おむつカバーのおすすめは?特徴や使い方を調査

おむつカバーのおすすめと特徴・使い方

おむつカバー

赤ちゃんの育児で、なくてはならないものが、哺乳瓶おむつ、そしておむつカバーです。

現在のようなおむつカバーのない時代では、厚手の布を使用したり油紙を巻き、さらにその上に布を巻くという方法をとっていました。おむつカバーは、布団やベビー服を汚さないように、おしっこやうんちなどの湿気を外に出さないようにするためのものです。

おむつカバーが必要なのは、布おむつのときだけ。紙おむつでは必要ありません。一見、便利に思える紙おむつですが、おむつかぶれを起こしやすいことから、最近では布おむつを使用するナチュラル派のお母さんも増えています。

最終更新日:   閲覧数:18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おむつカバーのおすすめは?特徴や使い方を調査

おむつカバーとは

おむつカバーは、布おむつを使用する際に使うもので、紙おむつではおむつカバーは必要ではありません。なぜなら、紙おむつは外側に水分を弾く撥水性のシート加工が施されていますが、通気性が良い素材を使っているためです。

紙おむつの上から、おむつカバーをしてしまうと蒸れやすくなり、おむつかぶれの最大の原因となってしまいます。なので冬などの寒い時期であれば、タオルケットなどを掛けるだけでいいでしょう。また、紙おむつのサイズが大きかったり、横漏れが心配な場合は、ゆるめに巻いておくことで紙おむつでも蒸れを防ぐことができます。

おむつカバーのメーカーは、布おむつを取り扱っているメーカーがほとんどです。インターネットのネットショッピングサイトでは、外国製のものも購入することができます。

このおむつカバーは、布製のおむつを使用するときに使うものですが、布おむつを使用する際に気を付けなければいけないのが、蒸れによるおむつかぶれです。

おむつかぶれは重症になると、皮膚がただれてしまい赤ちゃんがムズがる原因となるので、布おむつを使用する際に一番気を付けなければなりません。

おむつカバーとは

このおむつかぶれの原因となるものは、おむつカバーによる蒸れだけが原因ではなく、小さな炎症から始まることも多いです。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、どんなやわらかな布を使っても、こすり過ぎると炎症の原因となってしまいます。

特に新生児のときに、気を付けなければいけないのは、うんちがこびりついたときや入浴時。うんちが付いているときには、まずお湯で洗い流します。そしてやわらかなガーゼを使い、やさしくなでるようにして拭いてあげましょう。女の子の場合は、うんちが女性器に入り込まないように気を付けてください。

布おむつでは、交換時にお尻などが濡れています。やわらかなペーパーを使うときにも、こすらないよう軽く押し当てるようにして水分を取ってあげましょう。湿っているからといって、ドライヤーの熱風などを絶対に充ててはいけません。ヤケドしてしまうからです。

また、あせもやかぶれ防止にベビーパウダーを使用します。水分を吸ったままの状態でおむつをすると、逆効果でかぶれやあせもの原因となってしまうので、よくはたいておきましょう

おむつカバーの使い方

おむつカバーの使い方はシンプルです。基本的に、おむつカバーに合わせて布おむつをセットするだけ。ただし、赤ちゃんの成長具合によって、ちょうど良いおむつのサイズが変わってくるので注意しましょう。

では早速、おむつカバーをつけてみましょう。

まず、おむつカバーを床に敷いて広げておき、その上に赤ちゃんを仰向けで寝かせます。布おむつをセットしたら、そのままカバーをあてがいます。ポイントは、お腹に近いスナップから順番に留めること。カバーがずれないように、フィットする位置を確認しながら留めるのも重要です。このとき、赤ちゃんのお腹を締め付けないように注意しましょう。

赤ちゃんの呼吸は横隔膜を使った腹式呼吸です。おへそより上を締め付けてしまうと、呼吸が苦しくなることがあります。「お腹を締める位置はへそ下」と覚えておきましょう。うんちがおむつから漏れてしまうのを防ぐため、ゴムが使われているおむつカバーを選ぶのがいいでしょう。

おむつカバーの使い方

装着できたら、足の位置を確認します。このとき、しっかりハマっていないとオムツが見えてしまうので、きちんとずれないようにしてあげましょう。同じ要領で、腰回りやお腹周り部分もきちんと整えてあげます。最初はなかなか慣れず苦戦するかもしれませんが、何回かやっていくうちに慣れてくるので、毎日やりながら覚えていきましょう。

おむつカバーには、「カバー式」と「一体型」があります。「カバー式」には「外ベルト型」「内ベルト型」などがあり、これらはいずれも成長に合わせてサイズを変えていく必要があります。赤ちゃんの大きさは、個人差があるので、身長・体重に合わせてサイズの変更を行っていきましょう。

「一体型」は日本ではあまり使われていないタイプですが、スナップやテープの位置を調整できるので、「カバー式」よりも長い期間使用することができます。お店ではあまり見かけませんが、ネットショップなら比較的すぐに見つけられます。

布おむつは日本に昔から伝わる育児用品のため、新米ママでも一度コツをつかんでしまえばすぐに使い方を覚えることができます。最近では、おむつカバーの種類も豊富に揃っているので使い方に慣れてきたら、いろいろな種類のおむつカバーを揃えてみてはいかがでしょうか。

