アロマストーンのおすすめ | 作り方や使い方、お手入れ方法

アロマストーンの使い方は?おすすめ商品ほか

ヒーリング効果が得られ、心身ともにリフレッシュできるアロマは、昔から根強い人気があります。ネット通販でもさまざまなアロマグッズが販売されており、さまざまな香りや効果を楽しむことができるアロマオイルのほか、アロマポットやリードディフューザーなどの香りを拡散させるためのグッズの売れ行きも伸びています。そんななかで、火や電気を使わずに、安全かつ手軽にアロマを楽しめるグッズとしてアロマストーンが人気となっています。使いたいときに石などの素材にお気に入りのアロマオイルを数滴垂らすだけで香りを楽しめます。目的と用途によって香りや置き場所を変えるだけで家の中を豊かな香りで満たすこともできます。そんなアロマストーンの特徴や使い方、手作りの方法やお手入れの仕方などについて説明します。

最終更新日:   閲覧数:643
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アロマストーンとは?

アロマストーンは、アロマポットやアロマキャンドル、リードディフューザーなどと並ぶアロマグッズのひとつで、手軽に、おしゃれにアロマを楽しみたい方に人気となっています。シンプルな素焼きの石や石膏でつくられたもの、缶入り、壁掛け式など、さまざまなタイプがあり、ネット通販でも手頃な値段で購入することができます。アロマストーンは、アロマプレート、アロマチャームとも呼ばれており、電気や火を使うことがないため安全性も高く、面倒な水の交換なども必要のない手間いらずのアロマグッズとして注目されています。ほとんどのアロマグッズが広い空間にアロマの強い香りを長時間拡散することを目的としているのに対して、アロマストーンは、ほのかな香りでありながらアロマオイルの本来の優しい香りを楽しむことができます。至近距離において自分だけで香りを楽しみたいときや玄関やトイレなどの限られたスペースで使用したいときにもおすすめです。

アロマストーンには、形やデザインなどのバリエーションも豊富であることから、お部屋のインテリアに合わせて選ぶこともできます。アロマオイルの純度や種類にもよりますが、1日~3日間ほど香りを楽しむことができ、香りが弱くなったと感じたときにオイルを追加するだけで香りを持続させることが可能です。何度も繰り返し使用することができ、経済的でエコなアロマグッズと言えるでしょう。天然の石や石膏にオイルを染み込ませるものもありますが、その他にも素材にこだわったアロマストーンがあります。オイルを素早く吸収して香りも強くたつ沖縄の赤瓦を使用したものやナチュラルで温かみを感じられる食器に使用される陶磁器の素焼きタイプのものなどもあります。そのほか、陶土やセラミックプレートなどのさまざまな素材を使用したアロマストーンがあり、ガラスの器やお皿、和紙などとセットになったおしゃれでスタイリッシュなインテリアとして楽しめるものもたくさんあります。缶入りタイプは持ち運びに便利な軽量アルミ缶に入ったタイプのもので、ポケットやバッグなどにいれて外出のお供にすることもできます。蓋つきで香りを楽しみたいときだけ蓋を開けて使用することができます。ストラップがついていて壁やフックに簡単に吊り下げられる壁掛け式のアロマストーンも種類が多く、花や人形を模ったものなどで部屋のオブジェやデコレーションとして使用するのにもピッタリです。香りだけでなく、形やデザインが楽しめるのもアロマストーンの魅力でしょう。

アロマストーンの使い方は?

アロマストーンは数あるアロマグッズのなかでも使い方が簡単なことでも人気があります。アロマオイルを原液のまま、石などに直接数滴垂らすだけでOKです。石に吸収された香りが気化熱を利用して自然に空間に広がるのを待つだけなので手間をかける必要は全くありません。アロマストーンの大きさにもよりますが、1回に使用するアロマオイルの量は3滴~5滴程度が適量と言えるでしょう。殺菌や消臭、部屋の香りづけなど目的や用途に合わせて複数あれば、異なる香りを楽しむこともできます。柑橘系やユーカリ、ミント系などのオイルは香りが飛びやすいため、ひのきなどの香りが長持ちするタイプのオイルとブレンドすることで香りの持続時間を長くすることができます。アロマストーンは自然で優しい香りを楽しむことができますが、広い空間に拡散する力はあまり強くありません。香りが広がる幅が狭いので、風通しがいい場所におくとより香りを感じることができます。特に、窓際や玄関などに置くと、開け閉めする度にアロマの香りが風に乗って広がります。アロマストーンの狭い空間で香りを持続する特性を生かした使い方もあります。防虫効果の高いアロマを垂らしたアロマストーンをクローゼットや衣装ケースなどに入れれば、開ける度にほのかな香りを楽しめるだけでなく虫食いも防いでくれます。市販の消臭剤や防虫剤の臭いに抵抗がある方には特におすすめです。

レモングラスなどの虫除け効果の高いアロマオイルも多いので、玄関やベランダなどにアロマストーンを置けば、蚊取り線香や殺虫剤などを使用しなくても虫除け効果を得ることができます。トイレの消臭剤や芳香剤もなかなか気に入るものが見つけられないものです。アロマストーンを置けば、いつでも自然な香りがトイレ全体に広がります。ベルガモットやオレンジなどのデオドラント効果が高いオイルを選ぶとより効果を感じることができるでしょう。見た目もおしゃれなオブジェにしか見えないので来客があった際にも安心して使用してもらえます。リビングでは、リラックスやリフレッシュ効果のあるアロマストーンを2個使いしても楽しいでしょう。朝起きて気分をリフレッシュし、夜はリラックス効果を得ることもできます。一度にあまり多くの量を使うと香りが持続し過ぎて飽きることもあるので、毎日複数の香りを楽しみたい場合には、少量の使用に留めるようにしましょう。安眠効果を得たい寝室では、ジャスミンやラベンダーなどのオイルを垂らしたアロマストーンを枕元においておくと効果があります。

手作りできる!アロマストーンの作り方

アロマストーンは、石などにアロマオイルを数滴垂らして使う簡単なグッズなので好みにあわせてさまざまなデザインのなかから選ぶ楽しみもあります。置いておくだけでおしゃれなオブジェになり、インテリアの存在感もあります。アロマストーンには、オイルの吸収性や速乾性に優れた石膏や素焼きの石が使われていることが多く、工作の一環として手作りすることも可能です。手作りアロマストーンのメリットとしては、材料代も安く市販されているよりも安い価格で作ることができること、水や火、電気などを使わない経済的なものであること、小さいので置き場所を選ばないことなどがあげられます。自宅でアロマストーンを作る際には、100均でも手に入る石粉粘土を使用します。まず、粘土を袋から出して柔らかくなるまでしっかりと練ります。乾燥している時期、寒い時期などには、少し水を加えると練りやすくなります。そのまま形を整えてもいいのですが、クッキー型などと簡単にかわいい形にすることができます。成形が終わったら、風通しのいい場所で3日程度放置して、しっかりと乾燥させましょう。乾燥させている愛大にひび割れが目立つ場合は、水を少量加えながら補修します。完全に乾燥したら完成です。お好みのアロマオイルを数滴垂らしてみて香りの広がりや持続時間を試してから、適切な量を見出すようにするといいでしょう。

石粉粘土が手に入らない場合は、木粉粘土を使用しても作ることができます。形は型などを使って自由に整えます。このとき、紐を通すことができるようにストローなどを使って穴を開けておくと壁に掛けたり、吊るしたりできるオーナメントとして使用することもできます。型を使用する際は、クッキー型などの金属製のものだけでなく、チョコレートやゼリーなどを作る際に用いるシリコン型を使っても構いません。シリコン型ならきれいな模様や文字を入れることもできるでしょう。スタンプやアルファベットグッズなどもおすすめです。サイズを小さくすれば、携帯できるホルダーとして使うこともできます。バースデーやバレンタインデー、イースターやクリスマスのオーナメントとしても活躍します。アロマオイルと一緒にラッピングすれば素敵なプレゼントにもなります。手作りのおもしろさにはまったらレベルアップを図ってみるのもいいでしょう。アロマフレグランストーン認定講師養成講座があり、大理石彫刻作品のようなアロマストーンを作る技術を身に付けることができます。

アロマストーンのお手入れ方法は?

