ベビーソープ鉄板おすすめ人気ランキング10選【新生児にも安心な選び方は?】

ベビーソープ鉄板おすすめ人気ランキング10選【新生児にも安心な選び方は?】

ベビーソープ

赤ちゃんの沐浴に欠かせないベビーソープ

プレママが赤ちゃんを迎えるために、さまざまなベビー用品を準備しますが、ベビーソープは種類が多くて悩みどころのひとつ。

赤ちゃんの肌は非常にふっくらスベスベしていますが、実は大人の3分の1ほどの厚みでデリケートなのが特徴。

乳児湿疹や乾燥肌、さらにはアトピーなどの肌トラブルに悩まされることもあり、これらを予防する上で毎日のスキンケアは不可欠です。

そんな赤ちゃんの肌を清潔にする上で欠かせない、ベビーソープについてのあれこれを詳しくご紹介!

↓ベビーソープの詳しい特徴はこちら↓

安いベビーソープはこちら
最終更新日: 2019-07-17   閲覧数:31322

売れ筋人気ランキング上位10商品をおすすめの月齢と特徴で比較!

ベビーソープの比較画像

当サイト人気ランキング上位10商品の成分や使用タイミングをまとめてみました。

プレママで赤ちゃんを迎える準備をされてる方、今使ってるベビーソープが合っているのか不安な方もぜひチェックしてみて下さい。

商品画像
商品名
おすすめの月齢
特徴
商品リンク
1
ベビーソープのアラウ
新生児から
純石けん成分、香料・着色料・保存料など無添加、コスパ良し
2
ベビーソープのキューピー
新生児から
皮膚保護成分、弱酸性・低刺激、無着色・無香料・無鉱物油
3
ベビーソープのアトピタ
新生児から
潤い補強成分、無香料・無着色、防腐剤フリー
4
ベビーソープの玉の肌
クビが座ったら
香料・着色料・防腐剤無添加、主成分:植物油脂
5
ベビーソープのパックス
クビが座ったら
石けん素地・グリセリンのみ使用、植物由来のオイル使用
7
ベビーソープのミヨシ石鹸
新生児から
石けん成分のみ使用、防腐剤・香料・着色料など不使用
8
ベビーソープのメディスキンベビー
新生児から
日本製・天然成分100%、プロの皮膚科医が開発
2019年7月現在の情報です。

ランクインした商品は天然素材使用、無添加などの商品が多数。

使い勝手が良い点から泡タイプが目立ちますが、100%天然素材の固形石けんも根強い人気があるようです。

ベビーソープの種類とは?ママのプロから新米ママに特徴をレクチャー

デリケートな新生児や赤ちゃんに使うことを想定して作られているベビーソープ。

肌の厚みが大人の約3分の1しかない新生児のデリケートな肌はもちろん、赤ちゃんを沐浴させる際の使い勝手に関しても、配慮された商品が数多く販売されています。

それでは、ベビーソープを選ぶ上で大切な4つのポイントをスタディしていきましょう。

① 固形石けんタイプか泡タイプか

固形石鹸か泡かベビーソープ

一般的に販売されているベビーソープは、

固形石けんタイプ
泡(ポンプ)タイプ

の2つが主流。

また、数は少ないですが液体石けんも販売されています。

片手でワンプッシュするだけでソープが出てくる泡石けんタイプは、新生児の沐浴に重宝。

ただし、"泡"の状態をキープさせるために、さまざまな添加剤が含まれている商品も。

対して固形タイプは泡立てる手間が必要ですが、純石けん成分だけで作られた「無添加」である場合がほとんどであり、それが人気の秘訣となっています。

② 弱酸性かアルカリ性か

アルカリ性か酸性か

赤ちゃんに限らず肌は「弱酸性」。そのため、弱酸性のベビーソープの方がお肌に優しいとされています。

しかし、食べかすや皮脂汚れ、おしっこやウンチ、よだれや汗など赤ちゃんに多い汚れは酸性に。

こういった汚れは「弱アルカリ性」で中和分解させて洗浄するのがもっとも容易いといわれています。

それでは「弱酸性」ベビーソープではどうなるかというと、界面活性剤の「乳化作用」が汚れを除去します。

◆「弱アルカリ性」がおすすめの場合は

アルカリ性ベビーソープ

「弱酸性」の表示がない商品は、弱アルカリ性と考えてOK

固形石けんタイプは弱アルカリ性であり、泡タイプにも弱アルカリ性のものが多く販売されています。

しかし洗浄力がある分、必要な皮脂まで落としてしまい、洗い上がりがつっぱったり乾燥してしまうことも。

汚れがひどかったり、汗っかきな赤ちゃんにおすすめです。

✴︎洗浄力と肌へのやさしさを兼ね備えた「ミヨシ 固形石けん 無添加」

汗っかきな赤ちゃんの肌を優しく洗い上げる「ミヨシ 固形石けん 無添加」。

食物油脂を原料に使用しているので刺激が少ないのはもちろん、万が一、口や目に入っても安心です。

◆「弱酸性」がおすすめの場合は

「弱酸性」のべビーソープは液体や泡タイプとして販売されています。

赤ちゃんが乾燥肌で、お風呂上がりにすぐカサカサしてしまう……といった場合には「弱酸性」のベビーソープがおすすめ。

ただし、肌と同じ”弱酸性”のものは、その肌馴染みの良さから泡切れが悪くすすぎ残してしまうことも

赤ちゃんの肌トラブルにつながるので十分注意が必要です。

すすぎの際に、どうもしっとり感ではない”ぬめぬめ”感が続く……といった商品は切り替えたほうがベター。

✴︎保湿効果に注目した「キユーピー 牛乳石けん 全身ベビーソープ」

③ 洗浄成分がどんなものか

洗浄成分は?

