該当する商品が見つかりませんでした

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

大人用布おむつ通販で賢い買い方

日本の人口が相変わらず減少傾向にある事は、皆さんご存知の事と思いますが、2017年4月の日本国内の人口は、1億2499万人で64歳以下の人口は毎年減り続けていますが、65歳以上の高齢者の数は逆に減り続けています。人口比率からすると、4人に一人は65歳以上となり、介護を受ける方も増えたという事で、大人用布おむつの需要もかなり高まりつつあります。大人用布おむつは介護を行う上で、最も重要なものと言えますが、需要の高まりと共に使用される方の認知度も高まり、恥ずかしさの度合いも薄れてきましたので、これまで見られたおむつを嫌がるお年寄りも少なくなってきました。

大人用布おむつ

高齢者になれば、誰しも大人用布おむつを使用するとは限りません。これは自分でトイレに行く事のできな方を支援する為のサポートの一環で、トイレに行く事のできない寝たきりのお年寄りや、アルツハイマーなどによる自己認識不足など、様々な場面において活用される事になります。また、夜中に漏らしたりする事のないように充てられる事も多く、ベッドやシーツを汚して度々始末する介護士さんたちのサポートとしても役立っているのです。

しかし、大人用布おむつは、小さなお子さんにおむつを当てるようには、なかなか上手くいかないものです。上手くいかない理由と言うのも、相手が立派な大人であるという事からで、体は不自由であっても、心はごく普通の一般人と何ら変わる事が無いからです。誰でも大人になって、子供の頃のようにお風呂から上がり、下着を着せてもらう方も少ないと思いますが、これは羞恥心から来るものです。見知った家族ならまだしも、ほとんど知らない第三者の介護士さんや看護師さんに、股間を見られるというのは、大人なら誰しも恥ずかしいと言える行為で、これが老人がおむつを嫌がる最大の理由になっています。また、日本の紙おむつがいくら優秀であっても、それまで穿いていたパンツなどの下着とは違い、履き心地が悪いという事もあり、おむつに慣れるまではかなりの忍耐力が、介護士さんには必要とされています。

また、紙おむつの品質が上がっていても、まだまだ問題点は多く、紙おむつに使われている塩素系漂白剤は、発ガン性のあるダイオキシンの発生原因ともなるもので、専用の回収が必要となっています。近頃では再び布おむつが見直されており、再利用できる事からゴミが出ず環境に優しい事、何度も使えますのでコストが安い、また肌触りの良さは下着と何ら変わりません。通販ではこうした大人用布おむつの販売も行っており、手軽にお買い求めできます。

人気トップ10商品

ランキング1位は""で、人気スコアが0点。おすすめの商品です。

大人用布おむつの特集コンテンツ

大人用おむつおすすめランキング | 大人用おむつの種類と比較

介護用紙パンツおすすめランキング!種類や選び方を徹底調査

尿とりパッドのおすすめはどれ?種類や使い方を徹底分析


大人用布おむつの周辺を探す

大人用布おむつの関連サブカテゴリ

大人用おむつ・おしりふきのブランド

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。