ベビーバスおすすめランキングと選び方・使い方ほか

生後しばらくの赤ちゃんは抵抗力が弱く、さらに毎日たくさんの汗をかくので毎日の沐浴がとても重要になってきます。ですが大人と同じお風呂に入れることはできません。そのときに必要になってくるものがベビーバスです。

ベビーバスといっても様々な種類があり、正しい選び方、使い方を知らないと一ヶ月は最低でも続く沐浴がとても大変になってしまいます。大切な赤ちゃんを毎日清潔に保ってあげるために知ってもらいたいことをまとめました。ぜひ読んでみてください。

ベビーバスの選び方

新生児の赤ちゃんは1ヶ月後検診の頃までは沐浴を行い、大人とは別々の浴槽に入ります。しかし生まれたての柔らかい赤ちゃんを沐浴させるのは未経験の方にはとても難しく、緊張するでしょう。そこで少しでも楽にお手伝いできるよう作られたのがベビーバスです。購入前に知っておきたい選び方をまとめてみました。

まずベビーバスを選ぶ際に抑えておきたいポイントが「どこで使うのか」「誰が使うのか」「収納場所はどうするのか」の3つになります。ベビーバスは持ち運びできるところが利点のため、赤ちゃんの生まれる季節によって場所を変えることができますし、沐浴させる人によっても扱える大きさが変わってくるでしょう。

たらいなどで代用することも可能ですが、ベビーバスの中には空気を入れて使用するエアータイプなど様々なタイプがあります。1日1回は沐浴させてあげるためにも、焦らずにじっくりと吟味して購入することをおすすめします

一番定番なのは床置きタイプです。これはお風呂の洗い場やお部屋で床などに置いて沐浴させるものになります。ゆるやかな傾斜の背もたれが赤ちゃんの体をしっかりとサポートしてくれるので、腕への負担を軽減してくれます。ただしサイズが大きめ、かつ折りたたみ不可のため前もってお風呂場の広さや収納スペースを確認しておきましょう。

サイズが小さくなったものをシンクタイプと呼びます。洗面台やキッチンのシンクで使うタイプのベビーバスです。もちろん床においても使用することができますがシンクで使えるようにコンパクトなサイズのものが多く一人で使うのに便利です。さらに洗面台やシンクでの沐浴は腰への負担を減らすことができるでしょう。しかしこちらも使用場所がご家庭によって大きさがまちまちなので買う前にサイズを測る必要があります。

使うときだけ空気を入れて膨らませることができるので収納場所をとらないものをエアータイプといいます。収納場所をとらないだけでなく持ち運びにも便利なのが最大のメリットといえます。さらに全面エアーのため沐浴中も腕が当たっても痛くないでしょう。ただしビニール素材のものが多く、長期間の使用には不向きでしょう。

マットタイプの洗面台やシンクにシートを敷いて穴を塞ぎお湯をためることで赤ちゃんを沐浴させる、新しいタイプのベビーバスも登場しています。必要なのはシートだけのため、畳んでしまえば場所をとることもなく、持ち運びにも便利です。敷くだけで使用できるということで、赤ちゃんの成長とともにバスマットとしての使用もできるでしょう

いかがでしたか?短い期間とはいえ、産後一ヶ月は赤ちゃんにとってとても大変で大切な時期です。少しでも負担の軽減につながるベビーバスを購入してお互いに気持ち良く使用できるようにしましょう

ベビーバスの使い方

自分にあったベビーバスを用意したら次は実際に使用してみましょう。とはいっても初めての沐浴、どうしたらよいか分からないものだと思います。ベビーバスの使い方をご紹介します。スムーズな沐浴を目指しましょう。

まず沐浴後の準備をしておきましょう。濡れた体を寝かすためのバスタオル、その横には長肌着・短肌着、おむつを広げておきましょう。このとき肌着どうしをあらかじめ重ねておくと素早く着替えを行うことができ、湯冷めしてしまうこともなくなります。綿棒やベビーオイルなどのケア用品の準備も大切です。

ベビーバスにつけられた湯量メモリを確認しながらお湯を入れます。温度は38〜40が適温と言われており、このとき均一になるよう手でかき混ぜてから計るようにしましょう。ビニールタイプのベビーバスの場合空気の量が足りないと形が崩れ水が漏れることがありますので空気を充分に入れてしっかりと膨らませましょう。プラスチックの場合はヘッドセットが調整できるものもありますのでこの段階で赤ちゃんに合わせておくのがおすすめです。

これで沐浴の準備ができましたので赤ちゃんの衣服を脱がし胸からお腹のあたりに沐浴ふをかけ、ベビーバスまで運びましょう。左手で頭、右手でお尻を支えて足元からゆっくりとお湯に入れてあげましょう

沐浴後は事前に用意していたバスタオルで包み、体の水分を拭き取ります。首や腕、脚のくびれなど皺になっている部分の水分が残りやすいので注意してあげてください。その後へそ、耳、鼻の汚れを綿棒で取り除きます。最後にベビーオイルを全身に塗って乾燥を防ぎましょう。また、沐浴後は赤ちゃんも水分を奪われ喉が渇きますのでミルクや白湯などを飲ませてあげましょう。

そして後片付けには入ります。使い終わったベビーバスは排水し、スポンジなどを使って洗います。このとき浴室洗剤などを使っても問題はありません。洗剤をながしたあとはしっかりと乾燥させたあと収納しておきましょう。

沐浴は夜遅い時間はできるだけ避け、毎日決まった時間にすることで赤ちゃんの生活リズムが生まれます。また授乳前の空腹時の沐浴や、沐浴直前の30分は授乳は控えるようにしましょう。

赤ちゃんに沐浴やお風呂を好きになってもらえるよう自分にあったベビーバスで楽しく沐浴をしましょう。手際良く進めることができれば赤ちゃんもきっと好きになってくれます。

価格が安いベビーバスは?

いざ購入するという決め手になるのはもちろん機能性もありますが値段も大きく関わってくるかと思われます。ここでは大体どのタイプがどの程度の価格で出ているのかを紹介させていただきます。全ての商品ピンキリとも言えますが最安のものを知った上で比較して購入をおすすめします。

  • イマージ エアーベビーバス

エアータイプの収納場所をとらない商品となっています。こちらは空気を入れる箇所が全部で4箇所、さらにストッパー付きで安全面も考慮されています。エアータイプの柔らかさが体をはめることで沐浴中に外に出てしまうということも少なくなっています。子供の使用期間が終わった後なども、場所をとらないため小さく折りたたんで次の子に気軽にあげることもできるようです。1,007円。

  • イマージ ベビーバス

シンクタイプの小さなベビーバスです。こちらの商品の対象年齢が0〜1ヶ月のため小回りが利くようになっています。シンプルな形のため汚れがたまることもなく洗浄も手軽に可能です。淵には石鹸置きもあるため他の場所を汚すことなく使用できるのではないでしょうか。1,087円。

  • 永和 ベビーバスDX

サイズ、重さとともに他のタイプと比較して多少扱いづらい床置きタイプの商品です。しかしこちらはベビーバスの使用中一番手間取ると言われている排水が止水栓が柔らかい素材で作られている為素早く簡単にできるようになっています。さらに止水栓は固定式で紛失防止します。本体底には滑り止めがついており、濡れた場所でも安心してお使いいただけます。2,742円。

  • リトルプリンセス ブルーミングバス

こちらはシンクなどで使用できるマットタイプです。新生児期の沐浴は立って入れるスタイルが楽ですが、シンクに敷くタイプのマットですと薄く安定が難しいことがあります。こちらは厚みあのある素材でクッション性、安全性とともに感じられます。マットとして使わなくなったあとは、部屋のインテリアとしても使用することも可能なデザインです。プレゼントなどにも喜ばれるのではないでしょうか。3,150円。

マット一つでもデザイン性と機能性で大きな値段の差が生まれます。ベビーマットは何かとお金が必要な時期に使用する商品かと思われますので慎重な購入が必要かと思われます。使用可能な年齢等のチェックをしながらの購入をおすすめします

ベビーバスおすすめランキング

5位: 永和 ふんわりベビーバス パステルブルー(1コ入)

永和 ふんわりベビーバス パステルブルー(1コ入)
¥1114/個
48%安
¥1,114 ケンコーコム
¥1,116 ヨドバシカメラ
他2ショップ

4位: リッチェル ふかふかベビーバスW パープル(1コ入)

リッチェル ふかふかベビーバスW パープル(1コ入)
185円お得
¥1854/個
¥1,854 ヨドバシカメラ
¥1,873 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

3位: リトルプリンセス ブルーミングバス ターコイズ 対象生後まもなく〜(1台)

リトルプリンセス ブルーミングバス ターコイズ 対象生後まもなく〜(1台)
¥4053/個
¥4,053 Amazon(アマゾン)
¥4,492 ケンコーコム

商品説明

リトルプリンセス ブルーミングバスは、新生児の赤ちゃんの沐浴を、立ったまま行えるようにするためのアイテムです。新生児の赤ちゃんの沐浴にお風呂場でベビーバスを使用するご家庭は多いですが、この方法ですと床にベビーバスを置くので、どうしても腰や首に負担がかかります。そんなお父さんお母さんの負担を減らせるよう、立ったまま沐浴をできる、シンクに敷いて使うこのマットが開発されました。シンクの冷たさや硬さをカバーする厚みのあるクッションにくわえ、花びらの重ね具合で湯船の大きさを調整できるので、各家庭のシンクの大きさなどに合わせて使用することができます。

また、厚みのあるやわらかなクッションのこの商品は、沐浴以外の場でも活躍することができます。可愛らしい花の形と鮮やかなターコイズ色をしたマットはお部屋のインテリアとして置いても良いですし、小さな子のプレイマットとして敷いたり、お風呂上りの時やおむつ替え時のマットとして使用することもできます。元々が沐浴用で水に濡れる前提の商品のため、汚れても気軽に水洗いができるというのは大きな利点です。洗濯機を使用できるので、しっかりと洗いたい時は洗濯機で洗って乾かせば良いので、お手入れも簡単です。

2位: 永和 永和 新生児用ベビーバス(1コ入)

永和 永和 新生児用ベビーバス(1コ入)
68円お得
¥1896/個
¥1,896 ケンコーコム
¥2,201 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

1位: イマージ やわらかエアーベビーバス 対象年齢0ヶ月〜6ヶ月頃まで(1台)

イマージ やわらかエアーベビーバス 対象年齢0ヶ月〜6ヶ月頃まで(1台)
¥1199/個
44%安
¥1,199 ケンコーコム
¥1,430 Amazon(アマゾン)

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。