最終更新日:
 
閲覧数: 1

ベビーオイルの使い方とは?おすすめ商品ほか

赤ちゃんの肌はきめが整っていて理想的な肌だといわれることがあります。大人の肌とは大きく異なっていますが、それでも時には乾燥したりすることがあります。そんな時には外から適度な潤いを与えてあげることが必要になります。潤いを与えることで乾燥や、また乾燥によるかゆみなどを引き起こしにくくなり、赤ちゃんもぐっすりと眠ることができます。そんなデリケートな赤ちゃんの肌に使用したいアイテムが赤ちゃん専用のベビーオイルです。このベビーオイルは今ではいろんなタイプの商品が登場しています。またこのベビーオイルには正しい使い方もあります。さらに大人に使用してもいいほどの商品です。ベビーオイルの種類とは、またどんな使い方があるのでしょうか。

ベビーオイルの種類

赤ちゃんの肌はとてもすべすべとして透明感がありますが、その肌をしっとりと潤わせてあげる必要があるときがあります。特に冬場などは乾燥してしまうこともあり、そういったときには赤ちゃんの肌に低刺激なオイルを少量塗布してあげるといいでしょう。赤ちゃんの肌はきれいで透明感もあるので何も塗布する必要がないと思われがちですが、肌によっては少しオイルを塗ってあげて外部の刺激から肌を守ってあげる必要があります。赤ちゃんのデリケートな肌に使用したい商品は赤ちゃん用のものです。赤ちゃんは言葉で気分を伝えることが難しいので、できるだけ刺激を感じないようなアイテムを使用してあげなければなりません。まずは赤ちゃんの肌によく使用するベビーオイルの種類を理解する必要があります。

ベビーオイルはベースとなるオイルはいろんな種類に分類されるのではなく、基本的には2種類のオイルに分類されます。ミネラルオイルと植物性オイルの2種類です。ミネラルオイルは変質しにくく安定しているので赤ちゃんのデリケートな肌に塗布しても皮膚の上で不安定な状態になりにくいメリットがあります。さらっとした使用感も不快感を感じにくいものです。これに対して植物性オイルはしっとりと肌をより潤わせる効果に優れています。使い勝手はどちらも似ていますが、使用感の点で異なっています。どちらが向いているのかは赤ちゃんの肌によって異なります。

ベースとなるオイルは2種類ですが、商品によってさらに配合されている成分が異なります。無香料タイプは全く他の成分が入っていないシンプルなものです。また香りを添加しているタイプも見られます。オーガニックの植物由来のオイルを添加しているタイプは優しい植物の香りが感じられます。さらによりしっとり感をプラスした商品としてはスクワランやホホバオイルなどをプラスしているリッチなタイプもあります。このように基本のオイルは2種類となりますが、そこに他の成分が配合されているタイプがあります。

最近ではお母さんも忙しくなっていることから、早く赤ちゃんの肌にオイルを塗らなければならない時もあります。そんな時に便利なジェルタイプも登場するようになりました。このタイプはジェル状になっており、ある程度の硬さがあるため、すぐに塗ることが出来ます。また液だれしにくいので、扱いがとても簡単です。このように徐々に新しい商品も登場するようになってきました。

ベビーオイルの効果とは?

ベビーオイルの最大の効果は適度な潤いを肌に与えることができるという点です。ただ単に潤いを与えるのではなく、不快感が少なく優しい潤いを感じるのでオイルのべったりした質感が苦手な方にはピッタリです。ベビーオイルはミネラルオイルや植物性のオイルを使用しており、精製がしっかりとされているので、肌へのなじみがいいのも特徴です。そのためさらっとした質感で優しくなじみ、肌に潤いを与えてくれます。シーズンではどの季節でも問題なく使用することができます。夏のべたつきがちな季節ではさらっとしたベビーオイルの使用感はピッタリです。少量をうっすらと塗布することによって肌に潤いを与えることができます。また冬の寒さが厳しい時期には何度かに分けて塗布をしていくとより一層しっとり感を肌に与えることができます。このようにベビーオイルには潤いを与える効果があり、その効果もいろんな度合いで感じることができます。季節によってその効果に強弱をつけてもいいですし、また乾燥しやすい方は重ねて塗布し、より強い保湿感を得るように工夫してもいいでしょう。このような使い方をすることでどんなシーズンであっても問題なくベビーオイルの効果を実感することができます。

