おすすめ布おむつ厳選|布おむつのメリット・デメリットと共に徹底検証

ここでのテーマは「布おむつ」です。紙おむつが登場するまでには当たり前だった布おむつ。今では紙おむつが主流ではあるのですが、その肌への優しさや経済的なことを理由に今でも布おむつを使い続けている人も多いです。

今日はそんな布おむつのおすすめや布おむつのメリット・デメリット、洗い方も含めて徹底的に検証してみます。

布おむつ

紙おむつのおすすめをお探しの方はおむつ1枚あたり最安値をご覧ください。


布おむつとは

布おむつは、布でできており、洗って繰り返して使うタイプのおむつです。布おむつは紙おむつのような使い捨てではありません。布おむつで育児をしているお母さんたちからは、布おむつだと育児をしているという感じがあるという意見や、紙おむつのように使い捨てなのでたくさん購入する必要もなく、買い物の手間が少なくてすむといった意見があります。紙おむつを使うおかあさんが多い中で、布おむつを選ぶお母さんは、赤ちゃんの肌にいいと聞いて使うことを決めた人や、紙おむつの値段と比較すると、初期費用はかかっても長い目で見てお得という理由で布を選んだ人という人がいます。また、紙おむつを使用していたものの、ゴミの量に驚き、エコのために布おむつにしたという人などがいます。布おむつにすると赤ちゃんが濡れた感覚がわかるため、おむつの外れが早いと聞いて選んだ人もいます。夏場に使用済みのおむつのゴミを溜めておくよりも、布おむつはすぐに洗えるので衛生的といえます。また、最初から布おむつを使って慣れることで、洗濯などの手間などをあまり感じないといった意見は多くの人からあります。


布おむつと紙おむつの違い

布おむつは布製のおむつで、洗濯しながら何度も繰り返して使うことができます。紙おむつは使い捨てタイプのおむつで、汚れたらそのまま捨てることができるおむつです。それぞれにメリットとデメリットがあり、1年間にかかる費用にも違いがあります。紙おむつの場合、後始末が楽で、1回限りの使い捨てなので洗濯の手間がないというメリットやコンパクトで、外出時の荷物が少なくてすんだり、吸水性や保水性が高いといったメリットがあります。一方、紙おむつは吸水性や保水性が高く、赤ちゃんも不快刺激が少なくて、泣いて知らせる回数も減りその為におむつはずれも遅くなります。その上、1回限りの使い捨てなので、ごみの量が多くなるというデメリットがあります。一般的に、布おむつの方が長期間使用する場合には経済的といわれています。


布おむつカバーとは

布おむつカバーとは、その名の通り布おむつをした際のカバーです。布おむつは単に布を何重にもして当てているだけなので、ずれたり漏れたりしないように留めておくカバーが必要になります。また、月齢や発達に合わせて形も変わります。

布おむつカバーの種類

寝ているだけの時期は外ベルト型、動き回るようになったら内ベルト型、トイレトレーニングが始まったらパンツ型となります。

また、素材についてですが、布おむつカバーは肌に直接当たるので、ほとんどが綿100%ですが、布おむつカバーの素材は様々です。主にはポリエステル・ウール・綿があります。新生児~生後6ヶ月頃まではお肌も弱いので、天然素材の綿やウール素材が使われることが多くありますが、月齢が上がるとよく見かけるのはポリエステルです。

ポリエステル素材の一番のメリットは、漏れを防止するところです。月齢が上がるとおしっこの量が増えてくるので、漏れにくさが重要になってきます。また、おしっこの量が増えると布おむつも重ねて使うので、ウエスト部分が調節しやすくなっている内ベルト型が多いです。洗濯をしても乾きやすいのでとても重宝します。

布おむつもそうですが、カバーも汚れたらその都度取り替えるので、とにかく大量に用意をするか、こまめに洗うことになります。なので、洗濯しやすい・乾きやすいというのは、忙しい赤ちゃんのお世話のことも考えるととても助かります。ただ、漏れ防止の効果が高い分通気性が悪くなります。お肌の弱いお子さんや夏場には、かぶれないように注意が必要です。

ウールは、保湿性もあり通気性もあって、赤ちゃんにとっては良い素材ですが、お手入れに少々手間がかかります。洗濯機を使うと縮んでしまうので、手洗いをして陰干しが必要になります。うんちが大量に漏れて、カバーについてしまうと漂白をしたくなりますが、ウールNGの漂白剤も多いので手でゴシゴシと洗うことになりますが、完全にシミをなくすのは難しいです。通気性が良く、乾くのも早いので、赤ちゃんのお肌のために良い素材を!と言う方はチェックしてみても良いのではないでしょうか。

