【美容師】女性用ヘアワックス鉄板おすすめ人気ランキング10選【おすすめ商品もご紹介!】

ヘアワックス

ご協力いただいた専門家

美容師:ミッコ
美容師:ミッコ

茨城県結城市(栃木県小山市県境)で女性専用ヘアサロンTULLEチュールを営んでいるアラフォーママ美容師ミッコです♪くせ毛を活かしたカットやショートスタイルが得意です♪ヘアスタイルのモチ・デザイン・機能性をモットーにゲストに寄り添った美容師を日々意識し大好きな仕事を楽しんでいます。女性専用ヘアサロンTulle(チュール)オーナー兼美容師/オープンして5年目/美容師歴15年/アメブロ毎日更新5年

ブログアイコン


ヘアワックスヘアウォーターヘアオイルヘアムースヘアジェルポマードなどと同様にヘアスタイリング剤のひとつ

油性でクリーム状のものが多く販売され、この10年ほどで一気に人気ヘアスタイリング剤としてクイーンの座に君臨しました。

油分たっぷりでヘアスタイルをガッチリとキープできるものから、ウォータープルーフタイプなどのベタつきの少ないものまでバリエーションは豊富。

手軽にスタイリングでき、ファッション性が高いことから注目度が高いアイテムです。

最近ではメンズ用やレディース用のほか、さまざまな髪質や髪型に合ったヘアワックスが数多く販売されているので、誰もが自分に合ったものを選ぶことが可能に。

ここでは特に女性向け(レディース)の商品に注目し、ヘアワックスの種類や特徴から髪型や髪質に合った選び方、基本的な使い方を詳しく解説していきます。

今回は美容師歴15年!現役美容師のミッコさんにおすすめのヘアワックスを紹介していただきました。

ミッコさん直伝のワックスをつけるコツも必見です!

↓詳しく見る↓

安い「ヘアワックス」はこちら
↓メンズヘアワックスの詳しい情報はこちら↓
メンズヘアワックスのおすすめ10選
最終更新日:2020-08-26  閲覧数:184379

女性用ヘアワックスおすすめ人気商品の比較一覧表

女性用ヘアワックスprot画像
商品画像
商品名
商品タイプ
特徴
商品リンク
1
ロレッタのヘアワックス
ドライタイプ
ほどよい軽さとキープ力
2
ヒトヨニのヘアワックス
クリームタイプ
ショートヘアにおすすめ
3
ルシードエルのヘアワックス
ウォータージェリータイプ
軽キメパウダー(シリカ)配合
5
トリエのヘアワックス
ウォータータイプ
メドウファームオイル
6
ナカノのヘアワックス
ファイバータイプ
紫外線による髪のダメージを防止
7
ニゼルのヘアワックス
ジェルタイプ
スプリングフィットポリマー配合
8
ナンバースリーのヘアワックス
ファイバータイプ
エアリーな束感を入れたスタイルが完成
10
カルドールのヘアワックス
パウダータイプ
デュアルパウダーテクノロジー
2020年6月現在の情報です。

ヘアワックスはどんな時に使うの?【タイミング・量・注意点】

毎日の身だしなみに欠かせないヘアスタイリング。

濡れ髪ヘアや髪の毛に動きやツヤ感が欲しいという方や、逆に髪の毛にツヤを与えず、パサっとしたクールな印象の髪型にする時も、ヘアアレンジを思い通りにさせてくれるヘアワックスが男女問わず大活躍。

ヘアワックスは男性のヘアスタイルというイメージがありますが、パーマやヘアアイロンで巻いた髪をボリュームがあるふわっとした質感にしたり、トップのパサつきやアホ毛を抑えて髪にまとまり感や艶を出したりと、ヘアワックスは女性の髪をセットする際もマストな整髪料です。

女性に人気の「ナチュラルな後れ毛」や「無造作ヘア」などの大人アレンジにもワックスは欠かせません。

最近はスタイリングだけじゃなく、香りが良く、トリートメント効果があり、ハンドクリームやリップとしてケアも一緒にできるオーガニックワックスも人気。

ヘアワックスには女性用「レディースヘアワックス」、メンズ用「メンズヘアワックス」、男女兼用の「ユニセックスヘアワックス」の3タイプあり、それぞれ性能や特徴などが異なります。

男女兼用のユニセックスタイプのヘアワックスは、パートナーとシェアコスメとしても使用可能です。

ワックスを付けるタイミングは?

