介護用紙パンツおすすめランキングと種類・選び方

紙パンツ・介護パンツ

介護用紙パンツにはいくつか種類があるため、自分に合ったものがどれかわからないという方もいるでしょう。初めてでどんな基準があるのか知らない、サイズがわからない、商品の違いがわからない、など人によって悩みはさまざまです。たとえば、軽い尿漏れ程度であれば普段使っている下着につけるパッドタイプ、トイレに間に合わない方では紙パンツを使うことが一般的。また、介護用紙パンツでは、アウターとインナーを上手に組み合わせて使うことが求められます。これらを選ぶ際には、体の状態や生活リズムを考えることが大切です。今回は、介護用紙パンツの種類と選び方を紹介します。具体的なポイントも紹介するので紙パンツ選びに悩んでいる方は参考にしてみてください。

介護用紙パンツおすすめランキング!種類や選び方を徹底調査

介護用紙パンツの種類

一般的に見ると、介護用紙パンツと、同じく介護用のオムツを同じように混同されている方もいますが、両者はそもそもその目的や用途の異なったものです。介護用紙パンツとは紙おむつとは違い、赤ちゃんの育児に例えるならば、トレーニングパンツにあたるものです。大人用の紙おむつはリハビリパンツと呼ばれるもので、通称リハパンとも呼ばれています。リハパンは、歩行能力やトイレでの排泄行為はできるものの、認知症や泌尿器の疾患や加齢に伴う尿失禁が見られるような場合などで、基本的に用いるものなのです。

介護用オムツには、パッドタイプと、パンツタイプとがあります。尿取りパッドの場合、軽い尿漏れ程度の症状に対応することが可能です。普段の下着に貼り付けて使用できるものや、超薄型のものなどもあり着け心地も軽いことが特徴です。その反面で、たくさんの尿を吸い取ることはできず、長時間の使用には向いていません。この場合、薄型パンツのオムツに尿取りパッドを入れ、少し出ただけであればパッドだけを交換する方法もあります。何度もオムツを替えなくて良いため経済的であり、また目立ちにくいという利点が挙げられるでしょう。これらの方法は一人で生活し、介助なしにトイレに行ける方に適しています。

介護用紙パンツの種類

介助があれば問題なくトイレに行ける方の場合、厚型の紙パンツと尿取りパッドを併用します。厚型のリハビリパンツであれば、物によっては5~7回分ものおしっこを吸収できるため、トイレに間に合わせられない認知症の方も使うことができます。介助が必要で、身体に麻痺がある・1日を寝て過ごす必要がある方の場合、2Wayパンツと尿取りパッドを一緒に使うことになるでしょう。2Wayパンツとは、パンツタイプとテープ式のオムツが一体になっているものです。もしも脚に麻痺があり、パンツを穿く動作が困難であれば、介護者が両脇のテープを使って履かせることができます。また、トイレに行く際に、ズボンをすべて脱がなくてもテープを剥がせば交換することができ、あるいは普通のパンツのように上げ下げして脱ぐことも可能です。

脚が細くオムツのワキから尿漏れを起こしてしまうのであれば、「すきま漏れを防ぐ」ことを謳っている種類を選びます。反対に、本人がお腹まわりのキツさを訴えたていたらサイズを大きくしてみてください。介護用紙パンツの種類はさまざまにあり、どれを選んでいいか悩んでしまうかもしれません。その際には、「自立して生活できるか」「一人でトイレに行けるか」「どの程度の尿漏れを想定するか」「何回分吸収して欲しいか」など、着用する本人の症状と照らし合わせて考えてみましょう。

介護用紙パンツの選び方

完全に寝たきりの方には、介護用紙パンツがお勧めできるものでは無い事はおわかりでしょうか。介護用パンツは、赤ちゃんが自発的におしっこやうんちなどを、お母さんに知らせるようにできるよう、おむつ外しの為のトレーニングに使われるものなのです。したがって、介護用パンツを利用する際に考えておかなければならない事は、介護者を寝たきりにさせない事が重要であり、同時にリハビリを行いながら寝たきりにさせないという事が需要な手立てと言えるでしょう。介護用パンツを利用される方は、基本的には排便が自分で行えるように進めていく事です

