メイクポーチおすすめランキングと収納&整理術

メイク道具を収納しておくメイクポーチには、メイクに欠かせないアイテムがたくさん詰まっています。メイクが大好きという人も、メイクしないと外を歩けないという人まで幅広く使われています。

メイク直しを必要としない短時間の外出なら、メイクポーチをもって出かけなくてもいいかもしれませんが、仕事で1日人前に出る時や、汗をかきやすい時期はメイク直しが必要ですからメイクポーチが欠かせません。使うメイク道具の数にもよりますが、メイクポーチはどうしても大きくなってしまいがちです。メイクポーチが大きくなる程、それを入れるカバンも大きくなります。すぐメイクポーチがごちゃごちゃしてしまうという人に、メイクポーチの種類や、コンパクトにまとめる方法を紹介します。

メイクポーチにはいろいろな種類が!

メイクポーチの種類は実に豊富です。デザインが同じで大きさが違うシリーズ、がま口タイプ、ポケットや仕切りがついているタイプ、大容量タイプまでメイク道具の数や種類によって自由に選べます。家にあるメイク道具をまとめて収納するために大きいメイクポーチの他に、外出先で化粧直しをするのに必要なメイク道具を入れておく持ち歩きタイプを使い分けるのもおすすめです。用途別におすすめのメイクポーチを紹介します。

がま口タイプはその名の通りがま口になっているメイクポーチは意外と人気があります。ただしがま口タイプでも口が大きく開かないと使いにくく感じてしまいます。最初からメイクポーチとして作られているものは大抵口が大きく開くようになっています。マチが付いていればある程度までメイク道具を入れても大丈夫ですが、厚みのあるものを入れすぎると口が閉じなくなるので注意してください。

ポケットや仕切り付きタイプは、メイクポーチの中に入れるアイテムは人それぞれですが、小さいものが多くなるので、ポーチの中には仕切りやポケットが付いているものが便利です。リップやリップブラシ、アイシャドウやアイライナーなど形やおおさが違うものをポーチに入れていると、いつの間には小さいものや細いものがポーチの下に追いやられてしまい、使いたい時すぐに取り出せません。こういう時、仕切りやポケットが付いていると、大きさや種類ごとにまとめておけるので、使いたい時にポーチをひっくり返す必要もありません。

防水ポーチは、外側が防水になっているタイプです。メイク直しをする時は、トイレの洗面所に行くので、濡れてしまったりメイクが付いて汚れてしまったりすることがあります。こういう時防水加工がしてあると、濡れても中に浸透しないから安心ですし、防水加工がしてあると汚れてもサっと落とせるので便利です。

洗えるポーチは、汚れても洗えるから見た目も清潔です。家でメイクをするのは大抵朝です。朝は何かとバタバタしてしまうので、メイクをするのも慌ただしくなります。焦っているとてもとが狂うこともおおくなるので、手についたメイクがポーチに付着したり、化粧品をひっくり返してポーチが汚してしまったりすることがあります。そういう時にも洗えるポーチなら汚いまま使わずに済みます。メイクポーチは使っていくうちに中も汚れてきますし、メイクや皮脂には雑菌が反則しやすくなります。洗えるポーチは清潔に使えるのがメリットです。

便利なメイクポーチってどんなもの?

メイクポーチは大切なメイク道具を入れておくものです。メイクをする朝はただでさえ時間がないのに、使いたいメイク道具が見つからないとイライラもつのりますし、1日のスタートから気分を損ねてしまいかねません。時間がない朝でも手早くメイクをするには、使いやすいメイクポーチを使うのがポイントです。ただし人によって、便利と感じるポイントは違うので、自分にとって使いやすく便利だと思えるものを探すことが大切です。

一般的に便利と言われているメイクポーチ条件をチェックしてみましょう。まずは、収納力に優れていることです。収納力の高さとしては、内ポケットや仕切りが付いています。また、使い勝手が便利なものとして、開閉口が大きめで開けた時中が良く見えるものが挙げられます。さらに、防水加工や洗えるポーチといったものが人気の条件です。大きさについては、メイク道具の種類や数によって使い分けもできます。

開閉についてはファスナーやがま口などいくつかに分かれています。ファスナーも上部だけではなく、ほぼ1周近くあって全開にできるタイプだとさらに便利です。形につてはラウンド型、スクエア型、バニティ型、ブック型など見た目も使い心地も違います。バッグの中に入れて持ち歩くなら、スクエア型やラウンド型が便利です。

