキャンドルの表面全体のろうがしっかりと溶けるまで火をつけておくことが大切です。この点は初心者の方は覚えておいてほしいことなのですが、表面全体のろうが溶けないと最後までキャンドルが燃えずに残ってしまうことが多くあります。経済的にももったいないので、ぜひこのことはしっかりと覚えておき、アロマキャンドルの表面のろうが溶けるまではずっと火をつけておくようにしてください。またアロマキャンドルに風が同じ方向から吹いているなどすると溶け方にむらができてしまいます。ある方向だけよく溶けてしまい、反対側は溶けていないといった偏った溶け方をすることがあります。そのためいろんな方向から風が吹いたり、またキャンドルに風があまり当たらないように気を付けながら偏った溶け方をしないように気を付けることが大切です。また燃焼時間についても覚えておきたいことがあります。燃焼するときに無駄がないように短い時間だけ火を灯す方がいますが、こうすると上手に最後までアロマキャンドルを使い切ることができない時があります。そのためある程度の時間は灯すようにしてください。1時間程度灯すことによってリラックス効果を実感することができるので、1時間という単位で火を灯すようにしてみるのもいいでしょう。

アロマキャンドルの保管についてですが、あまり高温の場所に置いていると変質してしまったりします。そのため直射日光が当たらない場所に常に保管するようにしてください。またホコリがつきやすい場所に置いているとなかなか火がつかない場合もあります。そのためホコリがつかないようにカバーをするなど工夫をしてみてください。このような点に気を付ければ長くアロマキャンドルを使うことができます。また時々芯の部分がきれいに出るようにろうを少しカットすることも覚えておくときれいに火がともります。

アロマキャンドルの作り方

アロマキャンドルは癒しを求めている方が多く使用するために、いろんなお店で購入をすることができる時代でもあります。しかしいつもお店で購入するのではなく、自分でオリジナルのアロマキャンドルを作ってみるのも楽しいものです。

アロマキャンドルの作り方ですが、ろうそくは市販されているもので構わないので、それをカッターなどで小さくカットしていきます。そしてそれをボウルの中に入れます。またろうそくの芯は取り出しておきます。次にろうそくを湯煎で溶かしていきます。しばらく湯煎していると徐々にろうが溶けて液体状になります。完全にろうが溶けたらこの時点でアロマオイルを滴下します。アロマオイルについては自分の好きなものを使用するといいでしょう。初めての方は万人受けするラベンダーがお勧めです。またアロマオイルは揮発性のため、高温のろうの中に滴下すると揮発してしまいます。そのため少しろうの温度が下がった時点で滴下すると安全です。

次にアロマキャンドルの中心に固定する芯を準備します。芯の上部に割り箸をつけておき、この割り箸をアロマキャンドルの上部に置きます。これによってアロマキャンドルのちょうど中心の部分に芯が来るようになります。次に型の中に少しずつろうを入れていきます。ボウルから直接ろうを流し込むと失敗することがあるので、計量カップの耐熱タイプなどを使い、少しずつ型の中にろうを入れるようにしてください。キャンドルはそのまま温度が下がるまで放置をしておきます。この時ホコリがつかないように、カバーをして直射日光が当たらない場所に保管するようにしてください。

アロマキャンドルに色を付けたいという方もいることでしょう。ろうそくで色つきのものがあればそれを使うといいでしょう。しかし色付きが見つからず、白しか選べなかった場合にはクレヨンを使用します。クレヨンを細かく切って溶かしたろうの中に入れます。そうすると上手にクレヨンも溶けてきます。その際にしっかりとろうとクレヨンを混ぜて均一な色になるようにします。これでいろんな色のアロマキャンドルを作ることができます。案外とアロマキャンドルも簡単に作ることができるものです。自分の好きな色や、また好きな香りの商品が見つからないという時には自分でオリジナルのアロマキャンドルを作ってみるといいでしょう。市販のものよりもより一層リラックス効果を実感することができることでしょう。

アロマキャンドルのおすすめ

5位: トッカ キャンドル ハバナの香り 300g

トッカ キャンドル ハバナの香り 300g
¥1960/100g

4位: グレード アロマキャンドル フレッシュベリー&ワイルドラズベリー(108g)

グレード アロマキャンドル フレッシュベリー&ワイルドラズベリー(108g)
68円お得
¥228/100g
81%安
¥246 イトーヨーカドー
¥411 ヨドバシカメラ
他1ショップ

3位: グレード アロマキャンドル ラベンダー&バニラ(108g)

グレード アロマキャンドル ラベンダー&バニラ(108g)
¥329/100g
73%安
¥355 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥800 Amazon(アマゾン)

商品説明

「グレード アロマキャンドル ラベンダー&バニラ」は、ニューヨークでもっとも売れている穏やかなスイートハーバルの香りのアロマキャンドルです。キャンドルの香りは香水と同じようにトップノート、ミドルノート、ラストノートで構成された”デザインされた香り”で深みのあるものです。トップノートとして最初に香るのはハーブとフルーツ、ミドルノートとして真ん中で香るのはラベンダーやローズ、ラストノートとして最後に香るのはバニラやアンバーです。ラベンダーは気持ちがリラックスする香りなので、このキャンドルは寝室に置くと効果的です。ゆったりとした香りと揺らめく灯りが良質な眠りへと導いてくれるでしょう。使用方法はキャンドルを手に持ち斜めに傾けて火をつけてから平らなところに置いてください。火を消すときは水で消さずに横から優しく吹き消しましょう。火を消した後も暫く香りが漂います。また火をつけられない場所ならば置くだけでも香りを楽しむことが出来ます。キャンドル1個あたりの使用期間は約26時間ですが燃焼時間は2時間から4時間がお勧めです。燃焼時間が短いと芯の周囲だけが溶けてしまい、使用期間が短縮するので注意してください。価格はオンラインショップや通販などで最安値で300円くらいから販売され、かなり安く購入できるのでお得です。

2位: グレード アロマキャンドル エンジェルウィスパー(108g)

グレード アロマキャンドル エンジェルウィスパー(108g)
78円お得
¥228/100g
81%安
¥246 イトーヨーカドー
¥296 ヨドバシカメラ
他1ショップ

1位: グレード アロマキャンドル ピュアバニラジョイ 108g(108g)

グレード アロマキャンドル ピュアバニラジョイ 108g(108g)
106円お得
¥228/100g
81%安
¥246 イトーヨーカドー
¥411 ヨドバシカメラ
他2ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。