アロマポットの使い方は?おすすめほか

寝室やリビングなど、ゆっくりとくつろぎたい空間で使用されるさまざまなアロマグッズの売り上げは年々上昇しています。心身ともにリラックスできるだけでなく、抗菌や消臭、防虫効果なども期待できます。使用されるアロマオイルは、自然の花や植物から抽出されたエッセンシャルオイルで古来、健康維持のための薬として使われた長い歴史をもつものです。アロマオイルはただ数滴垂らすだけでも香りが立ちますが、できるだけ長く、広い場所で香りを楽しむためにアロマポットを使うことが一般的となっています。さまざまなタイプのあるアロマポットの特徴や機能、期待できる効果について説明します。また、手作りできるアロマポットについても紹介します。

アロマポットとは? | 効果を紹介

アロマオイルの香りを部屋に漂わせながら、その香りを鼻から体内に取り入れて楽しむことを芳香浴といいます。アロマオイルは嗅覚を介して香りの情報が脳へと伝わり、ホルモン系や自律神経系、免疫系などさまざまな体内の器官を刺激して心身のバランスをとるのに有効とされています。エッセンシャルオイルをそのまま数滴垂らすだけでも香りが広がりますが、専用の方向拡散器を使用することによって香りが強くなったり、部屋中に拡散したりすることができます。水やオイルなどの液状のものを溜めておくものを総称してポットと呼んでおり、なかでもエッセンシャルオイルと水を一緒に温めたり、振動を利用して水蒸気とともに香りを楽しんだりするものをアロマポットと呼んでいます。キャンドルや電気ランプ、超音波振動などさまざまなタイプのものがあり、アロマオイルを入れることができる受け皿やつぼのようなものがあれば、形状やサイズにかかわらずアロマポットであると言えるでしょう。一般的なアロマポットは、皿の上に水やお湯を入れてお気に入りのアロマオイルを数滴垂らしてロウソクの火であぶるものです。オイルが温められて揮発するため、部屋中に広く香りが拡散できます。オイルを温めるロウソクのことをアロマバーナーやオイルウォーマーと呼ぶこともあります。

もともとアロマオイルには揮発性物質が含まれており、これが拡散することで部屋に香りが広がります。アロマポットは、この揮発を助けたり活性化したりして、より長く、より広い場所に香りを漂わせるために使用されるものです。最もメジャーなタイプのキャンドル式アロマポットは、上部の受け皿のような容器と下部のキャンドルを設置する2つのパーツに分かれているものがほとんどです。火を使うため空焚きにならないように水分を補充することが大切となります。使用するアロマオイルは一種類でもブレンドしても楽しむことができるため、集中力を高めたい、気分を落ち着かせたい、イライラやストレスを軽減したいなど、さまざまな理由によってオイルを使い分けすることができます。炎がゆらゆらと揺れる癒し効果もあるため、部屋を暗くして視覚と聴覚の両面から効果を得ることもできます。アロマオイルを使ったヒーリング効果が十分に得られるものとなりますが、ロウソクは燃える際に、精油の揮発成分以外のススも上がります。健康に配慮したい方は、天然ロウやパーム油、ミツロウなどを使うと安心でしょう。最近では、炎の代わりに電球を利用したアロマライトも人気となっており、電球の熱によってアロマオイルが揮発されて同様の効果を得ることができます。

手作りできる?アロマポットの作り方

ほとんどのアロマポットは、陶器でできており焼き物に精通している方ならばいちからアロマポットを作ることができるかもしれませんが、そうでない場合は市販のアロマポットを購入した方が安全で快適に使用することができるでしょう。チーズフォンデュなどをする小型の土鍋を使用してもできますが、下部のキャンドルを設置する部分が必要となります。水分とアロマオイルをブレンドして容器にいれて香りを拡散するものをアロマポットと広義で捉えるのであれば、簡単に手作りする方法があります。最も身近なアロマポットとしておすすめなのが、マグカップやティーカップを利用したものです。湯気が立つ程度の温度のお湯を準備して、マグカップなどに入れ、アロマオイルを垂らすだけで完成します。温かいお湯を使用するため、ロウソクや電球を使う必要はありません。使用しなくなったかわいいカップを活用するとインテリアとしても楽しめます。お部屋だけでなく、玄関や洗面所、トイレなどでも気軽に使用することができるのでおすすめです。また、小型のカップがあれば旅先などにも携帯してアロマを楽しむことができます。

