ファンデーションブラシの洗い方は?おすすめランキングも

ファンデーションを塗る時は、直接手で塗るかスポンジを使うのが一般的です。ファンデーションのテクスチャーにもよりますが、手もスポンジもそれぞれにメリットとデメリットがあります。ファンデーションをもっと手軽に、そして綺麗に塗るためにブラシを使うという方法があるのをご存知でしょうか?自分でするメイクも、まるでプロのメイキャップアーティストにしてもらったかのように仕上がるのがポイントです。

手で直接塗る場合も、スポンジを使う場合もどうしても手が汚れてしまいます。その手でケースやメイクポーチを触るとファンデーションは付いてしまいますが、ブラシを使えばても汚れません。ファンデーションを手軽にしてくれる、メイクブラシの選び方やお手入れ方法を紹介します。

ファンデーションブラシの種類と選び方

ファンデーションを塗る時にブラシを使うと、簡単なのにプロ級の仕上がりになると評判です。ファンデーションブラシが注目されるようになったこともあり、たくさんのメーカーから販売され種類も増えています。種類が多いとどれを選べばいいか迷ってしまうくらいです。ファンデーションには種類があって、使用感や仕上がりも変わってきます。これからファンデーションブラシを選ぼうと思っている人に役立つよう、ファンデーションの種類と選び方を紹介します。

ファンデーションブラシは人工毛と天然毛の2種類に分かれます。種類が違うと使用するファンデーションとの相性や使い心地も変わってきます。それぞれの特徴を比較すると、自分に合ったファンデーションブラシがわかってきます。

天然毛のブラシは、動物の毛を使っています。ヤギや灰リスの毛を使ったブラシは高級品として人気があります。動物の毛にもキューティクルがあるので、パウダーファンデーションが絡みやすくムラになりにくいのがポイントです。動物の毛には適度に油分が含まれているので、リキッドファンデーションもムラになりにくいと言われています。天然毛は少し肌触りがチクチクすることもあり、体質によっては毛が合わないこともあります。その代わり毛穴にもしっかりとファンデーションをのせることができます。ファンデーションブラシもお手入れが必要です。天然毛の場合は洗う度に傷んでしまうので優しくお手入れすることが大切です。ある程度使ったら劣化してくるので新しいものと交換しましょう。

人工毛のブラシはナイロンやタクロンという素材で出来ています。ナイロンでも肌触りはとても優しく天然毛のようにチクチクとした感触もありません。意外なほど毛は柔らかく、軽い仕上がりになります。ナイロンはお手入れをする時も丈夫なので、傷みにくいのもメリットです。ナイロン製の毛は表面がツルツルしているので、天然毛に比べるとパウダーを絡みとる力は弱くなります。肌触りはとてもなめらかですが毛先が丸いので、毛穴を埋めたい時は少し物足りなさを感じるかもしれません。

ナイロンのブラシは価格も安価ですが、天然毛のブラシは少し価格が高めです。毛質の違いで仕上がりも変わってきますが、パウダーなら柔らかい毛、リキッドは少し重みが加わるのでしっかりとした硬さのある毛が向いています。柄の長さは10cm以内の少し短い方が使いやすいですが、実際に手に取って確認するのがおすすめです。

種類別!ファンデーションブラシの使い方

ファンデーションをブラシで塗る時の使い方を紹介します。ファンデーションのテクスチャーによって選ぶブラシも違いますし、使い方にも違いがあります。自分が使っているファンデーションに合わせて使い方のコツを覚えていきましょう。

パウダーファンデーションは、天然毛の方が毛に粉が良く絡むので使いやすいです。ブラシをファンデーションの上でクルクルと回すようにして毛にパウダーを含ませます。初めて使う場合は、一旦手の甲でどのくらい粉が乗るが試しておくといいでしょう。加減がわかったら、頬から顔全体にファンデーションを広げていきます。塗る時はブラシをクルクルと回しながら乗せましょう。小鼻や目の下など狭いところはブラシを細かく動かすと綺麗につきます。ブラシは顔に押し付けたりしなくても、毛先が軽く当たる程度でも十分綺麗になじみます。

リキッドファンデーションを使う時は、先に顔にファンデーションを置いておきます。ブラシで顔全体に広げるようなイメージで伸ばしていきます。パウダーファンデーションの時はクルクルとブラシを回しながら広げていきますが、リキッドは少し重みが出るので軽くタッチするようなイメージで使いましょう。最初に内側からスタートして、外側に広げるように塗っていきます。

パウダーファンデーションもリキッドファンデーションでも、毛先が平になっているブラシは広範囲に塗りやすいです。少し斜めになっているブラシは、広範囲と狭い部分を塗る時に角度を変えると使い分けができます。パウダーには毛量が多く柔らかめの毛が、リキッドには毛が硬くコシがあるしっかりしたブラシが向いています。

