タグモカ:コーヒーの価格比較

131商品

言わずと知れたコーヒーの銘柄で、原産地はイエメン産とエチオピア産のものがあります。特にイエメン北西部の高地で栽培されたものが「モカ・マタリ」と呼ばれ、一種のブランドとして確立されています。

エチオピア産ではシダモ、ハラー、ディマ、レケンプティなど豆の産地名がそのままブランド名としてつけられている場合が多いです。ですが、2008年に基準値を超える有害物質が検出されて輸入規制がかけられたこともあり、エチオピア産は今も多くはないかもしれません。

欠点豆の混入が比較的少ないのは「No.9」という等級ですが、それでもブラジル産などと比較すると欠点豆が多いのも特徴です。

強い酸味が特徴のため好き嫌いが分かれる銘柄ではありますが、日本では知名度が高いということもあり、喫茶店などのお店でもよく見かけます。ただ、ものすごく酸っぱいからモカが苦手という方は、きちんと焙煎されたおいしいものを飲んだことがないだけかもしれません。上手に焙煎されているものを飲んでみると、フルーティで香りも良く、飲みやすい程度の酸味がくせになるという方も多いです。

また、コーヒー自体も豆のままやレギュラータイプなどの状態での販売が100gあたり200円を切るくらいの価格帯であるため、様々なメーカーのものを比較的試してみやすい値段でもあります。

自宅にミルがあるのであれば豆のままのものを、なければあらかじめ挽いてあるレギュラーの粉状のものか、フィルター類もなければ一杯ずつ入れるドリップタイプのものがおすすめです。

気を付けたいのは酸化で、モカに限らず豆の状態でも挽いた粉状のものでも開封してから時間が経つとコーヒーの味も香りも悪くなります。

余程速いペースで飲まないのであれば、コストパフォーマンスは多少高くなりますが、できるだけ早めに消費しきれる量ずつ分けられている小分けタイプのパッケージのものがおすすめです。


モカの周辺を探す

コーヒーのブランド

コーヒーのサブカテゴリ


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops