該当する商品が見つかりませんでした

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

投薬瓶通販で賢い買い方

投薬瓶は飲み薬を保存する目的で使われるもので、一般的には医療施設や専門の業者が取り扱っているものですが、最近ではご家庭でも旅行用や外出用にと、小分け用の投薬瓶も必要性もあって、一般消費者にでも簡単に手に入るようになってきました。この容器に使われている素材は、私たちが日ごろジュースなどの飲料に使用されているPET樹脂などの、ポリエチレン製の素材がが使われており、ビニールとは違い害のある可塑剤などは使われていませんので、安心してお使いいただけるというわけです。

投薬瓶の特徴は、煮沸が可能という事で家庭でも簡単に殺菌ができるという利点があり、タイプ別に見てみると、いくつかの細分されたメモリが付けられてあるもの、無地のものがありますが色は透明や乳白色に、光を通しにくいブラウン系の色が付けられています。また投薬瓶には、あらかじめ減菌処理の施されている容器や未処理のものがありますが、ご自分で殺菌するのであれば、価格の安い未処理タイプのものがお得となります。飲みやすいメモリの付いたカップ付きのタイプや、細かな分量を調節しなければならない方にはスポイト付きのものなどもあり、どの場面でも手軽に利用できるのが大きな特徴と言えるでしょう。

近頃はチャイルドレジスタンスと呼ばれるCR容器というものがあり、これは小さなお子さんの誤飲を防ぐ為のものです。一定の力が無ければ、キャップが空回りする仕掛けになっており、小さなお子さんが勝手に開けて飲んでしまうような事故を未然に防いでいるわけです。誤飲は様々な事で起こり得るもので、少し目を離したすきに上のお子さんの為の薬を、弟や妹が飲んでしまうという事もあり、またペットが間違って飲んでしまうという事も十分考えられますので、こうしたお薬には取り扱いの注意が必要になってきます。ボトルサイズは基本的に携帯用ですので小型のものが多いのですが、容量タイプ別に30ml、60ml、100ml、150ml、200mlとあり、投薬瓶のメモリに1回分の使用量をマジックなどで、目印にしておくと非常にわかりやすくなります。

また薬の状態によって、粉や錠剤タイプを入れておくのであれば、口が広いものがおすすめで、液体のものは口が小さめのものを選ぶと使いやすいものです。価格帯はメーカーやタイプ別で様々ですが、小さな容器タイプではロット単位での個数が多く、逆に大き目は個数が少なくなっている事が多く、まとめ買いをするのであれば、ロットで選ぶというのが賢い選択肢と言えるでしょう。

人気トップ10商品

ランキング1位は""で、人気スコアが0点。おすすめの商品です。

投薬瓶の周辺を探す

投薬瓶の関連サブカテゴリ

救急用品・医療材料のブランド

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。