洗髪後の濡れた状態の髪の毛にワックスをつけると、髪自体の水分で重くなり、ボリュームや動きがつきにくいだけでは無く、水分が邪魔をしてワックス成分が髪の毛に馴染みにくいです。

ワックスで思い通りの動きやボリューム、ふんわり感をつけやすくするには、必ず髪の毛が乾いた状態と乾いた清潔な手で使用しましょう。

ワックスの適量

ワックスの適量は髪の長さや毛量によって異なりますが、一般的にはショートからボブヘアの方には1円玉硬貨ぐらいの大きさの量を、ミディアムヘアからロングヘアの方は10円玉硬貨ぐらいの大きさの量が目安です。

ワックスの注意点

ワックスの量が多すぎると、付けすぎによるベタつきや不自然なテカリ感が出てしまいます。

また、使用期限の表示がないものは、未開封であれば3年は使用できると言われていますが、 一度開封してしまったワックスは、指や空気が触れ保管方法によっては品質が変わってしまう可能性もあるので半年くらいで使い切る方が良いでしょう。

レディース美容ライター:emmy
レディース美容ライター:emmy

開封したヘアワックスは、使うたびにきちんとフタをしめ、品質の劣化を防ぐために直射日光などの当たらない冷暗所で保管しましょう。

フタのしめ方がゆるく空気に長時間触れてしまうと、硬くなってしまうことがあります。

また、ヘアワックスの場合は、冷蔵庫で保管する必要はありません。上手に保管して思い通りのヘアスタイルを手に入れましょう!

ヘアワックスの基本をスタディ【種類・特徴】

ヘアワックス

一世代前までは、髪の毛をカッチリとまとめたヘアスタイルを長時間キープするために、ポマードが使用されていました。

べたつきが強くきつい匂いが難点となっていることから、手軽に使いやすく改良されたヘアワックスが誕生したのです。

ポマードのようにガチガチに固めるのではなく、髪の毛に動きのある流れをつくることができるものとして、若い世代からも受け入れられるように。

ナチュラルなスタイルを長くキープすることができるとともに、ヘアケア成分が配合されたものも多く登場しています。

最近では、ワックスやクリーム、ジェルやムースなどの境界線があいまいとなっており、広義でスタイリング剤のほとんどを指してヘアワックスと呼ぶこともあります。

ヘアワックス物

代表的なワックスの種類は全部で

  • ファイバータイプ
  • グリースタイプ
  • ドライタイプ
  • クリームタイプ
  • ジェルタイプ
  • ムースタイプ
  • ウォータータイプ
  • パウダータイプ
  • カラータイプ
  • スティックタイプ
  • スプレータイプ

11種類にも及びます。

それぞれどのような違いがあるのか、タイプ別に特徴を詳しく見ていきましょう。

ファイバータイプ

ヘアスタイリング

ヘアワックスのなかでも圧倒的なシェアを誇っているのがこのファイバータイプ。繊維が配合されているため、指先につけると糸を引くようによく伸びるのが特徴です。

髪全体に伸ばしやすくすぐになじむので、ヘアワックス初心者の方でも思い通りのスタイリングを完成することができるでしょう。

セット力はあまり強くないものの、毛先の動きや毛束感を簡単につけることができます。

セットした後でも手ぐしで直すことができるのも魅力の一つ。美容室などでもプロが愛用しているヘアワックスとしてよく知られています。

髪にツヤ感がプラスされますが、付け過ぎると髪がペッタリとしてボリュームを出しづらくなってしまうので、少量ずつ足していくのが良いでしょう。

ゆわクシュ感出る「マンダム」

「LUCIDO (ルシード)エル ニュアンスデザインワックス」は、柔らかいファイバータイプなのでふわふわ感のある毛先のニュアンス作りにおすすめです。

軽決めパウダーと浸透型ヒアルロン酸配合でベタつかないのに潤いも与えます。

グリースタイプ

毛流れキープ

このタイプはポマードが改良されたものともいわれている水溶性のワックスで、ツヤ感やウェット感のある仕上がりに。

そこまで髪をホールドする必要がなく、髪全体の光沢感を重視する方におすすめ!

ジェルほどカチッと固まることはありませんが、ある程度のセット力があり束感や毛先の流れを演出したい方向きのアイテム。

以前は男性が使うものというイメージの強いものでしたが、最近ではレディースサロンなどでも多く使用されています。

セット力は最強!男女で使える「ロレッタ」

「ロレッタ ハードゼリー」は、どんなスタイルも即キープし、ベタつきの少ないウォーターベースのスタイリングジェル。

ハードにまとまるのに、潤いがあり、清潔に見えます。

大容量でコスパも良く、ローズ系の匂いと可愛いパッケージも女性に人気です。

ドライタイプ

ヘアワックスのドライタイプ

クレイやマットと呼ばれることがあるドライタイプは、油分や水分が少ないため完全に乾いた髪に使用するもの。

ヘアワックスのほとんどがウェット感やツヤ感を出すために使用することが多いのに対し、ドライタイプはツヤのないマットな質感を表現したいときに使用します。

扱いが少し難しいので中級者から上級者向けともいえますが、毛束をつくったり自由な毛先の流れを強調するために大活躍!

固くて伸びが悪いためよく伸ばして使わなければいけないため、髪が長い方にはあまり適していないかもしれません。

クリームタイプ

ファイバーとドライの中間にあたるヘアワックス。ツヤも動きも両方欲しい!という声から開発された、初心者にもおすすめの人気ヘアワックスです。

ほどよくルーズな動きを髪に与え、みずみずしくて軽い仕上がりに。スタンダードなタイプのワックスなので、さまざまなスタイルに使用できるでしょう。

美容師さんから紹介されて使い始める人も多数いるそう。その結果、口コミにおいて「使って良かった」と高評価

ベタベタしないのに、髪のスタイリングは一日中しっかりキープできると話題に。

和草のエキスでダメージも補修!「クラシエ」

「クラシエホームプロダクツ いち髪 柔らか質感ふんわり 和草エアリーワックス 80g」は、クリームタイプのヘアワックス。

和草のエキスの働きで、スタイルを作りながらダメージを補修します。

巻き髪からストレートまで、ナチュラルにキープ。

ジェルタイプ

ヘアワックスのジェルタイプ

ジェルタイプのワックスは、それ自体はみずみずしくてウェットな質感ですが、乾燥させるとパリッと髪を固めてくれます。

キープ力も高いので、女性の芸能人やモデルさんも取り入れているオールバックなどへのヘアアレンジもしやすいタイプ。

樹脂と水などの水溶性成分で構成されているので、伸ばしやすく髪にも馴染みやすいです。またシャンプーで洗い流しやすいのも嬉しいところ。

髪の量が多い方やクセが強くて髪が広がりやすい、そんな髪のボリュームを抑えたい方に人気があります。

また、タオルドライした濡れた状態の髪にも使うことができるので、ヘアセットの時間を短縮したいときにお役立ち!

ムースタイプ

ヘアアイロン

泡状で水分量が多いワックスで、パーマやカールなどのウェーブスタイリングをするのに適しているでしょう。

髪全体になじませやすいのが便利なポイントで、泡状で扱いやすいのも特徴です。また、クセ毛直しやそのクセ毛を活かしたスタイリング用としても人気のヘアワックスです。

髪の毛に水分が残っている状態で使うと、水分バランスが崩れてスタイリングが難しくなります。

また、重い印象になってしまうので、付けすぎには注意が必要。

ヘアアイロン(コテ)を使って巻くときは、きちんと乾かしてから使用するようにしましょう。

パーマやウェーブスタイルのキープにおすすめ「コーセー」

特にウェーブスタイルの方におすすめなのがこの「コーセー サロンスタイル エアリーホイップワックス ふんわりウェーブ 缶150g」。

モチモチの泡が髪に素早くなじみ、軽い仕上がりに。

さらに、ウェーブ感を1日中キープします。

ウォータータイプ

液体状のため髪の毛になじみやすく、スタイリングしやすいのが特徴。べたつきがなく軽さがあり、髪の毛に適度な弾力を与えてスタイルを長時間キープ

また、このタイプのワックスは固形ワックスのようにべたつかず、重々しい印象になりません。シャンプーの際も簡単に洗い落とすことができるという点も魅力。

これからの整髪料のトレンドとなりうる商品ですので、一度試してみてはいかがでしょうか。

サロン仕様のスタイリング剤で圧倒的な人気「ナカノ(nakano)」

「ナカノ スタイリングタント ミズワックス ノーマル」は、ナチュラルなスタイリングを好む方におすすめ。

髪も手も簡単に洗い流せることや、髪の嫌なニオイを軽減する効果が期待できる緑茶ポリフェノールを配合していることも魅力です。

髪の1本1本をコーティングするようにスタイリングできるため、不自然な毛束感がなくナチュラルな動きを表現できます。

パウダータイプ

パウダー

パウダータイプと聞くと粉末状をイメージしてしまいますが、「パウダー樹脂」が配合されたヘアワックスをパウダーワックスと言い、実際にはジェル状だったり、液体状だったりと形や形状も様々です。

ほとんどがノンオイルのものなので、髪がべたつくようなことがありません。ワックス特有のべたつきが苦手!という方に人気。

固めてスタイリングするのではなく、ふんわりとしたボリュームを出すために使うことが多いです。

髪が細い・薄い・コシが弱くてしなっとしてしまうような方におすすめ!トップのボリュームやパーマのエアリー感を出すためによく使われます。

なりたいスタイル思い通り!サロンスタイリストも愛用中の「資生堂」

「資生堂 ステージワークス パウダーシェイク」を根元あたりにプッシュし、ドライヤーで流れを作ってあげるとナチュラルな感じの仕上がりに。

オイルフリーの処方となっており、一度乾くとまるで乾かしたての髪のように艶がなくなります。

もちろんスタイルはセットのまま持続。

髪に薄く、かつまんべんなくかかるのでシャンプーの洗い流しも楽です!