集中力や気力を高めたい、リフレッシュ、リラックスしたい、癒されたい、消臭や芳香効果を得たい、いつもいい香りに包まれていたい、などさまざまな理由から多くの方がアロマグッズを使用しています。しかし、アロマポットやデュフューザーなどは、水や火、電気を使って使用するため手間がかかるとともに安全確認が常に必要となることがあります。セットとして購入するのにも費用がかかるとともに、焦げ付いた受け皿を洗ったり、水を入れ替えたり、などの日常的なお手入れも面倒です。その点、アロマストーンは、アロマオイルを石などに垂らすだけで楽しめるため、手間いらずですぐに香りを楽しむことができるとともに日常的な手入れも必要がありません。しかし、アロマオイルによっては色や香りの強いものがあり、石などの色が変わったり、香りが残ったりすることもあります。異なるアロマオイルを続けて使用する際には注意が必要です。また、衝撃に弱く、ぶつけたり、落としたりすると割れてしまうこともあるため、よく考えて置き場所を選ぶようにしましょう。特に、お子さんやペットがいるご家庭では、手の届くところには置かないように注意が必要です。石だけ単体で置くと家具や敷物などに香りだけでなく色が移ってしまうこともあります。受け皿などを置いて使用するようにしましょう。

温めた石にアロマオイルを含ませてアロママッサージを行うことがあります。天然石を使用することが多いものですが、トリートメントに使用したものをそのままアロマストーンとして再使用するのは考え物です。確かに、アロマオイルが大量についており、そのまま香りを楽しむこともできますが、皮脂や汚れも付着しています。アロマストーンとして再利用するのであれば、一度、食器用洗剤などを使って優しくきれいに洗浄しましょう。なるべく消毒効果が高い洗剤を選ぶといいでしょう。しっかりと汚れを落として乾燥させないと、カビが生えたり、香りが立たなくなったりします。アロマストーンは、比較的スペースの狭い所で使用するのに適しています。リビング全体に香りを行き渡らせようとして、ストーンに大量のアロマオイルを垂らしても、香りは瞬間的にしか広がらないとともにアロマオイルが無駄になってしまいます。空気の出入りが多い、スペースが広すぎる、などという場合は、拡散能力のあるアロマポットなどを使用するなど、場所によってアロマグッズを使い分けることも大切です。

アロマストーンのおすすめ

55位: 生活の木 アロマストーン ハーバル グリーン 1個

外部ショップでの口コミ: 1件
  • 枕元においてます、ローズストーンの方が可愛かったかな

44位: 生活の木 アロマストーン ハーバル ホワイト 1個

商品詳細
  • ブランド:生活の木
レビュー: 4.45点/5点

全対象ショップのレビューは計16件、その平均は4.44点(5点満点)。レビュー数が充実しており、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
LOHACO4.50点6件
ケンコー4.40点10件

33位: フリート コロッテ アロマストーン ネイビー(1セット)

22位: フリート コロッテ アロマストーン ホワイト(1セット)

レビュー: 0.50点/5点

全対象ショップのレビューは計2件、その平均は0.50点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
爽快ドラッグ総合評価なし1件
Amazon1.00点1件

11位: フリート コロッテ アロマストーン ゴールド(1セット)

レビュー: 4.33点/5点

全対象ショップのレビューは計3件、その平均は4.33点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
爽快ドラッグ4.33点3件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • お休みアロマと一緒にプレゼントに購入しました

アロマストーンのおすすめの上位商品比較

アロマストーンの関連ページ

スマートショッピング人気記事


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。