綿は通気性も良くお肌に優しい素材なので、始めにそろえる方も多いようです。肌触りも良いですし洗濯もしやすいので、特に新生児にオススメです。

価格はデザインや素材によっても様々です。綿・ポリエステル素材に比べ、ウールは少し高価になります。最近は可愛いデザインの物が増えてきましたので、おしゃれ感覚でいろいろ選んでみてはいかがでしょうか。


布おむつの洗い方

布おむつを洗う際に、一番有効なコツは「汚れた時点からできるだけ間隔を置かずに洗う」ことです。これはうんち・おしっこどちらにも言えることです。布おむつのメリットの一つに、赤ちゃんが不快に感じて早く知らせようとするので、おむつ離れが早くなる…というものがありますが、これは実は赤ちゃんの個性にもよります。濡れた布おむつでも平気な赤ちゃんもたまにいるので、やはり大人が定期的に、濡れていないか・汚れていないかをチェックしてあげた方がよいでしょう。

おむつ替えのすぐ後に手洗いが可能ならいいのですが、実際はそこまで時間のある方も少ないでしょう。蓋つきの大きめバケツに水を貼り、そこに漬け込んでおいて、後から一気にまとめて洗うのが正道です。

その際、うんちなどはトイレに流してしまいます。固形でなく流動性のうんちの場合は、面倒ですが布おむつを軽く手洗いし、大まかな汚れを落としてから、漬け込む形式になります。

この漬け込みの水(ぬるま湯)の中に、漂白剤を溶かしておくと、本洗いを待つ間にも漂白・殺菌ができます。赤ちゃんのデリケートな部分に使うものだから、きつい化学製品はなるべく避けたい…という場合、あるいは保護者さん自身が敏感肌に悩んでいるような場合は、酸素系の漂白剤がおすすめです。

これをまとめて、洗濯機に入れ、普通のコースで洗濯します。酸素系漂白剤は石けんと相性がいいので、粉せっけんあるいは液体せっけんで洗うのが良いでしょう。少量の酢(うまみの少ないもの)を入れると、柔軟剤の代わりになります。

布おむつのパーツだけではなく、おむつカバーもまめに洗いましょう。防水性であっても内側はどうしても濡れて汚れてくるものなので、一日に数枚程度を使う覚悟で用意しておくほうが無難です。

また、このような洗濯を繰り返していると、漂白剤を使ってはいても、どうしてもある程度の黄ばみ・しみは避けられません。おむつの繊維も疲れて、弾力性がなくなり、ぺったりとした印象になります。布おむつは繰り返し使えますが、永久的なものではありません。どう見ても体裁が悪い、使いづらいと判断できるまでになったら、潔く廃棄しましょう。


布おむつのメリット・デメリット

布おむつのメリット

布おむつのメリットとしてはこまめに交換するため、その度に赤ちゃんとスキンシップが図れるといった点が挙げられます。また、おむつメーカーやおむつ替えの頻度によっても異なるといえますが、紙おむつは年間約5万円かかるといわれます。赤ちゃんは特に新生児の時期はうんちやおしっこの回数が多く、1日に10回以上おむつ替えをすることもあります。そのため、布おむつの大きなメリットは、紙おむつに比べ、繰り返し使えて経済的という点が挙げられます。それに対して布おむつは、おむつカバーや布おむつを揃えたり、追加のおむつカバーの費用やおむつを洗うための道具や電気水道料金がかかり、2、3万ほどかかります。布おむつライナーを使用する場合を入れると、合計で年間約5万円かかるといえます。この数字は、1年間だけで比較したら紙おむつとあまり差がないように思われますが、1歳でおむつがとれる赤ちゃんは少なく、3年間おむつを使うとした場合には布おむつの方がずっと経済的といわれます。 最近の紙おむつは吸収力も高くて快適なので、赤ちゃん自身もおしっこしたことに気が付かないで過ごせるため、おむつはずれが遅くなるといわれます。それに対して、布おむつならおむつが濡れた時の不快な感覚がしっかりあるので、おむつはずしトイレトレーニングを早く進めることができるようになります。また、布おむつを利用してきたお母さんたちは、早くからトイレのトレーニングに真剣に取り組むことが多く、そのことも布おむつの子のおむつははずれやすくなるといわれる要因といえます。 また、布おむつであればゴミが出ないので環境に優しいといったこともメリットです。ゴミが削減できるとゴミ出しの手間も減ります。ゴミ袋が有料の場合は布おむつはありがたいのです。布おむつは肌触りがよく、こまめに替えるため、おむつかぶれは少ないといわれています。そのため、肌がデリケートな赤ちゃんも安心して使用できます。