おむつカバーおすすめランキング

33位: ピコベビー ふんわりおむつカバー イエロー

商品説明

最近、たくさんのおむつが販売されていますが、特に注目されてきているのが布おむつです。布おむつを使われる方は、「布おむつ本体」と「布おむつカバー」の2つををご準備いただきます。「フリートピコベビーふんわりおむつカバーイエロー(1枚入)」は布おむつ本体を包む「布おむつカバー」になります。なぜ、布おむつが注目されているのでしょうか。その理由は大きく2つあります。一つ目は、経済面です。使い捨ての紙おむつは便利と言われますが、一人当たりの年間消費額はだいた6〜7万円と言われています。布おむつの場合は、最初に布おむつカバー、布おむつ本体を買う必要はありますが、一回買うとそのあとはサイズを大きくする時に買うぐらいなので安くすみます。もう一つの理由は、おむつはずれが早くなると言われていることです。布おむつの場合、おしっこをするとおむつが濡れる為、赤ちゃん自体がおしっこをしていることを自覚しやすくなります。その結果濡れる前にママに伝えることが出来るようになるといいます。布おむつをご利用されるなら、お洗濯時の乾きも早く、お手入れもラクで成長にあわせてスナップでサイズを調節でき、おしりにピッタリフィットするこちらの商品をお選びください。

レビュー: 1.00点/5点

全対象ショップのレビューは計1件、その平均は1.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon1.00点1件

22位: メイドインアース おむつカバー きなり 50cm

商品説明

メイドインアースおむつカバーきなり50cmは、メイドインアース・ブランドの株式会社チーム・オースリーが製造・販売しているおむつカバーです。布おむつを着けた赤ちゃんの後ろ姿を想像してみましょう。お尻がまあるくてプリッとしていて、愛らしい赤ちゃんをイメージアップすることができます。メイドインアース・ブランドのおむつカバーは防水加工などの化学処理が施されていません。オーガニックコットン100%を用いてつくられたアイテムです。オーガニックコットン製ですので、むれにくくなりました。そのために赤ちゃんはいつも機嫌がGOODです。赤ちゃんが成長すると、排泄するおしっこの量が多くなって尿もれが起きることがあります。そういった場合には布おむつを重ねるなどの工夫をしてみるといいかもしれません。そうした試行錯誤も布おむつを使った育児の楽しみのひとつです。メイドインアース・ブランドのチーム・オースリーが製造するおむつカバーはふんわり製品で、やわらかなスムーズ生地と起毛生地を組み合わせた点が特長です。主要ショップでの平均価格は2,900円台の後半です。主要ショップでの最安値は2,810円台の後半、最高値は3,100円近辺です。

レビュー: 5.00点/5点

全対象ショップのレビューは計1件、その平均は5.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon5.00点1件

11位: ピコベビー ふんわりおむつカバー ピンク

商品説明

フリートピコベビーふんわりおむつカバーピンク(1枚入)は、フリートが製造・販売しているおむつカバーです。紙おむつで育児をしているママの視点から眺めてみましょう。布おむつを使ったことがあるママさんはおむつカバーは必需品との回答が大部分でした。紙おむつ派のママたちからもおむつカバーがあると便利だという声も聞こえてきました。赤ちゃんが紙おむつを使っていれば基本的にはおむつカバーは必要ありませんが、世の中には紙おむつを剥き出しにしている赤ちゃんとママさんに嫌悪感を持つ人もいます。新生児の頃の排泄物はいわゆる軟便でおむつからもれてしまうことが多いです。紙おむつの上からおむつカバーをしているとおむつから軟便が漏れるのを確実に防ぐことができます。おむつカバーだけを洗えば良かったとの声も寄せられています。ところで、製造元のフリートのカンパニー・ポリシーをご存知ですか?フリートは「アイ」を何よりも大切にしているそうです。商品ひとつひとつに込められた「アイ」であり、フリートで働く従業員ひとりひとりの「アイ」であり、フリートの商品を使っている顧客の「アイ」でもあるそうです。フリートを選ぶと、もれなく「アイ」がついてきます。主要ショップでの価格を調べてみると、1社のみがヒットし2,400円台の前半となっています。

レビュー: 1.00点/5点

全対象ショップのレビューは計1件、その平均は1.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon1.00点1件

おむつカバーおすすめランキングの上位商品比較

  商品画像 商品名 最安価格 単位あたり価格 メーカー ブランド
1位の商品ピコベビー ふんわりおむつカバー ピンクピコベビー ふんわりおむつカバー ピンク¥2,700¥2700/個フリートピコベビー
2位の商品メイドインアース おむつカバー きなり 50cmメイドインアース おむつカバー きなり 50cm¥3,132¥3132/個メイドインアースメイドインアース
3位の商品ピコベビー ふんわりおむつカバー イエローピコベビー ふんわりおむつカバー イエロー¥2,700¥2700/個フリートピコベビー

おむつカバーのおすすめは?特徴や使い方を調査

おむつカバーの関連ページ

スマートショッピング人気記事


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。