メイクブラシのお手入れ方法は?おすすめランキングも

メイクブラシを正しく使うことは、綺麗にメイクをする為には必要不可欠です。メイクブラシと一口に言っても、それぞれ種類がありますので、その場その場に適したメイクブラシを使うようにしましょう。

メイクの内容によって、メイクブラシの種類を変えることで、メイクの仕上がりは抜群に変えることができます。メイクを上達させるためにもまずは、メイクブラシの種類や、使い方を勉強する事が大切です。メイクブラシについて勉強する際には、正しいメイクブラシの収納方法までしっかりと学んで、保管もばっちり理解しておきましょう。

メイクブラシの様々なポイント、使い方など、メイクを上達させるために大切なポイントを、いくつかご紹介します。

メイクブラシの種類

メイクの技術をアップさせるためにはまず、メイクに使う道具の勉強からすることが大切です。特にメイクブラシは様々な種類がありますので、それぞれのポイントに適したブラシを利用しないと、メイクの仕上がりに大きな差が出てしまうでしょう。

メイクブラシで最も活用するブラシと言っても過言では無いのが、チークブラシです。チークを乗せる際に活用するブラシで、毛並みが柔らかく、ふんわりとチークを乗せられるのが特徴になります。チークブラシを使うことで、乗せすぎを防ぎ、ちょうど良いバランスでチークを乗せることができるでしょう。

次に、是非とも活用したいメイクブラシが、ファンデーションブラシです。ファンデーションはいつもパフで乗せているという方の中には、塗りすぎ、厚塗り感がいやという方も多いかと思いますが、ファンデーションブラシを使えば、塗りすぎ厚塗りを防ぐ事ができます。毛穴の隙間に上手にファンデーションをつけられるのに、適度なバランスでファンデーションを塗ることができるでしょう。

また、目元メイクに欠かせないのが、アイメイクブラシ、アイブロウブラシ、ブレンディングブラシ、アイシャドウブラシになります。指では上手くできない、細かい技術が必要になる目元メイクの強い味方となるブラシで、マスカラを始め、アイシャドウなども丁寧に乗せることができるでしょう。それぞれ使用用途に合わせて、サイズなども大きく変わりますので、利用目的に合わせた、使いやすいタイプのブラシを選ぶ事が大切です。

他にも、様々な場面で使うことができる、カブキブラシや、メイクの最後に、仕上げとして余計な粉を払うことができる、フィニッシングブラシなど、ブラシの種類を挙げるだけでも、様々な種類があります。いずれも利用目的に合わせて使うことで、メイクの質をアップさせることができるでしょう。

ブラシによって使われている毛の種類や柔らかさ、大きさなども全く異なります。いくつか兼用で使えるメイクブラシもありますが、間違えたタイミングで別のメイクブラシを使ってしまうと、メイクが失敗してしまう可能性もあるでしょう。

メイク用品に最初から入って居るメイクブラシも良いですが、自分のメイクに合っている、オリジナルのメイクブラシを使うことで、よりメイクの質をアップさせる事に繋がります。肌質によっても合う合わない等がありますので、色々と試してみると、自分にピッタリのメイクブラシに出会うことができるでしょう。

種類別!メイクブラシの使い方

メイクブラシの使い方は、当然、メイクブラシの種類によって異なります。例えば、このようなメイクブラシは、このように使うと言うことを覚えておきましょう。

まず、ファンデーションブラシやチークブラシなど、肌にお粉を乗せるタイプのメイクブラシの場合は、柔らかく使うこと、ワンクッション挟んで使うという事がポイントです。チークやファンデーションをブラシにつけたら、余計な粉をとんとんと払ってワンクッション挟んでから、柔らかく円を描くように使いましょう。こうすることで自然と毛穴を埋められると同時に、余計に粉が付いてしまうのを防ぐ事ができます。ファンデーションブラシには、リキッドファンデーション用と、パウダーファンデーション用がありますので、リキッドファンデーション用の場合も同じように、毛穴を埋めるように利用して下さい。