シミやニキビなど気になるところに塗る時は、ブラシをトントンと軽くたたくように使うと綺麗にカバーできます。ブラシだけでは綺麗に塗れない時は、スポンジで仕上げてもいいでしょう。ブラシを使うと薄づきで軽めの仕上がりになりますが、一度に取る量が多すぎると厚塗りになってしまいます。コツをつかむまでは、少量ずつ様子を見ながら塗っていくと失敗がありません。

コツが分かってくると塗り終わるまでの時間も短縮できます。手も汚れませんしとても自然に仕上がるのがポイントです。チークを塗る場合も同じブラシで対応できるので、忙しい朝のメイクにはとても便利です。ブラシの種類によって使い心地は変わりますが、慣れてくるとベースメイクがとても楽で綺麗に仕上がるのを実感できます。

ファンデーションブラシのお手入れ方法 | 洗い方は?

ファンデーションブラシもお手入れが必要です。手で塗る時は手を洗って清潔にしておきますし、スポンジも洗って綺麗にしておくのと同じです。ファンデーションは種類によってお手入れの仕方が違いますが、毎日するお手入れと定期的に行うお手入れがあるので必ず実践してください。

天然毛のブラシは、使い終わったらティッシュなどで大まかな汚れを落としておきます。毎日のお手入れはティッシュで拭き取る程度でOKですが、ちょっと汚れが目立ってきたと感じた時は洗いましょう。天然毛はとてもデリケートで、できるだけ水洗いは避けたいところですが、汚れたまま使うと不衛生ですし、均一に仕上がらなくなってきます。清潔にするのは大切ですが、毛の油分を落としすぎると使い物にならなくなってしまいます。

洗う場合はブラシ用のクリーナーもありますが、落としすぎる可能性があるのでクリーナーを使う場合は薄めて使いましょう。できるだけ毛に負担をかけないようにするには、転々由来の洗顔石鹸がおすすめです。洗う時はぬるま湯を使い、汚れを揉み出すように優しく洗います。しっかりとすすいだらタオルで優しく水気を絞り取り、風通しのいい場所で完全に乾かします。

人工毛も毎日のケアは天然毛と同じです。汚れが目立ってきたら洗いますが、人工毛は中性洗剤や専用のクリーナーを使っても大丈夫ですが、薄めて使います。パウダーとリキッドでは汚れ具合が違いますので、リキッドファンデーションを使う人は、少し濃い目の洗剤で洗います。目安はパウダーがぬるま湯200mlに中性洗剤1滴、リキッドは50mlに対して中性洗剤1滴です。人工毛のブラシもぜんざいをきれいに落とし、風通しのいいところで完全に乾かします。

毎日メイクをする場合は毎日のお手入れに加えて、1週間~2週間に1度のペースで洗うようにします。定期的にお手入れをしていても、ブラシには寿命があるので永久に使えるわけではありません。毛がパサパサになりまとまりがなくなってきたら交換のサインです。ある程度まではパサついてきたら、椿油などで対処できますがそれも限界があります。毛先が広がるとファンデーションを塗る時にムラが目立ってしまいます。ファンデーションブラシはお手入れも大切ですが、寿命がきたら新しいものに交換してください。

ファンデーションブラシを使うにはいくつかのコツがありますが、コツさえ覚えればメイクが楽で楽しくなります。ぜひ活用してください。

ファンデーションブラシおすすめランキング

5位: ラッキー マルチファンデーションブラシ 1本

ラッキー マルチファンデーションブラシ 1本
¥928/個
39%安
¥928 Amazon(アマゾン)
¥1,048 ケンコーコム
他2ショップ

4位: 志々田清心堂 スライドフェイスブラシMR214 ミネラルファンデーションに最適 1本

志々田清心堂 スライドフェイスブラシMR214 ミネラルファンデーションに最適 1本
¥1158/個
¥1,158 爽快ドラッグ
¥1,188 Amazon(アマゾン)

3位: ローロ ダイヤカットパウダーブラシ 1本

ローロ ダイヤカットパウダーブラシ 1本
¥972/個
37%安

2位: ラッキー メイクル リキッドファンデーションブラシ

ラッキー メイクル リキッドファンデーションブラシ
161円お得
¥848/個
45%安
¥848 Amazon(アマゾン)
¥848 ヨドバシカメラ
他2ショップ

1位: フェリセラ スライドパウダーブラシ

フェリセラ スライドパウダーブラシ
¥1728/個
¥1,728 ヨドバシカメラ
¥1,745 Amazon(アマゾン)

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。