カラータイプ

メッシュ

カラータイプのワックスは、整髪しながら髪に鮮やかな色を演出するアイテムです。カラーバターと呼ばれることも。

通常のヘアカラー剤と異なり、シャンプーで落とすことができます。「髪色を気軽に変えてみたい」、「一日だけカラフルにしてみたい」といった方に人気です。

髪全体を均等に色づけることは難しいので、好きな部分へのメッシュやポイント使いをするのが得策でしょう。

ただし雨の日は衣類に汚れがつく恐れがあるので、使用を控えることをおすすめします。

スティックタイプ

文房具の「スティックのり」のような固形のスティックタイプのヘアワックス。

おもにアップスタイルやまとめ髪のときに出る後れ毛やアホ毛などの短めの毛を抑える時に、手を汚さず直接髪の毛に塗れて便利。

コンパクトなサイズで、フタを外してそのまま塗るだけで手も汚れないので外出先でも手軽に使えます。

ホールド力も高いので、ナチュラルだけどピタッとヘアスタイルをキープ。

初心者から使い慣れた方まで幅広くお使い頂けます。

アップスタイルやまとめ髪に便利!「ウテナ」

「ウテナ マトメージュ まとめ髪スティック レギュラー 13g」は、まとめ髪の仕上げに便利なスティックタイプのヘアワックス。

アップスタイルやまとめ髪にしたときの後れ毛・アホ毛といった短い髪の毛もひと塗りでぴたっとおさまります。

スプレータイプ

固形のヘアワックスに比べて、霧状のためワックスが髪全体にいきわたりやすい点や、つけすぎを防げるのが便利なスプレータイプ。

ヘアスプレー(ハードスプレー)のような髪同士を固める成分は基本的に含まれていないので、ヘアセットの時短や髪型をナチュラルなエアリー感あるスタイルに仕上げたい・できるだけ手の汚れを防ぎながら髪をセットしたいという方に使いやすい。

前髪を上げたり巻き髪にセットする際や、トップにボリュームを出したスタイルをしっかりとキープしたい場合は、トップ・前髪にポイント使いでスプレーワックスを散布し、形を作った後にハードスプレーで固める方法がおすすめです。

ベタつかない、ほどよいセット力「グラマラスカール」

ふんわりエアリーなスタイルも思い通りに出来る「グラマラスカールNスプレー ワックス」は、手ぐしで簡単にリメイクできます。

スプレーしてもみこむだけで、トップのふんわり感やボリュームアップのアレンジも可能です。

ヘアカラーの褪色と紫外線によるダメージを防ぎ、毛髪補修成分とほんのり甘いフルーティローズの香りが女性に人気です。

番外編:オーガニックで全身OK!?

シアバターなどオーガニック素材

シアバターやホホバオイルといった自然由来の原料から作られているヘアワックスが、人気上昇中です。

髪の毛にだけでなく、ハンドクリームやネイルの保湿にも使える優れモノ。

前髪にヘアワックスをつける時、肌につかないように気を遣う必要がないため使い勝手が良いというメリットもあります。

乾燥肌にも優しいオーガニック素材!全身の保湿に使えるヘアワックス「ザ プロダクト」

シアバター、アロエベラ、蜜ろうといったオーガニック素材から作られている「ザ・プロダクト ヘアワックス」。

整髪料にもボディケアにも使えるマルチタイプのバームで人気です。

タンジェリンの匂いが、さわやかでスイート。

まとめ【ヘアワックスの使い分けがポイント!】

女性が思考中

ヘアワックスにはさまざまな種類のものがあり、髪の毛の量や質、表現したいヘアスタイルによって使い分けをすることが重要なポイントとなります。

品揃えが豊富なネット通販で探せば、さらさらストレートヘアから剛毛、ウェーブなどのあらゆる髪質にピッタリなヘアワックスがきっと見つかるはず。

質感やセット力の異なる数種類のヘアワックスを購入しておけば、その日の気分やシーンに合わせて使い分けることができるでしょう。

さまざまな種類のヘアワックスがあるため、髪質やヘアスタイルなどに合わせて使い分けることが大切です。自分に合ったヘアワックスを見つけてみましょう。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。