ベビーソープに使用されている洗浄成分(界面活性剤)は、
・石油系
・天然系

に分かれます。

ここで注意するのは石油系で、かつて問題視された「ラウリル硫酸ナトリウム」を使ったベビーソープは販売されていないようですが、「ラウレス硫酸ナトリウム」のものも刺激が強いので避けるべきです。

ベビーソープに使用されている洗浄成分は天然系が多く、純石けん成分(石けん素地)や脂肪酸系(ラウリン酸ナトリウム)、アミノ酸系(グルタミン酸系など)、また牛乳から作られた洗浄成分(ガゼイ)など。

例えば、「ラウロイルメチルアラニンNa」と成分表示に書かれると、「カタカナ表示だから石油系っぽい?」イメージで躊躇してしまうかもしれませんが、実はアミノ酸系の界面活性剤です。

「赤ちゃんに安心な成分か心配…」
という方はひとつひとつ成分を検索してみても◎。

④ 無添加かどうか

添加物なし?

デリケートな赤ちゃんのために作られているベビーソープ。
添加物にしてもあまり香料や刺激の強い成分は使用されていないようです。

ただ余計なものが入っていないに越したはなく、なるべく「無添加」や「低刺激」のものをセレクトしたほうがベター。

また実は、「無添加」といっても、洗浄成分以外何も入っていないというわけではなく、「〇〇が無添加」という特定の成分を指したものであることがほとんどです。

「無添加」の商品でも成分表示を細かく確認したほうがよく、特にアルコールやパラベン、シリコーンは赤ちゃんにとってダメージが強いので注意しましょう。

ママライター:あおい
ママライター:あおい

ベビーソープの売れ筋をチェックすると、ミヨシ石鹸や太陽油脂といった自然派メーカーがいつもランクイン

「低刺激、でも汚れはしっかり落とす」というロングセラーのアイテムが選ばれています!

いつからいつまで?ベビーソープの月齢による選び方

新生児から生後3ヶ月ごろまで

◆まずはどのように沐浴させるか

泡タイプおすすめ

新生児の沐浴は片手で赤ちゃんをだっこし、片手で洗うというもので、新米ママもこわごわですが、見ているだけでも危なっかしいものです。

そんな新生児のお風呂タイムには、片手でワンプッシュすれば出てくる泡タイプのベビーソープがベスト。

新生児から使えるリクライニング型のベビーチェアやベビーバスを使って沐浴させるという場合は、もう少し自由度があるでしょう。

そういった場合はもちろん、泡タイプの他に固形石けんタイプや液体タイプを選んでもOK

◆新生児のお肌の状態は?

新生児の肌

新生児のお風呂タイムでおすすめの泡タイプですが、”泡”の状態を保つがために、添加剤を含む商品が多数。その中でもなるべく、無添加・低刺激のベビーソープをセレクトするほうが良いでしょう。

新生児から生後2ヶ月までは汗をかきやすく、新生児ニキビや乳児湿疹ができやすい時期です。

また、生後3ヶ月からは皮脂の分泌量が減り、バリア機能が低下するなど生まれた直後からこの時期までは赤ちゃんのお肌の状態はかなり変化します。

洗浄力はもちろん大切ですが、高保湿でバリア機能をサポートするものを選ぶのがおすすめ!

クビや腰がすわってきたら?月齢4ヶ月から1歳

赤ちゃんお座りベビーソープ

バスチェアやマットに座れるようになる月齢であり、大人と一緒にお風呂に入るようにもなります。ママの体や髪を洗う間、赤ちゃんが動かないようにバスチェアを使う方も増えてきます。

そうするとママの自由度が増えるので、固形石けんや液体石けんセレクトするのもよいでしょう。

また月齢4ヶ月は、皮脂分泌量が”下げ止まった”時期。ここから思春期が始まるまでは皮脂分泌量が変わりません。

このタイミングでもう一度、ベビーソープが赤ちゃんの肌に合うかどうか確認してみましょう。

1歳を過ぎて髪と別々に洗うようになったら

ベビーソープとシャンプー

1歳を過ぎて、髪の毛に子供用シャンプーを使い始めてもベビーソープをすぐに卒業するわけではありません

こどもの肌は3歳くらいまではとてもデリケートなので、ベビーソープをそのまま使ったほうがベター。

ただ、活発な男の子などは戸外での運動で汗やほこりなどの汚れが酷く、4、5歳頃になると大人用のボディソープでしっかりと洗ったほうがよいかもしれません。

反対に、敏感肌のお子さんには無理に変える必要はありません
ママや家族もデリケート肌であれば、一緒にベビーソープを使い続けても◎。

ママライター:あおい
ママライター:あおい

「ベビーシャンプー」をいつから使い始めるのか、迷いますよね。

切り替えのタイミングは赤ちゃんの髪の毛がもつれ始めた時や、頭皮のにおいが気になりだした時。

長女は髪の毛が伸びるのがゆっくりだったので、1歳すぎても全身ベビーソープで洗っていました!

ベビーシャンプーの使い始めやベビーソープを変えた時は、いつもより肌のコンディションに気をつけてみてくださいね。



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops