ベビークリームの選び方は?おすすめ商品も

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、皮質の分泌量が大人に比べて少ないものです。そのため時期によっては乾燥を感じたりしてしまいます。乾燥を放置しているとかゆみが発生してしまいます。そんな時にはデリケートな赤ちゃんの肌に使用しても安心して使えるベビークリームをお勧めします。ベビークリームは低刺激でありながら、十分な保湿感を感じることができます。そのため赤ちゃんだけではなく大人の方が使用しても全く問題はありません。大人の方で敏感肌の方にはベビークリームをお勧めします。このベビークリームは具体的にどのようにして選んでいったらいいのでしょうか。またその正しい使い方とはどういったものなのでしょうか。これらについて触れてみたいと思います。

ベビークリームの選び方 | オーガニックがおすすめ?

赤ちゃんの肌は大人の肌に比べるととても薄く、そのためきめが細かく透明感があるといえます。しかしそれだけにデリケートで外部からの刺激に弱い状態にあります。水分量や分泌される皮脂の量も少ないので保護してあげる必要があります。しかし赤ちゃんは言葉で伝えることができませんから、大人が大切に守っていく必要があります。外部からの様々な刺激から赤ちゃんの肌を守るためのアイテムとしてはベビー用のスキンケア商品がいくつかあります。その中でもさらっとした使用感がありながら、十分な保湿感を感じることができるのがベビークリームです。ベビークリームは赤ちゃんの肌に使用しても安全なほど低刺激で優しい使用感が大きな特徴となっています。しかし実際に使用するときには赤ちゃんの肌に合ったタイプを選択していくことが大切です。

まずベビークリームを選ぶときには香料の有無は重要なポイントです。人工的な香料が配合されているタイプよりも天然由来のハーブなどを添加しているタイプなら安心して使用することができます。しかし赤ちゃんの中には香りがあるタイプだとリラックスできない場合があります。赤ちゃんによって香料を好む子と好まない子がいるので、この点はきちんとチェックしていくことが必要になります。また防腐剤についてですが、無添加は安心ですが、ただ品質が安定するという点では添加物が配合されているほうがいい場合もあります。無添加だからと言ってすべてが安全なわけでもありません。実際に赤ちゃんに使用してみて刺激を感じない、肌にトラブルを生じさせずに使い心地がいい商品かどうかを重視して選んでいくことが大切です。

ベビークリームもどんどん新しい商品が販売されるようになってきましたが、中にはオーガニック成分を配合しているリッチなタイプの商品も登場するようになりました。オーガニックの商品は肌への優しさがより感じられるため、赤ちゃんの中でも刺激に対して弱いこの場合、オーガニックの商品の方がいい場合もあります。オーガニックのハーブが配合されていたり、オーガニックの贅沢な成分がたっぷりと含まれている商品もあります。しかしオーガニックでなくても十分な満足感を感じ、また刺激を感じない商品であればそういった商品を選んでも問題はありません。大切なのは低刺激で使用感がよく、また十分に肌に潤いを与えることができるかどうかです。この点をポイントにしてベビークリームを選んでいくことが何よりも大切だといえるでしょう。

ベビークリームの使い方

ベビークリームはさらっとした使用感と十分な保湿感が魅力のアイテムですが、ただしっかりと効果を実感するためには正しい使い方を実践していかないといけません。間違った使い方をしていると保湿感を引き出すことができませんし、またかゆみなど不快感を感じてしまうこともあるのです。

ベビークリームを使用するときにはいきなり肌につけて伸ばすようなことは避けてください。こうするとしっかりと肌の角質層にクリームの保湿成分を届けていくことができませんし、また量が多すぎてべったりとした使用感を抱いてしまいます。そうなると不快に感じてしまうものです。赤ちゃんによっては不快感を抱きすぎて泣いてしまったりする場合があります。そのためクリームはいきなり肌につけるのではなく、まずは手のひらに少量を取り出すようにしてください。手のひらに出したベビークリームは伸ばし、両手で温めるようにしてください。こうすることでクリームが柔らかくなり、肌にやさしくなじむようになります。そして手のひらで肌を優しく覆うようにしてクリームを肌になじませていくようにしてください。こうすればデリケートな赤ちゃんの肌にも刺激になりませんし、優しく肌に潤いを与えることができます。神経質な赤ちゃんであっても不快感を抱かせる心配がありません。

