【助産師】鼻吸い器の鉄板おすすめ人気ランキング10選【おすすめ商品も紹介!】

鼻吸い器

ご協力いただいた専門家

ノア助産院 院長:新居信子
ノア助産院 院長:新居信子

助産医師歴28年。妊娠中から子育てがスタートしています。すべてのママやパパが楽しく子育てが出来るようにと、日々奮闘中。ブログでも子育て情報を発信しています。

ブログアイコン


赤ちゃんや小さな子供は鼻炎はもちろん、風邪やちょっとした体調不良でも「鼻が詰まる・鼻水が出る」などの鼻トラブルを起こします。

自分で鼻をかむことができず、呼吸機能もまだ未発達な赤ちゃんの鼻詰まりによる悩みは大人以上。ほっておくと睡眠不足や食欲不振で体調がなかなか回復しなかったり、さらには中耳炎に悪化することも。

そこで活躍するのが鼻吸い器

特にここ最近では、スポイトタイプの手動の商品だけではなく家庭用の電動鼻吸い器が手頃な価格やサイズで販売され始め乳幼児用ケア用品として一般的になってきました。もちろん手動タイプも根強い人気。

そんな鼻吸い器もピジョンやコンビ、ベビースマイルやエジソンといったママなら誰もが知っている有名ブランドから続々登場!

「鼻がつまってくるしそう・・」、「寝つきが悪くなりなかなか風邪も治らない・・」
そんな悩みを解決する鼻吸い器についてのアレコレを詳しく見ていきましょう。

さらにノア助産院で院長を務めておられる新居信子さんに、安心して使える鼻吸い器を紹介していただきました!

後半には売れ筋人気ランキングも発表しているので、ぜひ参考にしてください。

↓鼻吸い器の商品はこちら↓

安い鼻吸い器はこちら
最終更新日:2020-08-26  閲覧数:22415

鼻吸い器おすすめ人気商品の比較一覧表

鼻吸い器のプロット画像
緑色=電動タイプ
オレンジ色=手動タイプ

電動タイプのおすすめ5商品を比較

商品画像
商品名
タイプ
ノズル特徴
仕様
商品リンク
1
コンビ 電動鼻吸い器
ハンディタイプ
曲がるノズル(2タイプ)
静音設計・吸引部360°回転
2
ピジョン 電動鼻吸い器
据え置きタイプ
フィット鼻ノズル(S・Mの2サイズ)
30-80kPaで吸引力調節可能
3
ドクターエジソン エジソンのスッキリ鼻水吸引器S
ハンディタイプ
ぴったりノズル / 細長ノズルの2タイプ
口での吸引に切替可能
4
コンビ 電動鼻吸い器S-80
据え置きタイプ
しっかりノズル/そっとノズルの2タイプ
静音設計/吸引力20-80kPaに調節可能
5
ベビースマイルの電動鼻水吸引器・S-303
ハンディタイプ
シリコンノズル
静音設計
2020年3月現在の情報です。

手動タイプのおすすめ5商品を比較!

商品画像
商品名
吸引タイプ
特徴
商品リンク
1
丹平製薬 ママ鼻水トッテ
口で吸うタイプ
耳鼻咽喉科医師が考案
2
チュチュベビー 鼻吸い器 鼻水キュートル 2WAYタイプ
口・スポイトどちらでも吸引OK
スポイトポンプに空気の逆戻り防止設計
3
ピジョン 鼻吸い器 お鼻すっきり
口で吸うタイプ
ノズル先端がU字カット
4
ノーズフリダ 乳幼児用鼻吸い器 フィルター付き
口で吸うタイプ
2次感染予防の鼻水・飛沫をキャッチするフィルター付き(使い捨て)
5
スポイトタイプ
本体部分ふくみ全て洗浄可能
2020年3月現在の情報です。

鼻吸い器の選び方①【電動は吸引力や部品の手入れ、静音を要チェック!】

電動の鼻吸い器を試す男の子

電動の鼻吸い器のメリットは手動タイプより吸引能力が高いことで、「ハンディタイプ」「据え置きタイプ」のふたつがあり、価格設定もさまざまです。

吸引力の細かい設定が可能な商品もあり、まるで自宅で耳鼻咽喉科のような鼻吸いケアが出来るのが人気の理由。

しかし、商品によっては吸引時の音が大きめのものも。吸引の音が大きいと本人や他の兄弟を起こしてしまうこともあるので静音設計の鼻吸い器をチョイスするのがベスト。

その他にもノーズピースやホース、ボトルといった部分がしっかりと洗浄できるか、どういった消毒法が可能かも確認しましょう。

「うちの子は体調を崩すとすぐに鼻が出る、つまる・・」、「兄弟が多くて風邪がうつると大変・・」といったお子さんのお鼻の吸引に明け暮れるママたちに重宝されているようです。

ハンディタイプの電動鼻吸い器は持ち運びも可!