また、カブキブラシの場合は、ファンデーション、チーク、どんなメイク用品にも使えるタイプのブラシですので、非常に凡庸性が高いことで知られています。大きめブラシですので、細かく何度も乗せるよりも、自然な仕上がりでメイクをすることが出来るでしょう。

次に、アイメイクブラシやアイシャドウブラシなど、目元に使うメイクブラシの場合ですが、こちらも同じように、粉を乗せすぎないようにして、こちらはダイレクトに、それぞれの部分につけていきましょう。仕上げにブレンディングブラシなどを使って、アイシャドウをちょうど良くぼかすことも忘れずに。またスクリューブラシは、眉毛を梳かしたり、まつげを梳かすのに最適なブラシです。事前にそれぞれの部位を梳かしておくことで、メイク用品がダマになる事を防ぐ事ができるでしょう。

そして、忘れてはいけないのがフィニッシングブラシです。メイクが一通り終わった後、最後に磨きをかけるイメージで、軽く顔全体をフィニッシングブラシではたきましょう。力強くやってしまうと、せっかくのメイクが崩れてしまうので、優しく丁寧に、ササッと少しだけやることが大切です。フィニッシングブラシで磨きをかけることで、メイクの厚塗り感防止、ナチュラルさをアップさせる事ができるでしょう。

このように、メイクブラシによって利用用途や利用目的は異なります。メイクブラシを使う際にはいずれも、丁寧に、優しく使うように心がけることが大切です。使い慣れないうちは感覚がわかりにくいので、何度も練習した上で活用するようにしましょう。

メイクブラシの正しい収納方法は?

メイクブラシは非常にデリケートなブラシですので、メイクポーチに乱雑に入れたりしては、すぐに寿命を迎えてしまいます。正しい保管方法をマスターして、お気に入りのメイクブラシを長持ちさせるようにしましょう。

まずは、専用ケースを用意するということが大切です。メイクブラシをまとめて入れておける専用ケースは各種店舗で販売されており、ブラシを並べて入れられる分、どこに何があるかが一目瞭然な点がポイントです。メイクブラシの保管も非常に簡単で、メイクブラシも痛みにくく、保管をしておくことができるでしょう。百円均一などでもケースが販売されていますので、好みのケースを活用する事をおすすめします。

ケースを購入しないという場合は、ブラシの部分だけでも保護するために、購入時についていた保護カバーを、その都度つけておくようにしましょう。最初から付いていなかったという場合は、サランラップなどでブラシ部分を巻いて、ブラシ部分へのダメージを防ぐ事が大切です。ブラシの部分は摩擦に弱いため、できればメイクポートなどには入れずに、自宅で保管をしておくべきでしょう。どうしても持ち運びをする際には、ケースを買うか、サランラップなどを厳重に巻いた上で、ポーチに入れて下さい。

次に、メイクブラシを立てかけた状態で収納する際には、必ずブラシ部分が上向きになるように保管しておくことが大切です。ブラシ部分が下になっていると、ブラシ部分に負担がかかりますので絶対に辞めましょう。ブラシの毛先が折れ曲がって変な状態で跡が付いてしまう原因に繋がる可能性もありますので、十分注意が必要です。立て替けておく際にはからならず、ブラシ部分が上になるように、ホコリなどがつかないように、できればカバーを掛けておくと良いでしょう。カバーがなければサランラップなどでカバーするなどしないと、メイクで使う際に、ホコリが顔中に散らばる事になります。

メイクブラシは非常にデリケートなアイテムですので、日頃から扱いには十分注意が必要です。摩擦などのダメージに弱いため、メイクポーチにそのまま乱雑に入れるような真似をできるだけ避けて収納しておきましょう。収納の際には、できるだけホコリなどが付かないような、清潔な場所で保管をすることも、忘れてはいけません。不衛生なブラシは肌トラブルを発生させる原因に繋がりますので、定期的にメイクブラシそのものを洗うことも忘れないようにしましょう。

メイクブラシのお手入れ方法 | 清潔に使おう!

メイクブラシおすすめランキング

1位: リッチホイップブラシ SPV71073(1コ入)

¥1,435 Amazon(アマゾン)
¥1,944 SEIYUネットスーパー(ス)
他2ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。