バニティ型はメイク道具が多い人にとってはかなり便利です。とにかくたくさん入るので収納力では一番と言っていいでしょう。深さももありますがより深く大きいものを選ぶと、化粧水や下地などのスキンケア用品も入れておけます。ただし持ち歩くにはかなり大きいので、通勤に持っていくのは不向きです。コンパクトサイズのバニティもありますが、それなりに大きくなるので、携帯用には不向きとなってしまいます。

プロのメイキャップアーティストやヘアメイクさんに人気なのが、ブック型です。メイクブラシなども収納できますし、ブック型でマジックテープで留められるので見た目もスマートです。メイクのプロのはブック型を使う人が多いのも、利便性に優れているからです。大きさもそれほど大きくありません。ただし厚みがあるものは入らないので、入れられるものは限られてしまいます。メイクブラシをたくさん使いたい人にはとても便利です。

このようにメイクポーチも、人によって使いやすいという基準は変わります。種類が豊富だと選ぶのに迷ってしまいそうですが、普段よく使うメイク道具を収納できるものを探すのもっポイントです。見た目で選んでしまうと、使いにくかった場合結局使わなくなってしまいます。

スッキリまとまる!ポーチの収納&整理術

メイクポーチの中に仕切りやポケットが付いていれば、何をどこに収納すればいいか大体分かるのでポーチの中で何かが行方不明になる心配もありません。仕切りやポケットが付いていないと、どうしてもメイクポーチの中がごちゃごちゃしてしまいます。

もしも買い替えが可能なら、仕切りや内ポケットがたくさん付いているものに変えてみてはいかがでしょうか?今のメイクポーチが気に入っているので、買い換えずに使いたいなら、まずポーチの中身を一旦取り出しましょう。そしてアイテムごとにまとめて、ヘアゴムなどでまとめておけば散らかりにくくなります。どうしても散らかってしまうなら、メイクポーチの中に入る小さいポーチや袋に入れておくのもおすすめです。

今女性の間で注目されている、マイパレットを作ってそれを持ち歩くというのもおすすめです。マイパレットやメイクパレットなど言い方もいくつかありますが、要は自作のメイクパレットを作るという方法です。使うのは名刺ケースです。アルミ製なら丈夫ですし、多少汚れても拭き取れば簡単に綺麗になります。

いつも使っているアイシャドウやチーク、ハイライトはあらかじめケースから外しておきます。名刺ケースの中に好きなように配置するだけだから簡単ですし、メイク道具をコンパクトに収納できます。パウダーファンデーションやチップも入れておけるので、かなりコンパクトになります。アイテム数が多い人は名刺ケースを2つ使えば大体収まるでしょう。

これならあれこれと違うアイテムを持ち歩かずに済みます。手のひらに収まる名刺ケースだから厚みもなくポーチの中がスッキリします。ケースに入りきらないブラシやリップはメイクポーチの中に入れてもそれほどかさばりません。これなら今までのメイクポーチでは大きく感じるかもしれません。ポーチのサイズを小さくしてもいいですし、そのまま今まで使っていたポーチを使ってもOKです。

新しいアイシャドウやチークを買ったり、季節ごとに色を変えたりしたい場合は、名刺ケースの中身をアレンジすればいいだけだからとても簡単です。名刺ケースではちょっと小さすぎるという人は、CDケースでも同じように使うことができます。ちょっとDIYは必要ですが、スマホケースなどでも代用できますので、メイク道具の量に合わせて自作のメイクパレットを作れば、メイクポーチの中がスッキリします。いつの間にかポーチの中が散らかってしまう人はぜひ試してみてください。

メイクポーチおすすめランキング

5位: Hanna Hula(ハンナフラ) シングルファスナーポーチ クッキーフラワーカフェ

Hanna Hula(ハンナフラ) シングルファスナーポーチ クッキーフラワーカフェ
108円お得
¥1176/個
¥1,176 ケンコーコム
¥1,284 爽快ドラッグ
他1ショップ

4位: トミカ マスクポーチ抗菌 消防車 1個入

3位: Hanna Hula(ハンナフラ) フラットポーチ ポップスター

Hanna Hula(ハンナフラ) フラットポーチ ポップスター
¥1296/個

2位: Hanna Hula(ハンナフラ) シングルファスナーポーチ ポルカブラック

Hanna Hula(ハンナフラ) シングルファスナーポーチ ポルカブラック
¥1296/個

1位: チャスティ ミニスクエアポーチ

対象ショップで取扱いなし

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。