。紙おむつは排便が行われた際に、漏れがないように周囲がしっかりとガードされたものですが、介護用紙パンツは、リハビリパンツとも呼ばれるものですので、漏れやすいという特徴を持っています。したがって介護者が日常生活を行う上では、リハパンを使用しつつも就寝時には、紙おむつを利用する事で、この2種類を上手く併用しながら、介護を行なっていくとストレスの無い介護を行なっていく事ができます。寝たきりになる原因は、筋力が衰えていく事が大きな原因となります。主に歩く事で必要な筋力は、足腰の筋力という事になりますので、歩行訓練が重要ですが楽しみながらできる歩行訓練を試していきましょう。

介護用紙パンツの選び方

介護用紙パンツは、普通のおむつのように一体型の使用法では無く、インナーを使用する事で比較的簡単に介護作業を行う事ができるものです。インナーとは、リハビリパンツの中に敷くパッドの事で、尿の排泄時には量が少なければ、パッドの交換のみで済ませる事ができるものです。介護用紙パンツの選び方としては、排泄介護においてご本人だけではなく、介護される方がともに快適に生活して行かなければならないという事が、重要な役割をになっているのです。

大人用紙おむつを利用して行く上でまず大切なのは、介護者の体の状態や生活リズムなどを把握した上で、外側のおむつであるアウターとインナーとなる内側のパッドをうまく組み合わせて使う事が大切でしょう。大切な事は本人とのコミニュケーションで、何故リハビリパンツが必要であるかの認識を、正しく受け入れてもらわなければなりません。意識がしっかりしているのに、粗相をしてしまうのは理由があり、その恥ずかしさもお互いに理解し合う事が、介護にとって必要な事と言えるでしょう。また、介護用パンツには、比較的寝ている事が多い方の為の、テープ留めタイプもあります。

介護用紙パンツおすすめランキング

1. ライフリー うす型軽快パンツ L 20枚

ライフリー うす型軽快パンツ L 20枚
109円お得
¥66/枚
¥1,319 イトーヨーカドー
¥1,449 ヨドバシカメラ
他6ショップ

ライフリーうす型軽快パンツは大人用の紙パンツで、歩ける方のための動きやすい紙パンツということで大好評です。

約2回分の尿を吸収してくれるので、歩けるけれど外出しようと思った時におしっこのことが気になって今まで気軽に外に出られなかったという方に最適です。すきまピタッとギャザーが体にピッタリフィットしてすきまからの漏れを防いでくれます。特許技術の「パッドすっぽりポケット」はギャザーの間が広くなるのでパッド交換が簡単にできます。紙パンツをはく時にクルッとまるまって変な形になってはき直すのに苦労した経験はありませんか?この紙パンツはおしりに引っかからないように作られた、これまた特許技術が生きている「スルッとゾーン」がウエスト部分のゴムが巻き込まないようにしてくれるのでスルッとはくことができます。今までは紙パンツをはくとおしりの部分がモリッとしてしまってはいているのが他の人にバレてしまうのが嫌ではくのに抵抗がありましたが、このうす型軽快パンツはその名の通り、うすくて柔らかな素材でできているため、外からわかりにくくお肌にもやさしくなっています。そのうえAG+配合で強い消臭効果があるので臭いもきになりません。


2. ライフリー うす型軽快パンツ M 22枚×4

ライフリー うす型軽快パンツ M 22枚×4
433円お得
¥54/枚 ¥1188/パック
39%安
¥4,751 イトーヨーカドー
¥5,607 LOHACO(ロハコ)
他4ショップ
【ADL区分】一人で歩ける。うす型だから動きやすく自然なはき心地。やわらか素材の採用で心地よい肌触り。

3. ライフリー 下着の感覚 超うす型パンツ M 24枚

ライフリー 下着の感覚 超うす型パンツ M 24枚
132円お得
¥55/枚
37%安
¥1,319 イトーヨーカドー
¥1,360 ヨドバシカメラ
他5ショップ