ベビークリームは少量を一度に塗布するようにしなければなりませんが、ただ一回だけの塗布では十分に潤いを感じることができない場合があります。特に乾燥がひどい赤ちゃんの場合や乾燥が厳しい冬の時期にはより多くのベビークリームを使用しなければなりません。こういった場合には何度か同じ作業を繰り返し、よりたっぷりのクリームを塗布するようにします。この時にも多くクリームをつけることは避けなければなりません。同じ作業で少しずつ肌に塗布していくようにしてください。またしばらく経過して乾燥するようになったら、再度クリームを塗布するようにしてください。ベビークリームは赤ちゃんだけではなく、大人の方で敏感肌の方でも安心して使用することができます。一般のクリームでは刺激を感じてしまうという方はベビークリームを使用してみるといいでしょう。大人の方の場合であっても赤ちゃんの場合と同じような使い方をするようにしてください。ただ大人の肌はより乾燥が進行しているため、赤ちゃんに使う量よりは少し多めに取り出しても構いません。ただ何回かに分けて少しずつ肌になじませていくようにする点では赤ちゃんの場合と同様です。ベビークリームは赤ちゃんだけではなく、どんな年齢層の方でも使用できるほど安心な優れたアイテムです。

ベビークリームおすすめランキング

10位: つるこう (38g)

¥378 ヨドバシカメラ
¥439 (x10) Amazon(アマゾン)
他2ショップ

9位: アトピタ ベビークリーム 60g

¥458 ケンコーコム
¥459 ヨドバシカメラ
他3ショップ

8位: ヴァセリン ペトロリュームジェリー ベビー(368g)

対象ショップで取扱いなし

7位: ピジョン ピジョン ワセリン(60g)

¥412 ケンコーコム
¥415 ヨドバシカメラ
他5ショップ

6位: ジョンソン・ベビー スージングナチュラルズ すこやかナチュラルクリーム(100g)

¥609 LOHACO(ロハコ)
¥691 爽快ドラッグ
他2ショップ

5位: ミルふわ ベビークリーム 60g

¥391 Amazon(アマゾン)
¥478 ケンコーコム
他3ショップ

4位: ベビーワセリン(100g)

¥590 ケンコーコム
¥645 ヨドバシカメラ
他3ショップ

3位: ベビーワセリン 60g

¥354 ヨドバシカメラ
¥358 Amazon(アマゾン)
他4ショップ

2位: ピジョン 保湿ボディケアクリーム 470g

¥7,290 ヨドバシカメラ
¥7,363 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

1位: パックス ベビー ボディークリーム(50g)

¥450 Amazon(アマゾン)
¥450 ヨドバシカメラ
他3ショップ

商品説明

パックス ベビー ボディークリームは、マカデミアナッツ油を主原料にした冷製法で作られた、赤ちゃん向けの保湿クリームです。冷製法とは加熱を行わない製法で、お肌に優しい低刺激な製品作りに向いた製法です。

原料となっているマカデミアナッツは、ナッツの王様と呼ばれる食品で、熱帯・亜熱帯地方で採れる木の実です。数ある植物油の中でマカデミアナッツ油が選ばれたのは、植物油の中では最も人の皮脂に近く、肌へのなじみが良い成分が含まれているからです。その成分とは、パルミトオレイン酸という成分で、マカデミアナッツの主成分はオレイン酸という成分になりますが、そのオレイン酸はパルミトオレイン酸を20%前後も含んでいます。そのため、マカデミアナッツは人の肌に馴染みやすい植物油となっているのです。

片手でも開けやすいワンタッチキャップが便利で、伸びが良くべたつかない性質を持っているので、片手でも楽に伸ばして塗ってあげることができるクリームで、お風呂上がりの赤ちゃんの肌を優しく保湿できます。小さな子供は脱水を起こしやすく、乾燥もしやすいので、きちんと保湿ケアをすることが大切です。石鹸で洗って乳化したお肌に優しくなじませて、赤ちゃんの肌を守ってあげてください。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。