ロウソクや電球などを使用しないアロマポットとしてリードディフューザーも人気です。ドラッグストアや雑貨屋、通販でもさまざまなタイプのものが販売されていますが、アロマオイルを使って自宅で簡単に手作りすることができます。準備する物は、好みのアロマオイル、無水エタノール、計量カップ、竹串、空瓶です。まず、使用する空瓶の容量を量ります。ボトルの量いっぱいにつくるのではなく、半分ぐらいの量にするとちょうどいいでしょう。無水エタノールとアロマオイルを9:1の割合でブレンドするとちょうどいい香りが漂うものとなります。リードとして使用する竹串は、先端をカッターで斜めに切り落とすと水分を吸収しやすくなります。リードは素材にこだわればきりがありませんが、リーズナブルで簡単に手に入れることができる竹串でも十分に役割を果たしてくれます。たまに、竹串の上下の向きを逆にするとさらに香りを広げることができます。使用する空瓶におしゃれでかわいいものを使用したり、リボンやマスキングテープなどを使ってデコレーションしたりすることによって、お部屋のインテリアにもなるオリジナルリードディフューザーを作ることができます。簡単に作ることができるため、瓶を置く場所によってデザインや香りを変えて楽しむこともできます。

アロマポットの使い方は?

アロマポットにはさまざまな種類がありデザインも豊富であるため、部屋の雰囲気や好みに合わせて選ぶことができます。キャンドル式のアロマポットは、受け皿にお湯や水を入れた後に、アロマオイルを1~5滴たらしてロウソクに火をつけて使います。香りが立ちやすく比較的リーズナブルな価格で手に入れることができるため人気となっていますが、火を取り扱うことになるため十分な注意が必要となります。ロウソクで温められた受け皿の水は100℃以上になると蒸発します。アロマオイルの香りは持続しながら水分がどんどん蒸発していくため、空焚きすることのないようこまめに水を足す必要があります。用心も兼ねてアロマポットの近くに水差しをおいておくといいでしょう。小さな子どもやペットがいるご家庭では、手が届かない少し高めの場所に置いて使用することも大切です。また、風が吹いて火が燃え移ったりすることも考えられるため、開け放した窓や扇風機の近く、近くに燃えやすいものがある場所に置かないように注意しましょう。アロマポットの下部は常に炎が付いた状態であるため、設置したテーブルが熱に弱い素材である場合には、熱で形状が変わったり、燃えたりすることがあることも覚えておきましょう。

アロマポットには、炎を使ったタイプのほかに電気を使用したものもあります。炎の代わりに電球でアロマオイルを温めて香りを拡散するタイプのものです。水やアロマオイルの入れ方はキャンドル式のものと変わりませんが、スイッチを入れるだけで優しく電球が灯り、炎が燃え移る心配をすることなくアロマの香りを楽しむことができます。本体とコンセントが一体化されたプラグに直接差し込むタイプのものとコード式のタイプの2種類があります。キャンドル式のアロマポットと比較すると価格が若干高めになりますが、デザインが豊富で安全性に優れているため人気が高いものとなっています。空焚きすることがなく熱くなりすぎることもないため、アロマオイルを安定して蒸発させることができ、安全性に優れています。受け皿が焦げ付くこともないため、手入れが楽なこともメリットのひとつです。アロマミストは加湿器タイプのアロマポットで、少量の水とアロマオイルを数滴入れることで、器具の内部で起こる振動によってミストを発生させて香りを拡散するタイプのものです。加湿の効果があるため、秋、冬の乾燥する時期の使用にも向いています。使い勝手のよさやデザインをポイントとして選ぶことをおすすめします。

アロマポットのおすすめ

5位: 美健 オイルバーナー リーフ 白(1コ入)

美健 オイルバーナー リーフ 白(1コ入)
¥1284/個

4位: フリート オイルウォーマー ピッチャー(1コ入)

フリート オイルウォーマー ピッチャー(1コ入)
182円お得
¥1102/個
¥1,102 爽快ドラッグ
¥1,296 Amazon(アマゾン)

3位: ナチュラ ディフューザー ハーブルーツ ポット レモングラス(200mL)

ナチュラ ディフューザー ハーブルーツ ポット レモングラス(200mL)
¥2053/個
¥2,053 Amazon(アマゾン)
¥2,139 爽快ドラッグ

2位: ガーネッシュ アロマバーナー(1コ入)

対象ショップで取扱いなし

1位: ラドンナ アロマディフューザー カオルポット TUTU(ツツ) ナチュラル ADF19-CP-NT

ラドンナ アロマディフューザー カオルポット TUTU(ツツ) ナチュラル ADF19-CP-NT
335円お得
¥2350/個
¥2,350 Amazon(アマゾン)
¥2,831 爽快ドラッグ
他1ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。