ユニ・チャームから販売されているライフリー下着の感覚超うす型パンツM24枚は、やわらかな履き心地でとても薄く出来ている、パンツタイプの介護用おむつです。下着のようにスッキリと体にフィットし、おしっこをおよそ2回分吸収してくれます。やわらかな素材でできていて、まるで普段の下着のような心地よい肌触りです。全面通気シートにより、湿気を閉じ込めない通気シートが、ムレを防いでくれます。ニオイを閉じ込める消臭ポリマー配合で、アンモニア臭を防ぎます。自然に履けて、通常のパンツからオムツへの移行もスムーズになります。かぶれや汗疹にも対応できています。薄く作られているので目立ちにくく、服の上から膨れ上がることもありません。オムツをしているということもバレにくいので、外出先でも安心して使うことができます。ネットでの価格は、1枚あたり100円ほど。薄くて、延びて、動きやすく、履き心地は良いので、履いていて安心の一枚です。パンツ感覚で履けるので「オムツをしている」というようなストレスもありません。もし汚しても捨てられるので、介護される方もする方も大助かりです。Mサイズはウエスト60cm~85cmまで対応していますので、ぜひご参考ください。


4. リリーフ 紙パンツ専用 安心フィット 57枚

リリーフ 紙パンツ専用 安心フィット 57枚
¥23/枚 ¥1285/パック
41%安
¥3,855 SEIYUドットコム(西友)
¥3,951 爽快ドラッグ
他1ショップ

「リリーフ 紙パンツ専用 安心フィット」は花王の製品です。紙パンツと一緒に使用する尿取りパッドです。紙おむつや紙パンツを替えるときや使用済みの物を保管している際に、気になるニオイがあるという介護現場の声を反映させて出来ました。

スッキリ気持ちよく毎日を迎えることが出来るようにと、抗菌消臭ケアシートでニオイ対策もバッチリと開発されました。通気性シートを使用しておりムレや痒みの心配もありません。商品は尿取りパッドとなっていますので、前後のテープで紙パンツにピタッと貼り付けて使用します。紙パンツに貼るだけですので、取り換えも簡単でずれることもありません。おしっこ2回分を吸収可能で経済的な面でも人気があります。日中使用に向ています。夜間の使用には4回分のおしっこを吸収してくれる「一晩中安心フィット」がオススメです。

紙パンツに貼りつけるとなると、モコモコして気になって気持ち悪いのではないかと思えますが、薄型なので全く気になることもなく紙パンツに収まります。なお、この商品は紙パンツ専用に作られています。そのため、布の下着などに使用すると生地を痛めるほか、尿パッドからモレを起こしてしまう原因となりますので注意が必要です。また、洗濯も出来ません。


5. リリーフ パンツタイプ 安心のうす型 L/LL 40枚×2

リリーフ パンツタイプ 安心のうす型 L/LL 40枚×2
108円お得
¥66/枚 ¥2641/パック
¥5,282 イトーヨーカドー
¥5,292 SEIYUドットコム(西友)
他3ショップ

リリーフパンツタイプ安心のうす型L/LL40枚×2は、紙パンツをはくことが多い方におすすめの介護用おむつです。すっきりした薄型なのに、しっかり吸収で安心のおむつ。快適なはき心地の「ふんわり、やわらか素材」がおなかにやさしくフィットして、ガサガサせず、はいている違和感がありません。さらに「股下フィット吸収体」が股下のモレをしっかりガード。銀(Ag)含有の抗菌消臭成分配合で、においの発生源である雑菌の繁殖を抑えニオイを防ぎます。介護のプロも実感した消臭力で、交換時やなかなか捨てられない時のにおいも安心です。薄いのに3回分のおしっこを吸収できるうえ、全面通気性で肌トラブルの原因になりがちな湿気を追い出します。また、上げ下げしやすい「ウエストのびのびギャザー」は、軽い力でよく伸びるので、下着のようにスルッとはけて、ふらつきにくい設計。日本転倒予防学会推奨です。はき方・はかせ方ですが、青色のテープの付いている方をうしろにしてはきます。とりかえ方は、そのまま脱ぐか、両脇を破いてはずします。大便の時は両脇を破り、片手を股間部にあててはずします。捨て方としては、使用後は丸めて青色のテープのつまみをはがして止めてから捨てます。


介護用紙パンツおすすめランキング!種類や選び方を徹底調査

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。