ベビーオイルは低刺激で肌に潤いを与える効果があるため、肌が敏感に感じやすい時にメイクの下地としての効果を期待することができます。肌が何らかの理由によって刺激を感じている時期にはメイクをしても刺激を感じたり、かゆみを感じてしまうことがあります。そんな時にはメイクを諦めてしまいがちですが、その際にベビーオイルを使用することで刺激をできるだけ和らげていくことができます。洗顔後にスキンケアを行いますが、その際にクリームの代わりにきわめて低刺激なベビーオイルを使用してもいいでしょう。また乾燥しやすい方は何度もベビーオイルを塗布して化粧下地のように使うこともできます。十分な保湿感と軽さで不快に感じにくいものです。その上にファンデーションを塗ればファンデーションの肌なじみがよく、肌が粉っぽくなることを防止する効果が期待できます。ファンデーションのなじみが悪いという方はこの使用法を試してみるといいでしょう。ベビーオイルは単に肌に潤いを与えるオイルとしての効果を期待するだけではなく、化粧下地としての効果も感じることができます。肌が刺激を感じやすい方は肌を休ませる目的としてもベビーオイルを使用してはいかがでしょうか。

ベビーオイルの使い方 | 美容にもおすすめ!

ベビーオイルはデリケートな赤ちゃんの肌だけではなく、大人の敏感肌や乾燥肌にもピッタリなアイテムです。実際にはいろんな使い方があるので、上手な活用法を知っておくととても便利に使うことができます。まずはマッサージオイルとしての使い方です。マッサージをすると血行を促進し、不要な老廃物を流していくことができます。また筋肉の緊張をほぐすのでリラックス効果やコリをなくしていくことができます。しかし肌に直接マッサージを行うと刺激で肌が赤くなったりします。そんな時に伸びのいいベビーオイルを使用すると肌に負担をかけることなくマッサージを行うことができます。全身に使用しても少量で伸びるので、経済的でもあります。赤ちゃんの肌に対してはマッサージは不要ですが、適度に塗布して乾燥を防止してあげるのにはちょうどいいアイテムです。年齢に関係なく誰でも使用が可能なのがベビーオイルの大きな魅力です。

ベビーオイルは低刺激なので顔に使用しても安心です。そのためクレンジングとしても活用することができます。クレンジングの中には刺激を感じるものもありますが、そんな場合には低刺激なベビーオイルなら刺激を感じることなくクレンジングを行うことができます。クレンジングを行うと不要な汚れや皮脂を包み込んでくれるので、美肌のためには毎日したいものです。ただ安心できるアイテムでクレンジングをしなければなりません。そんな時にベビーオイルは役立ちます。

ベビーオイルは頭皮や髪に潤いを与えるために活用しても大丈夫です。適度に頭皮に塗ることで乾燥を防止し、かゆみの防止にもつながります。また髪が乾燥しやすい方は少量のベビーオイルを使用することでしっとりと潤いを与えてつやのあるきれいな質感に仕上げることができます。また頭皮に塗布してマッサージをするのにも便利です。頭皮は自分で動かすことができないため、血行不良を引き起こしやすい部位です。また血流が悪いと抜け毛などの原因となってしまいます。そのためそういったことを防止するためにマッサージは定期的に行ったほうがいいでしょう。しかしそのままマッサージをすると刺激を感じてしまいます。ですから安心して使用できるベビーオイルなら誰でも気軽に使うことが可能です。頭皮のマッサージはストレスの解消にもつながります。日常的にストレスがたまりやすい方もベビーオイルで頭皮のマッサージを行ってみるといいでしょう。