鼻吸い器も入れた?旅行の準備

電動のハンディ鼻吸い器は手軽に持ち運ぶことができ、電池式・充電式なのでどこでも使えるのが最大のメリット。

もちろん、手動の鼻吸い器より吸引力があるのが人気の秘訣。

ただし一般的にハンディタイプは、据え置きタイプより吸引力が低く、また細かい調節が出来ないのがデメリットと言われています。

しかしここ最近では、吸引力の調整機能や他機能を搭載した商品も数多く登場しています。

◆電動式なのに!「口で吸う」も可能なハンディ

「新生児に電動式を使うのは不安…」、「だけど子供が大きくなったら電動式が必要かも…」といったママたちの要望に応えた商品”ドクターエジソン すっきり鼻水吸引器”。

「口で吸う」タイプに切り替えることができ、新生児のうちはこちらに切り替えて吸引されるママも多いとか。

また、電動タイプに切り替えても静音設計&お手入れもラクラク。ママたちのニーズをとことん追求した商品です。

さらには吸引力が2段階に調節可能で、やさしく鼻ケアすることも可能。

据え置きタイプは吸引能力が高く調節も細やか

鼻吸い器子供の医者ごっこ

バツグンの吸引力を誇る「据え置き電動」タイプ。耳鼻科や小児科で使っている鼻吸い器と同じような吸引力を発揮します。

もちろん吸引力の細かい調整が可能で、さらっとした鼻水からネバネバ鼻水まですっきり吸引してあげることができます。

デメリットとしては電源が必要なこと。持ち運びには不向きです。

ハンディタイプよりはややお手入れに手間がかかりますが、ホースやノズル、ボトルなどを別売りで買い足すことも可能。兄弟が多いご家庭や鼻炎もちのお子さんの場合は余分に準備してあげても◎。

しかし最近では、かなりコンパクトなものや、吸引時の音が静かなタイプが販売されています。

◆コンパクト&静か!ママも赤ちゃんも嬉しい据え置き型は

コンビの「電動鼻吸い器 S-80」は静音設計で就寝時の赤ちゃんを起こさず、また怖がらせることもなく鼻スッキリ!

また、吸引時の圧力が20〜80kPaと調節可能。優しく吸うこともしっかり吸うことも出来ます。

もちろん嬉しいコンパクト収納設計

ママライター:あおい
ママライター:あおい

電動!10年も前ではないのですが、娘が生まれた時には価格帯や種類も含みこれほどのラインナップはなかった気がします。

正直、うらやましいですね。

最近ではノズルを交換すれば大人も使えるという商品もあり、花粉症のママ友(第三子が生まれる予定)に教えてあげました。

鼻吸い器の選び方②【手動は飛沫感染対策があるかどうかをチェック!】

鼻トラブルに悩む女の子

電動の鼻吸い器がもてはやされたのはここ最近で、実は5〜6年前まではご家庭では手動の鼻吸い器が主流でした

価格として800円前後、高いものでも2,000円未満とコスパがよいのはもちろんですが、メリットはそれだけではない様子。

手動の鼻吸い器には「口で吸うタイプ」と「スポイトタイプ」があります。それぞれどのような使い方があるのか見ていきましょう。

口で吸うタイプは新生児にも安心!

手動の鼻吸い器で鼻水を吸引

「口で吸う」タイプは子供の様子を見ながら吸う力を感覚で調節できるのが、最大のメリット。

ママが鼻吸い器のマウスピース部分を口でくわえて鼻水を吸引するため、とっさに吸引をストップすることも簡単にでき、デリケートな新生児におすすめです。

ただしデメリットとしては子供が風邪やインフルエンザの場合、どうしてもママに感染る可能性が無視できません。

感染防止フィルターや飛沫キャッチャーが付いているものを選びましょう。

次いででメリットについて言えば、吸いこむ力の個人差がそのまま鼻吸い器の吸引力に影響すること。

そのため肺活量の少ない方では、「鼻水が多い」・「粘り気の強い」といった場合には吸いきれないこともあります。

◆使い捨てフィルター付き!感染を予防する「ノーズフリダ」

口で吸っても衛生的!鼻水や飛沫をキャッチする使い捨てフィルター付きの鼻吸い器で大人にも安心な仕様。

もちろん「口」で吸うタイプなので赤ちゃんの様子を見ながら、吸う力を細かく調節できるメリットがあります。

スポイトタイプは衛生的でおでかけにもOK

お出かけする赤ちゃん

手軽に持ち運び可能で、口で吸わないので衛生的なのが「スポイト」タイプ。

外出や旅行の際に、”持っていると安心”といったママが準備されているようです。

ただし、吸引力があまり強くない小型タイプが多く、粘っこくしつこい”鼻づまり”や”鼻風邪”には不足なことも。

食品用シリコーン級のやわらかさでやさしいスポイトタイプ

スポイトタイプの鼻吸い器はほとんど、爪切りなど赤ちゃんケア用品のセットに入っていたり、口で吸うタイプから切り替えられる仕様だったりします。

そんな中、わざわざスポイトタイプを購入するなら一押しはこれ!

鼻ノズルは哺乳瓶の乳首に使われる食品対応のシリコン素材で、赤ちゃんのお鼻にもやさしい柔らかさ。

また本体とノズル部分は分解して水洗い可能。毎日ちょっとした鼻ケアに使いたい方には簡単に清潔さをキープできるこちらがおすすめです。

ママライター:あおい
ママライター:あおい

我が家では「口で吸う」タイプと「スポイト」タイプを使い分けていました。

購入前にどちかだけを選ぶつもりで悩んでいたところ、しっかりハナを取るにはやっぱり”口で吸う”タイプがよく、少しの鼻水ならスポイトタイプが役に立つので両方持っていた方が良いと先輩ママからのアドバイス。

スポイトタイプは新生児ケアセットに赤ちゃん用爪切りと一緒に入っていた商品を購入し、そちらはお出かけや旅行の際に携帯していました。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。