布おむつのデメリット

一方、布おむつのデメリットは、おむつの洗濯の手間といえます。赤ちゃんの月齢が低いほどうんちの回数も多くなりますので、赤ちゃんのお世話とおむつの洗濯はたいへんです。また、月齢が低い赤ちゃんのうんちはゆるいので、洗い落とすのがとても大変です。また、おしっこやうんちをする度におむつ替えが必要となるため、夜間や外出時などのおむつ替えがこまめにしにくい状況では布おむつはあまり向いていないかもしれません。また、一回のおむつ替えでおむつカバーと布おむつと、替えたものを持ち帰るための袋も必要となって、外出時に荷物が多くなります


1年間にかかる費用の違い

紙おむつと布おむつをコスト面で比較します。おむつが外れる時期を2歳半と仮定して30ヶ月間おむつを使用することにして比較します。 紙おむつをしようする場合には、1枚の単価が20円、1日あたりの使用枚数が9枚とします。月齢が上がってくると、まとまって排泄できるので必要な紙おむつの数は減ってくる傾向があるといわれています。しかし、1パックあたりに入っている紙おむつの数も少なくなり、代わりにサイズが大きくなりますので、6~12枚使用すると仮定して計算します。1枚当たり20円なので、9枚で1日180円となります。1ヶ月では5,400円、1年では64,800円、2年半で162,000円となります。この値段におしりふき代もかかります。それに対して布おむつの場合には、初期投資が必要です。必要なものをそろえる目安は、布おむつが30枚、おむつカバーが10枚、ライナーが10枚、洗濯用バケツなどで合計3、4万円くらいかかるといえます。また、洗濯の電気代や水道代、洗剤などを合計すると約5万円となります。紙おむつは1日10枚使用するとし、1年間で5万円前後かかりますので、最初の1年目は同じくらいです。そして、おむつはトイレトレーニングが完了する2、3歳頃まで使用しますので、2年目以降は布おむつのほうが経済的になります。2人目以降も、布おむつのほうがかなり安くなります。あくまでも目安ですが、ずっと使い続ける予定なら布おむつのほうが経済的です。ただ、紙おむつはメーカーによっても設定価格が違い、価格に変動もあります。


おすすめの布おむつ


1. ベビー布おむつ ドビー織おむつ 白 仕立上(10枚入)

ベビー布おむつ ドビー織おむつ 白 仕立上(10枚入)

ベビー布おむつ ドビー織おむつ 白 仕立上(10枚入)

¥1,961 爽快ドラッグ
¥1,980 Amazon(アマゾン)

このほか、「ニシキ ドビー織(柄物)仕立ておむつ(5枚組) ホワイト 1061W」はドビー織りでソフトな柔らかさと、肌ざわりの良さが特徴で、吸水性や保水性に優れています。新生児の頃は1枚、3ヶ月以上は2枚重ねて使用します。「プリスティン 布オムツ5枚セット」はオーガニックコットン素材の二重ガーゼで作られています。たたみ方によって男の子、女の子、量の多い子、少ない子用といったアレンジができます。オーガニックコットンのやさしい肌触りで赤ちゃんを包んでくれます。繰り返して洗濯し、使えますのでゴミにもなりませんので環境にやさしいおしめです。縁の左右は綿糸でかがり縫いされて、上下もしっかり三つ巻きで縫われており、よれにくく、型崩れしにくいです。他にも、人気の布おむつを送料込みで価格比較しているので、気になる商品は是非チェックしてみて下さい。