ベビーオイルのおすすめ

9位: カネソン ピアバーユ(25mL*2本入) [01878]

カネソン ピアバーユ(25mL*2本入) [01878]
¥7960/100ml ¥1990/個

8位: カネソン ピアバーユ(25mL*1本入)

主要1モールで取扱い

7位: ディブ ベビーオイル(300mL)

¥464 ケンコーコム
¥494 爽快ドラッグ
他1ショップ

6位: ジョンソン・エンド・ジョンソン ベビーオイル 無香料 ボトル125ml

ジョンソン・エンド・ジョンソン ベビーオイル 無香料 ボトル125ml
¥469/100ml
89%安
¥586 Amazon(アマゾン)
¥620 爽快ドラッグ
他2ショップ

5位: アトピコ スキンケアオイル 30ml

アトピコ スキンケアオイル 30ml
¥3527/100ml
¥1,058 ケンコーコム
¥1,071 ヨドバシカメラ
他2ショップ

4位: ハービー ベビーオイル(300mL)

3位: ジョンソン・エンド・ジョンソン ベビーオイル 無香料 ボトル300ml

¥563 ヨドバシカメラ
¥569 Amazon(アマゾン)
他5ショップ

2位: ジョンソン・エンド・ジョンソン ベビーオイル 微香性 ボトル300ml

¥657 ヨドバシカメラ
¥664 Amazon(アマゾン)
他3ショップ

商品説明

ジョンソン・エンド・ジョンソン ベビーオイル 微香性は、「赤ちゃんにもお母さんにもやさしい」を目指して、厳しい品質基準をクリアして作られた製品です。5年以上にわたり皮膚に関する基礎臨床研究を発表し続け、それらの研究結果を元に作られています。赤ちゃんの肌はやわらかく、とてもデリケートな理由やそのデリケートな肌を保護する方法を科学的に研究し、赤ちゃんのお肌に合う商品を作り続けているのです。

新生児のお肌にも優しいベビーオイルで、べたつきがなくさらっとした伸びの良いオイルです。低刺激・無着色・微香性で、赤ちゃんのお肌のうるおいを優しく守ってくれます。マッサージでの使用のほか、おむつの取り換え時の汚れ落としや、おへそのお手入れなどにも使用可能です。

商品の香りに使用している香料は国際化粧品香料協会の基準をクリアし、さらに自社基準を設けてその厳しい基準をクリアした配合を使用しているので、安心して赤ちゃんに使用することができます。赤ちゃんの肌を守るのはもちろんですが、お母様のお肌を守るのにも役立ちます。水仕事で荒れやすい手先の保護や、乾燥肌へのケア、リップケアや全身保湿など広い範囲での活用が可能で、大人の肌にもしっとりとした潤いを与えてくれます。

1位: トゥイティー ベビーオイル 300ml

商品説明

トゥイティー ベビーオイルは赤ちゃんのデリケートなお肌にも安心して使用できる、無香料・無着色・低刺激のベビー用オイルです。主成分となるオイルにはミネラルオイルを使用しており、さらにヒアルロン酸やセラミドAPなどの保湿成分が多数配合されていて、これらの成分が優しくお肌にうるおいを与えてくれます。

子どもだけでなく大人にも使用することができるトゥイティー ベビーオイルはべたつきがほとんどないさらさらの使い心地で、水のような感覚で肌に馴染み、非常に使いやすいと人気のある商品です。

赤ちゃんに使う場合は、主にベビーマッサージの時に使用することになりますが、他にもおむつかぶれ予防や、食べこぼしによる口周りのケア、お風呂上りの全身保湿、アトピー気味のお子様のお肌ケアなど様々な場面に活用でき、赤ちゃんのデリケートなお肌にも毎日使用することができます。また大人でも、手荒れケアや乾燥肌のケア、髪のケアなどいろいろな用途に使用することができます。

また可愛いパッケージも特徴です。小さなお子様にも人気の可愛いキャラクターがついたパッケージは、お風呂上りやおむつ交換後の保湿ケアの時間をより楽しいものにすることができます。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。