布おむつの洗い方について

布おむつの洗い方はおしっことうんち、うんちの場合は硬さによっても変わってきます。おしっこの場合、水で手洗いしてから重曹やクエン酸を入れたバケツにつけ置きし、おむつが溜まったら洗濯機で洗い、風通しのよい場所を選んで天日干しをします。うんちの場合、落とせる分だけトイレにまずは流します。汚れが気になる場合は、水を張ったバケツですすぎ、石鹸をつけて洗濯板などで汚れを落とします。大体の汚れが落ちたら、重曹やクエン酸を入れたバケツの中でつけ置きし、その後はおしっこの場合と同様の流れとなります。おむつが溜まったら洗濯機で洗い、風通しのよい場所を選んで天日に干します。やわらかいうんちはバケツに水を張って、おむつを振り洗いして、ある程度きれいになったらバケツの水をトイレに流します。表面汚れがだいたい取れたら、石鹸をつけて洗濯板でつまみ洗いをしてきれいにします。そして洗濯機で洗ったりして天日干しをします。 布おむつカバーは汚れたら水を張ったバケツなどですすぎます。特に汚れが気になる部分だけ手洗いし、布おむつと一緒に洗濯機で洗濯しましょう。洗濯機で洗う際は、マジックテープの部分をしっかり留め、洗濯ネットに入れて洗いましょう。マジックテープに糸などがついて、粘着力が弱くなるのを防げます。つけ置きすると撥水加工がとれやすくなってしまうので、つけ置きはしないようにしましょう。


布おもつのレンタルサービス

布おむつを使ってみたいけど洗濯が大変で面倒くさそうと躊躇していた方、布おむつのレンタルサービスを利用してみてはどうでしょうか。布おむつのレンタルは、ただ単に布おむつを貸してくれるだけではありません。自宅まで布おむつを届けてくれて、使用した布おむつは洗濯せずにそのまま返却できるという、忙しいママには大変うれしいサービスです。もちろん回収も自宅まで来てくれます。

布おむつのレンタルをしてみたいと思ったら、レンタルサービスを行っているお店を探してみましょう。近所ではなかなか見つからないサービスですので、インターネットで検索するのが一番早いでしょう。基本的に布おむつの配達と集配は宅急便などの宅配ではなく、社員の方が自宅まで伺うことになります。そのためサービスのエリアが決められていますので、自分の家がサービスエリア内にあるかどうか確認が必要です。レンタルの申し込みは営業所に直接電話するか、お店によってはインターネットで申し込みが出来る場合もあるので便利です。

布おむつのレンタルを申し込むと、週に一度で担当者が自宅まで布おむつを届けてくれます。一度にレンタルするオムツの枚数は自分で決めることができます。新生児の赤ちゃんだと、1週間に70~90枚くらいが目安ということです。また、お店によっては布おむつの素材も選ぶことができます。一般的なのはドビー織りですが、ガーゼ地などのものを用意ているところもあるので、こだわりのある方は気にしてみてください。オムツカバーは自分で用意するのが基本ですが、一緒にレンタルをしているところもあるのでチェックしてみましょう。

使い終わったオムツは洗う必要はありません。袋にまとめて入れておいて、次の配達のときにそのまま返却すれば大丈夫です。洗濯は業者の人がやってくれるので衛生的です。

とても便利な布おむつのレンタルですが、気になるのがレンタル価格です。1週間70枚で4週間借りるとすると、約1か月で1万円くらいとなります。布おむつを使うデメリットである洗濯の手間を省ける布おむつのレンタルは、今後布おむつの利用者を増やすことにつながりそうです。


まとめ

布おむつは、布製の、洗って繰り返して使うタイプのおむつです。布おむつは紙おむつと異なり、使い捨てはせず、汚れる度に選択して使い続けるタイプのおむつです。布おむつで育児をしているお母さんたちからは、紙おむつのように使い捨てなのでたくさん購入する必要もなく、経済的で買い物の手間が少ないといった意見があります。布おむつもメリットが多く、こまめに交換するので、その度に赤ちゃんとスキンシップが図れたり、繰り返し使えて経済的です。また、おむつが濡れた時の不快な感覚がしっかりあるので、おむつ外しトイレトレーニングを早く進めることができるようになります。また、布おむつを利用してきたお母さんたちは、早くからトイレのトレーニングに真剣に取り組むことが多く、そのことも布おむつの子のおむつははずれやすくなるといわれる要因になっています。そして、環境に優しく、ゴミが削減でき、ゴミ出しの手間も減って、ゴミ袋が有料の場合は布おむつはありがたい存在といえます。また、やわらかいソフトな仕様で、赤ちゃんのおむつかぶれは少なく、肌がデリケートな赤ちゃんも安心して使用できます。おむつかぶれに悩むママパパや、おむつはずれを期待する方は一度試されても良いのではないでしょうか?


布おむつの関連記事一覧


より広い範囲から探す


スマートショッピング まずはよく買う商品の最安値をチェック!

スマートショッピングは日本唯一、日用品・食品に特化した価格比較。送料・ポイントもいれた最安値を計算。

簡単な使い方

  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
©SmartShopping, Inc.